オトナの片想いセラピー

無料説明会

2017-02-02 12:00:00

「うまく出来なくて、悔しい」という想いから、自分を見直してみる

テーマ:もっとラブラブに

hattori

いつもお読みいただき、ありがとうございます!

カウンセリングサービスの服部希美です。

 

【恋と仕事の心理学】、毎週木曜日の「もっとラブラブに」のコーナーは、

山内惠子カウンセラー、やなぎあこカウンセラー、森川陽介カウンセラー

私、服部の4人でお届けしています。


* * *

 

私、すごく自分が「優しくないな~」って思うんです。

 

たとえば、仕事で、つい部下に厳しい口調で叱ってしまったり、

お付き合いしている彼にも、嫌味を言ってしまうことも多かったり、と

なんか、人に優しく接することが出来なくて。

 

「どうしてあんなこと言っちゃったんだろう」

「どうしてあの時、優しくできなかったんだろう」

 

「あのとき、ああすれば良かった」って、

 

すこし冷静になった時、

いつも自分の行動や言動を振り返って、いっぱい後悔するくせに、

同じことを繰り返しちゃうしガクリ

 

「もっと優しい人になりたいな」って思うんですが

なかなかうまくいきません><

 

カウンセリングでは、こんなご相談をいただくことって多いのですが、

こういうお悩みをお持ちの方、というのは

実は既に、と~っても「優しい方」が殆どです。

 

そして実は、クライアントさん自身も心の奥の奥では、

「自分が本当は、とても優しいこと」を知っていることが多いんですよ!

 

なぜかというと、「うまくいかない悔しさ」って

「自分が持っているもの」に、感じるからなんですねきら

 

****

 

私たちは、本当はこうありたい、と願いながらも

思っていたように上手くできなかったときに

自分のいたらなさを感じ、悔しさを感じるのですが、


実は「私には、それは出来ない」と本気で思っているものには、
悔しさって出て来ないんですね。

 

なぜかというと「悔しい」という感情は、

「本来の自分ならできたはず」なのに

「出来なかった」から出てくる感情なんです。

 

たとえば、

先ほどの「私は優しくないなぁ」って、

ご自身を責めていらっしゃる方の場合だったら

 

本当は、人に優しい自分を知ってるからこそ

うまく自分の愛が表現出来なくて、凹んじゃった。

 

と捉えることが出来るんですね。

 

「なんて、私は優しくないんだ~」って

セルフイメージを誤解しちゃう方が多いのですが、
上手くできない事情があるだけ、だったりするんですよ。

 

***

 

悔しさを感じたところには、
あなたの出来るところが隠れている。

 

そういう視点から見ると「悔しさ」って、
自分を見直し、セルフイメージをあげるための「ツール」として使えるんですよ^^

 

実はセルフイメージって、

いい対人関係を築く上で、とても大切なんです。

 

たとえば、失敗や悔しさから、劣等感をつのらせて、

否定的なセルフイメージを作り上げてしまうと、

 

「私は出来ない奴だから、もっと頑張らなければ!」と

力が入りすぎてしまい、空回ってしまったり、

 

どれだけ頑張っても、人から認められても

自分は出来ない人、というセルフイメージが変わらない限り

対人関係の不安や焦りは、消えていかなかったりします。

 

先ほどの例だと

「私は優しくないから、優しくならなきゃ」と、否定してしまいがちですが、

 

「元々は愛情深くて、優しい人のはずなのに、

どうして優しくできない状況にあるんだろう?」

 

「どうしたら、自分の優しさをうまく表現できるんだろう?」

 

という正しい方向へ努力を積み重ねていくと

肩の力が抜けて、本来の優しさを表現しやすくなったり

本当に取り組むべき課題が見えやすくなったりして

 

自分も相手も心地よい、関係性を築きやすくなるんですね。

 

****

 

とはいえ、、、誰だって

失敗や悔しさって、あんまり感じたくはないと思うんですよ汗

 

あまりに自分を責め過ぎて

「もう同じような思いをしたくない!」と感じ
失敗を怖れ、再チャレンジすることを止めてしまったり
 

「自分より、出来ていなさそうな相手」と自分を比較して、

「あの人より、マシよね」って「安心」しようとしたり、
自分をみじめに感じ、引きこもりたくなっちゃうこともあると思うんです。

 
そういう迷いの時期が、大切なときもあるのですが・・
 
ここで立ち止まってしまうと、
自分を否定し、誤解したままになってしまうんですね。
それはとても、辛いことだと思うんです。
 
ですから、そういうときには
少しだけ、自分を責める手を休めて。

 

「ああ、私は本当に、

人と仲良くなりたいって思っているんだな~」という、自分の想いと。

 

「それが出来る私だからこそ、

今の状況に悩んだり、悔しく感じるんだな~」

 

って「出来る自分」の存在を認めてあげるところから、

スタートしていただけたらなって思います。

 

 

とはいえ、長年の思い込みや心のパターンを手放していくのって

ひとりでは出来ないものですからね。

(これまでの当たり前を変えていくのって、難しいものです!)

 

信頼出来るお友達に価値を伝えてもらったり、

応援してもらいながら、取り組んでみてくださいね。

 

もちろん、私たちカウンセラーにも、

あなたの応援をさせてくださいね!

 

 

あなたは最近、どんなときに悔しいと感じましたか?

どんなことを、悔しいと感じましたか?

 

ぜひ、あなたの「出来る所」や「愛」を見直し、

大切にしてあげるためのきっかけにしてみてくださいね~ハートキラキラwhite

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!


私の次回の記事は、4週間後になります。

来週は、やなぎあこカウンセラーがお送りします♪お楽しみに!

 

 

【さびしさを、笑顔に変えるカウンセリング】

をテーマに掲げた、カウンセリングご提供中です。

 

名古屋・鶴舞駅すぐの弊社カウンセリングルーム(地図)

対面式のカウンセリングを行っております。

 

服部希美のブログはこちら

服部希美のプロフィール

 

カウンセリングのご案内

名古屋(鶴舞)カウンセリングルームのご案内

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2017-02-01 12:00:00

失恋の陰に潜む痛み

テーマ:素敵な愛の育て方

中山塁

こんにちは、カウンセリングサービスの中山塁です。

毎週水曜日は「素敵な愛の育て方」というテーマで、
東条正貴、私・中山塁、高見綾、の3人が交替でお届けしております。
 

***

 

失恋をすると本当にツライですよね。
そして「なぜ自分の恋愛はいつも上手くいかないんだろう?」と、
深い悲しみの中でいろいろと悩み考えるものです。

自分のどこが悪かったんだろう?と考えても分からなかったり、
逆に思い当たることが多すぎて、
自分は恋愛なんて出来ない人間なんじゃないか?と自信を失くすこともあれば、
その悲しさゆえに自暴自棄になってしまったり、
全人類の幸せを呪ったりもしますよね(笑)

もうとにかく辛く悲しい気持ちでいっぱいになります。
でも、出来れば早く立ち上がりたいものかと思います。

今回は失恋の痛みから再び立ち上がるための、
そんなヒントを掴んでもらえるようなお話をしてみたいと思います。

***

失恋の痛みとは言っても、
そこにはたくさんの種類があると思うんですね。

第一に、愛している・好きという思いが破れてしまった。
そして共に過ごせる幸せな時間が無くなった。
これまでに築き上げてきたものも潰えてしまった。
期待していた未来や将来設計が崩れてしまった。

パッと思い付くだけでも、
これだけ大きなものを失ってしまうのですから、
深い絶望の痛みの中に迷い込んでしまっても仕方ありませんよね。

もう愛されなくなってしまった、という悲しみもありますが、
「あなたを心から愛しています」という想いが受け取ってもらえないのは、
本当に悲しい気持ちになりますね。

でも愛を拒絶される他にも、たくさん辛いことはあると思うんです。
その中にはきっと、次の恋愛への気力を奪うようなものもあるかと思います。

例えばカウンセリングの現場でも、
ご自分の年齢や結婚への不安をお話してくれる方はたくさんいらっしゃいます。

「もう若くないんです・・・」
「付き合っていた〇年間が無駄になってしまいました・・・」
「この人に決めなきゃいけなかったのに・・・」などなど。
 
すごく追いつめられているようにも感じてしまいますね。

そこでは年齢や結婚というものに対して、
焦りやプレッシャーを強く感じていて、
もうそれだけで重い悩みを抱えてしまっているように思えます。

そして失恋から立ち直ろうとするときに出てくるのは、
「もうこんな良い人とは出逢えないだろう」とか、
「もう疲れてしまった」といったような思いが出てくることも少なくないようです。

こういった思いの陰には
やはり年齢などの不安やプレッシャーが、
苦悩となっている部分もあるのかと思います。

***

上記の例で、
もしその失恋を10年、20年前の年齢でしたのだとしたら、
ここまで苦しい思いをしたでしょうか?
もしかしたらですが・・・、ここまでは苦しくないのかもしれません。

もしそう思えたならそれは恐らく、
「まだまだチャンスはある」と思えたからなんじゃないでしょうか?

だとすれば、その失恋の苦しみは、
「愛し愛される自信が無い」といった本筋(?)の心配や不安よりも、
もうチャンスなんて無い」と感じている方が重かったりするのかもしれません。
これが次の恋愛への気力を奪う一番の要素なのかもしれませんね

そしてその理由が年齢や環境などのせいだと感じるのであれば、
その思い込みを解いてあげることで、
可能性の広がりやチャンスを感じられるようになれるはずです。
そうなれば、次の恋愛に進む意欲も俄然湧いてくるでしょう。

でもそこに目を向ける前に、まずは理屈うんぬんではなく、
失恋などで傷ついた感情を癒したいですね。
異性に対する不信感や恐れなどもろもろ、
我慢や抱え込みはせずに、溢れる感情は外に出していかないと、
なかなか気分も晴れませんからね。

そのために苦しさや辛さ、悲しい気持ちなどは誰かに聞いてもらったりして、
分かち合ってもらって軽くしていくのが良いと思います。
それがご友人でもご家族でも、カウンセラーでも良いので、
感情は外に流していきましょうね(^^)

***

心は、どんなにヘコんでも、愛を諦めてしまったとしても、
その奥底(無意識)では、それでも愛されたいと望んでいて、
常に愛せる相手が欲しいと願っているもののようです。

なぜなら私達は誰かを愛している時、とても幸せな気分になれるからです。
そこではつながりや感謝、温かさを感じられたり、
ときめきや情熱、困難を越える力だって湧き出たりするものです。
 
人を好きになること自体は素晴らしいことですし、
心に大きなエネルギーを湧き上がらせ、
人生をより良い方向へと変えていけるほどの力にもなり得ます。

もしあなたが今、失恋の痛みで恋愛に消極的であるなら、
もう一度、可能性という光を取り戻してみませんか?
 
そしてぜひ、幸せな気分を感じて欲しいと思います(^^)
 
お読みいただきありがとうございました!
来週は高見綾カウンセラーです♪お楽しみに!
 
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2017-01-31 12:00:00

自己価値が低いと、コミュニケーションがうまくいかないって本当?

テーマ:うまくいくコミュニケーション

皆様、こんにちは♪

いつもお読みいただいて、ありがとうございます。
カウンセリングサービス三枝みきです。


毎週火曜日の【恋と仕事の心理学】は、「うまくいくコミュニケーション」というテーマで、小倉健太郎カウンセラー、樋掛豪カウンセラー、吉村ひろえカウンセラーと、三枝みきの4人で担当しています。

 

今週はワタクシ、三枝の担当です音譜

 

 

赤薔薇ピンク薔薇赤薔薇ピンク薔薇赤薔薇

 

コミュニケーションがうまくいかない原因の一つに、「自己価値の低さ」があります。
 
例えば、取引先の素敵な営業の男性が、あなたのことを褒めてくれたとします。
ニコニコ「〇〇さんって笑顔が素敵で、話していて楽しいです音譜

そこでもしあなたが自分で自分の価値を受け取れていると、「とっても嬉しいなラブラブ」と素直に感じられますが、もしもあなたが自分の価値を低く見積もっていると、
シラー「なんか嘘くさいなあ、信用できない」
むっ「そんなに商品を売りつけたいのかしら、嫌な人」
なんて、嫌な思いをしてしまうかもしれません。
 
逆のパターンで、もしあなたがその男性だったとして、自分に自信があれば、目の前の素敵な女性を素直に褒めることが出来ると思います。
でももしも、あなたが自己価値が低くて自分に自信がなかったとしたら、その人がどれだけ素敵だったとしても何も言えずに終わってしまうかもしれません。

何故って、
ガーン「こんなに素敵なんだから、いつも褒められているんだろうな。僕なんかが褒めても、きっと嬉しくないよな」
しょぼん「僕なんかに好かれたら、迷惑だろう」
ショック!「こんなに素敵な人が、僕のことなんか好きになってくれるわけがない」
こんな感情が出てきてしまうからです。
 
もしかしたら素敵なロマンスが芽生えたかもしれないのに、これはすごくもったいないなああせると私は思うのですが、皆様はどう思われますか?
 
そこで「YES!」と力強く頷いて下さった皆様、ありがとうございます!!
でもね、こういうことって結構私たち、普段からしているものなんです叫び
恋愛やパートナーシップに限らず、普段の対人関係の中で、とてもよく起こりがちなんですよ。
 
たとえばあなたがある友人に、なにか打ち明け話をされたとします。
それ自体は(あなたにとっては)まったく深刻な内容でもなかったし、口止めされたわけでもなかったので、皆も当然知っているものと思って話してしまいました。
でも、あとでその友人から、「あなただから話したのに」と責められてしまった。
 
これは、私自身のかなり間抜けな実体験あせるなのですが、じつはこの友人は私のことをとても信頼して、特別な友人と思ってくれていたようなのですね。
ですが私自身がとても自己価値が低く、自分に自信がなかったので、彼女がそこまで私のこと信頼してくれているとか、大好きでいてくれている、ということに全く気付けなかったことが原因なんです。
 
でも、もしも私がもう少し、自分の価値を受け取れていたら、彼女の信頼と好意を勝ち取るだけのものを自分が持っているのだと信じられていたら、たぶん私は彼女の思いに気づけていたでしょう。
自分にそれだけの価値があるということを信じられなかった私は、私に話せるようなことは、皆にも話せるようなことだろうと頭から、何の疑いもなく思い込んでいたのですね。
 
幸いそのあと、猛烈に反省した私は彼女にちゃんと「ごめんなさい」を伝え、また彼女もそれを受け入れてくれたので、前よりももっと仲良くなることが出来ましたし、私も以前よりももっと自分の価値を信じることが出来るようになりました。
そしてそれから数年がたち、今の私は自分が思うよりもずっと、私は周りの人から信頼されていること、愛されていることを受け取れるようになれて、コミュニケーションもとても得意になりました。
ですから、私は皆様にも、ご自分の価値をしっかり受け取っていただきたいなあって、心から思っているのですね。
 
普段から自分の価値を受け取れていると、目の前の相手からの好意に気付けたり、相手の褒め言葉を素直に受け取ったりが出来るので、相手も受け取ってもらえたことを喜んでくれて、余計に好意を持ってくれます。
相乗効果で余計にお互いへの好意がアップするんですね。
また、自分に余裕が出来るので、相手を見るということが出来るため、相手の気持ちや状況に応じて好ましい話題を提供するとか、して欲しいことをさらっとしてあげられるとか、そういったメリットがあります。

自分に自信がないと、いちばん最初の例のように、素敵な男性(女性)からのささやかな好意の視線にも気づくことが出来ないのですえーん
もしかしたら、素敵な出会いがない、と嘆いていらっしゃるあなたの場合も、あなたとと親しくなりたいと思っている恋人候補の人達は、気付いてもらえないことにがっかりして、人知れずあなたの前から、去って行ってしまっているのかもしれませんよ叫び
 
もしも、コミュニケーションがうまくいかないなあと感じることがあったら、そのときは、「私は自分の価値をちゃんと受け取れているだろうか?」と、もう一度見直してみてくださいね。
あなたにはあなただけの素晴らしい魅力虹や才能キラキラが、必ずあります。
それを信じて、出来るだけ使っていきましょうね。
 
また、どんな才能や魅力があるのかわからない、という場合は、私たちカウンセラーに遠慮なく訊いてみてくださいね。
目の前の相手のためにも、まだ出会っていない誰かのためにも、自分自身のためにも、少しずつでもいいので、自分の価値を受け取っていきましょうね。
 
 

ピンク薔薇赤薔薇ピンク薔薇赤薔薇ピンク薔薇

 

お読みいただいて、ありがとうございました。
あなたがコミュニケーションを楽しめますよう、応援していますね音譜虹

来週は小倉健太郎カウンセラーがお送りします。
どうぞ、お楽しみにラブラブ
 
 
黄色い花三枝みき参加イベント「東京カウンセラーズフェスタ」のお知らせ黄色い花
 
※おかげさまで東京フェスタは満席となりました。キャンセル待ち受付を開始いたしましたので、ご希望の方は下記の専用フォームからエントリー下さい。(1/27 21:20)
●キャンセル待ち受付専用フォーム>>>
 お席のご用意ができ次第、受付順にご連絡さしあげます。
 

日時:2/4(土)10:00~17:35
会場三田・機械工具会館
交通:JR田町駅より徒歩7分 / 都営浅草線三田駅より徒歩5分 / 都営三田線三田駅より徒歩7分
料金:¥3,240- (出入り自由のフリーパスです)

<スケジュール>

10:10~10:40 講演 やなぎあこ 『それでも僕は君を選んだ ~不完全だから「ともに生きる」~』
10:50~11:20 講演 大野愛子 『あなたの人生に愛がやってくる方法』
11:30~12:00 講演 野村香英 『人生を変えるのは、勇気』(16/10/31から産休のため一時休会中。2/1より復帰予定)

12:00~13:10 お昼休み

13:10~13:40 講演 三枝みき 『もう一度、愛を選ぶ』
13:50~14:20 講演 沼田みえ子 『サレ妻から超絶愛され妻になった私 ~許しの効能と方法とは?~』
14:30~15:00 講演 山本美登里 『結婚は、自分が自分を幸せにするためにしよう』
15:10~15:40 講演 森川陽介 『ダメンズを好きになってしまったあなたへ ~ダメンズだった私が教える彼らのすべて~』

15:55~17:30 イベント『クイック・カウンセリング』
17:30~17:35 エンディング

18:00~20:00 懇親会(打ち上げ)

<ゲストカウンセラー>
叶雅也
土肥幸司

 

※おかげさまで東京フェスタは満席となりました。キャンセル待ち受付を開始いたしましたので、ご希望の方は下記の専用フォームからエントリー下さい。(1/27 21:20)
●キャンセル待ち受付専用フォーム>>>
 お席のご用意ができ次第、受付順にご連絡さしあげます。

 

黄色い花黄色い花黄色い花


ブーケ2三枝みきのプロフィールや、カウンセラーブログへ

ブーケ2三枝みきのカウンセリングを受けるには

ブーケ2カウンセリング会場のごあんない

 
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2017-01-30 12:00:00

しんどさの原因は、、、

テーマ:仕事の心理学
$恋と仕事の心理学@カウンセリングサービス-山根プロフィール


こんにちは。カウンセリングサービスの山根しんいちです。

毎週月曜日に、山田耕治カウンセラーと隔週交代で、「仕事の心理学」をテーマにお届けしています。

今回のテーマは、「しんどさの原因は、、、」です。

〜〜〜〜〜 〜〜〜〜〜 〜〜〜〜〜


カウンセリングを何度か受けていただいているYさんのお話しについては、ご了承をいただいていますのでこのブログでも何度か書かせていただいています。
自信の源泉
男性の上司とうまくいかなかった理由

Yさんが初めて面談カウンセリングに来られた時は、「女性?、、、だよね」と言いそうになるくらい、女性らしさを隠してしまって、男の子のような感じでした。表情も暗く。この人、大丈夫だろうかと心配になったことを覚えています。

Yさんのご相談は主に仕事の中でしんどくなってしまうのをなんとかしたいということでした。しかし、何度かカウンセリングをしていく中で、女性としての自分を認めていくというお話しもさせていただいてきました。それは、女性であるのに男性と自分を比べてしまって自信を失っていたYさんにとって、本来のYさんらしさを取り戻していき、自信を取り戻すプロセスでもあったからです。

そんな中で、スカートをはくようになったり、お化粧もするようになったYさん。女性としてもどんどんキレイになっていかれます。

「今日はお化粧をされてます?」

「はい。前は、スカートはいたりお化粧するのは女装してるみたいで気持ち悪かったんですが、今は、コスプレしてるくらいの感じです」

「(笑)」

今ではそんな感じのYさんも、最初はあまりにしんどくて前の職場を辞める決心をされ、しばらくは新しい仕事を探す気力も出なかった時期がありました。そんな中でも、カウンセリングを続けられ、今では無事に面接にも受かって新しい職場で、いい人たちに囲まれて働いていらっしゃいます。

今回のカウンセリングでは、以前に比べるとずいぶんよくはなったものの、まだ職場でしんどくなる時があって不安があるとのお話しでした。

いろいろとお話しをお聴きしながら浮かび上がってきたのは、お母さんとの関係。

以前の記事でも書かせていただいたことがあるのですが、Yさんが4才くらいの頃のことです。感情的にあまり安定していなかったお母さんのことが気がかりで、お母さんに幸せになって欲しい、お母さんを守ってあげたいという思いから、それまでお父さんの膝の上が大好きだった女の子が、そこから離れてお母さんのそばにいるようになっていったということです。

そういう小さな女の子が、お母さんの不安定な感情をなんとかしたいと思った時にどうするかというと、自分がその不安定な感情を取り込むことでお母さんを助けようとします。

ですから、Yさんは今でもこころの中でいつもお母さんのそばにいて、お母さんの不安やしんどさと一緒にいるわけです。

幸いYさんのお父さんは、「ぼくがいないとこの人は幸せになれないから」と言って、そんな感情的に不安定なお母さんと結婚したという人で、今でもお母さんとは対照的にすごく安心感がある人だとのことです。

Yさんにお話ししました。

「お母さんのことは、お父さんに任せて、あなたは2人の子供の位置に戻りましょうね」

「でも、お母さんを見ていないと、すぐに不安定になるから」

「お父さんのそばにいると安心感があるんですよね。きっとお母さんはそのお父さんの安心感があるから救われているんだと思いますよ」

「でも、お母さんのそばにいないと、、、」

「今、お母さんから離れることに抵抗しているというのがわかりますか?」

「、、、」

ここでやっとYさんは気づかれたようでした。

自分がお母さんのことを思うあまりに、お母さんが感じているしんどさや不安を一緒に感じようとしてきたこと。その場所から離れることに自分が抵抗してしまっていることを。

お母さんのしんどさを助けたい。その思いは尊いものです。

ところがそれだと、こころの中で、お母さんよりも自分が上に立ってしまいます。

現実的には、お母さんを助ける場面もあるでしょう。ところが、こころの中でお母さんを助け続ける場所にいると、お母さんからの愛情が、自分の中に流れ込んでこなくなってしまうという問題も出てきます。

それがエネルギー不足やしんどさの原因にもなってしまうのです。

さて、こころの中で、お母さんをお父さんに返して、自分は子供の位置に戻るようにしてもらったYさん。そうすると、今までお母さんといっしょにい続けたYさんのこころの中にはぽっかりと穴があいて寂しさが出てくるでしょう。

それは、自分にもお父さんのような素敵なパートナーが欲しいという気持ちにつながります。

女性的な魅力も増してきたYさん。これからが楽しみです。

では、また次回をお楽しみに。

〜〜〜〜〜 〜〜〜〜〜 〜〜〜〜〜

心理学のエッセンスをわかりやすいお話しで綴った大人気シリーズ
心の不思議

◆山根しんいちのプロフィール
◆カウンセリングを受けるには?
◆会場案内
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2017-01-28 12:00:00

「嫌われる勇気」は、「好かれる勇気」

テーマ:イキイキハッピーライフ
嶽きよみ 
 
今日もありがとうございます。嶽きよみ です。 、松永浩一三好成子岡田郁美と私の4人で土曜日の「イキイキハッピーライフ」をお届けしています。 よろしくお願いいたします。
 
 
 

2013年に発刊されて、大ベストセラーになったアドラー心理学の「嫌われる勇気」。

現在、刑事物のドラマとして、同名タイトルで放送されていますね。

 

個人的には、ドラマとしては突っ込みどころが満載で、残念ながらお気に入りとは言えませんが、ドラマの中で心理学の教授がアドラー心理学の考え方を解説する場面が出てくるなど、本を読んでいない人でもアドラー心理学が理解しやすいつくりになっています。

 

ドラマの中では、周りに気を使ったり、思っていることが言えなかったりしてありのままの自分でいられない人たちと、自分は自分として存在している主人公が対比され、それが事件と少なからずからんでいる、という展開です。

 

ドラマの良し悪しはともかくとして、カウンセリングの場でも、やはりまわりに気を使いすぎて、自分を抑えたり我慢したりしてしまう方はとても多いです。

 

それが ”ほどほど” であれば、「まわりに気を配れる人」という長所なのですが、それが ”あたりまえ” とか ”それしかできない” となってしまうと、だんだんと「犠牲」になっている感覚が強くなってくる可能性が高いです。

 

ということで、今日は、「嫌われること」と「好かれること」について、考えてみたいと思います。

 

 

多くの人にとって「嫌われる」ということは、潜在的な恐怖なんじゃないかと思います。。

 

そして、私たちが「怖れ」を感じるのは、まだ起こっていない、これからの出来事に対してです。

 

つまり、今現在 実際、嫌われているかどうかわからないし、何かをしたからと言って嫌われるとは限らないことでも、怖さゆえに、自ら自粛してしまっていることが少なくないのではないでしょうか。

 

そこでひとつ質問です。

 

例えばあなたは、もし自分が嫌われるとしたら、それはどういう要素で嫌われると思いますか?

 

無邪気さ、人との距離、外見、はっきりした物言い、内気さ、声の大きさ・小ささ・・・・などなどなど、それぞれの方が自分が嫌われる要素、というのは千差万別かもしれません。

 

でも、ひとつ言えることは、

 

その、あなたが「自分が嫌われるんじゃないかと思っている要素」こそ、あなたの才能であり、とってもパワフルなエネルギーが隠れているところだったりするのです。

 

えええ!?そんなまさか! 

 

と思われた方もいらっしゃるかもしれません。

でも、それは本当です。

 

その才能を持っているがゆえに、もしかしたら子供の頃、それを無自覚に使って、誰かから怒られたり嫌な思いをしたことがおありなのかもしれません。

 

そして、それを、もう二度と嫌だと思って、一生懸命に封印してしまったのです。

 

「嫌われないために。」

「人に嫌な思いをさせないために。」

 

それは生きづらいはずです。

 

だって、才能を封印しながらせっせと頑張っているのですから。ブレーキを踏みながらアクセルを踏んでいるようなものですよね。

 

カウンセリングをさせていただいていて、そういう方がどれだけ多いかということを本当にいつも感じていました。

 

 

「じゃあ、過去の自分に戻ればいいんですか?

そしたらまた同じ目に合ってしまうんじゃないでしょうか・・。」

 

と思う方もいらっしゃるかもしれません。

 

でも、そこにはちょっとした誤解があります。

 

私たちは、自分が持っている才能の「使い方を学ぶ」ということが課題なんですね。

その力をどう表現したらいいのか、何に使えばいいのか、というのを、トライ&エラーしながら学んでいくのです。

 

ダイヤモンドの原石を、そのままの汚れがついた状態で誰かにあげても、その価値がなかなか伝わらないのと同じようなものです。 

 

つまり、あなたが、過去の出来事でその才能を封印してしまったとしたら、それは、そのときはそれで正解だったかもしれませんが、今はそれをどう表現するか、という次の段階に入っているのかもしれない、と考えていただきたいのです。

 

今その段階にあるなと思う方は、ぜひともその方法を、カウンセリングやいろいろなコミュニケーションなどを使って、すぐにでも見つけていただきたいです。

 

 

もちろん、「嫌われる」ということを、誰でも本心では望んでいないと思います。

でも、想像してみてください。

 

例えばAさんが、周りの人に迷惑をかけていたします。

それをあなたが勇気を出して指摘したとします。

 

そうすると、Aさんは、自分の罪悪感やバツの悪さからあなたに悪い態度を取ったり、嫌ったりするかもしれません。

 

でも、そのかわり、Aさんに迷惑をかけられていた人や、言いたくても言えなかった人は、あなたを好きになるかもしれません。

 

もし両方の人に好かれることが難しいとしたら、あなたは、どちらの人に好かれたいと思うでしょうか。

 

すべての人に好かれることが難しいように、すべての人に嫌われることもまた難しいんですよね。

 

嫌われることと好かれることは、案外 表裏一体だったりすることも少なくないのではないでしょうか。

 

ぜひドラマもやっていることですし、この機会に、自分が嫌われるんじゃないかと思っている(ちなみに、それは幻想なのですが)ポイントを見つけ、その隠された才能の表現方法を見つけて行きましょう。

 

 

ありがとう

 

嶽きよみ

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)