亀井静香金融・郵政担当相は1日の閣議後会見で、郵政改革法案が衆院を通過したことを受け、「5年前に可決された無謀な法律(郵政民営化法)をひっくり返す状況になった。日本が良識を取り戻しつつある」と述べた。

 05年の郵政民営化法案の委員会審議は約110時間行われたが、今回の郵政改革法案の委員会審議は6時間足らずで、1日で打ち切られた。しかし、亀井担当相は「法案以外のことを質問する方もいた。そういう意味では審議は尽くされている」と強調した。【中井正裕】

【関連ニュース】
<関連記事>郵政改革法案:衆院本会議で可決 参院に送付へ
<関連記事>郵政改革法案:衆院通過へ 野党、亀井氏らの不信任案検討
<関連記事>郵政改革法案:与党、衆院委で強行採決
<関連記事>郵政改革法案:衆院で審議入り 5野党は本会議に欠席
<関連記事>郵政改革法案:閣議決定、3社体制に再編

東尾修さん「親子のきずなのほうが強い」(産経新聞)
「弘道会壊滅」警察庁長官指示 本部長会議(産経新聞)
鳩山前首相 東工大で講演 「切れすぎる方が総理になる」(毎日新聞)
医薬品・医療機器の規制改革は「加速度的な別システムで」―足立政務官(医療介護CBニュース)
<山岳遭難>千葉県浦安市の男性と連絡取れず 北アルプス(毎日新聞)
AD