サッカーボール状の炭素分子「フラーレン」2個が1個に融合する様子を、電子顕微鏡を使って原子レベルで観察することに、産業技術総合研究所と東京大などの研究チームが成功した。極細の筒状炭素分子「カーボンナノチューブ(CNT)」を試験管の代わりに使うなどの工夫をした成果。分子の化学反応を詳細に解明できると、新薬開発などに役立つという。
 研究成果は11日、英化学誌ネイチャー・ケミストリー電子版に発表された。
 産総研の越野雅至研究員や東大の中村栄一教授らは、直径0.8ナノメートル程度(ナノは10億分の1)のフラーレンを、同1.5ナノメートル程度のCNTの中に数珠つなぎに詰め、電子線を照射しながら、電子顕微鏡で観察した。
 この際、フラーレンの手前にあるCNTの壁が邪魔にならないよう、画像処理をしたり、フラーレン画像のぼけを補正したりした。その結果、2個は特定の部位同士から結合し始め、ピーナツの殻状になってから、チューブ状に融合することが分かった。 

社債購入、要注意 「元本保証」「途上国支援」 業者雲隠れ 持ち逃げ被害も(産経新聞)
水仙娘が福井の特産品PR(産経新聞)
参政権法案提出、3月下旬以降に 民主・山岡氏(産経新聞)
普天間問題に影響=現職、新人一騎打ちへ-名護市長選17日告示(時事通信)
小沢幹事長ポンと4億円? これほどお金が集まるカラクリ(J-CASTニュース)
AD