オトナの片想いセラピー

無料説明会

2017-12-03 12:00:00

自分を変える、人生を変える「質問」。

テーマ:自分プロデュース


 



 


こんにちは♪ カウンセリングサービス はたのえりです。

いつもご覧いただきありがとうございます☆



毎週日曜『自分プロデュース』のテーマを、大みぞなおみカウンセラー、私はたのえり、真鍋純子カウンセラー、紙谷まみカウンセラーの4人で担当させて頂きます。

☆今日もよろしくお付き合いくださいませ☆









自分を変える、人生を変える「質問」。


■混乱しているときは、自分を見失いがち。

悩みや、解決しなければならない問題が起こってしまったとき。

私たちカウンセラーがお客様に最初にお会いするのは、
大抵、皆さん、こんな状態のときです。

どうしたらいいのか、わからないんです…。

どうしたらいいと思いますか?

相手(彼・妻・夫・上司など)は、どう思っているのでしょうか?


中には、何が問題なのかもわからないくらい、こころの糸が
こんがらがってしまっている方もいらっしゃいます。

それはしんどいですよね…。まずはその混乱を落ち着けて、
一緒に、順番に少しずつ片付けていきましょうね。

カウンセリングは、こんな風に始まっていきます。


■整理整頓、お片付け。

その、こころのお片付け。

すっきり片付ける方法の一つが、
「自分の気持ちを大切にする」ことなんです。

「どうしたらいいと思いますか?」

この質問の意図は、何でしょうか?

どこかに、どうするべきか?
…これは、「常識」とか「一般論」に自分の決断を委ねてしまっていますね。

または、どうしたらいいですか?
…こちらは、質問した相手の気持ちや考えに判断を委ねています。

そんな、いわゆる他人軸の質問です。

混乱しているとき、私たちは「答え」が欲しくなります。
答えがわかれば、落ち着くから。とりあえず、それをすれば良いのだと、
方向性が定まるからですね。

けれど、その「答え」は必ずしも、自分が望んでいるものではないものです。
自分以外の何かや、誰かの答えだから。


だから、「どうしたらいいですか?」と聞かれたとき、
「どうしたいですか?」と私はお聞きします。これは自分軸ですね。

正しい、間違っているは一旦横に置いておきます。
自分の「どうしたい」がはっきりしたら、それを実行するかしないかは、
その後ゆっくり考えればよいことだから。

そこはあんまり問題じゃぁ、ないんです。


■自分軸と、自分を大切にすること。

自分の「どうしたい」を知り、この問題を乗り越えていくためには、
他人軸ではなく、自分軸で向き合っていくことが大切です。

自分の中の「自分なりの答え」を見つけていくことですね。

自分なりの答えを見つけるためには、今までと少し質問の
仕方を変えていくと良いでしょう。

自分が、自分に、質問してみるんです。

どうしたらいいと思いますか?
→私はどうしたいの?

これでうまく行くと思いますか?
→これがうまく行くためには、どうしたらよいだろう?


自分軸の考え方、質問の仕方に慣れてくると、
「自分の気持ち」が把握できるようになってきます。

そして、その自分の気持ちを大切にするための自分への質問が
こちら。

・この問題から、私が得られるものはなんだろう?
・この問題の良いところはどこだろう?

・望む結果を得るために、私にできることはなんだろう?
・望む結果を得るために、私がしたくないことは、なんだろう?

・どう楽しみながら、この問題を解決していこうか?

自分を大切にしながら、目の前の問題と向き合ったとき、
その問題はもう既に、「問題」ではなくなっているかもしれません。



■未来はあなたの手の中にある。

求めていた本当の答えって、実はすでに自分のこころの中
(これがまた、自分でも知らないような奥底にあったりするんですけどね)
にあったりもします。

でも、あまりにも奥底すぎて、私たちはそれに気づくことができません。

だから、こころに「質問」っていう検索をかけるんです。


これで良いですか?うまく行きますか?

誰かに答えを求めても、それはその誰かさんの答えでしかありません。

自分はどうしたいのか?
まずはそれを知り、
その後、
望む結果を得るために、自分に何ができるのか?と
問いかけていきます。

自分のこころの中に、答えはちゃーんと、あるはずです。

だから未来は、あなたの望んだように変わっていくんです。



そして、あなたの中にあるその「答え」を探すお手伝いを、
私たちカウンセラーはしています。

「答え」がなかなか見つからない!
そんな時はぜひ、お話を聞かせてくださいね☆










次回は、12月31日に(^^♪



来週は、真鍋純子カウンセラーです☆お楽しみに♪


 


ニコちゃんはたのえりのブログへ


ほぼ毎日更新☆「もっと自分を好きになる。」パートナーシップ、おとなのLOVE、あなたがもっと輝くために☆



ニコちゃんカウンセリングを受けるには?


名古屋・鶴舞のカウンセリングルームにて、面談カウンセリングを行っています☆  初回電話カウンセリングは45分無料♪



ニコちゃん名古屋カウンセリングルームのご案内


カウンセリングサービス・名古屋カウンセリングルームのご案内です。


 




2017-12-01 12:00:00

言葉は言霊(ことだま)

テーマ:恋と仕事のライフプロデュース
佐藤まゆみ

皆さん、こんにちは。
佐藤まゆみです。
「恋と仕事の心理学」、金曜日は“恋と仕事のライフプロデュース”です。

毎週金曜日、蒲谷芳久カウンセラー吉田ちかカウンセラーと私、佐藤まゆみの3人でお届けしています。

クリスマスツリー クリスマスツリー クリスマスツリー

今日から12月に入り、今年もあとひと月を残すばかりになりました。
月日の経つのは早いものですね。
子どもの頃の、あの1年の長さや濃さは何だったんだろう、とつくづく思います。

あなたにとって、このひと月は
“もう、ひと月しかない”でしょうか?
それとも“まだ、ひと月ある”でしょうか?

私は、「わぁ~、もうひと月しかない!この1年、何やってきたことか!」
と、つい“もう”の方に意識を向けてしまって、大したことが出来てない自分を責めるモードになってしまいます。

けれど、そうして自分を責めてみたところで、そこから何も生み出さないこともよく分かっていますので、どんな小さなことであっても今年取り組んだことを、思い返すようにしています。
自分で自分に声がけする言葉って、大事なんですよね。

言葉は言霊(ことだま)だと言います。
言霊とは、古来から日本で言葉に宿っていると信じられていた不思議な力のことです。
発した言葉どおりの結果を現す力があるとされてきました。(コトバンク参照)

だとしたら普段、何気なく使っている言葉が、どれほど心に影響を及ぼしているか考えてみるに越したことはありません。

素敵な人が、自分に関心を持ってくれているような気がした時、あるいは仕事で新しいチャンスに恵まれそうになった時、
・そんなの無理無理!
・きっと、難しいわ
・どうせ、ダメよね
上手くいかなかった時にガッカリしないための言い訳として、あらかじめ予防線を張ってこんな風に言う場合もありますね。
けれど、そのように口に出していると残念ながら、本当にその通りになってしまいます。
「ほ~ら、やっぱりね。」って、発した言葉どおりの結果です。
これって、自分の可能性を否定しているのと同じですよね。

それよりも、
・ラッキーだわ!
・やるだけのことはやってみよう
・私には出来るはず
まずは、こんなふうに口に出して自分で自分に言い聞かせてみてください。
多少の恐れや不安を感じたとしても、言霊の力を信じてください。

そして、そんなあなたを応援してくれる人にも言って欲しいんです。
自分に対して肯定的な言葉を言えない方は、自信が無くてとても謙虚な方が多いです。

「私になら、きっとできる!」
なんてことを人に言ったら『うぬぼれてる。』とか『いい気になってる。』と思われるような気がして口に出せないんですよね。
でも、「大丈夫、あなたならきっと出来るよ!」と何度も繰り返し応援してもらうことで自分の意識も変わっていきます。

「え~っ、身近にそんなこと話せる人がいません。」
という人はどうぞ、カウンセラーに話してみることをお勧めします。

「何だか、やれるような気がしてきた。」
そう思えたらしめたものです。

元々、つい否定的に言ってしまうのは、単なる思考のクセです。
そんなクセがついてしまったのには、それなりに訳があるのですが、クセに気付けば変えていくことが出来ます。
こういうことは、一人でやるより誰かと一緒に根気よく取り組んで欲しいんですよね。

そして、注意して欲しいのは、【脳は否定形を認識しない】ということです。

どういうことかと言いますと、「〇〇のことを考えないでください。」と言われると、人は余計に〇〇のことを考えてしまうものだからです。
〇〇には、パートナー、仕事、家族、お金、マツコ・デラックス、何でも良いですよ。
当てはめてみると、納得していただけるのではないでしょうか?
私はマツコさんの大きな顔が、目に浮かんで離れなくなりました(^^;)

ですから「私」を主語にして肯定形を使い、しかもすでにそうなっているという意味から、現在形で言うようにしてくださいね。

例をあげてみます。
×私は遅刻しません → 〇私は時間に正確です
×私はお金に困りません → 〇私には自由に使える豊富なお金があります
×私は人に意地悪しません → 〇私は人に優しくしています
×私はダラダラ過ごしません → 〇私は充実した時間を過ごしています

ちょっとしたことですけど、聞いた時の印象はまったく違ってきます。
自分で言った言葉が自分の耳に入って来るのですから、なるだけウキウキするような心地の良い言葉を聞くようにしたいものですね。
その言葉が心にインプットされて行動しやすくなり、自己実現につながっていくことでしょう。

ぜひとも、言霊の力を信じてくださいね。

最後までお読みくださって、ありがとうございました。


佐藤まゆみ


゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆

クリスマスツリー12月8日は蒲谷芳久カウンセラーが初登場。
クリスマスツリー12月15日は吉田ちかカウンセラーの担当になります。
どうぞ、お楽しみに!


宝石赤佐藤まゆみのブログ>>

宝石赤佐藤まゆみのカウンセリングを受けるには>>

宝石赤面談カウンセリング会場案内>>


2017-11-30 12:00:00

褒めたら男は調子に乗って、他の女のところにいくのか?

テーマ:もっとラブラブに


みなさん、こんにちは。
カウンセリングサービスの森川陽介です。

毎週木曜日は「もっとラブラブに」というテーマで、服部希美カウンセラー、やなぎあこカウンセラー、山内惠子カウンセラー、私の4人が交代でお届けしています。

クローバークローバークローバー

カウンセリングをしていて、「どんな心理学系のブログを読んでも、『男性は褒めてあげたら喜ぶ』って書いてあるんです。でも、実際に彼を褒めようとすると抵抗が出てくるというか… 褒めたら調子に乗って、他の女性のところにいってしまう気がするんです。」というご相談をよく伺うことがあります。

「いや、褒めてもそんなことにはなりませんよ」

私がそう伝えると、みなさんお話を聞いて下さるのですが、なんだか納得いかない様子です。

「森川の話、なんか信じられないな〜」

そんな雰囲気がビンビン伝わってきます(笑)

それが私のカウンセラーとしての実力なのかもしれませんが(笑)、どうやら女性のみなさんの心の奥には、「男は褒めたら調子に乗り、他の女性のところにいってしまう」という強い信仰があるようなのです。

果たしてそれは本当でしょうか?

今日のブログでは、「褒めたら男は調子に乗って、他の女性のところにいってしまうのか?」という問いについてお話できたらと思います。

クローバークローバークローバー

まず始めに、「なぜ男性は女性に褒められるとそんなに嬉しいのか?」というお話をしたいと思います。

その答えはシンプルで、男性は女性が思っているより自信がないからです。

「え、あんだけ偉そうなアイツが自信がないなんて、あり得ない!」

そう思う方もいらっしゃるかもしれません。

自信がないと表現すると、自分の意見がないとか、モジモジしているようなイメージがあると思うのですが、その自信のなさとはちょっと違ったりします。

男性の自信のなさとは、「大好きな女性を幸せにできているかどうか自信がない」という意味での自信のなさです。

既婚者の場合、「家族を幸せにできているかどうか自信がない」という意味での自信のなさです。

男性が深層心理で抱えるこの自信のなさを感覚的に理解できるようになると、男性心理はグッと理解しやすくなります。

女性に褒めてもらうと、男性はこんな感覚になったりします。

「オレはこの女性を幸せにできているのかもしれない」

この感覚は、私たち男性に大きな自信を与えてくれます。

だからこそ、男性は女性に褒められるとすごく嬉しい気持ちになります。

クローバークローバークローバー

それでは、今日のテーマのお話に移ります。

「褒めたら男は調子に乗って、他の女性のところにいってしまうのか?」

この問いの答えは、やっぱりNOなんじゃないかなと思います。

大好きな女性から褒められたら、男性は確かに調子に乗ると思います(笑)

「オレは大好きな女性を幸せにしているぞ〜!」

そんな誇らしい気持ちでいっぱいになったりします。

そして、次の段階。

「よ〜し、誇らしい気持ちになったから、他に女を見つけにいくか!」

きっとそうはならないと思うんです。

もちろん、少数のそういう方々はいらっしゃるかもしれませんが。

私が見てきた限り、男性は大好きな女性に認めてもらえていないと感じる時に、自分を認めてくれそうな女性を見つけにいくことが多いように思います。

逆に、男性は大好きな女性に褒めてもらうと、その女性のことをますます好きになっていく傾向があります。

なので、今日のテーマに対する私なりの答えは、「確かに褒められたら男はめちゃくちゃ調子に乗るが、それが原因で浮気をすることはない」ということかなと思います。

女性のみなさん、いかがでしょうか?

なんだろ、ブログを書き終えたのに女性のみなさんの納得できない表情が目に浮かび、何とも言えない気持ちになってきました(笑)

納得できなくても、もちろんいいと思います。

ただ、こんな感じで男女の意識で差があることが理解できるだけで、少しずつ見えてくる世界は変わってくるのかなと思います。

最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました!

来週は、服部希美カウンセラーの登場になります!

クローバークローバークローバー



スペシャルワークショップデー
「恋をするってこんなに楽しい!〜クリスマス直前スペシャル〜」

13:30〜15:30 森川陽介「真実のパートナーを見つけるための3つのステップ〜恋と出会いの心理学を徹底解説!〜」

16:00〜18:00 沼田みえ子「あなたの才能&魅力開花レッスン~素敵なパートナーシップのために~」

18:00〜20:30 大野愛子「恋愛下手はもう卒業!我慢せずに愛されるための2時間レッスン」

日程:2017年12月2日(土)
会場:三田・機械工具会館
交通:JR田町駅より徒歩7分 / 都営浅草線三田駅より徒歩5分 / 
   都営三田線三田駅より徒歩7分

料金:ワークショップ1本につき3,240円
   2本以上参加される場合、割引料金を適用させて頂きます。
   1本 3,240円 2本 5,940円 3本 8,640円
大変ありがたいことに、3講座とも満席になりました。
現在はキャンセル待ちをこちらから受け付けております。

クローバークローバークローバー

心理カウンセラー森川陽介のブログ

カウンセリングを受けるには?

カウンセリング会場のご案内
2017-11-29 12:00:00

活躍したいがその一歩が踏み出せない

テーマ:素敵な愛の育て方

高見綾

 

こんにちはラブラブカウンセリングサービスの高見綾 です。

 

水曜日は「素敵な愛の育て方」というテーマでお届けしています。

東条正貴 、中山塁  と私・高見綾の3人が交替で担当しています。

    

 

私が大好きな自己実現のお話です。


いいところまでは行くけれど、それ止まりになったり
やりたいことがあるのに、いま一歩踏み出せずに、長い間くすぶってしまうことがあります。

 
こうしたとき共通する心理としてわかりやすいのは

・目立つことや突出することが怖い
・自分に自信がない
・人からどう見られるか気になる


つまり、一歩踏み出して、「批判されたり、評価されなかったり、必要とされなかったら」どうしようと怖くなっているわけなのです。


こんな私が、、という気持ちが根底にあれば、
一歩踏み出して批判にさらされる可能性があると思えば、めちゃくちゃ怖いですよね。


何かを発信するのにもとても勇気が要ると思います。

 

 

ところが、物事には必ず両面があります。


この時はネガティブ側の面しか見れていません。


もう片方のポジティブ側の面にも、実は怖れていることが何かあるんです。


それは、何かと言うと


一歩踏み出して活躍したら、批判されるかもしれないけれど、「高く評価されて、必要とされて、賞賛される」可能性もあるということ。


実は、意外なことなんですが、人はこっちの方がめちゃくちゃ怖いんです。

 


    


心理学では、「人は幸せになることが一番怖い」と言われています。


私がそれを聞いた時は全然ピンとこなかったんですよね。


みんな不幸は嫌だし、幸せになりたいに決まってる。と思っていました。


ところが・・・もし


多方面から急に引く手あまたになって、仕事がものすごくうまくいくようになって、むちゃくちゃカッコイイ彼が私の事を大好きだと言ってきて、お金がすごい勢いで入ってきたのに加えて、高額な宝くじが当たったら・・・


身に余るというか、自分の器に入りきらないほどの幸せがワーッとやってきたら、きっと腰が引けてしまうし、運を使ってしまった!と思うかもしれません。今がピークでこらからは下り坂と感じて怖くなると思うんですよね。


以前、私がカウンセリングを受けて癒しを進めていったときに、面白いことに気がつきました。


まず最初は、いい子のふりをしていたんです。


次第に嘘がつけなくなり、いい子の殻がポロっと取れて、悪い子の自分が出てきました。


そしてそんな悪い子の自分でもOKだよねと、認めて受け入れていったら、次に出てきたのは、とても愛に溢れた優しい自分だったんです。


この時が、一番居心地が悪かったです。まだ悪い子の自分を受け入れる方が簡単なんですよね。


正直、愛に溢れた優しい自分を発見した時には、「うわわわ、どうしよう~」というくらいに困惑してバツの悪い思いをしました(笑)


どうやら、心の層というのは、そのようになっていて


私たちは、批判よりも賞賛されて、本当に素晴らしいね!と絶賛されてしまうことが怖いようです。


なぜ怖いのかと言うと、今までの自分が一回死んでしまうからです。


今までの自分とは、私なんて全然大したことないと思っていた、自分が自分に対して持っている自己イメージです。

 


賞賛されてしまったら、自己イメージがガラッと変わってしまいますよね。

 


それはとてもいい変化なのですが、自分が一回死ぬ感覚になるがゆえに、やっぱりめちゃくちゃ怖いものなんです。

 


一歩踏み出して活躍する私になる。

 


そのためには、批判を怖れない自分になることよりも、
私の素晴らしさを受け取る」ことが本質的なテーマになります。

 


ぜひ意識してみてくださいね。

 

 

次回は東条正貴カウンセラー です。

お楽しみにラブラブ

 

    

 

***雑誌掲載のお知らせ***

 

PHPスペシャル10月号9月8日発売

特集「毎日を好きで満たそう!」の中で、「自分を大切にするためのレッスン」というテーマで執筆しました。Amazonで好評発売中>>

 

『ゆずらない力』 高見綾 すばる舎

本の目次・内容はコチラ>> 

Yahoo!ニュースに掲載されました!

無意識の罪悪感が人間関係をおかしくしている!?”他人のために自分を犠牲にしがちな人”からの脱出法

Amazonで好評発売中。詳細は下のバナーをタップ ↓↓

 

 

※※※カウンセリングのご案内※※※

 

名古屋・鶴舞駅すぐのカウンセリングルームにて、対面式のカウンセリングを行っております。11月のご予約受付中です。

 

また、月に1回、東京に出張しています。

12月は2日(土)・3日(日)満席・4日(月)に行きます。

 

カウンセリング予約センター
06-6190-5131

受付時間12:00~20:30
月曜定休(祝日の場合は翌火)

 

宝石赤カウンセリングルームのご案内 
・名古屋ルーム>>

・東京ルーム>>

 

宝石赤高見綾のブログ  
「私が好きな世界を、私がつくる」をモットーに、働く女性が才能や魅力を発揮し、自分らしく輝いていくことをサポートしています。

 

宝石赤高見綾のカウンセリングを受けるには 

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2017-11-28 12:00:00

「嫌われない」のは難しい。ていうか不可能

テーマ:うまくいくコミュニケーション

 

みなさんこんにちは。 カウンセリングサービスの樋掛豪です。
 
火曜日の「うまくいくコミュニケーション」は三枝みきカウンセラー中村きよのカウンセラー吉村ひろえカウンセラーの4人で担当します。
 
 
***

 

 

コミュニケーションの上で、厄介な感情のひとつに「嫌われたくない」という心理があります。
もちろん、誰だって嫌われたくはないので当然の感情なのですが、これにとらわれてしまうと対人関係が大変難しくなってきますし、あんまりこれが強くなると、最終的になにも出来なくなってしまいます。

反対に、嫌われる事がこわくなくなれば、コミュニケーションは全く難しいものではなくなります。「まぁ、嫌われてもいいや」「失敗しても、大丈夫」と思えるわけですから、ずっと気楽に考える事ができるわけですね。

今までの概念を急に変えるのは難しいですが、みなさんの人生をラクにしていくために、「嫌われる」という事に関してちょっと柔軟に考えてみて欲しいと思います。


***


誰だって嫌われるよりは好かれたいと思いますよね。私もできれば嫌われたくはないと思いますし、多くの人がそう感じていると思います。
しかし、当然といえば当然なのですが、どんなに頑張っても、すべての人に好かれるのは不可能です。

人はそれぞれ好みがありますから、「正しい事」とか「優しい事」とか、多くの人が好むような行動を取っていたとしても、100%全員に好かれるというのは不可能なわけですね。
たとえるなら、どんなに人気のあるアイドルや、どんなに名作と言われる映画でも、嫌いと思う人は必ずいる、悪口を言う人は必ず出てくる、というようなものです。

反対に言えば、嫌われ者の芸能人や、つまらないと言われるような作品でも、「私は好きだな」と思う人も必ずいるわけです。

「全員に好かれる事は不可能」「逆に、全員に嫌われるという事もない」という事を、まず前提として覚えておいて欲しいと思います。


そしてこの、「全員に好かれる事は不可能」という現象は、1人の人間に対しても当てはまります。
つまり、「この人の前では、好かれる行動だけしたい」「この人には、少しも嫌われたくない」というのも、不可能という事です。

人間は色々な行動、言動をしますから、ほんの数分ぐらい会話しているだけでも、色々な部分、色々な要素が見えてきます。
そうすると、「この人のこういう所は好き」「この人のこういう所は嫌い」という部分も、それぞれ沢山でてくるわけです。

そういった沢山の要素を合計した時に、プラスの方が多ければ「この人の事は、結構好きだな」となりますし、マイナスが多ければ「この人の事は嫌いだなぁ」となりますが、「全てが好きな要素だった」という事は、ほとんどあり得ない事です。

まぁ例外として、恋愛の初期の段階などでは、恋愛の高揚感で「嫌いな要素も、気にならなくなってしまう」などの現象はありますが、基本的には1人の人間に対しても、好きな要素も嫌いな要素もあって当然な訳です。


しかし、ここで注目して欲しい部分としては、ほとんどの人が「好かれる事」よりも「嫌われない事」に多くの労力を使ってしまう、という事です。
多少嫌われるような事をしてしまっても、それを上回るぐらい「好き」が加算されれば、最終的に「好き」が勝つのですが、大体の人がそうは考えずに、「どうしたら嫌われないか」を優先して考えてしまうようなのです。
そして、「どうしたら嫌われないか」は結局のところ個人差があるので明確な答えはありませんから、結果、「嫌われたくない」と思うと、ほとんど行動ができなくなってしまう、という事が起こりやすいのです。

「多少嫌われたとしても、いくらでも挽回できるから大丈夫!」というぐらいに、ちょっと気楽に考えてみる余裕を持つ事も、コミュニケーションの上で大切だと言えるかもしれません。


***


それにしても、なぜ人はこんなにも「嫌われたくない」と思ってしまうのでしょうか?
これに関しては、「嫌われる」という事と「傷つく」という事が、セットになってしまっている事が多いようです。

人はそれぞれ、心になんらかの痛みがあって、多くは「誰かに嫌われた」という記憶だったり、それが「私が悪いから嫌われた」という風に変換されてしまっている事が、非常に多いようなのです。

「嫌い」という感情は、単なる好みの違いみたいなものなので、誰かに嫌われたとしても、それは「悪い」という事ではありません。
たとえばあなたが「野菜が嫌い」だったとしても、それはあなたにとってそうだっただけで、「野菜が悪いものだ」という事にはならないですよね。
あなたの事が嫌いな人がいたとしても、それは好みの問題で、あなたが悪いわけでは無いですし、そんなあなたの事を好きな人も必ずいるわけです。(さっきの芸能人や映画の話と同様ですね)

ですが、多くの人は「嫌われたのは、私が悪いから」と思ってしまい、心が傷つくので、「嫌われたくない」と思ってしまうようです。
逆に言えば、「嫌われても平気」と思う人は、「嫌われても、そんなに傷つかない人」だという事になりますね。


では、どうにかして「嫌われても傷つかない方法」はないものでしょうか?

ひとつ提案なのですが、「嫌い」という言葉を、「苦手」という言葉に置き換えて考えてもらえないでしょうか。
「あの人は、私の事が嫌いなんだ」と思わずに、「あの人は、私の事が苦手なんだ」と思ってみて欲しいのです。

「嫌い」という言葉は、本来「肉が好き、野菜が嫌い」というように、好みかどうかをあらわす言葉なはずなのですが、人間関係の中では「嫌い」に「悪い」もプラスされて考えられてしまっているようなのです。
特に、それが自分に向けられた感情であると、「私が悪いから、嫌われている」という風に考えてしまいやすいようです。

「苦手」という言葉には、善悪の観念があまり入らないようなので、自分に向けられた感情でも傷つく度合いが少ないです。
「あの人は、私の事が苦手なんだな」「あの人は、こういう言い方は苦手なんだな」「私はあの人に、苦手意識を持たれてるかも知れないな」という風に、できるだけ「嫌われる」という言葉を使わないで考えてみるのは、オススメしたい方法です。


***


人は誰しも好き嫌いがありますから、全員に好かれる事は不可能です。必ず、誰かには嫌われてしまいます。
嫌われる事は残念ながら避けられないですが、「嫌われて、傷つくかどうか」は、私たち自身がある程度決める事ができます。

どうせ誰かには嫌われるわけですから、「嫌われない事」よりも、「好かれる事」に意識を向けられた方が有意義です。
ただ、傷つくのはやっぱりイヤですから、「嫌い」を「苦手」にうまく変換するなどして、傷つかない心を作ってみて下さいね。

 

12月5日は三枝みきカウンセラーが担当いたします。
お楽しみに。


樋掛豪のプロフィールへ

カウンセリングを受けるには?

会場案内