東京メトロ丸ノ内線の駅前などで覚せい剤を密売したなどとして、警視庁組織犯罪対策5課と渋谷署などは9日までに、覚せい剤取締法違反(営利目的譲渡)容疑などで、いずれも自称イラン国籍で東京都江東区枝川、無職の自称モハンマド・ゴラームレザイー容疑者(27)ら3人を逮捕した。昨年8月以降、同法違反(所持)容疑などで、新宿区の歯科医師(50)ら日本人の客20人も逮捕した。 

【関連ニュース】
「酒井法子」「飯島愛」がアジアで愛された理由
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
〔写真特集〕違法薬物~密輸、栽培の実態~
日本人3人に死刑執行=覚せい剤密輸、厳罰示す
容疑者、パトカーに覚せい剤=連行時「隠した」

メッセンジャー黒田さん活動再開(時事通信)
「パーマゆるい」と因縁、料金の倍額脅し取る(読売新聞)
鳩山首相、与謝野氏離党「自民党さんも大変だなあ」(産経新聞)
【シャトル】ISSにドッキング成功(産経新聞)
貴金属店窃盗、男を再逮捕=大阪市内で1500万円相当-府警など(時事通信)
AD