セカンドビギナーのゆるラン日記

40代はそれなりに記録をめざし、ウルトラマラソンをめざし、走っていました。しかし還暦近くなると、体のあちこちが痛くなり無理が効きません。そこで走る目標を変えて、ゆるゆると走ることにしました。そんなゆるランの様子を書いていきます。   by Ogaman(おがまん)


テーマ:
 それではこれから、8回目のサロマに向かいます。

 今日は奥さんとともに美瑛の自宅まで行き、明日の朝ひとりで現地に向かいます。

 このあとは帰宅するまで携帯からのブログ更新となりますので、ツイッターとFacebookには連携できません。ツイッターとFacebookから私の動向を気にしていただいている皆様には、お手数ですがときどきブログをチェックしていただけると嬉しいです。

 更新回数は逆に増えるかもしれませんね。レース中にも更新をする余裕があればいいのですが・・・。

 今年もランナーズアップデートのサービスがあります。当日の私のレースっぷりについては、こちらから確認していただけると思います。私のナンバーは2240です。

 それでは今年も精一杯頑張ってきます。自分の力を出し切って、悔いのない走りができるように。

$Road to SAROMAN BLUE-2012サロマゴール


♪どんなに遠くたって 遅くたって前を向いて
  あの大きな風のようにほら駆けよう 自分らしいスピードで

 (加賀谷はつみ「君がいる」より)
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:
 ずっとサロマへの不安がまとわりつき、特にここ数日の私からはマイナスのオーラが立ち上っていたと思います。

 でもサロマまであと4日となった今日。そろそろマイナスのオーラも出し尽くしたと思いますよ。

 53年生きてきて、それなりに山があったり谷があったりしました。私の山や谷はまだ小さなものだったと思いますけどね。

 でもそうした経験を経てしみじみと思います。マイナスのオーラはマイナスの事象を呼び込むし、プラスのオーラはプラスの事象を呼び込むって。

 そのいい例が北海道マラソンです。私が初めて挑戦したのが2003年です。当時の制限時間は4時間と言われていました(正確には最終関門は40km地点で、3時間45分でした。この関門をクリアすればゴール関門はありませんので、4時間を超えても完走できました)。それまでフルマラソンは3回走り、4時間48分、4時間52分、4時間17分と、箸にも棒にもかからないようなランナーでした。それがいきなり3時間50分という好タイムで完走しちゃったのです。

 どうしたことか、このときの私はスーパーポジティブでした。何の根拠もなく、私は完走できると思い込んでいました。プラスのオーラの塊でした。だからこそ、5kmごとの関門をすべて3分前程度で通過するイーブンペースで走ろうなどという大胆な作戦を立てられたのでしょう。そんな走りができると思い込んでいて、本当にやっちゃったのです。

 北海道マラソンの怖さを知らないからこそこんなにプラスのオーラに包まれたのだと思います。翌年以降は怖さを知ってしまい、「不安」というマイナスオーラにも侵食され、このときのような走りができなくなりました。昨年まで北海道マラソンは10回走りましたが、ベストはいまだにこの初挑戦時のタイムです。それだけプラスのオーラの威力は強烈です。

 サロマに初挑戦をした2005年も同じです。100kmという距離がどんなものかまったくわからないから、怖さもわかりませんでした。だから自分が走りきるというイメージしか持っていませんでした。当時はまだ全レースを通じてリタイア経験もありませんでしたから、よけいにリタイアというイメージが湧きませんでした。

 だからこのときもプラスのオーラしか持っていませんでした。いつもいつもゴールする姿ばかりイメージしていました。

 ところがそのあとは、100キロというレースの大変さを具体的にイメージできるようになってしまいました。リタイアの味も覚えてしまいました(初リタイアは2005北海道マラソン)。こうなると、走れない自分の姿をどんどんイメージするようになってしまいます。どんどんどんどん不安になっていきます。レースの最中も、ちょっとしたことが気になりだすと、そこから不安がどんどん広がっていきます。いつしか私はマイナスオーラに支配されるようになってしまいます。そして最後は自滅をしてしまいます。

 昨年は久しぶりにプラスのオーラに包まれた年でした。ランナーズの取材があったりして完走しなければならない理由もありました。加賀谷はつみさんの「君がいる」をヘビロテして、「絶対にたどり着いてみせる」という言葉を全身にしみ込ませました。だから70km関門を4分前通過という絶望的な状況でも、完走することを信じて疑いませんでした。

 不安だ、怖い、やめようかな・・・いまはマイナスオーラを撒き散らしながら不安を口にしています。でもそろそろ不安を口にするのも飽きてきました。もうそろそろマイナスのオーラも出し尽くしたことでしょう。

 残り4日間。ここから先はスーパーポジティブで、プラスのオーラをどんどん出しまくりますよ~。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 私のブログの中でもっとも読んでいただいているかもしれないのが、毎年の持ち物リストです。「参考にしている」と言ってくださる方が多いので、今年はちょっと早めにアップします。

 毎年一番気になるのが当日の天気です。最高気温が30度に達する年もあれば15度にも満たない年もあります。それによって準備は全然変わってきます。

 昨年は「寒くなりそうだ」という前提で準備をしました。そして実際に私が参加した中ではもっとも最高気温が低いサロマとなりました。

 今年はというと、週間予報を見る限り雨の心配は少なそうです。最高気温も20度を超える予報となっていますから、むしろ暑さ対策を考えておいたほうがよさそうです。私の場合は、ランシャツの下に着るTシャツが半袖か長袖かの違いだけですが。イメージ的には利尻と同じような条件かもしれません。

 ただしサロマは午前5時スタートです。そしてゴール制限時間は午後6時という、13時間の長丁場です。1日で1番気温の低い時間帯にスタートして、1番気温の高い時間も走り続け、また寒くなってきたところにゴールする、というイメージです。レース中の気象条件は、時間と場所によって大きく変化します。そのことは頭に入れておかねばなりません。

 54.5kmのレストステーションには、荷物を送って着替えたりすることもできます。私は毎回用意はしていますが、ウェアを着替えたことは1度もありません。ソックスを変えたこともありません。ただウェアもソックスもシューズも、雨で濡れたりした場合は交換するかもしれません。特にソックスが濡れている場合は確実に交換すると思います。でも濡れていなければ今年もそのまま着替えずに走ることになると思います。

 それでも、いちおうスペアのウェア類は一式送っておきます。半袖と長袖のTシャツを1枚ずつ。タイツを1本。靴下を1足。替えのシューズを1足。替えの帽子とリストバンド。一通り準備しておこうと思います。まあこれは使わずに済めばそれでいいのですから保険のようなものです。

 ということで、今年も持ち物リストを作成して荷物の準備にかかります。

◎当日身につけるもの

いつもの蛍光Tシャツ(半袖)
LRS北海道ランシャツ
CW-X
ランパン(中・外)
帽子
シューズ(サロマレーサー)
靴下
リストバンド
時計
乳首のカットバン
ランナップ
ウエストポーチ
折れない心
コンタクトレンズ(気候と予報と気分次第。多分使わない)
手袋(多分使わない)
レインポンチョ(多分使わない)

 基本的にはいつもと同じです。スタートは午前5時ですから寒いことも考えられますが、現在の予報のままならば寒さは考えなくてもよさそうです。今年は暑さをより意識した方がよさそうです。

 スタート時に寒いときは長袖Tシャツの着用も考えますが、今のところは半袖想定です。でもレース用の長袖も用意しておきます。

 手袋は今回は不要だと思いますがいちおう準備はしておきます。レインポンチョも同様です。

 コンタクトレンズは雨のときには重宝しますが、13時間の長丁場では、最後の方で目がつらくなりそうです。特に最近はまったく使用していませんからよほどのことがなければ使うつもりはありません。でもとりあえず、用意はしていきます。

◎レストステーションへ送る荷物(赤い袋)

LRS北海道Tシャツナンバーカード付
予備シューズ(GEL-1160)
予備タイツ(すり切れたCW-X)
予備長袖Tシャツ
予備ソックス
予備リストバンド
予備帽子
スポーツタオル
ボルタレンゲル

 雨が降らない限り、おそらく今年も使わないと思いますが・・・。

◎ゴール地点に送る荷物(青い袋)

ジャージ(朝、着ているもの)
ウィンブレ(同上)
着替え用Tシャツ(長袖)
大判タオル(着替え用)
下着
靴下
サンダル

 こちらは、朝着ていたものと着替えが主。男子更衣室がないので、着替え用に大判のタオルを忘れずに。でも全身にダメージを負っているから、着替えの時に全身が攣るおそれあり要注意。

◎ウエストポーチに入れる物

携帯電話
カメラ
胃薬
下痢止め
痛み止め
ポケットティッシュ
カットバン
エアーサロンパス
パワーバー
アミノバリュー
サポーター
500円玉

 補給食の必要はないと思いますが、気休めに持とうと思います。カメラを持つかどうかは未定です。サポーターもまだ決めかねています。とりあえず、レース後には使うかもしれないので、現地には持ち込みます。

◎当日は持ち込まないもの

ナンバーカード引換証
下着類(2泊分)
歯ブラシ
入浴道具
シェーバー
つめきり
フェイスタオル
Tシャツ1~2枚

 例年のリストを見ながら作ったので、こんなところだと思います。

 ほかに何か持って行った方がよいものがあれば教えてください。
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。