セカンドビギナーのランニング日記(Road to SAROMAN BLUE)

サロマンブルー。それはサロマ湖100kmウルトラマラソン(100kmの部)を10回完走した勇者に与えられる称号です。いつの日か胸にブルーのゼッケンをつけてサロマ路を走ることを夢見ています。   by Ogaman(おがまん)


テーマ:

 森林にはさまざまな役割がある。その一つに、ダムの役割がある。裸の山に植樹をすることで水がきれいになる。雨が降ったとき、森林がなければ雨水は表面の土とともにすぐに川までたどり着く。しかし森林があると、その保水効果により、川に流出するまで時間がかかる。さらに森が作る微生物で魚も集まるようになる。


 森林を育てること。それは山を守るだけではない。川を、そして海を。大切な水環境をも守るためにも、山をきちんと整備し、森林を守っていかなければならないのだ。森・川・海は、それぞれが単独で存在しているのではなく、つながっているのだ。より豊かな緑資源を、地球環境を後世に引き継ぐことは、私たちに与えられた責務である。


 ということで、今日は「十勝川魚つきの森推進協議会」の主催による、十勝川魚つきの森植樹祭が行われた。


 朝の9時30分。豊頃町の町有林内に集合する。林道内を行くと、林道脇にはオオバナノエンレイソウの大群落が広がっていた。昨年の今頃、広尾町へ行き、「日本一の大群落」と称されている場所を見たが、その比ではない。こちらの方が、何倍もの面積が広がっている。地元の人に聞くと、このあたりは山に入ればどこでもこんな感じだとか。感覚的には、河川敷に広がるタンポポのようなものかもしれない。


Road to SAROMAN BLUE-オオバナノエンレイソウ


 でも、他所から来たものにとっては、この大群落はすごい!


 昨夜からの雨が心配だったが、どうにか開始前にはやんでいた。オープニングセレモニーのあと、私たちは植樹場所に入る。


 植樹場所は結構な急斜面。植樹する場所には目串が打ってあり、そこに穴を掘って苗木を植えていく。単純な作業である。


Road to SAROMAN BLUE-植樹


 ただ、昨年は平坦な公園内にすでに穴も持ってあり、そこに桜の苗木を多少植えただけと聞いていたのだが・・・。作業量としては、今年の方がはるかに多かったようだ。


 それでも、約2,000本の落葉松は次々と植えられていき、小1時間ですべての作業が完了した。


Road to SAROMAN BLUE-落葉松


 その後、参加団体の代表者により、標柱が埋設され、すべての作業を終えた。


Road to SAROMAN BLUE-標柱設置


 参加者には、タオル、軍手、ペットボトルのお茶、それと豊頃町にあるエコERCで製造販売をしている、道産なたね油100%のエコリーナが配られた。


 来年はまた、平らなところで桜でも植えたいという挨拶で締められていたが、私が参加した今年に限って条件がきついというのも、ちょっとつまらない(笑)。どうせ植樹をするなら、来年も今年のような斜面でやりましょうよ~(爆)


************************************************


 いつもお願いしているブログランキングのクリックですが、皆さんのおかげで、一時的とはいえとうとうてっぺんに立つこともできました。これもひとえに、皆さまのクリックのおかげです。本当にありがとうございます。


 これからも、記事を気に入っていただけたときにこの下のバナーをクリックしていただけると、大変ありがたく思います。クリックが増えることは、私にとってもブログを書く励みになります。今日の記事に満足いただけた方は、ぜひクリックをお願いします。


 また、そのほかのバナーも、クリックしただけで何か迷惑をかけるということはありません。なにか面白い情報があるかもしれませんので、いろいろクリックしてみてください。


ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。  人気ブログランキングへ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「eco」 の記事

テーマ:

 新聞のテレビ欄を見る。NHKBS-2で17時から放送されたスター・トレック。その副題は、


「トロイアスの王女エ

ラン」


 と書かれていた(この通り改行されていた)。ところがこれ、何度見ても、


「トライアスロン」


 に見えてしまう。どうも私の脳内には、おかしな回路が存在するようだ。



 さて、最近ではすっかり週末ランナーとなった私。サイドバーにJogNoteのブログパーツを貼っておくのが恥ずかしいくらいだ。


 先週は日曜日だけ走った私。結局今週も、仕事が忙しかったこともあり、夜ランはできなかったため、1週間ぶりのランとなった。


 こんなありさまだから、体がランナー仕様になっていない。10km走っただけで、その後1週間、全身倦怠感に悩まされてしまう。それだけに、短い距離でいいから毎日走り、ランナー仕様の体を作っていきたいのだが・・・。


 といっても始まらない。明日は悪天候になる予報でもあり、今日は走っておかなきゃならない。ということで、最近は休日でも夕方ランばかりだったが、今日は午前中から走りに出た。


 ところが、午前中に走るというだけで、体の動きが全然違う。今まで感じていた重さがあまり感じられず、おかげで予定よりも少し長い距離を走ることができた。あとは本当に体を軽くすれば・・・。


 走り出して間もなく通過するのが、帯広川の河川敷の桜並木。でも蕾はまだ固い。気象台によると、帯広の開花予想は5月4日(気象協会の予想では5月1日)。このゴールデンウイーク中には、桜並木の下を走ることができるかもしれない。


Road to SAROMAN BLUE-蕾


 しかし、河川敷を走っていると、目にするのはそういうきれいな光景ばかりじゃない。こんなのもあるわけだ。


Road to SAROMAN BLUE-ゴミ


 それでも今日はまだ、先週と比べればきれいだった。もしかすると、ボランティアの皆さんか河川管理者の方が掃除をしたのだろうか。上の看板のところのように、何箇所かにゴミが集められていたから。


 でも先週はひどかった。ともかく、あちこちにゴミが散乱している。粗大ゴミが平気で捨てられていたり、もう明らかに意図的に捨てられているものだ。


 5月9日の土曜日、「クリーンウォークとかちin札内川」という環境美化イベントがある。午前9時に帯広市の愛国大橋に集合し、河川敷のゴミ拾いをしようというイベント。


 トムエンタープライズの鈴木社長がブログの中で書いているけど、9年前からこのイベントをやり、当初は3~5年続けたら心ある皆さんはそれを見てゴミなど捨てなくなるよ、という性善説に基づき、ゴミ拾いの必要性が無くなるものと思っていたとのこと。でもその期待は裏切られ続けているそうだ。


 これは、まさしく私たちが提唱しているSmile Running Projectと共通している部分がある。私たちが訴えかけることで、心あるランナーはコップやスポンジを捨てなくなると。


 確実に、それは広がっていると思う。しかし残念ながら、給水所周辺の惨状はなかなか変わらない。


 ゴミ拾いもしてきた。かつての旭川マラソンコースである、旭川ラウンドウェイのゴミ拾い。そしてびえいヘルシーマラソンでのクリーンアップラン。しかし、いずれも1年限りで呼びかけるのをやめた。その理由をおわかりかな?


Road to SAROMAN BLUE-チラシ


Road to SAROMAN BLUE-クリーンアップラン



 これらのゴミ拾いイベント。目的はゴミを拾うことではない。こうしたイベントを行うことで、ゴミを捨てないということをアピールしたいのだ。でも、なかなかそれは伝わらない。ここがもどかしいところだ。これを継続することで引き続きアピールするということも十分に考えられるが、逆に継続することで、ゴミ拾いが強調されるような気がするのだ。だから最初から、一発勝負のイベントと思っていた。


 現実的に、こうしたことを個人で行っていくというのはたいへん無理がある。疲れるしね。そしてなにより、どちらも私個人がやっていくべきことではない。旭川ラウンドウェイは、本来は旭川マラソンの事務局が行うべきもの。だから事務局にも働きかけて、そのときは一緒にやったのだ。そして翌年からは、やるならば事務局が中心になってやってほしいと思った。だが、事務局は高齢化のため、大会そのものも継続していけなくなってしまった。


 びえいにしても、本来は事務局の方で考えていただくべきこと。しかしその後の働きかけに対しても、何の反応もない。となれば、私としてはこれ以上何もできない。


 なかなか、ゴミ拾いイベントからゴミを捨てないという呼びかけに結びつけるというのは、難しいものだ。


 でもね、こうしてこのイベントを紹介したからには、行かなきゃダメかな?昨日の勝毎によると、個人参加は当日受付もOKということのようだから、走って集合場所まで行ってゴミ拾いをして、そして走って帰る、なんてのもいいかもね。うちから愛国大橋までの距離は・・・10kmくらいかな?ちょうどいいところだよね。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 昨日、2009年4月4日付北海道新聞の生活面に、「マイはし 割りばし どちらをえらぼう?」という記事が載っていた。今日はちょっとこの話題に触れてみよう。


 たとえば外食店で、割りばしじゃなくてマイはしを使うという人、まだそんなに多くはないが、ときおり見かけるようになっている。


 記事によると、JR北海道ホテルズとか、アレフなどでは、社員にマイはしを配っているとか。札幌市内の百貨店などでもマイはしの売れ行きは堅調で、今はブームも一段落して、贈り物の需要が高いとか。また、富山市では昨年の4月から、全職員が庁舎内でマイはしを使う運動を行っているそうだ。今でははしを持参する職員は9割に上るとか。


 私はというと、一時期はマイはしを持って歩いていた。昨年の2月に開催されたあさひかわ食の文化祭 でいただいたマイはし袋。せっかくだからこれを使おうと思い、マイはしを持ち歩くようになった。でも、いつの間にか持ち歩かなくなってしまっていた。弁当を買うときは、割りばしを断るようにはしているんだけど。


Road to SAROMAN BLUE-マイはし袋


 さて、一方の割りばし。マイはし推進論者からは諸悪の根源のように言われることもある割りばし。だけど、本当に割りばしは悪者なのだろうか?


 以前、まだマイはしの話題が出始めの頃によく聞いた話は、割りばしは決して悪者ではないという話。なぜかというと、割りばしは決して森林を破壊するという代物ではなく、間伐材や端材を活用しているので、逆に森林の活性化につながるという話だ。


 このことについては、今回の記事の中にも書かれていた。間伐材で利益を上げることは、国内の林業の活性化につながるうえ、適度な手入れで木がよく育ち、二酸化炭素の吸収効果が高まるという。


 実は、森林を維持していくには、間伐は欠かせないこと。間伐をしなければ、良好な森林は育たない。ところが昨今の林業不振のため、間伐もままならず、放置されている森林も少なくはない。こうなってしまうと二酸化炭素の吸収効果も劣ってしまう。


 なぜ間伐もままならないのか?それはお金にならないからである。間伐をするにも、当然のことながら経費がかかる。その経費を補える形で間伐材が売れないと、その山林の持ち主は赤字で間伐をしなければならないということになる。ということで、放置される山林が増えてしまう。


 割りばしの原材料として使用されるのは、建材のような立派な木材じゃなく、こういう間伐材、あるいは材木を作ったとき発生する端材。つまり割りばしそのものは、森林破壊の元凶ではないのだ。


 道産間伐材を使った割りばしの需要は伸びているそうで、北大生協では下川産の割りばしを使い、他の大学にも広がっているそうだ。大学生協の方によると、使用済み割りばしは固形燃料などにリサイクルしているとか。まあ、これは業務用の分だけで、家庭で使った割りばしは普通に燃えるごみで出されて、リサイクルには回っていないだろうけど。


 また気になる記載があって、帯広の複数の飲食店では、道産割りばしを有料で使ってもらう運動をスタートさせたとか。いや、これは知らなかったなぁ。これに関しては、これから調査をします。


 日本総合研究所の方の話として、マイはし運動はごみを減らす効果があるが、山林保全のためには木の適度な利用が欠かせない、ということを紹介している。


 さて、皆さんはマイはしと割りばし、どちらを使う?


 実は一つ、この記事の中でも紹介されている大切な事実を、私はここまで隠している。


 林野庁によると、国内の割りばし需要は約230億膳。そのうち、なんと95%は中国産だとか。中国産の割りばしをいくら使っても、国内の森林保護にはつながらないんだよ・・・。


 でも、割りばしが単なる悪者ではないということは、理解いただけただろうか。割りばしを世の中からなくしたら、森林が保護されるわけではないということを、理解いただきたい。


 であるが、私はできるだけ、マイはしを使うようにしたいと思う。割りばしはけっして悪者ではない。だが、イメージ的に「使い捨て」というのは、やはりエコじゃない。使用済み割りばしは固形燃料にリサイクルをする。だとしても、リサイクルするためにまた何らかのエネルギーを使わなきゃならないから、私はリサイクルに関しては懐疑的な目を向けている。割りばしが間伐材を利用し、森林保護に役立っているとしても、1度使って捨てられるというのは、やはりエコとは言えないと思う。


 日本総研の方が言うように、山林保全のためには間伐材を利用した割りばしを使う方がいいのかもしれない。でも、そのことは私はあまり重要視していない。なにより、割りばしを利用したからといって、ほとんどが輸入をされているわけであり、国内の山林を守るためにはさほど役に立っていないのだから。


 また、マイはしを使うことにはごみを減らす効果しかないとしても、マイはしを使おうとしている人はエコ意識が高い人。エコを進めるには、1人1人の小さな活動の積み重ねしかない。そういう点で、こういう意識が高い人というのは、大切な存在だ。割りばしそのものは悪者ではないが、使い捨てという行為に疑問を感じて、エコというものについて今一度考えてみる、という人が増えることは、今後の地球環境を守るために大切なことだと思う。


************************************************


 さて、今日の午前中、ちょうど北朝鮮から飛翔体が発射された頃はSUNちゃんと街で用足しをした。昼食にインデアンカレーを食べて帰宅したのは13時30分。その途中、空を見上げると、黒く怪しい雲が広がってきている。


 危ない!あの雲は危ない!


 夕方に走ろうと思っていた私だが、急遽、帰宅してすぐに支度を終えて走り出した。


 今日の予定は10km程度。昨日と同じコースを走り、さらに2kmほど奥まで行って折り返してこようと思っていた。


 ところが、黒い雲が広がってく・・・。


 冷たい風が強くなってくる・・・。


 昨日の折り返し点に差しかかった頃には、かなりの強風になっていた。


 これ以上進むのは自殺行為だ。そう判断した私は、昨日と同じ地点で折り返した。しかし・・・手遅れだった。強風が、向かい風となって行く手を阻む。それに加えて、乾いていたアスファルトに大粒の水滴が広がり、あっという間に埋め尽くしていく。


 雨だ・・・。


 いや、正確に言うと、限りなく雨に近いみぞれだ。これが向かい風に乗って、私の顔にむかって容赦なく襲いかかってくる。


 家に着いた頃は、全身ずぶぬれに加えて、眩暈に悩まされる始末。まったくついていない。


 ついていないといえば、自宅に着いたときは西の空に雲の切れ目が見え、その向こうには青空が広がっている。私が帰宅して間もなく、みぞれが降っていたことは嘘だったかのように天候が回復し、帰宅後1時間でこの写真のような天気になってしまった。


Road to SAROMAN BLUE-今日の十勝大橋


 う~ん、なんだか悔しいぞ!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。