セカンドビギナーのゆるラン日記

40代はそれなりに記録をめざし、ウルトラマラソンをめざし、走っていました。しかし還暦近くなると、体のあちこちが痛くなり無理が効きません。そこで走る目標を変えて、ゆるゆると走ることにしました。そんなゆるランの様子を書いていきます。   by Ogaman(おがまん)


テーマ:
 函館日帰り旅行記は簡単にまとめようと思ったのですがやはり長くなってしまいました。

 昼食後、朝市の中をブラブラしてから函館駅に戻りました。そして午後の部の受付です。午前中は10名でしたが午後からは参加者が増えるとのこと。何名くらい増えるのかと思ったらぞろぞろと乗り込んできて合計26名になりました。人数的にはやっとバスツアーらしくなりました。

 私たちが利用しているツインクルバス函館・北斗さくら号は、もともと午前のみ、午後のみのコースと1日通しのコース(食事付き、食事なし)があるようです。今回参加した日帰りツアーは札幌(私たちは東室蘭)からこの昼食付き1日コースを組み込んだものなのでわかりませんでした。

さくら号

 26人が乗り込んだバスは、北斗市の桜回廊を回ります。まず最初に向かったのはトラピスト修道院です。

トラピスト修道院

 ここは桜というより、トラピストバターやトラピストクッキーなどのお土産で有名といった方がいいかもしれません。私もクッキーを買い、ソフトクリームを食べました。ソフトクリーム、大変おいしゅうございました。

 次は車窓から清川千本桜を眺めながら松前藩戸切地(へきりち)陣屋跡に向かいます。この千本桜、本数は多いものの残念ながらまだちょっと早かったようです。ほんのりとピンクに色づいている木もありますが、ほとんど花は開いていませんでした。

 そんな状況は松前藩戸切地陣屋跡でも同じでした。何本か、咲き始めている桜の木もありましたが、見所である800メートルの桜のトンネルはまだ蕾が固いままでした。

松前藩戸切地陣屋跡

 ガイドさんの話では、北斗市の桜はまだちょっと見ごろには早いようです。それはちょっと残念でしたが、私はすでに雨が降っているはずの時間になっても一向に降り出す様子もなく青空が広がっていることだけでも満足して歩いていました。

 次に向かったのは法亀寺です。実は今回、一番楽しみにしていたのがここのしだれ桜です。推定樹齢300年というしだれ桜。こんなのは今まで見たことがありません。ツアーチラシにも大きく写真が載っており、期待していたのですが……ガイドさんの事前説明で覚悟はできていました。ここもやはり、まだ早かったです。

法亀寺しだれ桜

 それでも中には頑張って咲いて私たちの目を楽しませようとしている枝もありました。

しだれ桜頑張る

 いいんですいいんです、心の目で満開になっている様子を見ますから。それができるのも、こうして晴れているおかげです。雨が降っていたらバスを降りる気にならなかったかもしれません。

 法亀寺を後にして、大野川沿いの桜並木を車窓から見ましたが……はい、「並木」を見ただけです(笑)。この北斗市の桜回廊コースは、ゴールデンウイーク後半の方が見ごろとなりそうです。

 バスは新函館北斗駅に立ち寄って、新幹線に乗るためここで降りるという乗客を降ろし、それから五稜郭へと向かいます。五稜郭ならば、桜が咲いていなくともほかに見所がいろいろあります。

 しかし函館の桜の標本木は五稜郭公園にあります。すでに27日に開花宣言が出され、私が見たサイトでは満開予想が29日となっていました。ここは大丈夫のはずです。

 そんな期待を抱いてバスに乗っていましたが……五稜郭公園が近づくにつれて、車窓から見える桜の木は見事に咲き誇っています。そして五稜郭公園も……私の文章は余計ですね。公園内の様子を写真で堪能してください。

五稜郭公園

五稜郭公園2

五稜郭公園3

五稜郭公園4

 終わりよければすべてよし。雨の覚悟をしていたツアーがずっと好転に恵まれ、最後にこの桜の絶景です。これ以上、何を望みましょうか。

 ツアーコースの最後に車窓から眺めた桜が丘通りの桜のトンネルも、まさに満開でピンク色のトンネルができていました。

 ツアーが終わり、函館駅でバスを降ります。このあと、ライトアップされた北斗市桜回廊をめぐるバスもあるようです。場合によってはそれにも乗れるようにと最終の特急で帰る予定にしていたのですが、まだ桜が開いていないことがわかりましたのでそれはやめました。

 夕食はせっかくの函館だからラッキーピエロでも行こうかと思ったのですが、奥さんの意見に従って駅の2階にある「あじさい」でラーメンにしました。

ラーメン

 歩き疲れた私たちはそれからその隣のタリーズに移り、ゆっくりコーヒーを飲みました。窓からは函館山の山頂も見え、暗くなった夜空に浮かぶ山頂夜景を楽しんでいました(笑)。

 帰りはスーパー北斗23号です。

スーパー北斗

 寝過ごしてしまって札幌まで行くことのないよう気をつけて、無事に東室蘭で降りました。

 最後まで好天に恵まれて旅を終えることができるなどとはまったく期待していませんでした。これほど完全に天気予報が外れるのも珍しいと思いますが、そんな1日に旅の計画を入れていた幸運に感謝をしながら床につきました。

 次は室蘭の桜が楽しみです。


『うつ病ランナー サロマを走る』 絶賛発売中です。

うつ病ランナー サロマを走る【電子書籍】[ 小笠原 章仁 ]

¥486
楽天







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「Ogamanの日記」 の記事

テーマ:
 青春18きっぷを使って旅をしたいと思っても、今までは拠点であった留萌が鉄道を利用しづらい土地だったため、うまく行程を組めませんでした。

 しかし今は東室蘭在住です。ここからならばいろいろな鉄道旅を考えることができそうです。

 ということで、ひとつの案を検討してみたら……おやっ?……ダメか?……おっと繋がった……全部行けるの?……という行程が出来上がりました。

 乗り換え8回。全乗車距離420.8キロ。全乗車時間8時間20分。正規に切符を買うと8,130円。なかなか面白い旅になりそうです。

 実現できるかなあ。夏が楽しみです。


『うつ病ランナー サロマを走る』 絶賛発売中です。

うつ病ランナー サロマを走る【電子書籍】[ 小笠原 章仁 ]

¥486
楽天






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。