日本一危険な山「剱岳」

テーマ:
「剱岳(つるぎだけ)」は

人類未踏の山として
そこに挑んだ多くの命を奪ってきた為

入ってはいけない場所と
昔から恐れられてきた。


次々と未踏峰を開拓した超人で有名な
「弘法大使、空海」でさえも

登頂できなかったという。



そして明治時代

世界中のプロ登山家が
挑んでは敗退し


人類史上で初めて
やっと登頂に成功した登山隊が

山頂で目にした物…


それは…

いにしえの「錆びた剣」だった!!



ゴゴゴゴゴ…


1日目←の続き



2日目。


剱沢キャンプ場にやってきた
俺とおっきーときゃないの3人。



昨日の日中の暑さとはうって代わり

夜のテント泊は
思ってたよりも激寒で


眠れたのか眠れなかったのか
よくわからず



ナナメった冷たい地面に
テキトーに組み立てた

風でバサつくテント内で


早く日が昇ってほしいと

震えながら
ずっと寒さに耐えていた。笑



きのう汗だくになったのに
キャンプ地には風呂やシャワーは無く

体はベトベト。笑


am 4:00 起床


周りの人達が火を使って
温かそうな朝食をとっている中

俺達は震えながら
冷えたコンビニおにぎりをかじる。笑


にしても静かで

なんて迫力ある景色なんだ!!

剱岳の発するオーラぱねえ!!



夜は雲って
満天の星は見えなかったけど

美しすぎる日の出は
最高の瞬間だった!!


他の人達も向かい始める中

俺達も
クライムオーーーン!!


遂に来たぜ!!

ここが


日本一危険な山 針山地獄
日本地図最後の空白地帯 日本最後の秘境
死の山 入ってはいけない場所
日本唯一の氷河地帯 岩と雪の殿堂
日本三大岩場 日本三大雪渓
日本百名山 岳人百名山

「剱岳」2999m だ!!


てかメッチャ渋滞!!


山小屋にどんだけ人が
泊まってたんだよ!!

テント泊はごく一部だったらしい。


一人ずつしか通れない狭い山道に

たくさんの人達が
同時に登り始めたからね~…



今日の夕方 pm 4:30 までに
室堂まで帰らなきゃいけないのに

時間大丈夫かな~?



山の形がギザギザしてるから

垂直の岩壁をずーっと登ったと思ったら
また垂直にずーっと降りるの繰返し!!



キャンプから一旦下っていき…

雪渓を渡り…


「一服剱」を越え…


落石地帯のガレ場を進み…


「前剱」を越え…


デンジャラスで長い道のりが
オモローーーッ!!



しかし
気を抜いてはいけないので

このへんから
写真を撮る余裕も無くなる。笑



そして…


山頂直下の最後の難所

「カニのタテバイ」!!


地獄の絶景!!

まさに命懸け!!

超巨大な天空アスレチック!!




なんとここで

おっきーにアクシデント発生!!


岩にぶつけ

頭から流血!!




大したことなかったから良かったけど

渋滞による時間のロスと
山頂を覆い始めた雲と
帰るまでの体力を考え


「平蔵のコル」にて

頂上を目の前にしながらも
大事をとって

ここで「勇気の撤退」を決意!!


ここまで来れただけでも

もうじゅうぶん満足だしね!!



今から山頂に行っても

すげえ人ゴミだろうし
どーせ真っ白で景色も見えないだろうし

また下山の渋滞にハマッて
帰りのバスの最終に
間に合わなくなる可能性も出て来る!!



もう核心部は越えたし

あとはどうってことなく
すぐ目の前が山頂なので

ほぼ剱岳には
既に登ったも同然だぜ!!



いや~しかし
マジで一瞬焦ったぜ~!!

明日のニュースになるかと思った~!笑

おっきーをおぶって下山するかと
腹までくくっちまったぜ~!笑





ここから下山道に入るとすぐに

剱岳最大の難所「カニのヨコバイ」!!


まあ実はココも

ボルダリングかじってる
うちらには余裕。笑



そして下山と言いながらも

また前剱、一服剱と
垂直に登ったり下ったり。笑


いや~

みんなより早めに下山はじめたから

すいてて良いわ~!


時間に余裕ができたおかげで
心にも余裕が生まれたぜ~!笑



ここからだと

左下にベースキャンプ
右奥にスタート兼ゴールの室堂が見える。


そして剱岳直下の山小屋に到着!!


ここは
泊まってなくても

ごはんが食べられる事が判明!!


わざわざ重い食料を
大量に持ってきてたのに。笑



さらに下ってまた登り…



キャンプ地にたどり着き

テントをたたんで
予定より早く帰路についたものの


また重い荷物を背負うと

何気に足が重く動かないことに気づく!!


思ってるより体が疲れている!!笑


ここからまだまだ登ったり下ったり
長い道のりが続き

すっかりバテバテ。笑


途中で雨にも降られ

すっかりビショビショ。笑


室堂から直接剱岳に向かう人達と
すれ違った後…


俺「近道を選びやかって、
このビビリどもがッ!!」

きゃない「それが普通です。」



軽い荷物しか持ってない人達と
すれ違った後…


俺「山小屋泊を選びやがって、
このヘタレどもがッ!!」

きゃない「それが普通です。」



「剱御前」を越え…


「雷鳥沢」に下り…


また登って…


「地獄谷」や「みくりが池」を迂回し…



けっきょく室堂にたどり着いたのは
タイムリミットぎりぎりの

pm4:00 !!笑


山頂手前で撤退して
やっぱ正解だった!!


登頂してたら
プラス1時間はかかったはずなので

帰れなかったかも!!




おばちゃん達に

「えっ!?きのう来て
立山から剱岳まで回って来たの!?
テント背負って!?そんな靴で!?」

「すごーーーい!!」って言われた。


もっと言って~!!笑


あ~

肉と米とラーメンが食べたい…

そのあとクレープも食べたい…


それと温泉…

もしくは暑いから
ナイトプールに飛び込みたい… 笑



フラフラになりながら

ラスボスの城の門から出てきて


「大町温泉郷」へ!


勇者たちよ

本当によく頑張りました!!





帰りの車の運転も何の問題もなく

次の日も元気に仕事!!


いや~最高の休日だったぜ!!


剱岳に行ってわかったこと…


①3日かけよう!!

②遠回りしないで直接向かおう!!

③山小屋に泊まろう!!

④混む前の夜明け前にスタートしよう!!

⑤剱岳にいる時点でみんな強者!!
その中でもテント泊の奴らは
特にクレイジー!!

⑥てゆうかこんな所に
みんなは行っちゃダメ!!

⑦佐野さんにやらされてます!!



ではまた!







AD

日本三大名峰「立山」

テーマ:
「冒険」とは

危険を冒し
成功するかどうかわからないことに
あえて挑戦することである。





日本一危険な山

「剱岳(つるぎだけ)」


そこは行って帰って来るのに

普通3日は必要らしい。


ただ…

強者(ツワモノ)であれば
2日で行けると!!笑



僕らは普通

日帰り可能な範囲でしか
遊ばないですが

気になって


仕事を3日休むのは難しいけど

2日なら休めるので

2日で行って帰って来れるのか
挑戦してきたぜ!!





ゴゴゴゴゴ…





1日目



朝 am5:30 に集合し

まずは長野県を目指す。


車で行ける最深部

北アルプスの「扇沢(おおぎさわ)」から


トロリーバスとケーブルカーを乗り継ぎ

黒部ダムへ!!


バックにそびえる北アルプス!!

しかし剱岳はあの遥か奥地!!


メンツは冒険部の精鋭
きゃないとおっきーとの3人!笑


観光客いっぱいだけど
正直俺にはダムの魅力はよくわからない…



そして

ラスボスの城みたいな門をくぐり


ここからさらに
ロープウェーとバスを乗り継ぎ

「室堂(むろどう)」標高2400m
に到着!!


やっと本当のスタート地点。

剱岳はまだ見えない。


ここもまだ
ホテルが立ち並ぶリゾート地だな!

夏休みだからか人も多い。



ここから歩くのだ!!


今回の予定は

ここから剱岳山頂まで行き


明日のバスの最終 pm16:30 までに

再びここに戻って来るという内容だ!!


その途中
借りてきたテントとシュラフで

キャンプして夜を明かす!!


ここで問題となったのが

剱岳に直接向かうルートではなく
遠回りになる方向に


日本三大名峰の1つ
「立山(たてやま)」という山があると!!


そんなこと言われたら
行くしかねーだろ!!笑

もう
ここまで来たついでだ!!

その山頂からどんな景色が見えるのか
この目で見て来てやる!!


ただでさえ
体力と時間を無駄にしたくないけど


またわざわざ
こんな所まで来る方が

めんどくさいので!!笑


室堂が下に見える。


ハァ… ハァ…

もっと Easy な山かとおもいきや

まあまあだなコノヤロウ… 笑



「雷鳥(らいちょう)」発見!!


かわいー!!


北アルプス 立山連峰主峰
日本三大名峰 ジオパーク 日本遺産
花の百名山 岳人百名山 一等三角点百名山
歴史の山百選 女性のための百名山

富山県最高峰「立山」3015m


登頂!!

絶景!!


遥か遠くに剱岳が見えた!!


そこからさらに「真砂岳」や「別山」など

いくつかの険しい山々を越える
雲の上の標高3000mの天空の旅だ。


立山から奥地には
とたんに人がいなくなる。


キャンプに必要な
テントや食料をつめこんだリュックが

肩に食い込みものすごく重い…


しかも気温も意外と高く

めっちゃ汗だく…


そして
日が暮れる前に

剱岳直下の
「剱沢キャンプ場」標高2600m に



到着!!



続く…










AD

海の季節

テーマ:
そろそろ海に行きたーい!!


オッケー!行くぞー!!

ということで


天気予報から判断しつつ

今日のメンツが
行ったことないと言うので


今年もまた

関東ビーチマスター竹林オススメの



はい!綺麗なビーチ!!


今回のメンツは

お馴染み冒険部のきゃない&まや

&元冒険部の唐木ファミリーです!



顔と腕だけ日焼けしてるから

体も焼きたかったのに


監視員から
タトゥー露出やめてくれと言われ

素直に服を着た俺。笑


ここは波が穏やかなので

小さいお子ちゃま連れにもオススメ!


そして子供が喜ぶはずの

無人島探検!!


魚やカニやヤドカリやウニなど
海の生き物や

虫もいっぱいいるぜ!


ぐるっとまわれば

砂浜やら岩場やら


岩壁やら


あれ?子供たちとはぐれた…。笑


まいっか!

親が一緒だし!


洞窟もあって

大人も夢中!笑


虫が苦手なきゃない。笑


神社。



最初は海や俺にビビッてた子供たちも


もうすっかり虜!!


夏を満喫!!


日も傾いてきたので

海の家でシャワーを浴びて


唐木ファミリーとは
ここでお別れ。





そこからうちらは

去年も来た人気の寿司屋へ!!


からの…




シメはやっぱり富津岬の展望台!!



最高の休日だぜ!

ではまた!







AD