セカンドビギナーのゆるラン日記

40代はそれなりに記録をめざし、ウルトラマラソンをめざし、走っていました。しかし還暦近くなると、体のあちこちが痛くなり無理が効きません。そこで走る目標を変えて、ゆるゆると走ることにしました。そんなゆるランの様子を書いていきます。   by Ogaman(おがまん)


テーマ:
(3)カメランからビーランへ

 速報サイトでラップを確認すると9分32秒でした。10分を切れたことにホッと一安心です。しかしこのダメージの大きさは……この走りを5回、6回と続けることはとうていできそうにありません。次の周回はのんびりカメランをすることとして、チームのメンバーにも宣言しました。

 6人のメンバーがそれぞれ1周ずつ走りました。ここまでのタイムは1時間00分06秒です。平均すると1人10分01秒。見事なペースです。

 ぷーさんから2周目に入っています。多少の出入りはあるものの、みんな1周目と変わらないペースで走っています。私はあまりウロウロしないようにして体力の回復に努めますが、悲しいかな、なかなか戻ってきません。そうこうしているうちにあっという間に出番が近づきます。

 私はスマホを手にしてリレーゾーンに行きました。宣言どおり、今回はカメランをしてゆっくり走るつもりです。そうすることで3周目以降の体力を少しでも残しておこうという魂胆です。

 daroさんがやってきて、私はたすきを受け取りスタートしました。1周目のときも控えめなスタートでしたが、カメランの2周目はさらにゆっくりとスタートしました。

 アリーナ内を抜けてまず最初の難所にかかります。ここでいったん足を止めて撮影タイムです。何度走っても攻略法のわからないトンネルの写真を撮ります。

上りトンネル

 その後は覚悟を決めてトンネルに入ります。無理をせずゆっくり上っているつもりなのですが、それでも上りきる頃にはヘロヘロになっています。このあたりでまた足を止めたい衝動に駆られますが、コース脇に立ち止まると邪魔になりそうなので我慢して走ります。そして折り返し点にさしかかったところでいったんストップして撮影します。ただここは大きなRを描いての折り返しなので、すべてのランナーを捉えることができません。

折り返し

 ここからはまた頑張って走ります。そして給水所にさしかかったところでコース脇にそれて写真を撮ります。

給水1

給水2

 こうして走っては止まり、走っては止まりを繰り返しました。

 給水所を過ぎてからはコース幅が狭くなります。そのためカメランに適した場所がありません。仕方がないので走り続けました。それでもここまでカメランの流れできていますので、1周目よりも穏やかなペースでの走りとなりました。

 ロスタイムを含めて12分くらいで帰ってきたつもりでしたが、結果的には11分台でした。後半の区間でペースが上がっていたのかもしれません。

 たすきをぷーさんに渡して2周目終了です。タイムは2時間02分20秒です。2周目の合計タイムは1時間02分14秒でした。1周目より2分あまり余分にかかっていますが、その大半は私のせいです。

 普通に走った1周目。カメランをした2周目。さて3周目は何をしましょう。もう残っているのはアレしかないか?そう、ビーランです。昨年も中盤で一度やったビーラン。ここらで勢いをつけなければなりません。

 しかしそれより先に腹ごしらえです。ビーランは次の周回にしましょう。腹ごしらえをして全力で走り、その足でビールを買いにいく。そして飲む!プランは出来上がりました。

 3周目に入っても、ほかのメンバーは順調です。そろそろ帰ってくるかなと思ってドーム入口の様子を映し出しているモニターを見ていると、ちゃんと予定通りのタイミングで帰ってきます。フリージアさんからdaroさんへとたすきがつながったのを見届けて、私はリレーゾーンへと向かいました。

 走り終えるとビールが待っている。それを楽しみに走ります。目の前ににんじんならぬビールをぶら下げて走ります。

 しかし予定していた時間になってもdaroさんは帰ってきません。何かアクシデントがあったのでしょうか?それとも私がdaroさんが走り出した時間を覚え違えていたのでしょうか。まあボケボケの私のことですからきっと後者だろうと思っていました。

 daroさんがドームに入ってくる姿をモニターで見落としてしまった私。daroさんがリレーゾーンまでやってきたのに気づき、慌ててコースに出ます。そしてたすきを受け取り走り出しました。走り終えたときのビールを目指して。(つづく)


(1)今年も6時間
(2)練習不足を実感する


(4)アクシデント


『うつ病ランナー サロマを走る』 絶賛発売中です。

うつ病ランナー サロマを走る【電子書籍】[ 小笠原 章仁 ]

¥486
楽天







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
7月29日

 旭川には予定通り12時55分に到着しました。ここでは父の見舞いというミッションがあります。

 あらかじめバスの時刻を調べておきました。メモには3番と書いてあり、駅前のバス停の3番乗り場に向かいます。ところが3番乗り場はまったく違う路線のバスしか来ないことがわかりました。

 ここで若干パニックになりながら、観光案内所に向かいます。そこにあったバス時刻表を確かめてみると……3番乗り場ではありません、系統が3番でした。自分でメモしておきながらすっかり勘違いしていました。

 3番系統のバス乗り場は駅前ではなくちょっと離れたところです。そのままバス停に向かった私は、入場券を買うことをすっかり忘れていました。

 無事に見舞いを終え、駅に向かうバスに乗ろうとバス停に行きました。するとバスは出たばかりです。次のバスまで30分近くあります。

 バス停から駅までは約2キロ。これなら歩いた方が早いです。ということで、旭川駅まで歩きました。

 旭川駅では予定の列車まで20分ほどありました。ゆっくり入場券を買うことができます。ということで、無事に購入できました。

旭川駅ご当地入場券

 それからホームに向かい、15時15分発の留萌行きに乗りました。

6

 3月まで住んでいた留萌に行きたいという気持ちもありましたが、それでは室蘭まで帰れなくなってしまいます。途中の深川まで、キハ54の前面展望を楽しみながらの旅となりました。(続く)

6駅目


『うつ病ランナー サロマを走る』 絶賛発売中です。

うつ病ランナー サロマを走る【電子書籍】[ 小笠原 章仁 ]

¥486
楽天









いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 私の住む胆振管内には11の市町村があります。そのうち壮瞥町を除く10の市町にはJR駅があり、ご当地入場券が販売されています。全道101の入場券をすべて揃えるのは至難の業ですが、管内の10駅分は揃えたいと思っていました。

 このうち室蘭(室蘭市)、苫小牧(苫小牧市)、登別(登別市)、伊達紋別(伊達市)、小幌(豊浦町)、洞爺(洞爺湖町)、白老(白老町)、早来(安平町)、鵡川(むかわ町)の9駅は7月20日から販売されています。現在のところ、室蘭、苫小牧、白老、鵡川の4駅の入場券は購入しました。

 残る浜厚真(厚真町)のご当地入場券も明日から発売されることになり、その発売方法が発表になりましたが……これは難易度が高いですよ。

 浜厚真は無人駅ですから、駅以外の施設で販売されます。その場所は、厚真町観光協会と発表されました。浜厚真駅は厚真町の市街地から離れているのですが、観光協会は市街地にあります。ということで、浜厚真駅から観光協会に行くのは公共交通機関もないため大変困難です。

 それなら休日に車で行くか、早来駅のご当地入場券を買いに行ったときに走って行こうかなどと考えましたが、観光協会は土・日・祝日はお休みということで、平日しか買えません。

 これは難易度高いぞ……。

 管内制覇も容易にはいかないようです。


『うつ病ランナー サロマを走る』 絶賛発売中です。

うつ病ランナー サロマを走る【電子書籍】[ 小笠原 章仁 ]

¥486
楽天







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。