セカンドビギナーのランニング日記(Road to SAROMAN BLUE)

サロマンブルー。それはサロマ湖100kmウルトラマラソン(100kmの部)を10回完走した勇者に与えられる称号です。いつの日か胸にブルーのゼッケンをつけてサロマ路を走ることを夢見ています。   by Ogaman(おがまん)


テーマ:

 いよいよこれから出発します。


 明日の「走る男2」に備えて、今日はこれから美瑛まで行きます。そして実家に泊まり、明日の午前中はゴロゴロしています・・・じゃなくて、疲労回復に努めます。


 「走る男2」の収録ランは、美瑛町役場前を14時にスタートします。森脇健児さんご一行には13時30分を目途に来ていただきたいと言ってありますので、私としては13時過ぎくらいから役場前でお待ちすることとしたいと思っています。


 走ることそのものは、収録を意識せずに普通に走ることになるでしょう。約20kmのコースなので、途中の休憩も入れて17時頃解散となるのでしょうか。それから私は実家に戻り、風呂に入り夕食をかっ込み、18時頃美瑛をスタートできるでしょうか。宿泊は遠軽だから、到着は21時頃かな。


 受付は同宿の仲間にお願いしてあります。皆さんに送っていただいた応援FAXも、持ってきてもらうようにお願いしてあります。スタート前にじっくりと見て、力を分けてもらいます。


 朝は5時スタートですから、3時過ぎにはホテルを出発します。そこから逆算すると、起床は2時頃でしょうか。遠軽入りしたら速やかに就寝しなければなりません。


 でも、荷物はすでに、中間地点行き(過去、この荷物を使ったことがないので、今年はごく少量にしました)とゴール地点行きに分けて用意しています。すぐに就寝しても、きっと大丈夫でしょう。


 サロマ前日の20km走。無謀なことは十分に承知しています。でも、へそ曲がりな私は、そういう無茶をしてしまう自分がたまらなく好きだったりします。どんな結果になるかわかりませんが、サロマでは今の自分にできることはすべてやってきます。


 そんなわけで、いってきます。


 なお、走る男2の様子は、走る男2公式サイト で紹介されています。明日はここで、美瑛のランの様子も紹介されるかもしれません。おっ!ということは、私の姿も登場するかも!是非ごらんになってください。


 サロマの途中経過は、ランナーズアップデート で検索できます。ランナーズアップデート のページで、私のナンバー2390を入力すると、途中経過が出てきます。どうぞ、確認をしてください。



今日の順位は何位でしょう?

↓ クリックしてくださいね ↓


人気ブログランキングへ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「Road to SAROMA2009」 の記事

テーマ:

 ということで、またこれを(PC限定)


 サロマへ行くにあたって、準備はだいたい整った。ホテルへの最終連絡と料金確認も終了。前日の「走る男2」の収録に向けても、参加者集め以外はだいたい終わった。あとは荷物の準備と体調を整えることだけだ。ところがこいつが一番やっかいだ。


 素直に現状を述べると、脚は特に左脚に不安が集中している。私がこれまで痛めることが多かったのは右脚。ところが今回、千歳で痛めたのは左脚。これが重大な故障とは思えないものの、痛みがなかなかひいてくれない。なにより、膝の緩んだ感じが、長距離を走る上では大きな不安となる。昨年のサロマで走れなくなった最大の要因はこれだった。今年は走る前から、その不安を抱えている。


 しかも今年は脚だけではなく、体調もよくない。春先からずっと、慢性の下痢に悩まされている。走る前は正露丸を飲んでおかないと、とても走れたものじゃない。


 もちろん、練習不足というのもある。体調不良と諸般の事情で2月~3月はほとんど走れなかった。そして4月以降も、思うように練習をできずにいる。昨年までの同時期と比べても、練習内容は質量ともに物足りなさが残る。


 5月に走り込みをして脚をつくろうと思ったが、体調不良による1週間のランオフを挟むなど、どうにも調子が上がってこない。そうこうしているうちに、サロマはどんどん近づいてくる。


 6月7日の千歳JAL国際マラソンは、私にとって大きなショックだった。まさか、今の自分がこれほどまでに走れなくなっているとは思わなかった。タイム云々よりも内容の悪さ。それは、私の中にかすかに残っていた希望を、粉々に打ち砕いてくれた。


 今の自分では、とうていサロマは完走できない。私はサロマが怖くなり、DNSの理由を探すようになった。


 そして先週、サロマの前日に「走る男2」の収録をすることが決まったのをきっかけに、ついに私はDNSを決断し、行動をともにする仲間にDNS宣言をしてしまった。


 だが・・・いざ宣言をしてしまうと、むしょうに走りたくなってしまう。サロマ前日に20km走をしてから150kmの距離を運転して移動するというのは、たしかに無謀なスケジュールではあるが、かといって物理的に出走可能であれば、あえてDNSとする必要はない。


 怖さばかり感じていた今年のサロマ。走りたいと思ったのは、もしかするとこのときが初めてだったかもしれない。私はすぐさま、前言を撤回した。


 思えば、昨年のサロマから、ずっと不調が続いている。サロマはリタイアに終わったものの、最後の最後まで泥臭く前に進んだ。そのためダメージを、体の中にも脚にも蓄積してしまい、なかなか回復できなかった。そんな状態で北海道マラソンを激走してしまったことで、さらにダメージを蓄積した。しかも、ようやく回復してきたと思ったらつまらないアクシデントに見舞われるなどして、散々な状態だった。


 結局、昨シーズン末にようやくレース復帰したものの、出場した2レースは、いずれも散々な結果に終わってしまった。


 年が明けて、先ほども書いたように2月~3月はほとんど練習もできず、3月に予定していた2レースもDNSとなる。そして24時間走も千歳JALも、内容的には納得のいかないレースが続いている。


 こんな散々な状態だけど、今年もサロマを走る。走るからには、ゴールを目指して。


 第1目標は、30kmの壁を破ること。


 なにしろ今年は、出場した2レースで、いずれも30kmの壁を破れていない。24時間走も、千歳JAL国際マラソンも、いずれも30kmの手前から歩き始めている。だからまずここは、なんとしても30kmの壁を破らなければならない。


 第2目標は、歩かずに42.195kmを越えること。


 フルマラソンの最近2レース。下関海響マラソンと千歳JAL国際マラソン。この2レースは、いずれも途中で歩いている。だから今回は、なんとしても歩かずに(上りは歩くぞ作戦も、今回は封印します)42.195km関門を通過したい。タイムはどうでもいいから。


 第3目標は、旧緑館。


 その途中に、2006年にリタイアした48km地点があり、ここを第3目標とすることも考えたが、第2目標地点とあまりにも近いので、第3目標は旧緑館とする。ここからがいわば後半戦の始まりだ。


 第4目標は、白帆のエイド。


 サロマ名物の私設エイドだが、昨年ここを通過したときは、すでに制限時間をオーバーしていたため、エイドは撤収作業をしていた。これはね、寂しいものだよ。昨年のサロマで、最も寂しさを感じた瞬間だったかもしれない。もう自分はレースをしていないんだ、ってね。今年はどうにか、エイドの開設時間内にここを通過したい。


 第5目標は、ワッカ。


 ここまできたら、あとはなんとしてもワッカにたどり着くこと。そしてそこで体勢を立て直して、残り20kmのカウントダウンに向かう。


 そして最終目標は、もちろん・・・。




 サロマ湖100kmウルトラマラソンでは、選手への応援FAXを受け付けています。これ、私たち参加者にとって、ひじょ~に力づけられる応援なんです。


 応援FAXは、2カ所の会場に貼り出されます。


 1カ所は、スタート前の激励FAXということで、スタート会場の湧別町に貼り出されます。受付を済ませて激励FAXを見つけると、力が非常に湧いてきます。


 もう1カ所は、フィニッシュ後のお疲れさまFAXということで、フィニッシュ会場の北見市常呂町に貼り出されます。ゴール?あるいはリタイア?いずれにしても、私はそのとき全力を出し切っているはずです。そんなとき、皆さんからのFAXにより、筋肉痛も忘れることができるでしょう。


 どうか、今年も皆さまからの応援FAXを寄せていただくようお願いします。


 FAXの宛先は


 スタート前の応援FAX  01586-5-3191


 フィニッシュ後のお疲れさまFAX  0152-54-3888


 となっています。NO.2390Ogaman宛に送っていただけると、大変ありがたく思います。


 なお、受付締切は、6月25日(木)の17時(厳守)となっておりますので、よろしくお願いします。


 送って頂いたFAXは、後日、このブログの中でも紹介したいと思います。もしも紹介不可の方は、その旨をメールまたはメッセージ、コメント等でお知らせいただくとありがたいです。



今日の順位は何位でしょう?

↓ クリックしてくださいね ↓


人気ブログランキングへ
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

(千歳の反省記は、もう1日延期させてください)


 さて、サロマまで15日。いよいよ追い込みの時期である。


 例年通り、サロマへはチームを組んでいく。というのも、ワンウェイのウルトラマラソンということで、スタート地点の湧別町と、ゴール地点の北見市常呂町は、車でも1時間くらいかかってしまう。しかもコース沿線は小さな町であり、宿泊のキャパシティもそれほど多くない。中にはスタート地点、ゴール地点までの送迎をしてくれる宿もあるが、人気の宿はあっという間に埋まってしまう。


 現地は公共交通機関も発達しておらず、どうしても足を確保できない場合はマラソンバスを使わなければならない。


 私は例年通り、遠軽の宿を押さえた。10名程度が泊まれるように部屋を確保し、それからこれまで行動を共にしたことのある仲間に案内をする。その仲間たち、あるいはその知り合いの仲間たちで、部屋は早々と埋まる。


 宿を確保したあとは、現地での移動計画の作成である。


 今回の私たちの計画では、27日の昼にゴール地点の常呂町に集合する。そしてそこに、ゴール後の輸送用の車を置き、昼食をとった後に受付地点の湧別町に移動する。そして受付を済ませ、前夜祭が終わった後、遠軽町へ移動する。


 翌朝は、遠軽町から湧別町に移動して、スタートする。このような予定になっている。


 今回、行動を共にするのは9名。そして用意した車は、3台。8人乗り、7人乗り、4人乗りだ。ということで、ゴール地点には7人乗りと4人乗りを置く。そしてそれ以外の輸送は8人乗りだが・・・メンバーは9人。さて、どうする?


 どうしても、1人あぶれてしまう。


 そこで皆さんにお願いですが、27日の夕方、湧別で受付をした後、湧別から遠軽へ行く車、また28日の朝、遠軽からスタート地点の湧別まで行く車で、私1人乗せてもらえる車はないでしょうか?もしあれば私を乗せていただけないでしょうか?



 サロマ湖100kmウルトラマラソンでは、選手への応援FAXを受け付けています。これ、私たち参加者にとって、ひじょ~に力づけられる応援なんです。


 応援FAXは、2カ所の会場に貼り出されます。


 1カ所は、スタート前の激励FAXということで、スタート会場の湧別町に貼り出されます。受付を済ませて激励FAXを見つけると、力が非常に湧いてきます。


 もう1カ所は、フィニッシュ後のお疲れさまFAXということで、フィニッシュ会場の北見市常呂町に貼り出されます。ゴール?あるいはリタイア?いずれにしても、私はそのとき全力を出し切っているはずです。そんなとき、皆さんからのFAXにより、筋肉痛も忘れることができるでしょう。


 どうか、今年も皆さまからの応援FAXを寄せていただくようお願いします。


 FAXの宛先は


 スタート前の応援FAX  01586-5-3191


 フィニッシュ後のお疲れさまFAX  0152-54-3888


 となっています。NO.2390Ogaman宛に送っていただけると、大変ありがたく思います。


 なお、受付締切は、6月25日(木)の17時(厳守)となっておりますので、よろしくお願いします。


 送って頂いたFAXは、後日、このブログの中でも紹介したいと思います。もしも紹介不可の方は、その旨をメールまたはメッセージ、コメント等でお知らせいただくとありがたいです。



今日の順位は何位でしょう?

↓ クリックしてくださいね ↓


人気ブログランキングへ
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。