オトナの片想いセラピー

無料説明会

【カウンセリングのご案内】


初回無料電話カウンセリング /電話カウンセリング4回セット(\12,960~)


面談カウンセリング(1h/\10,800~、東京・大阪・名古屋・福岡他)



お問い合わせ・ご予約は、カウンセリング予約センター: 


06-6190-5131まで



センターの営業時間:12:00~20:30(月曜日定休日)



1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-12-05 12:00:00

仕事の見方を変えてみる

テーマ:仕事の心理学
$恋と仕事の心理学@カウンセリングサービス-山根プロフィール


こんにちは。カウンセリングサービスの山根しんいちです。

毎週月曜日に、山田耕治カウンセラーと隔週交代で、「仕事の心理学」をテーマにお届けしています。

今回のテーマは、「仕事の見方を変えてみる」です。

〜〜〜〜〜 〜〜〜〜〜 〜〜〜〜〜


視座を高く持つ。

こんな言葉を聞いたことがありますか。

わたしもつい最近、とあるコミュニティで聞いて、なるほどなと思った言葉です。

わたしがシステム・エンジニアとして関わっているシステム開発のような場所であれば、

わたし<チーム<会社<プロジェクト<ユーザー<社会

といったように、自分から始まって、徐々に大きな枠組みに広がっていきます。このより大きな枠組みの立場に立って物事を眺めてみるということが「視座を高く持つ」ということです。

わたしというレベルで考えると、仕事は楽で早く終わればいいという発想になったりします。
チームというレベルで考えると、チームの成果に貢献できるような仕事ができるといいと考えられます。
会社というレベルで考えると、会社の売り上げに貢献できればいいというふうに考えられます。
プロジェクトというレベルで考えると、プロジェクトの成功に貢献できればいいというふうに考えられます。
ユーザーというレベルで考えると、ユーザーがより楽に仕事をできたり、より効果的に仕事を進められたりすることに貢献できればいいというふうに考えられます。
社会というレベルで考えると、ユーザーの生み出す成果が社会の役に立つのを支えることができるといいというふうに考えられます。

いきなりあまり高くしすぎると、実感のないものになってしまいますが、「わたし」という視座から少し高い視座に立って眺めてみると、物事の見方が変わってきたりします。

実は、この「わたし」というレベルの視座で物事を眺めているのは、あなた自身にとってもしんどいことになってしまいます。

もっと楽をしたい。
あまり仕事をしたくない。

といった欲求が強くなってしまいます。すると仕事を頼まれても、やりたくないという気持ちがまさってしまいます。これはけっこうしんどいですよね。

ここでは、あなたのこころの中にあるエゴというものがフルに活動しています。一見より楽で快適な方へ向かおうとしているように思えるのですが、結果としては苦々しいものが残ったりします。エゴは、あなたのこころの中で「この苦々しいのは○○のせいだ!」というふうにささやきかけてきます。その言葉に乗ってしまうと、あなたの苦しさはさらにひどくなってしまいます。

さて、ひとつ視座を上げて、チームというレベルで考えてみましょう。そこではチームに貢献できるのならという気持ちが出てきます。すると同じ仕事をするのでも、少し違ってきますね。

ここであなたが頑張ってやった仕事がチームの役に立って、感謝されたりすると、ますますやりがいも出てきます。

そうなってくると、わたしたちがけっこう根源的に持っている無価値感というネガティブな感情がそこで癒されたりもします。

すると、ますます仕事をするのも楽しくなってきそうですね。

では、また次回をお楽しみに。

〜〜〜〜〜 〜〜〜〜〜 〜〜〜〜〜

心理学のエッセンスをわかりやすいお話しで綴った大人気シリーズ
心の不思議

◆山根しんいちのプロフィール
◆カウンセリングを受けるには?
◆会場案内
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2016-12-04 12:00:00

【依存・わかってほしい派】&【自立・知られたくない派】…程よい距離感を作るために

テーマ:自分プロデュース

 

みなさんこんにちは、
カウンセリングサービス大みぞなおみ です。

 

毎週日曜、『自分プロデュース』のテーマを
はたのえりカウンセラ
滝尾恵美子カウンセラー
紙谷まみカウンセラ

と4人交代でお届けしていますキラキラ

 

 

今日は心の距離感のお話です。
世の中には自分のことを周りにわかってほしい人と、
あまり知られたくない人がいます。


この二人、「これくらいが丁度よい」と感じる心の距離感が違うのです。
こんな二人がパートナーだったり職場を共にする場合、
トラブルが起こることがあるんですね。

 

わかってほしい派の人は、相手と関わろうと距離を詰めます。
知られたくない派の人はその距離だと安心できないので、
ちょっと離れようとします。

 

これ、わかってほしい派からすると寂しいんですよね。
「心を開いてもらえない」と感じ相手に不満をぶつけたくなるのです。

「なんか寂しい、大切にされてない気がする」…なんていう風に。

 

知られたくない派としたら困惑です。
自分にとっての安全を否定されたように感じるからです。
「自分がおかしいのかな、上手く愛してあげられない」と悩む方もいるし、
「押し付けられて疲れちゃうな」と感じる方もいますね。

 


どっちが悪いわけでもないのですが、こんな風になると、
わかってほしい派は相手に対して依存的になりやすく、
知られたくない派は自立的になり心の殻を閉じがちになります。


わかってほしい派はそれを敏感に察知します。相手が去っていくのでは

ないかと不安を強め、さらに距離を詰めたがります。

 

「昨日は何をしていたの?誰といたの?私のことどう思ってる?」
「今日のあなた、なんか怖い…もしかして怒ってる?」


相手の気持ちを知りたくて質問攻めにしたり、顔色を窺ってしまったり。
イメージとしては相手にくっついて下から顔を見上げる感じでしょうか。

 

知られたくない派はこんなに詰め寄られると苦しい訳です。
ますます表情は硬く、態度もかたくなになっていきます。
こうなると双方かなりしんどいですよね。


パートナー同心の場合、どちらかが我慢して相手の望む距離感に応え、
関係を続けることが多いですが、我慢させている方も罪悪感を抱えることに

なるので、不安や不満ができやすく、なかなか揉め事がなくなりません。

 

職場の人間関係でも、これが大きなストレスになり、
「ランチや仲良しごっこを強要されるのが嫌で、会社やめちゃいました」
なんてお話も伺います。

 

何度も申しますが本当に、どっちが悪いわけでもないのです。
互いの違いを理解し、相手を責めず不安になることなく、

譲りあえたらいいのですが…なかなか難しいものですよね。

 

相手を理解するためのきっかけとして、自分と逆のタイプの特徴を

知っておくのはいかがでしょうか?だいぶトラブルが減ると思います。
下記を読んでみてくださいね。

 


【わかってほしい派の人の特徴】

 

この人があなたにわかってほしい、わかりたいのは好きだからです。
少し寂しがりなので近い関係性を持って安心したいのです。

 

「周りの人も、きっとそう!」と素直に思い込んでいるところがあり、
あなたにも同じ価値観を求めがちかも。
知られたくない派からしたら、ここがちょっと厄介かもしれませんね。

 

実は臆病で自信がないところがあるので、情報をたくさん集めたがって

いたりします。色々知っていると先読みできて安心だし、役に立てるかもしれないし。

そうやってあなたに喜んでほしい、つながりを作りたいと願っているのです。

 

不安なんだな…と見てあげてください。不安がる必要ないよ、と伝え、
安心させてあげられると良いと関係が作れると思います。

 


【知られたくない派の人の特徴】

 

自分の情報をあまり人に話さないのがこのタイプ。
家族や生活、自分の性格、好き嫌いといった趣味嗜好のことなど、
人に知らせる必要は特にないと思っています。

 

知られてもし、否定されたりバカにされるようなことがあったらたまらない、

それを恐れているようなデリケートなところがあります。

 

シャイで自分の感情に疎く、それを他人に読まれることも苦手です。
だからポーカーフェイスで自分を隠しているのですね。

 

本人に悪気はなく、ほぼ無意識にやっているだけで、

あなたが嫌いな訳ではないのです。

 

恥ずかしがりなんだな…と見てあげてください。気長に付き合って
安心してもらえるまで待ってあげられると良いと思います。

 


…いかがでしょうか?
違うタイプの思っていることって結構意外!ではなかったでしょうか。
相手のことを理解できると、見方が変わることもあると思います。

 

過去、あなたが傷ついてしまったことも、相手にとっては悪気がなかった…
双方の距離の取り方、価値観が違っただけ…
そんなことが多々あるのではないかと思うのですが、いかがでしょうか。

 

相手を理解し、互いが望む距離感を探し続けることは大切です。
それが上手くいかず傷ついてきたのなら、なおさら意義のあることです。
自分を理解し歩み寄ろうとしてくれあなたの姿は、相手の心を打つでしょう。

 

歩み寄りを見せてくれたあなたに、相手も応えたいと思うはずです。
そうやって信頼関係が生まれ、程よい距離感ができていくのです。
そんな二人はかけがえのないパートナー、信頼できる仲間になれるでしょう。

 

私も日々取り組み中です。ご一緒に進んでいきましょう。

応援していますアップアップ

 


◆大みぞなおみのブログ    

恋愛や人間関係のこと、自信をつけるためのお話など、

いろいろ書いています音譜

 


◆カウンセリングを受けるには?   

 

電話&面談カウンセリングについて…

初回無料のお試しもあります音譜
 


◆会場案内     
大みぞの面談カウンセリングは東京で行っています音譜


 

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2016-12-03 12:00:00

「怒り」の感情を、勇気に変えて 〜ネガティブな感情の扱い方〜

テーマ:仕事の心理学
嶽きよみ


今日もありがとうございます。嶽きよみ です。
なるみ たかふみ松永浩一三好成子 、と私の4人で土曜日の「イキイキハッピーライフ」をお届けしています。
よろしくお願いいたします。



本日は、「怒り」の感情について書いてみます。

多くの方は「怒り」の感情に対して、悪いイメージを持っていらっしゃるのではないかと思います。

つまり感情の中でも「怒り」は、トップクラスの嫌われ者。
ですから、それを持っている人(つまり怒っている人)が怖かったり、嫌だったり、苦手だったりします。

たいていは、怒りを持っていることは、言わなくても伝わって来ることが多いため、イライラしている人から距離を置いたり、逆に自分の怒りの感情が刺激されて、怒っている人に対してなぜだか腹が立ってきたりもします。

「わ〜!あの人めっちゃ怒りをもってらっしゃる〜♪ すてき〜♪ お友達になりた〜い!!」とは、ならないわけです。

怒り保持者が他人なら、その人から離れてしまえば 自動的に怒りの感情からも遠ざかれますが、自分の中に「怒り」が出てきたときは、かなりやっかいです。

「怒り」を持っている自分が嫌いだし、苦手だし、そんな自分を認めたくない、と 無意識的に感じてしまったりします。
つまり、自分の中に怒りがたくさん持ちながら、自分を好きになることは そうとう難しいのです。



「怒り」が苦手だと思っている人のパターン。

Aさん:出てきそうになっている怒りの感情を、ぎゅーーっと押し込めて我慢する、なかったようにふるまう。

Bさん:怒りの感情が出てきた瞬間に 外に投げ捨てる。垂れ流す。



というのが、典型的な例です。

A さんの場合、最初はそれで「 Aさんって 怒らない穏やかな人よね」、という自分が保てますが、あるときに ”ブチ切れる” という、自分でも驚きの行動に発展し、結果、そういう自分に自己嫌悪し、さらに我慢の力を強めようと決心します。

ただ、それを繰り返すうちに、我慢の限界は どんどん早く来るようになってしまいますし、心の中にたまった「怒り」の感情は、自己攻撃という形で自分に怒りの矛先を向けてしまったりします。



Bさんは、「怒り」の感情を持っている事自体がすごく嫌なので、とにかく早く処理して楽になりたいと思います。「怒り」を持っている事自体に耐えられないため、それを感じたらすぐに 外に投げ捨てるクセがついてしまいます。

それは、一見 すごく合理的で効率がいいように聞こえるかもしれませんが、それを何度も繰り返していると、まわりから人がいなくなってきたり、時には 突然 人から怒りの反撃が帰ってきて、罪悪感もあいまって、逆にまわりの人への「怒り」の感情がより強まっていったりします。



こういうことは、大なり小なり日常的によく起こっているのではないでしょうか。

カウンセリングでも「怒り」をどう処理していいかわからない、もしくは、話すうちに怒りの感情を隠していたことに気づいた、というごことはとても多いので、怒りを昇華させていくワークやエクササイズなどをその都度 お教えしているのですが、

根本的には「怒り という感情自体を 嫌わない」、ということが、私はとても大事だと考えています。

「怒り」を悪者だと考えることで、それを保持している他人にも自分にも、嫌悪感や恐怖を感じてしまうからです。



ということで、今日は、「怒り」が私たちにとって、けっして悪者の側面だけではない、ということをお伝えしたいと思いました。

まず、感情は、怒りも悲しみも喜びも楽しさも、それぞれがエネルギーを持っている、と考えてみてください。

そして、怒りの感情とは、どんなエネルギーかを想像してみてください。

おそらく多くの方が、攻撃、火のような、燃えるような、熱い、マグマのような、なにかそういう強さのあるエネルギーを想像されたのではないでしょうか。


では、あなたが想像した怒りのエネルギーは、どう使われるのが最も素敵な使い方だと考えられるでしょうか?

 
例えば、前進する、やる気を出す、パワーを与える、勝つ、不屈の精神、エネルギッシュ、情熱的に生きる・・・そういう感じでしょうか。

中でも私は、それを「勇気」に変えるのが、もっとも素敵な使い方だと思っています。(おそらくそれは、私が 勇気が足りない臆病なところがあるからかもしれません 笑)



勇気というのは、なかなか出そうと思って出せるものではありません。
なぜなら、それが必要なときは間違いなく「怖れ」がどこかに存在しているときだからです。

そんなときにこそ、「怒り」の感情の助けを借りるときです。

「怖れ」に負けて、逃げたり、見ないふり、気づかないふりをするのか、

それとも、怒りのエネルギーを使って、勇気に変えて前に進むか、のどちらかです。



もし、日常的に怒りがたくさんたまっている方がいたとしたら、その人は相当な勇者ポテンシャルの高い方です。

たとえば、先程のAさんのように、自分の内側に怒りをどんどん押し込めているとしたら、それを自己表現のための勇気に変えることで、Aさんの人生は劇的に変わっていくでしょう。

先程のBさんのように、すぐに自分の内側にある怒りを外に出してしまうやり方を繰り返している人は、誰かのためにそのやり方を使ってみてください。言いたいことを言えない人の代弁者になったり、背中を押す、という、人とつながる勇気に変えてみるのです。
きっと、これまで培われてきた自分の才能に気付き、Bさんの人生もまた大きく変わるのではないかと思います。



男性なら、それは、女性ドキドキしてしまうような 頼りがいのある男気に変わったり、
女性なら、それは、男性がクラっとくるような、やわらかい強さに変わったりするかもしれません。



まずは、こんな感じで 頭の中のデータの上書きをすることがスタートですが、

実際にそれを疑似体験するには、心理セラピーからはじめてみるのが 安全でおすすめです。
基本的には面談カウンセリングになるかと思いますが、やってみると、感覚的な理解が早まることにお気づけいただけるのではないかと思います。

ちなみに、ご予約は大阪予約センター(06−6190−5131)ですが、カウンセリングルームは、福岡・大阪・名古屋・東京・群馬・仙台など、お近くの場所でのカウンセリングが可能です。



2016年の私のアメブロはこれで最後になると思います。今年もたくさんの方に記事を読んでくださりありがとうございました。
あなたの「怒り」との付き合い方が楽になるよう応援しています。

いい週末になりますように

ありがとう



嶽きよみ
2016-12-02 12:00:00

【逃げ恥から学ぶ】人間の普遍的なクセ

テーマ:恋と仕事のライフプロデュース
吉田ちか


皆さまこんにちは♪
カウンセリングサービスの吉田ちかです。

「恋と仕事の心理学」
“恋と仕事のライフプロデュース”と題して

毎週金曜日
佐藤まゆみカウンセラー大塚亘カウンセラーと、私、吉田ちかの3人でお届けしています。



゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚


最近話題のドラマ
「逃げるは恥だが役に立つ」
をご存知でしょうか?

家事を仕事とみなしお給料が発生する【契約結婚】をした男女の物語。
仕事をしたいけど派遣切りされてしまったみくりさんと
プロの独身を貫き恋や結婚は排除してきた平匡さんの二人が織りなす
ムズキュン恋の矢ラブストーリーなんですね。

二人がしだいに惹かれあっていき
くっつくの?くっつかないの?もう!
と毎回視聴者は悶絶してしまう時間になっています(笑)


恋愛ドラマといえば、主な視聴者は女性だったのですが
このドラマは男女ともに夢中になっているようですね。
なぜかというと
男性が平匡さんに感情移入できるからなんです。
平匡役に自分を投影できるから身近に感じるようなんですね。

そんな大ヒットドラマなんですが

実は二人の恋の行方以外にも
心理的にとてもよく描かれている要素があって
その描写もていねいに扱われているんです。
心理を学んだ私からしても勉強になるなぁと感心して観てしまう。


今回はそれをシェアして
皆さんの生活に取り入れていただきたいなぁ
と思い、こうして記事にすることに決めました。


ひらめき電球逃げ恥では恋愛以外に何を描いているのか?

・勝手にレッテルを貼ってしまう人間のクセ
・親密感や絆を作るための極意

この二つは本当によく描かれています。


そこで今日は一つ目の
勝手にレッテルを貼ってしまう人間のクセ
について深めていきましょうよという提案です^^


逃げ恥では主人公の二人以外に
・イケメンの風見さん
・ゲイの沼田さん
・独身バリキャリの百合ちゃん
・帰国子女の柚ちゃん
が登場人物として出てきます。

そしてそれぞれの苦悩も描かれているんですね。

風見さんはイケメンというだけで敵視されてしまう苦悩
百合ちゃんは華やかでできる女性に見られてしまう苦悩
沼田さんはゲイだから同性から距離をとられる苦悩
柚ちゃんは帰国子女なので日本語が下手でそれを隠す苦悩

これらはすべて
他の人が勝手に貼るレッテルに苦しんでいるんです


例えば風見さんの場合
容姿は生まれ持ったものですよね
なのに周りの人は

イケメン→ 遊び人なんだ とか
イケメン→ 女の敵 とか
イケメン→ 私には釣り合わない だとか
イケメン→ あなたにはこの気持ちわからないでしょ とか

風見さんは何もしていないのにそれぞれが持つ
「イケメン像」=思い込みを向けられてしまうんですね。

この思い込みのことを、レッテル偏見と言います。


第7話にこんなシーンがありました。
平匡、風見、日野が会社でランチ中に沼田(ゲイ)さんの話題になります

平匡 「沼田さんって鋭い人だと思っていました。男目線と女目線の両方を持っているというか・」
風見 「ゲイだからどうこうではなくて、沼田さんは単に沼田さんなんです」
日野 「あれは、沼田っていう生き物だ」
平匡 「自分が決めつけられるのは嫌な癖に、どうして人は偏見を持ってしまうんでしょう」


平匡さんは妻みくりに詮索され決めつけられることに拒否反応を示したことがあります。
にもかかわらず
自分もゲイの沼田さんに勝手に偏見を持っていると気付いたんですね。


このドラマでは主人公の恋愛とは別に
このようなレッテルや偏見のテーマがずっと流れているんです。


そして一番興味深いのは視聴者の反応でした。

第8話で
みくりが平匡さんをハグしてそれ以上の関係に発展させようとした時
平匡さんは「ごめんなさい。ムリです」と断り、次回に続くという流れでした。

その視聴者の感想が

・男ならそこは断るな!
・据え膳食わぬは男の恥!
・女から誘うのは勇気ある!
・みくりの気持ちを考えてあげて~
・女に恥をかかせるなんて!

こんなコメントが吹き荒れていたわけなんです。

視聴者も知らず知らずのうちに
「オトコとは」「オンナとは」のレッテルを貼っているので
いろいろな思いを抱くようなんですね。


このドラマで描かれているように
人間は無意識にレッテルを貼るようなんです。
そして
そのレッテルや偏見に悩んでいる人も大勢いるみたいです。

ただ
レッテルを貼るのが間違っているとか
偏見を持ってしまう人間はダメですよ
と思わないように注意が必要ですよ。
それこそ
「偏見を持っている人だからアカンやつ」
という二重レッテルを貼ることになっちゃうので強化してますからね



そうではなくて
自分も人間だから無意識に人にレッテルを貼っているかもな

意識しているかどうかが大切なんです。
それだけで
悩みが軽減されたり、レッテルをはがしてみたり
と、次のステップが見えてくるんです。

かくいう私も
たくさんの偏見を持って生きています。
それを自分自身が知っているから
”出来るだけ純粋に見よう”という意欲が湧くんですね☆


母親なら 父親なら 家族なら
上司なら 先輩なら 後輩なら
彼氏なら 彼女なら 夫なら  妻なら
男なら  女なら  

これらのレッテルは誰しもが持っていますよね?
そのレッテルがもういらないと思ったとき
べリべりとはがすのもお勧めですよ^^


身近な人に対するレッテルを剥がすとき
剥がした下にはあなたの悲しみや傷があるかもしれませんあせる
そんな時は
遠慮なく私たちカウンセラーに相談してください。
一緒に癒えるまでお付き合いしますからねクローバー



゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚


いかがでしたか?

「逃げ恥」を毎週見ている人は
二人の恋の行方も楽しみつつ
偏見やレッテルに注目して観てみてくださいね^^

もしかしたら
他の出演者に感情移入できて
観ているだけで癒されちゃうかもしれませんよ


今回も
最後まで読んでいただいてありがとうございました♪

それではまた。


来週の“恋と仕事のライフプロデュース”は
12月9日 佐藤まゆみカウンセラーがお届けします。
来週もぜひお楽しみに(*^ー^)ノ



かたつむり吉田のプロフィールはコチラ

かたつむり吉田ちかのブログはコチラ

ベルカウンセリングを受けるには?

ベル会場案内

UFO吉田の出没情報

12月3日(土)原裕輝トレーナーによる
『癒やしの1DAYワークショップ~再誕生~』in 名古屋にゲストカウンセラーとして参加させていただきます


場所:名古屋駅ウィンク愛知1009号室
時間:10:00~20:00
料金:¥21,600(税込)

1DAYワークショップの詳しい案内はコチラをご覧ください
お申込みはコチラからできます


●1DAYワークショップとは
通常の2時間/4時間ワークショップとは異なり、面談カウンセリングで培った癒しの手法を取り入れたグループによるワークショップ(グループセラピー)です。
心理学の見方を学んだり、気付きや発見を得るだけでなく、1日じっくり時間をかけながら自分自身の内面を見つめ、心を解放し、癒しを目的とした時間です。
個人カウンセリングとはまた一味違うセラピーを体験したい方、グループによるより深い癒しや繋がりを築きたい方にお勧めです。

◎こんな方に特にオススメ!!
・今解決したい問題がある方!・自分をもっと掘り下げて知りたい方
・慢性的になってしまっている問題を癒したい方・今の人間関係を深く見つめたい方
・自分のパターンを知りたい・変えたい方・人との繋がりや温かさを実感したい方
・人間関係で自信を取り戻したい方・新しい目標やヴィジョンを手に入れたい方
・今のライフスタイルをイキイキしたものにしたい方・更に癒やしを進めたいと思っている方

皆さまとお会いできるのを楽しみにしています^^
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2016-12-01 12:00:00

なかなかプロポーズをしてこない男性心理

テーマ:もっとラブラブに

 

みなさん、こんにちは。

カウンセリングサービスの森川陽介です。

 

毎週木曜日は、「もっとラブラブに」というテーマで、

服部希美やなぎあこ山内惠子、私の4人が交代でお届けしています。

 

クローバークローバークローバー

 

カウンセリングをしていて、「彼と長年つきあっているのですが、なかなか彼

がプロポーズをしてきてくれません…」というご相談を伺うことがあります。

 

今日のブログでは、なかなかプロポーズをしてこない男性心理についてのお話

をしながら、そんな彼とどのようにつきあっていけばいいのかというお話をで

きたらいいなと思います。

 

クローバークローバークローバー

 

少し想像してみて下さい。

 

あなたにはつきあって3年の彼がいます。

 

毎週末に彼の家にお泊まりしたり、一緒にデートに出かけたりすることは、あ

なたにとって最高に幸せな時間です。

 

彼とは時々ケンカをしてしまいますが、性格はすごく合うと思っています。

 

あなたは彼に大きな不満はありませんが、1つ気になることがあります。

 

それは、彼が2人の将来に対して何も言及しないことです。

 

「彼は私と本当に結婚しようとしているのかな?」

「でも、こっちから結婚を迫るのもなんか違う気がするし…」

 

あなたの心の中には、そんなモヤモヤした気持ちがあります。

 

言いたい言葉を何度も飲み込んでいくうちに、あなたは彼の何気ない仕草にイ

ライラしたりするようになりました。

 

ある日、些細なことから始まった口論の最中に、あなたは怒りにまかせて、つ

い言いたくないことを言ってしまいました。

 

「あのさ、前から思ってたんだけど、2人の将来のことどう思ってんの!」

 

突然あなたにそう言われた彼は、何も言わず申し訳なさそうな表情をしていま

した。

 

しばらくの沈黙の後、彼はおもむろに言いました。

 

「今のままで不自由はないから、急いで結婚とかしなくてもいいんじゃないか

な」

 

それを聞いたあなたは、心の底から彼にがっかりした気持ちになりました。

 

あなたは、今後彼とどのようにつきあっていきますか?

 

クローバークローバークローバー

 

プロポーズをしたがらない男性たちは、私の周りにもたくさんいます。

 

そんな彼らに、「なんでプロポーズをしないの?」という質問をすると、明確

な答えがなかったりします。

 

「なんとなく、今のままで不自由はないから」

「いつでも、結婚はできると思うから」

 

そういう答えがよく返ってきます。

 

「心理学的に、そんな彼らは結婚に対する責任感が人一倍強いんです」という

お話をしたら、みなさんは信じることができますでしょうか。

 

結婚とは、多くの男性にとって、「責任を持って彼女を一生幸せにすること」

であったりします。

 

また、「将来生まれてくる子供の分の人生も含めて、責任を持って幸せにする

こと」であったりもします。

 

そのため、多かれ少なかれ男性は、結婚について考えると、心の奥底でプレッ

シャーを感じる傾向があるようです。

 

「自分は本当に彼女を幸せにできるのか」

「自分の収入は充分なのか」

「自分は彼女とって自慢の夫になれるのか」

 

もしかしたら、男性はそんな言葉にできないような不安を抱えているのかもし

れません。

 

「彼女を幸せにしたいと思えば思うほど、こんな自分ではダメだと思い、なか

なかプロポーズに踏み切れない」という男性は意外に多いのです。

 

クローバークローバークローバー

 

では、そんな彼らとどのようにつきあっていったらいいのでしょうか。

 

具体的には、「あなたは私といたら幸せになれるよ♡」というちょっと上

から目線な態度は、結構有効だったりします。

 

実は、私自身、妻と結婚するまでに7年近くかかったビビリ君でした(笑)

 

20代の私はプロの写真家として活動していましたが、収入はとても不安定で

した。

 

その頃に私が心の奥底で感じていたことは、「今の自分では、彼女を幸せにで

きないだろうな」という感情でした。

 

ある日、2人の将来についての話をしていた時のことです。

 

「オレの稼ぎは不安定だし、この先どうなるかわかんないしな…」と、私は言

いました。

 

それを聞いた妻は、私に向かって自信満々に言いました。

 

「そんなの大丈夫だよ、なんとかなるよ」

 

私は今でも、その時の彼女の余裕の表情を覚えています。

 

私は彼女の言葉に対して、「そうかな~」と何気なく答えましたが、心の中で

は、「ねーさん、ついていきます!」という気持ちになりました(笑)

 

そして、そのことが、「彼女と結婚しよう」と決意できた大きな要因だったと

思います。

 

私の仲の良い男友達も、結婚に迷っていた時、「私といたらきっと成功できる

よ♡」と言われて、結婚を決めたというエピソードもあります。

 

男性がなかなかプロポーズしてこない時には、あなたがリーダーシップをとっ

て、2人の幸せな未来を信じ抜いてあげることが大切になってくるのかもしれ

ませんね。

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。

 

来週は、服部希美カウンセラーの担当になります!

 

クローバークローバークローバー

 

心理カウンセラー森川陽介のブログ

 

カウンセリングを受けるには?

 

カウンセリング会場のご案内

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>