オトナの片想いセラピー

無料説明会

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-12-10 12:00:00

真実のパートナーシップを育むために必要な2つのこと

テーマ:自分プロデュース

 

みなさま、こんにちは

 

カウンセリングサービスの真鍋純子です。

 

毎週日曜『自分プロデュース』を、大みぞなおみカウンセラー、はたのえりカウンセラー、紙谷まみカウンセラー、と一緒に担当しています。

 

プレゼント(●´Д`●) プレゼント(●´Д`●)

「わたしにはどんな人があうの?」

「ほんとに真実のパートナーに出会えるの?」

「この人が本当に私にとっての真実のパートナー?」

 

出会いがない時や、

パートナーがいるけれど、うまくいってない時は、

こんな風に不安になってしまうものです。

 

「真実のパートナーを選ばないと、うまくいかない」

こんな風に思っていると、なおさらです。

 

でも、「この人はやっぱり私にとって真実のパートナーだったんだ!」とわかるのは、

色々あったけれど、うまくいった、という結果論なのかもしれません。

 

というのも、

出会って、お付き合いが始まって、結婚するぐらいまでの間は、

「この人は最高!」「わたしの理想どおりの人」だと思っていたとしても、

 

二人の距離が近くなって、パートナーシップのあるステージにくると、

 

今まで「ここがステキ」と思っていた部分が、

「そこ、なんとかして!」にかわってしまうことが多いのです。

 

例えば、「リーダーシップがあって、頼もしい!」と思っていた部分が、

「強引で、私の意見を全然きいてくれない」と思うようになったり、

 

「細やかな心遣いが素敵!」だったのが、

「細かいところまでうるさい!」になってしまったり。

 

なので、実はどんなに素敵はお相手を選んでも、

お互いによほど気づきがないと、

二人の危機というのはやってきます。

 

そして、それを乗り越えたところにあるのが、

本当の意味でのパートナーシップのステージです。

 

ですので、真実のパートナーシップを育めるかどうかは、二人でどう乗り越えていくか、なんですね。

 

とはいうものの、やはり

「こういうお相手だと、真実のパートナーシップを育みやすい」

というものはありますので、今日はそれをご紹介したいと思います。

 

これは、私が「この人は本当に真実のパートナーなの?」

と悩んでいた時に、教えてもらったことなんですが、

パートナーがいるけどうまくいっていない、という方も参考にしていただければ幸いです。

 

それは、

「誠実であること」「二人の関係性のために変化する意欲があること」

です。

 

プレゼント(●´Д`●)1つ目の、「誠実であること」。

 

「え?そんなこと、当たり前じゃない?」と思わるかもしれませんね。

 

その感覚があれば、OKです。

 

でも、「パートナーシップがうまくいかない」というご相談をおききしていると、

メールやLineでは「君のことを大切に思っているよ」という言葉があっても、

 

実際には、行動が伴ってなかったり、

約束を守らなかったり、

他の女性の影が見えたり、

「その人は誠実な人なの?」と思ってしまうことが多いのです。

 

誠実さがないと、

二人で問題を乗り越えて、関係を積み上げる、ということが難しくなってしまうんですね。

 

じゃあ、例えば、浮気をした相手は誠実でないからだめか、というと、そういう訳ではありません。

 

二人の関係性を見直していくことで、もちろん誠実さを取り戻す、ということもできます。

 

ただ、例えば、浮気を繰り返す、という場合は、

二人でパートナーシップを築いていくのに、

よりエネルギーを注がないといけなくなったり、難しくなってしまいます。

 

苦労するパートナーシップになってしまうんですね。

 

プレゼント(●´Д`●)2つ目は、「二人の関係のために変化する意欲があること」。

 

パートナーシップは、

価値観も、育った環境も全く違う二人が、「共に生きる」ということです。

 

なので、個人的には、パートナーシップは「手に入れる」というよりも、

「二人で育んでいく」と言う方がしっくりきます。

 

大層なことをいっているようにきこえるかもしれませんが、

ほんの些細なこと、例えば、結婚して一緒に暮らしだしてはじめて、

「お風呂の入り方」「タオルの使い方」一つでケンカになった、というのはよくあることです。

 

「うちでは、これが当たり前だった」「自分は、こういう人間だから」というのでは、

二人の間の溝がうまらなかったり、あなたが我慢する、ということになってしまいます。

 

プレゼント(●´Д`●)

 

「変化する」ときくと、「今のままのわたし」「ありのままの私」ではダメなの?と思われるかもしれませんね。

 

「変化する」ということは、「無理をして自分を変える」ということではありません。

二人の関係性をよりよくするために、お互いWin-Winの関係を目指すということです。

 

そして、パートナーがいる方で、

けんかが絶えなかったり、

お互いにあきらめてしまっている状態の時には、

相手のために変化する、という意欲がお互いになくなっているのが普通なので、

ロマンスの時代はどうだったかな?と思い出してみてくださいね。

 

私も忘れがちになってしまうのですが、

相手に「誠実さ」「変化すること」を求めるなら、

私たち自身も、相手に対してそうであったほうがいいですよね。

 

パートナーシップは、対等な関係性ですからね。

 

プレゼント(●´Д`●) 

 

もちろん、この2つがないと、幸せなパートナーシップが築けない、という訳ではありません。

 

この2つがあれば、「真実のパートナーシップを育みやすい」というだけで、

もっというと、これがあれば、二人の間の問題は超えていける、ということです。

 

実際に、たくさんの方が、「あの問題があったから、二人でこうしていられます」と

幸せなパートナーシップに向かって進んでおられます。

 

よろしければ、あなたの幸せなパートナーシップの参考にしてくださいね。

 

本日もお読みいただき、ありがとうございましたきら

次回は、1月7日に担当させていただきます。

 

来週は、紙谷まみカウンセラーがお届けします、お楽しみにきら

 

音符真鍋純子のカウンセリングを受けるには

音符真鍋純子のカウンセリングルーム

音符真鍋純子のプロフィール&ブログ

 

 

きらワークショップ開催のお知らせきら

 

12月24日(日)13:30から那賀まきカウンセラーと一緒に、

ワークショップを開催させていただきます。

 

パートナーがなかなか見つからないという方も、

今のパートナーとの関係をもっとよくしたいという方、

「目からウロコ」の体験をしていただけるような実習をご用意していますので、

 

その後の2組のワークショップともどもぜひご参加お待ちしております。

頑張ってきたあなたに、たくさんのギフトをお持ち帰りくださいねプレゼント(●´Д`●)

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-12-03 12:00:00

自分を変える、人生を変える「質問」。

テーマ:自分プロデュース


 



 


こんにちは♪ カウンセリングサービス はたのえりです。

いつもご覧いただきありがとうございます☆



毎週日曜『自分プロデュース』のテーマを、大みぞなおみカウンセラー、私はたのえり、真鍋純子カウンセラー、紙谷まみカウンセラーの4人で担当させて頂きます。

☆今日もよろしくお付き合いくださいませ☆









自分を変える、人生を変える「質問」。


■混乱しているときは、自分を見失いがち。

悩みや、解決しなければならない問題が起こってしまったとき。

私たちカウンセラーがお客様に最初にお会いするのは、
大抵、皆さん、こんな状態のときです。

どうしたらいいのか、わからないんです…。

どうしたらいいと思いますか?

相手(彼・妻・夫・上司など)は、どう思っているのでしょうか?


中には、何が問題なのかもわからないくらい、こころの糸が
こんがらがってしまっている方もいらっしゃいます。

それはしんどいですよね…。まずはその混乱を落ち着けて、
一緒に、順番に少しずつ片付けていきましょうね。

カウンセリングは、こんな風に始まっていきます。


■整理整頓、お片付け。

その、こころのお片付け。

すっきり片付ける方法の一つが、
「自分の気持ちを大切にする」ことなんです。

「どうしたらいいと思いますか?」

この質問の意図は、何でしょうか?

どこかに、どうするべきか?
…これは、「常識」とか「一般論」に自分の決断を委ねてしまっていますね。

または、どうしたらいいですか?
…こちらは、質問した相手の気持ちや考えに判断を委ねています。

そんな、いわゆる他人軸の質問です。

混乱しているとき、私たちは「答え」が欲しくなります。
答えがわかれば、落ち着くから。とりあえず、それをすれば良いのだと、
方向性が定まるからですね。

けれど、その「答え」は必ずしも、自分が望んでいるものではないものです。
自分以外の何かや、誰かの答えだから。


だから、「どうしたらいいですか?」と聞かれたとき、
「どうしたいですか?」と私はお聞きします。これは自分軸ですね。

正しい、間違っているは一旦横に置いておきます。
自分の「どうしたい」がはっきりしたら、それを実行するかしないかは、
その後ゆっくり考えればよいことだから。

そこはあんまり問題じゃぁ、ないんです。


■自分軸と、自分を大切にすること。

自分の「どうしたい」を知り、この問題を乗り越えていくためには、
他人軸ではなく、自分軸で向き合っていくことが大切です。

自分の中の「自分なりの答え」を見つけていくことですね。

自分なりの答えを見つけるためには、今までと少し質問の
仕方を変えていくと良いでしょう。

自分が、自分に、質問してみるんです。

どうしたらいいと思いますか?
→私はどうしたいの?

これでうまく行くと思いますか?
→これがうまく行くためには、どうしたらよいだろう?


自分軸の考え方、質問の仕方に慣れてくると、
「自分の気持ち」が把握できるようになってきます。

そして、その自分の気持ちを大切にするための自分への質問が
こちら。

・この問題から、私が得られるものはなんだろう?
・この問題の良いところはどこだろう?

・望む結果を得るために、私にできることはなんだろう?
・望む結果を得るために、私がしたくないことは、なんだろう?

・どう楽しみながら、この問題を解決していこうか?

自分を大切にしながら、目の前の問題と向き合ったとき、
その問題はもう既に、「問題」ではなくなっているかもしれません。



■未来はあなたの手の中にある。

求めていた本当の答えって、実はすでに自分のこころの中
(これがまた、自分でも知らないような奥底にあったりするんですけどね)
にあったりもします。

でも、あまりにも奥底すぎて、私たちはそれに気づくことができません。

だから、こころに「質問」っていう検索をかけるんです。


これで良いですか?うまく行きますか?

誰かに答えを求めても、それはその誰かさんの答えでしかありません。

自分はどうしたいのか?
まずはそれを知り、
その後、
望む結果を得るために、自分に何ができるのか?と
問いかけていきます。

自分のこころの中に、答えはちゃーんと、あるはずです。

だから未来は、あなたの望んだように変わっていくんです。



そして、あなたの中にあるその「答え」を探すお手伝いを、
私たちカウンセラーはしています。

「答え」がなかなか見つからない!
そんな時はぜひ、お話を聞かせてくださいね☆










次回は、12月31日に(^^♪



来週は、真鍋純子カウンセラーです☆お楽しみに♪


 


ニコちゃんはたのえりのブログへ


ほぼ毎日更新☆「もっと自分を好きになる。」パートナーシップ、おとなのLOVE、あなたがもっと輝くために☆



ニコちゃんカウンセリングを受けるには?


名古屋・鶴舞のカウンセリングルームにて、面談カウンセリングを行っています☆  初回電話カウンセリングは45分無料♪



ニコちゃん名古屋カウンセリングルームのご案内


カウンセリングサービス・名古屋カウンセリングルームのご案内です。


 




2017-11-26 12:00:00

いい子をやめて、本来のあなたで生きよう!その2

テーマ:自分プロデュース

 

みなさんこんにちは、
カウンセリングサービス大みぞなおみ です。

 

毎週日曜、『自分プロデュース』のテーマを
はたのえりカウンセラ
 真鍋純子カウンセラ

紙谷まみカウンセラ

と4人交代でお届けしていますカナヘイうさぎ

 

シリーズでお届けしています。

役割をやめる。人生の主役はあなたです!


前回お伝えしました。

いい子になんてならなくていい。あなたはあなた以外の何物でもない。

あなたはあなたとして生きるために、この世に生まれてきた、大事な存在です。

あなたはあなたでいるからこそ、価値があるんですよ。

あなたの感情、あなたの好き&嫌い、あなたのしたいこと&したくないこと、

 

それらを隠すのが一番いけない。どんどんあなたがぼやけてしまう。

わかりやすい方が、周りだって、あなたを理解しやすいし、愛しやすい。

 

合う人だって見つかりやすいのです。

そのためには、あなたがあなたを理解して味方して、大事にしてあげること。

素のあなた、周りを気にしない本来のあなたに、戻っていくだけでいいんですよ。」


今日はそのための方法をお伝えしていきますね。


【脱・いい子 あなたに戻るためのリハビリ方法】

いい子時代が長い分、「本来のあなた」に戻るためのリハビリが必要だと思われます。

方法をいくつかご紹介していきますね。


◆あなたが無理せず、自然体でいられる人はいますか?そんな人を見つけてお付き合いしましょう。

友人、恩師…みつからなかったら、カウンセラーも数にいれてみてくださいね。

そしてこんな風にお願いできるといいです。

「あなたといると私、無理せず自然でいられるんだ。

 

あなたと話してると安心するし、自分らしさが出せる気がするんだ。

だから、これからもときどき、一緒にいてもらえないかな」
って感じで。

「えー!そんなの言えないよ―!」という方は、このブログを相手に見せて頂くのもアリかと思います。

 

恥ずかしいですか?…ですよね(笑)、でもそこは、ちょっと頑張ってみて頂きたい。

「私、いい子癖があって、なんだか無理しちゃうんだ。でももう、やめていきたいんだよね。

 

そのために、あなたに協力してもらえたら嬉しいんだ」なんて具合にお願いするのもいいでしょう。


そしてこんな人を相手に、思っていることをその通りに話す練習をします。

気に入られようとせず、なるべく相手の機嫌を気にせず、あなたの気持ちの通りに、

 

表情や言葉も一致させて話すよう心がけます。

あなたの好き&嫌い、あなたの感情、あなたのしたいこと&したくないこと、それらを隠さず見せていく。


いい子してきたあなたには、我儘身勝手に思えて怖いかもしれませんが、

いい子のあなたが内心考えていることって、表に出したら、

 

ちょっとブラックでもユニークだったりして、結構受けると思われます。

「そんなこと考えてたんだー(笑)、〇〇ちゃんって面白いね!」

 

なんて相手に喜ばれること、多いと思いますよ。

そうやって受け入れてもらう度、心が安定していきます。

そして、受け入れてくれる人は、ちゃんと増えていきます。

素のあなた、本来のあなたで愛される経験を、しっかり積んで頂きたいと思います。


◆「やりたいこと」>「やらなくてはいけないこと」>「やりたくないこと」…行動の優先順位はコレでいきましょう。

あなたが思っているよりも、実現可能な筈です。いい子してきた人は特にそうなんです。

まずはやりたくないことをやめることから、試してみてください。

断ってみる、誰かに振ってみる、期限を延ばしてもらう…

あなたの負担を減らすための方法を考え、交渉してみてください。

いい子してきた=周りのためにやってきた、あなたのお願いです。受け入れてくれる人はきっといます。

そして普段から、やりたいことを優先する、そこにエネルギーを注げるよう意識しましょう。

エネルギーとは、気力、体力、情熱、時間、お金などです。

できたら、それであなたがどう感じたのか、しっかり感じてみてください。

「やりたくないこと手放せた…やりたいことを優先できた…私ってすごいな、結構勇気出したよね…

それでも大ごとにはならなかったな…いい子しなくても大丈夫なんだな、よかったな」、みたいに。

自分を大切にしている清々しい感覚を知れば知るほど、いい子はできなくなりますよ。



受け入れてくれる人がいる、私を出しても大丈夫、いい子をやめても大丈夫…

これらの感覚が増えるほど、いい子癖を手放して本来のあなたに戻っていくことができます。


自分のあり方、人との付き合い方、毎日が今よりずっと楽で心地よいものになっていくでしょう。

その日をどうぞお楽しみに。心から応援しています。

 

来週の担当は、はたのえりカウンセラです。
 

今日もお読みいただきましてありがとうございましたとびだすうさぎ2とびだすピスケ2とびだすうさぎ2

 

 

 

◆大みぞなおみのブログ    

恋愛や人間関係のこと、自信をつけるためのお話など、

いろいろ書いています音譜

 


◆カウンセリングを受けるには?   

 

電話&面談カウンセリングについて…

初回無料のお試しもあります音譜
 


◆会場案内     
大みぞの面談カウンセリングは東京で行っています音譜

 

 

 

2017-11-19 12:00:00

「我慢」やめても「我儘」にはならない

テーマ:自分プロデュース

 

こんにちは。紙谷まみですクローバー

毎週日曜、『自分プロデュース』のテーマを
大みぞなおみ カウンセラー、真鍋純子カウンセラー
はたのえり カウンセラーと一緒に担当させて頂いています。

 

◆ ◆ ◆ ◆

 

カウンセリングの中で“我慢を手放していきませんか”と提案をすると、とき
どき“我慢をやめたら、我儘になってしまうんじゃないか”という心配される
ことがあります。

 

我慢をやめても、我儘にはならないですよ。
我慢をやめたら、コミュニケーションが始まるだけです。

 

■ 自分の気持ちを表現できなくなるのが我慢

 

我慢が人生を苦しくする理由は、好きなものを好き、やりたいことをやりたい、
嫌なものを嫌だと云えなくなってしまうからです。

 

わたしたちが我慢を覚えるのは、躾の始まる2歳ごろからといわれています。
一方的に自分の気持ちを表現していた赤ちゃんの時期を過ぎると、社会性を身
につけるために、電車のなかでははしゃいじゃだめ!とか、食事中は静かにし
なさい!!とか、自分の気持ちをコントロールすることが求められるようにな
ります。

 

これ、子供のころに誰しもが云われてきましたよね。

 

社会で不特定多数の他者と関わっていくためには、我慢を覚えるのも大切なこ
とです。
けれど何らかの理由で、「我慢=良いこと」「自分の気持ちを表現すること=我
儘=悪いこと」という強い思い込みができてしまうと、成長してから人生がく
るしくなってしまうような不都合が起きちゃうんですね。

 

■ 我儘になるんじゃなくて、コミュニケーションをとっていこう

 

子供のころに諭された「我慢しなさい、我儘なのはだめ」という台詞って、保
護者の本心を翻訳すると、「まわりと仲良くやっていくために、場所や状況を理
解して行動しようね」につきるんですよね。

 

であれば本来は、我慢するんじゃなくて、まわりと仲良くやれるような形で自
分の気持ちを表現する方法もあるでしょう。
それが、コミュニケーションの力です。

 

我慢が、自分の気持ちを表現しないことで問題を生むなら
我儘は、他者の気持ちを聞きいれないことで問題が生みます。

 

我慢と我儘は、「コミュニケーションの不全」という意味では根はいっしょなん
ですね。

わたしたちは語彙力の足りない子供ではなく、もう大人なので、我慢でも我儘
でもない道をさがすことができるはずですよね。

 

できるはずなんですが~。
日本人は、自分の気持ちを表現するのが苦手です。
ある記事で読んだのですが、日本の教育が静かに話をきくことから始まるのに
対し、ドイツの教育は自分の意見を喋るところから始まるそうです。
自分の思ったことを発言する、そのうえで違う意見と対話・交渉する、という
ことを子供のころから練習するとのこと。

 

空気を読むことを重んじる日本では、そういう突っ込んだコミュニケーション
を経験する機会が少ない気がします。
そして経験値が少なければ、なかなか上達していかないですよね。

 

だから、できたら自分の気持ちの表現の練習として、カウンセリングをつかっ
てほしいとわたしは思っています。

 

感情のプロであるカウンセラーと向き合って対話を重ねることで、我儘になる
のではない、他者に伝わりやすい表現を学ぶことができます。

すくなくともわたしの場合は、自分の内面を自分の言葉で語れるようになった
のは、完全にカウンセリングのおかげです。

 

自分の気持ちを分かりやすく表現できるようになっただけで、思いのほか、ま
わりが理解や協力を得やすくなりました。

 

誰も悪くないんだけど、お互いの気持ちがよくわからなくてすれ違っていると
いう関係は、思っている以上にたくさんあるんだって知ったのです。

 

そうやって、楽になれるところから楽になっていくことで、人生の我慢の総量
は減っていきました。
あなたの人生に、カウンセリングを役立てていただけたら嬉しいです。

読んでくださってありがとうございました。

 

◆ ◆ ◆ ◆

星紙谷まみのブログへ

星カウンセリングを受けるには?

お月様名古屋カウンセリングルームのご案内

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2017-11-12 12:00:00

人からどう思われているのかどうしても気になる時は

テーマ:自分プロデュース

 

みなさま、こんにちは
カウンセリングサービスの真鍋純子です。

毎週日曜『自分プロデュース』を、大みぞなおみカウンセラーはたのえりカウンセラー紙谷まみカウンセラー、わたくしの4人で担当させて頂いております。

もみじ

今回は、
「人からどう思われているのか気になって仕方がない」
という方向けのお話しです。

 

もみじ

 

「あの人にどんな風に思われているんだろう」

「あの人たちは自分のことをうわさしてる?」

 

気になる場合というのは、ほとんどの場合、

自分のことを悪く思われている・言われているような気がしてしまいますよね。

 

気にしないようにしようと思ってもやっぱり気になって、

いたたまれない気分になったり、 

ずっとそのことが頭を離れなくなってしまったり、

 

誰かにきいてもらって、「そんなことないよ」といってもらっても、

やっぱり気になる、というようなところにはまってしまいます。

 

こんな風に気になって仕方がないときに、何が起こっているのでしょうか?

 

ちょっと考えてみてください。

 

あなたは、

どんな風に思われていると思っていますか?

 

どんな風に評価されていると思っていますか?

 

どんな風に噂されていると思っていますか?

 

できるだけ具体的に考えてみましょう。

 

思いつくままに、ぜんぶ書きだしてみるのもいいかもしれません。

 

もみじ もみじ もみじ 

 

考えていただいた内容というのは、実は、

 

あなたが自分自身に対して思っていることや

あなたが自分に対して出している、批判やダメ出しです。

 

人にどう思われるのか気になる方というのは、
自分に対して厳しく、
日常的に自分自身にダメ出しをしていらっしゃいます。

 

もちろん、無意識にです。

そうすると、周りからも、何だか厳しい評価をされたり、
責められているように感じてしまうのです。

 

これも、「投影」です。

わたしたちは自分の内面を外の世界に映し出すと言われています。

 

赤いレンズのついた色眼鏡で周りをみると、周りの世界が赤く見えるように、

 

「自分は悪い」「自分はダメだ」という‘色‘のついたレンズで周りをみると、

周りからも「自分は悪い」「自分はダメだ」と思われているように感じてしまうのです。

 

人目が気になるようで、

実は一番厳しい目で見張っているのは、自分自身なんです。

 

なので、人にどう思われるかが気になるときは、

まずは、「自分が色眼鏡をかけていること」に気づくこと、

 

自分が日頃どんなに厳しいダメ出しをしているのかに気づいていくことが鍵になります。

 

先程考えていただいたり、書いていただいたことを、
他の人に四六時中言っていたとしたらどうでしょう?

他の人にはとても言えないようなことでも、
わたしたちは自分に対してやってしまうのです。

自分に対して一番厳しいのも、
一番ひどい扱いをするのも、自分です。

 

「自分は自分にこんな風にダメ出ししているんだな」と気づけないと、

なかなか止めることはできないのです。

 

逆に、気づくことができれば、

ダメ出しを続けるか、それともやめるか、あなたに選択権が生まれます。

 

気づくことができれば、

なぜ、そんな風に自分に厳しくなってしまったのか、

ダメ出しをしてしまうようになったのかをひも解いていくことで、

あなたの自分自身に対する誤解を解くこともできます。

 

ダメ出しのかわりに、今度はあなた自身にどんな言葉をかけてあげたいでしょうか?

 

どんな言葉をかけたら、あなたはもっと自由になれるでしょう?

 

どんな言葉をかけたら、あなたはもっと自信をもてるでしょうか?

 

少し時間がかかるかもしれませんが、

少しずつ自分自身への言葉がけを変えることで
だんだんあなた本来の自由や自信が取り戻せるはずです。
 

 

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

次回は、12月17日に担当させていただきます。

来週は、紙谷まみカウンセラーがお届けします、お楽しみに♪

 

 

きらワークショップ開催のお知らせきら

 

12月24日(日)13:30から那賀まきカウンセラーと一緒に、

念願のパートナーシップのワークショップを開催させていただきます。

 

パートナーがなかなか見つからないという方も、

今のパートナーとの関係をもっとよくしたいという方、

「目からウロコ」の体験をしていただけるような実習をご用意していますので、

 

その後の2組のワークショップともどもぜひご参加お待ちしております。

頑張ってきたあなたに、たくさんのギフトをお持ち帰りくださいねプレゼント(●´Д`●)

 

 

もみじ真鍋純子のカウンセリングを受けるには

もみじ真鍋純子のカウンセリングルーム

もみじ真鍋純子のプロフィール&ブログ

 

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>