不動産取引による所得約10億円を隠したとして、東京国税局が東京都世田谷区の建設会社「立石建設工業」と立石勲社長(77)を法人税法違反(脱税)の疑いで東京地検に告発したことが27日、分かった。同社は「社長が外出していて、詳しいことは分からない」としている。
 関係者によると、同社はグループ企業間での不動産取引で損失が出たように装うなどして所得約10億円を隠し、法人税約3億円を脱税した疑いが持たれている。
 立石社長は、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)からの訓練移設先候補とされた鹿児島県西之表市の「馬毛島」のほぼ全域を所有する「馬毛島開発」の社長としても知られる。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦~米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで~
【特集】沖縄と米国海兵隊~ペリーと黒船でやって来た海兵隊~
【特集】迷走!普天間移設~鳩山首相、「県外」守れず陳謝~
【特集】米国海兵隊兵器総覧~沖縄に配備されているのは?~
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~

福島氏の理解得るよう努力=首相(時事通信)
シンシアの丘 介助犬の存在さらに発信へ 開所1周年式典(毎日新聞)
もんじゅ原子炉、計画通り一時停止(産経新聞)
杉並区長が記者会見で辞職表明 参院選出馬意向も(産経新聞)
iPad発売 日本では魅力半減? 映画もテレビ番組も購入できず(産経新聞)
AD