FP&マネーエッセイスト小川千尋の『今日も日本晴れ!』

何やら、雲行きの怪しい視界不良の日本。一日も早く、スカッとした『日本晴れ!』になってくれますように。
千葉の片田舎から、いろんなことを叫び続けます。


テーマ:

こんにちわ

ファイナンシャル・プランナー&

ハッピーエンディングプランナーの小川千尋です。


最近、ハッピーエンディングプランナーの

資格を取りました。

読んで字のごとく、ハッピーなエンディング(死)を

迎えるためのお手伝いができる資格です。


6月11日(土曜日・10時30分から12時)、

ハッピーエンディングプランナーとして

デビューすることになりました。


ハッピーエンディングカードゲームを

プレイすることで、ハッピーエンディングを

迎えられないリスクに気づきが得られますよ。


場所は、地下鉄・住吉駅から徒歩3分くらいの

コミュニティカフェ「ブルーオーシャンカフェ」です。

ステキなカフェですよ。


詳細とお申込みは下記からお願いしますダウンダウンダウン


https://www.facebook.com/events/264840473863450/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは!

ファイナンシャル・プランナーの小川千尋です。



先日、SBI生命さん主催の『在宅医療』講演会に

行ってきました。在宅医療は「在宅」で「医療」を

受けるってことなので、往診のことかと思いました。


ところが、在宅医療と往診は似て非なるものでした。
どちらも、在宅(自宅または対象の施設)で

診察・投薬・注射・処置などの

医療行為を受けることは同じですが、

在宅医療は医師が診療計画を立てた上で

訪問してもらう点が異なります。


往診は緊急時、在宅医療は定期的ということですね。
他にも違う点はあるのですが、ここでは省きます。


費用は、入院よりは安いけど、

通院よりは高いという位置づけとのこと。


では、今、なぜ、在宅医療なのでしょう?
最大の要因は高齢化ですね。



日本の総人口は何年か前から減少基調に

入りましたが、65歳以上の高齢者人口は増加基調です。



日本の高齢化の大きな節目は、

団塊の世代が後期高齢者(75歳以上)

になる2025年です。

その次の大きな節目は、団塊の世代が

90歳近くなる2040年です。

2030年から2050年にかけては、

年間160万人前後の人が

亡くなる大量死時代になると推計されています。



こういう時代背景では、高齢者を病院で

看取るのは不可能なのだそうです。

というのは、国は、後期高齢者が増える2025年には、

今より病院のベッド数を減らし、病院の役割分担を

進める方針だからです。特に、急性期のベッド数は

3割減にするそうなので、長く入院できなくなります。



そりゃ、そうですよね。

今ですら、高齢者の医療費負担で

公的健康保険のやりくりは大変なのに、

高齢者全員を病院で看取るために

病院を増やしたら、その費用負担の

しわ寄せは現役世代が払う保険料と

税金にいくのですから。



そこで、在宅医療の推進という流れになるのです

これからは、高齢の親は在宅医療で

診てもらいながら看取る時代になりそうです。

もちろん、介護もしながらです。

そして、今、50代から60代の子世代も、

医療・介護は在宅で、が求められるのでしょう。

その覚悟とお金の準備をしておくことが大事ですね。



お金の準備といえば、在宅医療の費用負担は

どうなるのでしょう?

公的健康保険が適用されるので、

年齢・所得による自己負担割合分を

負担することになります。

病気の種類と症状によって負担額は異なりますが、

月数万円を長期にわたって

払い続けることになるケースもありそうです。



医療保険や生命保険に医療特約をつけているから、
お金の準備は大丈夫と思う人がいるかもしれません。

でも、在宅医療は入院ではないので、

入院・手術の保障がメインの医療保険・特約ではお金は出ません。



在宅医療でも保障対象になる保険・特約をつけないと、

お金の準備はできないということです。


ちなみに、SBI生命さんは、今後、増えていく

在宅医療に備えられる「在宅医療特約」を、

終身医療保険につけられる特約として開発しました。



国の医療政策が変わると、必要な保障、

そして、保険も変わるというお話でした。






終身医療保険「も。」商品概要ページ
http://www.sbilife.co.jp/products/medical-Mo/index.html

「在宅医療」講演会ニュースリリース
http://www.sbilife.co.jp/corporate/press/pdf/NR20160408.pdf

















AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちわ

ファイナンシャル・プランナーの小川千尋です。


仕事で調べ物をしていたら、

こんな報道資料をみつけちゃいました。


厚生労働省からの

「平成28年度の年金額改定についてお知らせします」です。


内容は、今年度の年金額(6月支給分から)は、

物価・賃金によるスライドは行われず、

据え置かれる、つまり、前年度と同額ということです。


スライドの中には、マクロ経済スライドによる

「スライド調整率」というものがあります。


マクロ経済スライドは、平成16年の年金制度改正で

導入された指標で、賃金や物価の改定率を調整して

穏やかに年金の給付水準を調整(減額)するしくみです。


報道資料には、この減額を計画的に実施することは、

将来の年金受給者である現役世代の年金水準を

確保することにつながると書いてあります。


実は、マクロ経済スライドによる年金額の減額は、

デフレ化ではできない決まりで、導入されてから

ずっとデフレが続いていたため、去年(平成27年度)、

ようやく実施しました。


これで、現役世代の将来の年金水準を確保できる

ようになったかと思いきや、たった1年で、

今年度は実施しないんですと目


物価は上がっているけど、

現役世代の賃金は下がっているから、

そういうときは、スライドはしないんだそうです。

したがって、マクロ経済スライドによる減額も

行わないと、説明されていました。


それじゃぁ、ダメじゃん。

現役世代がかわいそうじゃん。


デフレでも、マクロ経済スライドによる減額を

行えるように、法律を改正しないとダメですよね。


それに近いような法案は作ったようですが。

近いというのは、デフレのときは減額はしないけど、

景気がよくなってインフレになったら、

それまで減額しなかった分をまとめて減額できる

という内容らしいです。


でも、今国会では通さないんだとか。

その理由は、選挙(参議院選挙)があるからですって。


これも、ダメじゃん。

年金をもらっている人も、

これからもらう人も、

同じ日本人なんだから、

平等にもらえるようにしないとね。


と、憤慨している私です。





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちわ

ファイナンシャル・プランナーの小川千尋です。


一戸建てに引っ越してから、

仕事部屋の窓から、レースのカーテン越しに

ポストと呼び鈴(とは呼ばないのだろうけど)が

見えます。


最近、よく、見知らぬおじいさんとかおばあさん、

おばさんが近寄ってくるのです。

これが、けっこう怖い…。

何しろ、自分ちの領土に3メートルほど

入りまれるのですから。


「何かの勧誘だったらイヤだな」と思いつつ、

じっと見ていると、ポストに何かを

突っ込んでいきます。


後で、ポストを見ると、「チラシ」が入っています。

チラシ配りをしていたのですね。


たまたま見たピザ屋のチラシには

チラシ配布員を募集していて、

「1枚4円~」と書いてありました。


「1枚配って4円」は高いのか安いのか

わかりませんが(てか、安いですよね。

100件配って400円ですから)、

働くこと、(イヤでも)歩くことに

意義があると思います。


おじいちゃん、おばあちゃん、おばさん、頑張れ~ニコニコ

(お兄さん、お姉さんがやっていなくてよかった)


今日も、みなさまが心穏やかに過ごせますようにドキドキ



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちわ

ファイナンシャル・プランナーの小川千尋です。


昨日に引き続き、姉の話です。

姉は、去年、長年にわたって勤務していた会社を、

64歳と11か月で退職しました。


で、雇用保険は「働く意思と能力のある人が

仕事を探しているにも関わらず就業できない場合」に

給付を受けられるものなので、

自分の場合は「働く能力はあっても、

働く意思がない(再就職する気はさらさらなかった)」

ので給付を受けられないと考え、

そのままにしていたそうです。


(私の心の声:その通り。雇用保険は、働く意思

と能力があることが受給要件です)


ところが、その話を同年代の友人に話したところ、

「何言ってんのよ。みんな、働く意思はないけど

もらってるわよ」と言われたそうです。


「じゃ、自分ももらうか」と考えた姉は、

ハローワークに行き、手続きして就活を始めました。

最初のうちは、雇用保険の基本手当を

もらうための就活だったそうですが、

職探しをして履歴書を書いて送り…を

しているうちに、就業意欲がふつふつと

湧いてきたそうです。

今は本気で再就職する気で就活しています。


(心の声:そうでなくちゃ!)


ところが、ところが。65歳という年齢のせいか、

何社も履歴書が送り返されてくるのですって。

門前払いってことですね。


「1億総活躍時代」なんですから、

働きたい高齢者には仕事を与えてやってください、

と、政府と会社に切にお願いしたいです。


姉は、また、履歴書が送り返されてくるのだから、

日付のところは消せるボールペンで書いて

使い回すそうです。

1日も早く、再就職先が見つかりますように。

妹として、祈らずにはいられません。


今日も、みなさまが心穏やかに過ごせますように。





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。