オトナの片想いセラピー

無料説明会

2017-01-11 12:00:00

たくさん褒めていこう

テーマ:素敵な愛の育て方

中山塁

こんにちは、カウンセリングサービスの中山塁です。

毎週水曜日は「素敵な愛の育て方」というテーマで、
東条正貴、私・中山塁、高見綾、の3人が交替でお届けしております。
 

***

 

突然ですが、皆さんは褒められるのとダメ出しされるのと、
どちらが気分が良いでしょうか?

とまあ訊くまでも無く、褒められる方だと思うんですけどね。

 

人によっては褒められるのが苦手という方もいますが、
本来は褒められれば嬉しいと感じるのが人というものであり、
その嬉しさをお返ししたいという情を抱くのもまた人というものであります。
それが順調に交わされれば、人間関係はとても良好になっていきます。

 

そして良好な関係があるところには、
良い巡り合わせもやってくるというもののようでありますので、
良縁を求める方にとっても、

たくさん褒めるというチャレンジをしてみる価値はあるかと思います。

 

***

 

でも「実際、何をどう褒めたら良いのか?」
ということに悩まれる方も少なくないようです。

 

ここで思い留まってしまう方は「褒め=嬉しさ」のハードルが高かったり、
失礼にならないかどうかの不安の方が強かったりするようです。

 

基本的に私達は自分が良くないと感じるものを、
好んで相手に勧めるということはしないものなんですが・・・、

 

それでですね、もし私達が自分自身を無頓着に扱っていたり、
何事も出来て当たり前・やって当たり前のような扱いをしているとしたら、
自分を褒めても全然嬉しいと感じないものなんですよね。
褒められてもピンと来なかったりします。
「この程度で何を大袈裟な・・・」くらいにしか思わないでしょう。
そう、当たり前のことを褒めるのは全然好ましくないのです。

 

ですから、当たり前のことを伝えるだけでは、
褒め言葉として通用しない(=嬉しくない)ように思えてしまうんです。
こうして相手に喜んでもらえそうな言葉のハードルが高くなってしまったり、
それを探すのにも苦労をするものですから「何をどう褒めたらいいのか?」と、

悩んでしまうケースが出来上がってしまうようなんです。

 

こうした場合、
私達は自己承認について、もっともっと目を向けていくと良いようです。
自分の当たり前を当たり前と流さず、
ひとつひとつをしっかりと認め、褒めていくことが大切です。
自分の当たり前を褒めることが出来るようになれば、
誰かの当たり前を心から褒めることも、必ず出来るようになりますよ(^^)

 

褒めることで大事なのは、ありきたりな言葉でも何でもいいので、

とにかく好意や好感を伝えていくことなんです。

 

***

 

それに褒めるといって難しく考える必要もありません。
あなたがその人について、ほんの少しでも良いと思ったところや、

良いと感じたところを遠慮なく伝えてあげるだけで十分です。

本当にただそれだけでいいんです。

 

簡単なところで言えば、
容姿、服装、髪型、持ち物などの外面に注目するのも良いですね。
例えば「格好良い」でも、「かわいい」でも、「似合う」でもいいんです。
「あなたらしさがある」とかでも良いですね。
こういうのは相手のセンスを褒めているという分類になるかと思います。

気が付いたことは臆せずに、たくさん伝えてみましょう。

 

また、性格、言動、経験、精神性などの内面に注目するなら、
「明るい」「優しい」「面白い」「気遣い上手」「頭が良い」「大人」なんていうのも、
「褒められて嬉しいこと」の上位に入ってくるようです。
でもこちらは「どこでそう感じたの?」という質問が返ってくる可能性があるので、
そこはしっかりと答えられるようにしておいた方が良いですね(笑)

 

そのため(“だけ”にという訳ではありませんが ^^;)にも、
なるべくなら自分の気持ちには嘘を吐かない方が良いのです。

 

心に思ってもいないようなことを口にすると、
後で返答に詰まってしまったり、食い違いが起きることもあります。
場合によっては「自分は嘘吐きな人間なんじゃないだろうか?」と、
そんな風に感じてしまうこともあるかもしれません。

 

ですから、出来ればあなたが心に思った・感じたままを、
一貫性を持ってお伝えてしていくことをオススメします。
その方がよりあなたらしさ(言葉・着眼点)も発揮されることと思いますよ(^^)

 

***

 

実はこの「褒める」という行為は、
相手の存在を認めているという証でもあるんです。
誰だって好意的に自分の存在を認めてもらえたなら、
きっと嬉しいと思うんですよね。

 

ですから、たとえあなたにとっては、
「これって褒めている内に入らないのでは?」と感じてしまうとしても、

その人に関心を持ったことなら気にせずに伝えていきましょう。

 

もしかしたらあなたにとっては何気ない言葉でも、
お相手にとっては【あなた】から発せられたということや、
【あなた】が注目してくれたということが、
何より嬉しいと感じることかもしれないですからね。

 

そして一方で相手を褒めたとき、
そのお相手がどんな反応を見せるか?というところで、
その方のタイプを占う(?)ことも出来るかもしれません。

 

褒め言葉を素直に受け取る人もいれば、
頑なに受け取らないという人もいると思います。
お調子者だったり、照れ屋さんだったりと、
ちょっと褒めるだけで色んな情報を返してくれる、という見方も出来ます。

 

それによって今後の接し方も整えていけますよね。
受け取ってくれる人にはどんどん伝えていけば良いですし、
受け取ってくれない人にはどうやったら受け取ってもらえるかを考えていくことで、
今よりももっと良好な関係を築けるようになるかもしれません。
そうしていくことで、あなたの「褒めスキル」もどんどん上がっていきます。

 

他人の良い所を伝えられるというのは、
たくさんの人を良い気分にさせてあげられるということでもあります。
それによって周囲から好意的な目で見てもらえたりもしますので、
たくさんの人との間でとても良好な関係を築くことが出来るようです。


これからパートナーを探される方にとっても、
今後の良縁を掴むための土台作りとしても、
たくさん褒めていくことに取り組んでみる価値は十分にあるかと思います。

 

褒めの効果は意外とあなどれないものでございますよ!(^^)

 

お読みいただきありがとうございました!
来週は高見綾カウンセラーです♪お楽しみに!
 

クローバー  クローバー  クローバー


中山塁のブログはこちら

カウンセリングを受けるには?

会場案内

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2017-01-10 12:00:00

欠点があってもあなたは素晴らしい存在

テーマ:うまくいくコミュニケーション

小倉健太郎

カウンセリングサービスの小倉健太郎です。

火曜日の「うまくいくコミュニケーション」は樋掛豪カウンセラー吉村ひろえカウンセラー三枝みきカウンセラーの4人で担当しています。

****

 

あなたは、自分の事をどれぐらい好きですか?
あなたは自分に自信を持っていて、自分の事を「素晴らしい!」と感じられていますか?

 

誰かとの人間関係、コミュニケーションを上手にするためには、自分の素晴らしさにどれぐらい気が付いているかも重要だと思うんですよね。

 

でも、なかなか自分に自信が持てない方、つまり、自分のことを素晴らしい存在だと思えない人もいらっしゃる事でしょう。

 

別に自分の事を100%全部好きでなくてもいいと思うんです。

 

でも、嫌いなところが会ったらダメって思うのは、ちょっと違うと思うんですね。

 

例えば、子供って、「ピーマン嫌い!」とか、「算数苦手!」とかって、隠したりせず、堂々と話したりしませんか?

 

嫌なものは嫌って、はっきり言うわけです。

 

先日、4歳の姪っ子と食事をしたんですが、どうも姪っ子は玉ねぎが嫌いらしく、「玉ねぎ嫌い!」って、はっきり言います。

 

でも、「玉ねぎ嫌い嫌いな私はダメな私」って落ち込んでいたとしたらどう思いますか?

 

好き嫌いがあるのは仕方ないことで、頑張って食べてくれたら素晴らしいですが、食べられないのがダメって訳ではないですよね?

 

好き嫌いがあったって、姪っ子は素晴らしい女性です。

 

ところで、自分の事を素晴らしく思えず、自分の何かを嫌ってしまうと、それは悪いことだからって、隠そうとしてしまうんですよね。

 

例えば、自分の事を「だらしないなぁ。」と思う場面があって、だから自分は素晴らしい存在ではないと思うと、それを人にばれないように、隠してしまう。

 

そういうところから、嘘をつくようになり、それがまた、コミュニケーションの妨げになってしまったりする事もある訳です。

 

先にも書きましたが、もしも、自分の事を素晴らしいと感じられていたら、長所も短所も人に隠そうとはしないと思うんです。

 

それに本当は、長所も短所も見方ひとつで変わりますから、本当は自分で短所だと思っているところこそ、誰かから見た長所かもしれません。

 

ただ、今回、お伝えしたいのは、自分の事を好きになると言う話ではないんです。

 

そうじゃなくて、まずは「自分の嫌いなところ、嫌いなままでいいんじゃない?


無理に好きになろうとする必要も無ければ、嫌いな部分を隠す必要も無いのでは無いですか?」と言う事がお伝えしたいんです。

 

だって、好き嫌いなんてあって当然だし、その嫌いな事の中に、自分の何かが嫌いという思いがあってもいいですよね?

 

自分の事、全部好きなんて、そんな人の方が珍しいと思うんです。

 

例えば、私は自分の事をすごくお調子者な性格だなと思っています。


でも、そんなお調子者な部分、自分では子供っぽいし、あんまり好きじゃないんです。

 

でも、人に期待をかけられたり、楽しいと思う事があると、ついつい調子に乗ってしまうんですよね。

 

そんな時は、「また、やっちゃったな。」って思ったりして、落ち込んだりすることもよくありました。

 

ついつい調子に乗ってしまって、何かしらやり過ぎてしまったと感じた時は、「仕方無いな。だってお調子者だからな。」という感じでいます。

 

無理に肯定するつもりもないし、でも、無理に隠す必要も無いなと思っています。


だって、私って、自分でそうしたいと思った事も無いのに昔からお調子者だったし、変えようと思って努力しても、逆に人間関係に遠慮がいっぱいできてしまって、うまく行かなかったのですから。

 

誰だって、長所もあれば短所もあると思うのですね。
そして、長所、短所と言うのは、絶対的なものではなくて、見方によって、どんな風にも変わると思うんです。

 

例えば、自分のお調子者な性格は、悪く言えば子供っぽかったり、その場の空気に流されやすいという欠点とも言えると思いますが、良い見方をすれば、その場の雰囲気を盛り上げるとか、感受性が豊かと言う見方も出来ると思います。

 

それは、どんな長所、短所にも言える事で、あなたが自分のどんな要素を嫌ったとしても、その同じ部分を嫌わなかったり、むしろ大好きだと思う人もいると思うのですね。

 

あなたが自分で嫌っている部分、誰かにとっては、むしろ好意的に感じる事かもしれません。


そうしたら、好意的に思ってくれる人と仲良くなるきっかけにもなったりするかもしれません。

 

あなたの欠点、もしかしたら、それこそが誰に喜ばれる贈り物になるかもしれません。

 

***

次回の私の担当は、2017年2月7日(火)になります。

来週、1月17日(火)の「うまくいくコミュニケーション」は、吉村ひろえカウンセラーです。

どうぞ、お楽しみに♪

小倉健太郎のブログ
心理学やカウンセリングに関する事から、くだらない事まで。いろいろ書いてます。

カウンセリングを受けるには?
一回カウンセリングというものを受けてみたいと思われたらこちらから。

カウンセリングルームのご案内 
名古屋のカウンセリングルームは鶴舞にあります。

名古屋ブログ
名古屋のカウンセラーがあれこれ書いています。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2017-01-09 12:00:00

あなたは今年の空をどんな鳥で飛翔しますか?私は、、、~SHBP4~

テーマ:仕事の心理学


こんにちは。カウンセリングサービスの山田耕治(やまだこうじ)です。いつも読んでいただき、ありがとうございます。
 月曜日は、「仕事の心理学」をテーマに、山根しんいちカウンセラーと隔週ごとにお届けしています。
 山田担当の仕事の心理学は、「強いハートを目指すビジネスパーソンのために(昨年からSHBPと呼ぶことにしました。)」をテーマに、4年目に突入です。
 「SHBP4」として、小手先のテクニックを超えて、自らの心の根っこから強くなり、仕事やプライベートの成功への貢献をめざします。本年もどうかよろしくお願いします。


| 前回の振り返り

いつものように前回の振り返りからはじめましょう。

怒りの本質を考えてみることそして、愛を選択することがテーマでした。
 

怒りは愛する、与える、受け取る、優しくする、そんな自分でいることができないことに怒っているのではないか。
 

愛を選択するとは、愛せない、与えられない、受け取れない、優しくできない、そんな自分をいったん受け入れてから、愛するを選択する。
 前回のコメント4のとしさんが自分の葛藤を踏まえながら、上手にまとめていただいています。今の過程はまさに順調とお伝えしたいと思います。

 

とても大きなテーマでしたが、私たちそれぞれの過程・プロセスを信頼して、愛が選択できるようにともに進んでいけたらと思います.


| 今年も一発目は心の航海図&アンカー
 年末年始、みなさんも昨年の振り返りとともに、今年への意気込みや抱負を心に思われたと思います。

昨年の自分よりも新たな自分になろうという気持ちはとても自然なものだと思います。
 

そのような変化、成長、自らを越えようという思いを大事にするためにも、毎年、SHBPでは年の初めに、四字熟語をもじって、イメージとともに、心の航海図&アンカーとしてのキャッチフレーズとサブフレーズを掲げることを行ってきました。

 2014
「前真然霊~癒し、学び、問題解決~」
 2015年「捲怒笑来(けんどしょうらい)~美しきビジネスパーソンを選択する~」。
 2016年「正真照明~未来を変えるトレーニング~」

 

皆さんにもそれぞれにそのような言葉を作り出してみることも提案してきました。

これは、私たちには弱いところもあるので、一人でただがんばるのではなく、言葉とイメージの力に援助してもらおうという取り組みでもあります。
 それは弱い自分を受け入れることの実践でもあります。一人だとどうしても引き伸ばしたくなりますよね。

 今年、私は四字熟語から変化をさせて、酉年ですので、鳥からその言葉とイメージを創り出してみる事にしました。


| 12年前の私 
 実は、今年も四字熟語で行こうと準備をしていたのですが、年末に年賀状を作成しながら、12年前につくった年賀状のことを鮮明に思い出したのです。

 そこには、ただじっとうずくまったニワトリがいたことを思い出しました。
いろんなことがあり、「今はじっと時を待つべきなんだ。」そんな感じです。


 一回りなんだなと思いました。自分なりにこの12年の流れを改めて感じた年末年始でした。

| 今年のSHBP4のキャッチフレーズ
 ゆえに今年は四字熟語ではなく、鳥で行きます。

 ある鳥の姿が、私の心に浮かび上がってきました。

 それが「雷鳥」です。学生の頃、夏の白山で実際に見たことを思い出します。でも、SHBP4のキャッチフレーズはただの「雷鳥」ではありません。

 「スーパー雷鳥」、「サンダーバード」です。

 私の年代の男性ではおなじみの特撮テレビ番組の国際救助隊、サンダーバードを思い出す方もいると思います。正にそのサンダーバードもイメージの一つです。
 54321で始まるテーマ曲が頭から離れなくなりそうです。

 JRで北陸を走る電車「スーパー雷鳥」が「サンダーバード」という名前で呼ばれていますよね。私の何度か乗ったことがあります。
 実際にはサンダーバードはアメリカの先住民に伝わる雷の精霊としての大きな鷲のような伝説の鳥だそうです。ゆえに、サンダーバードは実際の雷鳥とは関係はないとのことですが、今年の私にはぴったりのイメージなのです。

 

雷の精霊としてのサンダーバードが飛来し、光と雷が私たちの固い殻を引き裂いてくれます。それはまさに新たな自分、変化、成長、超越、覚醒のイメージです。
 そして、国際救助隊、サンダーバードの秘密の島から出発する1号から5号のそれぞれが私たちの愛の選択のイメージです。
 超越し、覚醒した私たちから今年、どんな愛の選択が出発していくのでしょうか?

 私としてはじっと時を待つニワトリから、12年の歳月を経て、飛来するサンダーバードとしての新たなイメージの年の始まりをとてもうれしく思っています。


| みなさんのキャッチフレーズは?
 今年のSHBP4のキャッチフレーズは「サンダーバード」。

 このブログが雷の精霊のごとく、時に激しく熱く、時に心穏やかに、みなさんの愛の選択への貢献ができたらと思っています。
 サンダーバードのテーマ曲を聴いてみるのも元気がでますよ。(おススメです。)


 山田のカウンセリングも1月6日土曜日から開始となり、みなさんの年末年始、お正月に起こった出来事をうかがう機会がありました。そこにはいいも悪いもなく、エネルギッシュな行動とともに、愛の選択をされようとするみなさんがいたと確信しています。

 みなさんは今年、どんなキャッチフーズに自らをサポートしてもらいますか?
 どんな鳥で今年の空を飛翔しますか?
 

今年も仕事の心理学をどうかよろしくお願いします。次回はサブフレーズを公開したいと思います。

******************

私が心理カウンセラーとして目指していること、それは「ハートを強くする」カウンセリングです。実社会へしっかり繋いでいくことのできるカウンセリングを提供したいと考えています。ご連絡お待ちしております。
 

※お知らせ
山田は昨年3月より、Wワーク実践中にて、カウンセリングは土日祝日のみとなっております。特に、これまで平日にお使い頂いていた方にはご不便をおかけし、大変申し訳ありません。ご理解いただけますようにお願いいたします。

山田耕治のプロフィールへ
山田のカウンセリングを受けるには
カウンセリング場所

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-01-08 12:00:00

相手に興味をもって話を「聴いて」みよう♪

テーマ:自分プロデュース

 

 


こんにちは♪ カウンセリングサービス はたのえりです。

 

 鳥ヒヨコ鳥*~*~*~*~*~*~*~*~

新年 明けましておめでとうございます
みなさま よいお年をお迎えのことと存じます
本年も なにとぞよろしくお願い申し上げます

 *~*~*~*~*~*~*~*~鳥ヒヨコ鳥

 

 

いつもご覧いただきありがとうございます☆
毎週日曜『自分プロデュース』のテーマを、大みぞなおみカウンセラー、
滝尾恵美子カウンセラー、紙谷まみカウンセラーと一緒に担当させて
頂いています☆今日もよろしくお付き合いくださいませ☆

 

 

◆人の話を聴くって、難しい。

 

人の話を「聴く」って、コミュニケーションの基本中の基本です。
相手の言うことを聞いていなければ、会話は続きません。

 

でも、ただ「聞いて」いるのと、「聴く」とでは、大きな違いが出てきます。

人間関係や、夫婦関係が上手く行かないと感じるとき。


大抵の場合、その場にいるお互いが、お互いの話を聴けていない
ことが多いんですね。

 

でもそれは逆から見れば、相手の言葉にきちんと耳を傾けることが
出来れば、その関係性はもっと良くなる、とも言えるのではないでしょうか。

 

◆何故、聞いているようで、聴けていないの?

「私が、私が」「私はね、」といった「自我」を人はみんな、持っています。
みんな、誰かに自分を認めてほしいと思っているのです。

 

そして、自分に自信がないと、自分で自分を認め信じられない分、
他人にそれを求めてしまうことがあります。

 

「私がそれをやったのよ」「私はね、こうだったのよ。」
他の誰かが話しているのに、そのお話を自分の所に持ってきてしまう。
無意識的にやってしまうんですよね。自分でも気がつかないうちに。

 

そうすると、あなたに話を聞いてもらいたい、と思っていた相手は、
「聴いてもらった」という気持ちにはなかなかなれません。

 

せっかく勇気を出して、悩みを相談してみたのに、きちんと
聴いてもらえなかった。そう感じると、次にまた、同じようにこころを開いて
話をしてみようとは思いにくくなってしまいますね。

 

 

また、「そっか、そっか」と相槌を打ちながら、聞いてはいるものの、
こころの中では 「私のことをどう思っているんだろう?」
「本当は私に何か言いたいことがあるんじゃないだろうか?」

 

「さっき私が言った言葉で、イヤな思いをさせてしまったのでは?」
「返事もまともにできない馬鹿な奴だと思われてはいないだろうか?」

 

こんな風に、「自分のこと」だけを見てしまっているとき。
やはり、自分に自信が持てないときでしょうね。
相手の話をきちんと聞くのは難しいでしょう。

 


◆言葉の使い方は、人によって違う。

 

我が家の中学生の息子たちからは日常的に「うわぁ!マジやべぇ」とか、
「ガチだから」という言葉が出てきます。

 

何事かっ?!と聞いてみれば、私にとってはマジ(=真剣に、本当に)
ヤバい(=危ない、危険な)状況ではないことがほとんどです。

 


恥ずかしがり屋さんに多いでしょうか。「好き」とストレートに言葉にする
のは恥ずかしいから、「別に嫌いではないけれど…」

 

「何でもいい」といったのに、「本当は和食が食べたかった…」

 

これらは全て、「自分」にとってのヤバい、嫌いではない、何でもいいと、
相手にとってのそれとで、意味や使い方、言葉の定義に大きなズレが
あることで起こります。

 

単純な例で説明していますけれど、大人同士の人間関係や
夫婦関係では、もっと高度なレベルで日常的に起こっていること
ではないでしょうか。

 

たとえば上司に叱られた時。
それが本当に自分のことを思って言ってくれている言葉だと感じたら、
キツイお叱りでも、あなたはありがたいと思うことができるでしょう。
(時間はかかるかもしれませんけれどね(笑))

 

また、時に「それ、褒めてます?けなしてます?」って聞きたくなってしまうような
ものの言い方をする人、いますよね。

 


◆「聴く」とは、相手に興味をもってみること。

 

言葉の使い方は、人によって違うのですから、ズレがあるのは、
ある意味、当然のこととも言えるでしょう。

 

だから、この人は、どんな人なんだろう? どう感じているんだろう?
どんな風に考えているんだろう?

こういった部分をまずは知ることが大切です。

 

そして相手の言葉を、相手の感覚で聴き、理解してみよう、として
みてください。

 

その言葉の後ろにある、こころの声を聞いてみよう、と思ってみてください。


好きな人のことを、私たちは「もっと知りたい」と思います。


色んな表情を見せてほしいと思うし、好みや、趣味を共有したいとも
思うでしょう。

 

好きな人のことをもっと知りたい時、私たちは自然にその人の話を
「聴いて」いるのです。知りたい、という興味があるからですね。

 

そのときあなたは、相手のことを理解しよう、大切にしようと
思っているはず。

 

これが、「興味をもって聴く」ことです。

 

そして、その理解したい、大切にしたいという気持ちが相手に伝わったとき、
相手は「受け入れてもらえた」と感じます。

 

するとその関係性に、安心感や信頼が生まれますね。

 

しっかりした安心感や信頼関係を土台とした人間関係、夫婦関係は
あなたに自信や余裕をもたらしてくれるでしょう。

 

今よりももっと、良い関係性が生まれますね。


もう長い付き合いだけど。今日は改めて、あなたの周りにいる人達の
言葉を、興味をもって「聴いて」みませんか?

 

次回は2月12日に☆

 

来週は、滝尾恵美子カウンセラーです♪お楽しみに♪

 

ありがとうございました☆

 

 

ニコちゃんはたのえりのブログへ

 

ほぼ毎日更新☆「もっと自分を好きになる。」パートナーシップ、おとなのLOVE、

あなたがもっと輝くために☆

 

 

ニコちゃんカウンセリングを受けるには?

 

名古屋・鶴舞のカウンセリングルームにて、面談カウンセリングを行っています☆   

電話カウンセリングは初回45分無料♪

 

 

ニコちゃん名古屋カウンセリングルームのご案内

 

カウンセリングサービス・名古屋カウンセリングルームのご案内です。


 

 


 


 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2017-01-07 12:00:00

わかりやすいって、愛されやすい

テーマ:イキイキハッピーライフ
{2BD27FEF-8463-468E-85C1-A2EC090A08BC}

 

あけまして、おめでとうございます。

 

恋と仕事の心理学をご愛読くださっているみなさま

いつもありがとうございます。

 

はじめまして、
カウンセリングサービスの岡田郁美です。

毎週土曜日は《イキイキハッピーライフ》というテーマで
2017年1月より
獄きよみカウンセラー
松永浩一カウンセラー
三好成子カウンセラー
に、私、岡田が加わり、お届けしてまいります。

よろしくお願いいたします。


* * *

「わかりやすいって、愛されやすい」


「わかりやすい人は、愛されやすい」と言われます。

なぜなら、人は、

「愛したい」

「喜ばせたい」
「役に立ちたい」
と思っているからです。
 
わかりやすい人というのは、
「自分の気持ちを素直に表現できる人」
つまり、
「どうしたら、その人が喜ぶのかをわかりやすく伝えられる人」
と、いえるのではないでしょうか。

自分のしたことで、相手が喜んでくれたら、
自分も、相手も、ハッピーになれると思いませんか?


しかし、私たちは、人とのお付き合いで、
・人に、迷惑をかけてはいけない
・我慢しなくてはいけない
・空気を読まなくてはいけない
と、思っているようです。

ですから、
「自分の気持ちを素直に表現する」ことを、
「自分勝手」「わがまま」と思ってしまうようです。

また、子どもの頃から、
自分の気持ちを抑えてこられた方は、
「自分がどうしたいかわからない」
ということも多いようです。


私は、普段、
サービス付き高齢者住宅というところで、
訪問看護師兼スタッフとして働いています。
そこでの出来事です。

ある入居者さんが、
私の髪留めを褒めてくださいました。
普段、褒められ慣れていない私は、

私:「ありがとうございます(照) けど、これ安ものですよ。」
入居者さん:「つけてる人がいいから、何でも似合うよ。」
と言ってくれたかと思うと、

入居者さん:「キライ!お金のことを言う。せっかく褒めたのに・・・」
と、言われてしまいました(汗)

せっかく褒めていただいたのに、
それを素直に喜べず、悲しい思いをさせてしまいました(涙)

しかし、自分の気持ちを抑えてしまう人なら、
「せっかく褒めたのに・・・」という言葉は、出てこなかったと思うんですね。
「私に喜んでもらいたかったのに、その気持ちをわかってもらえなかった」
その寂しさを、素直に表現されたんですね。

また、私が、
「自分のことをよいものと思えていないために、ほめ言葉を、素直に喜べなかった」
ということを教えていただきました。


入居者さんが、ご自分の気持ちを素直に表現してくださったおかげで、
今度から、人からのほめ言葉は、素直に喜ぼう!
と思えるようになり、

自分は、そんな風にいってもらえるようなものでないという思いから、
私のことを、そんな風によいものと思ってくれて、ありがたい。
という、感謝の気持ちを、素直に感じることができるようになりました(嬉)


これからは、自分も相手も、嬉しくてハッピーになれそうです。



「自分の気持ちを、素直に表現できる人」
それは、
「自分の気持ちを大切にしている人」
と言えると思うんですね。


「自分が、どう感じているかわからない」という方は、
「自分の気持ち」を大切にしてみませんか?


「自分の気持ちって何?」という方は、
「好きか嫌いか、どっちかな?」を、意識してみませんか?


「自分が何が好きで、何が嫌いかもわからない。」という方は、
よろしかったら、一緒に考えていきませんか?



最後までお読みくださり、ありがとうございました。


岡田郁美



今回のキーワードは、「素直」でした。


次回は、2月4日(土)の予定です。


来週は、三好成子カウンセラーがお届けします。
どうぞ、お楽しみに♪


* * *

岡田郁美のブログ

岡田郁美のカウンセリングを受けるには

名古屋ルームのご案内
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)