福島地検郡山支部は11日、福島県郡山市で得意先の40代の女性飲食店経営者にけがをさせたとして、傷害容疑で書類送検されたサッポロビール(東京都渋谷区)の福永勝顧問(62)について、起訴しないと発表した。

 同支部の森隆志支部長は「経緯や行為の態様などを総合的に考慮し、起訴するほど悪質とは言えないと判断した。(不起訴または起訴猶予など)どの裁定かは言えない。理由も明らかにする必要はない」と説明した。

 福永顧問は社長在任中の09年5月、酔って飲食店を出た際、女性のほおを両手でたたいて耳にけがをさせたとして告訴され、県警郡山署が同年11月に傷害容疑で書類送検した。【坂本智尚】

【関連ニュース】
ビール類出荷量:消費者の「第3」志向強まる 1~3月
サッポロHD:株主総会でスティールの経営陣刷新提案否決
ビール類:出荷量、「第3」最高の35% 低価格志向反映--3月
ちば経済:「工場萌え」で見学人気 企業は自社ファン開拓 /千葉
毎日旗争奪早起き野球:県大会出場かけ、41チームが熱戦--開幕 /宮崎

<窃盗>5300万円相当、コントラバス5台など盗難…東京(毎日新聞)
「看護の日」制定から20年、都内でフォーラム(医療介護CBニュース)
やり刺さり女子高生けが=部活中、跳ね返り足首に-北海道・池田(時事通信)
パロマ元社長らに有罪=CO中毒死、執行猶予付き-湯沸かし器事故・東京地裁(時事通信)
<鶴見川女性遺体>いかりで沈める 遺棄容疑で捜査(毎日新聞)
AD