政府の行政刷新会議(議長・鳩山由紀夫首相)は24日午前、公益法人などを対象にした「事業仕分け第2弾後半戦」の3日目の作業に入った。競輪の収益を分配している経済産業省所管法人「JKA」の補助事業や、全国の建設弘済会、建設協会8法人(いずれも国土交通省)による公共事業工事の支援・補助業務など22法人の24事業を取り上げる予定だ。

 午後には、日本防火協会(総務省)の防火防災管理講習や、「日本の水をきれいにする会」(環境省)の魚類繁殖場調査などについても議論する。

【関連記事】
庶民の夢は?仕分け人「天下り解決まで宝くじ販売停止を」
“仕分け”国の出先機関について公開討議
事業仕分け 審査せず交付で収入11億円…「資格・検査」法人
「適切ですか」「根拠は」天下り法人をバッサリ 事業仕分け
「仕分け人 妻に比べりゃ まだ甘い」サラリーマン川柳で人気作
中国が優等生路線に?

「人工細菌」を作製=合成DNAで増殖―医薬品、燃料生産目的・米研究所(時事通信)
女生徒連絡先、捜査資料から入手=わいせつ容疑の警部補―新潟県警(時事通信)
H2A 打ち上げ準備の最終段階 21日早朝打ち上げへ(毎日新聞)
【from Editor】不可能を可能にする力(産経新聞)
乳酸菌飲料「ピルクル」に酵母混入、自主回収(読売新聞)
AD