オトナの片想いセラピー

無料説明会

【カウンセリングのご案内】


初回無料電話カウンセリング /電話カウンセリング4回セット(\12,960~)


面談カウンセリング(1h/\10,800~、東京・大阪・名古屋・福岡他)




お問い合わせ・ご予約は、カウンセリング予約センター: 06-6190-5131 06-6190-5131 または 06-6190-5613 06-6190-5613まで


センターの営業時間:12:00~20:30(月曜日定休日)



1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-08-24 12:00:00

彼との距離が縮まるのが怖い。

テーマ:素敵な愛の育て方

 

高見綾

 

こんにちはラブラブカウンセリングサービスの高見綾 です。

 

水曜日は「素敵な愛の育て方」というテーマでお届けしています。

東条正貴 中山塁  と私・高見綾の3人が交替で担当しています。

    

まずは最初にイベントのご案内です。

いよいよ今週末に迫ってまいりました!

【カウンセリングサービス名古屋感謝祭2016】

講演します!

11:10-11:40「自分に正直に生きる~わたしを幸せにしてあげるという視点~」(←詳細はクリック)

2016名古屋感謝祭


「名古屋地区のカウンセラーが大集合★」
講演会・ミニカウンセリング・クイズ大会他、イベント盛りだくさんな一日をあなたに!

<名古屋・カウンセリングサービス感謝祭!>
・日時:2016年8月28日(日)10:00~19:30 ※開場/受付は9:30より開始。
・会場:名駅・ウインクあいち9F
・料金:3240円 (出入り自由のフリーパス制)

◇名古屋感謝祭の詳細は
  >PC版のご案内  >スマホ版のご案内
◆Facebookでも「感謝祭情報」を発信中!
「名古屋感謝祭2016」(Facebook)は >>>コチラ

 

    

 

ここ最近は、「親密感への恐れ」についてのご相談が多くなっています。

 

彼と親密な関係を築きたいと思っていても、いざ心の距離が近くなってくるとどうしていいかわからなくなって、自分ではそんなつもりはないのに無意識のうちに壁を作ってしまったり、相手との間に一定の距離を保とうとします。

 

相手との間に距離を置こうとするというのも、自分にとっては心の安心を得るための行為なんですね。

 

親密感を感じるときというのは、相手との心の距離が近くなりますので、良い面もあれば、反対に相手の感情の影響を強く受けて心が乱されることもあります。もちろん嫌われたり傷つく可能性も増えますよね。

 

もし、過去に思うように親しくなれなかった経験があったり、失恋などで深く傷つく経験をしていると、やはり親密になるのはとても怖いと感じてしまうと思います。

 

また、距離が近くなるということは、自分の内面が彼に知られてしまうことでもあります。

 

自分を全部知ってもらって受け入れてもらえると、ものすごく安心感を感じられるのですが、そこに行き着くまでは抵抗が生まれやすくなります。

 

特に、自分の内面で、ここはダメだなと思うようなところがあると、バレたら嫌われるんじゃないかと怖くなってしまうんですね。

 

大きな失恋をすると、自分の人格そのものや、価値そのものが崩壊したように感じることがあると思いますが、そこで「わたしがダメだったんだ」と自分をひどく責めてしまうと、どうしても彼との関係性において対等だという意識が薄くなります。

 

対等さがなくなると、つい我慢して相手の言うことを聞いてしまったり、本当は聞きたいのに聞けないことが出てきたり、力関係のバランスが悪くなります。

 

そんな葛藤を感じながらも、この人なら・・・と思って出会った彼ですから、普段から人との距離が遠い人にとっては、とても貴重な相手です。すると、この関係を失いたくないという気持ちが強く出てきて、自分の意見を主張することがしずらくなりますよね。

 

    

 

もし彼があなたと同じように、自分のダメな部分を見せたくなくてあなたから距離を置いていたら、どう感じるでしょうか?彼との間に壁を感じて自分がこれ以上入ってはいけない感じがして寂しくなってきそうですね。

 

成熟した男女であれば、無条件にではないかもしれませんが、相手がダメだと思っている部分を受け入れてあげたい・愛してあげたいと思うものです。

 

男性は好きな人の役に立ちたいと思うものなので、あなたが壁を作っていたら、彼が役に立てるところを無くしてしまいます。自分が受け入れられていないと感じてしまうかもしれません。

 

でも本当はそうしたいわけではないんですよね。お互いに好きだという気持ちがあるのなら、そういったすれ違いはとても切ないことです。

 

心の距離を縮めていくためには、大切にしてもらえなかった・愛されなかったという過去の傷を癒し、自己肯定感をUPしていくことが必要です。

 

大切にしてもらえなかった・愛されなかったということがあったとしても、あなたが悪いわけではありませんし、あなたに価値がないわけでもありません。相手には相手の事情があったのかもしれません。

 

自分に自信がないとか、怖がりな自分がカッコ悪いとか、辛くても笑ってしまう自分がしんどいとか、いろいろとあるでしょうか、自分を責める気持ちを手放して、そんな自分をまるごと認めていってあげましょう。どんな面があってもそれが今のあなたです。今の自分をできるだけ愛してあげましょうね

 

次回は東条正貴カウンセラー です。

お楽しみにラブラブ

 

 

宝石赤高見綾のブログ  
  楽しみながら人生を創りたい方へ

  自己変革と人間関係の改善を得意としています。

 

宝石赤高見綾のカウンセリングを受けるには 
  月水金・土日は、名古屋・鶴舞駅にて面談カウンセリングを行っています☆

宝石赤
カウンセリングルームのご案内 
  名古屋・鶴舞駅すぐ!


宝石赤名古屋ブログ
  
毎日が元気になる・ハッピーメッセージ&心理学コラムを執筆中。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2016-08-23 12:00:00

コミュニケーションを格段にスムーズにする方法。相手を理解し、ラポールを築く。

テーマ:うまくいくコミュニケーション
小倉健太郎
カウンセリングサービスの小倉健太郎です。

火曜日の「うまくいくコミュニケーション」は鈴木美穂カウンセラー樋掛豪カウンセラー吉村ひろえカウンセラーの4人で担当しています。

****

「夫婦で会話がない。どうコミュニケーションをしていいのかわからない。」

「職場で上司(部下)に言いたいことを言えない。」

など、コミュニケーションの問題があるという事は、その人との間に、人間関係の問題があるという事を表しています。

私達は、非常に仲の良い親友同士など、人間関係が良好な間柄でコミュニケーションの問題を持ったりはしません。

なぜなら、もし何でも言い合え、相手の言う事を何でも受け入れられたなら、そこにコミュニケーションの問題は存在しないからです。

つまり、コミュニケーションの問題を解決したければ、それはすなわち、人間関係を改善するのが、解決策になってくるという事です。

では、もし人間関係改善が、コミュニケーションの問題の解決策だとしたら、人間関係改善には、一体どんな事をしていけばいいのでしょう?

ひとつは、「ラポールの形成」という事があげられるでしょう。

ラポールというのは、相手に対しての、「共感に関する信頼」です。

人は誰かと話をする際、「相手は自分の話に対して、批判せず、共感してくれるぞ。」という信頼があってこそ、何でも話せて、心を開くことが出来ます。

それは、別の言い方をすれば、自分を理解してくれている度合い、受け入れてもらえている度合いが強いほど、コミュニケーションがスムーズになると言ってもいいかもしれません。

つまり、人間関係改善に必要なのは、相手への理解という事です。

最近、TV番組のクレージージャーニーにも出演したことから一躍有名となった、写真家のヨシダナギさんという方がいらっしゃいます。

この方のやっている事は、まさにこのラポールの形成だと言えると思いますのでここで紹介致しますと、

この方は、小さい頃からずっと憧れていて、尊敬していたアフリカのマサイ族の写真を撮影したくて現地に行ったそうなのですが、

その時、彼らがあまりにも写真慣れしていて、あまりにもビジネスライクな態度だった事に大変ショックを受けたそうです。

しかしながら、どうにかして彼らのイキイキした写真が撮りたくで、思い切って彼らと同じように裸になることで、彼らの心を開くことに成功し、望んでいた本当にイキイキした写真がとれるようになったという事です。

このように、コミュニケーションとは、必ずしも言葉によってなされるのではなく、あくまでも、相手を尊敬し、理解していくという事が大切といえます。

もし、今誰かとの間にコミュニケーションの問題があるとすれば、その人に対して、何か批判的な気持ちがないか、チェックしてみましょう。

そして、もしもその人とのコミュニケーションを改善したいのであれば、どんな言葉を言えばいいかを考える前に、相手の立場を理解し、「ラポールを築く」という事を意識してみてはいかがでしょう?

もし、ラポールを築くのに何をしたらいいのかわからないのであれば、写真家ヨシダナギさんのように、相手と同じ事をしてみるというのが大変お勧めです。

もしかしたら、新たな世界を開く第一歩にもなるかもしれませんね。

次回の私の担当は、2016年9月20日(火)になります。

来週、8月30日(火)の「うまくいくコミュニケーション」は、吉村ひろえカウンセラーです。

どうぞ、お楽しみに♪

小倉健太郎のブログ
心理学やカウンセリングに関する事から、くだらない事まで。いろいろ書いてます。

カウンセリングを受けるには?
一回カウンセリングというものを受けてみたいと思われたらこちらから。

カウンセリングルームのご案内
名古屋のカウンセリングルームは鶴舞にあります。

名古屋ブログ
名古屋のカウンセラーがあれこれ書いています。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2016-08-22 12:00:00

そういうご縁だったんだなあ2~SHBPのために3~

テーマ:仕事の心理学

こんにちは。カウンセリングサービスの山田耕治(やまだこうじ)です。
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
月曜日は、「仕事の心理学」をテーマに、山根しんいちカウンセラーと
隔週ごとにお届けしています。
今年も山田担当の仕事の心理学は、「強いハートを目指すビジネスパーソンのために(今年は勝手にSHBPと呼ぶことにしました。)」をテーマに、3年目、「3」として、小手先のテクニックを超えて、自らの心の根っこから強くなることをめざします。
 

リオ・オリンピックも終わりました。ものすごく心が動いたオリンピックだったなと思います。

中でも私が一番驚嘆したのは陸上400Mリレー。それから、一番気になる人物を一人選べと言われたら私はシンクロの井村ヘッドコーチです。

この感嘆の思いはしばらく続きそうですよね。

 

さあ、次は私たちの番!とそれぞれの持ち場に熱い思いをもって取り組んでまいりましょう。まずは前回の振り返りからです。


| 前回の振り返り
ここしばらく「ご縁」をテーマにしています。

 

前回は、「そういうご縁だったんだなあ」でしたね。

 

ネガティブな出来事に対し、すぐに無理やり、意味づけしたり、納得させようとしたり、なかったことにしたりするよりも、
「そういうご縁だったんだなあ」で対処しておくことをおススメしました。

 

心理学は自分に使って、なんぼです。自分に使ってこそ、その価値が出ます。
 

前回、コメントいただいた2人の方、記事を見てカウンセリングに来ていただいた方、実践していただき、ありがとうございました。
 

「今までは無理に納得しようとしてもまったく無理だったのに、なぜか、確かにすっきりした気がします。なぜか効きます。」と自らの実践を振り返っていただきました。

 

そうなんです。不思議ですよね。
素晴らしいリーダーシップ、ありがとうございました。

 

| 「そういうご縁だったんだなあ」とは

さて、今日はその次のステップについての提案です。
 

「そういうご縁がどういうご縁だったか、説明したり、整理したりしなくていいのですか?」

「はい、今は必要ありません。」

 

そんな自由とか、解放とか、を感じた緩んだ段階で、そういうご縁が、

自分にとってどういうご縁だったか、を振り返ることがよいと思います。
 

と前回、お伝えしました。

 

まずは、「そういうご縁だったんだなあ」という言葉についてもう少し深く考えてみましょう。

 

「そういうご縁だったんだなあ」とは一言でいうと何の言葉だと言えるでしょうか?

 

私は「受容」の言葉だと思うのです。

では、そのままを受け入れるという受容なく、無理やり納得や理解しようとすることは何でしょうか?

 

それは抵抗だと思います。抵抗は、傷ついた自分を守ろうとするものだと思いますが、逆に心の痛みを大きくし、さらなる強固な抵抗を生んでいくことになるように思うのです。
だから、無理やり納得させようとしても、無理なのだと思います。

 

ネガティブな出来事として、被害者の位置に立ってしまった私たちや、敗北してしまったと思う私たちがいます。

 

「そういうご縁だったんだなあ」という言葉は、そんな私たちを、もう一度、
何かを受け取ることのできる位置に誘ってくれる不思議な、そしてありがたい言葉なんだと思うのです。

 

いいも悪いも、受容、受け入れることによってのみ、状況を変えていくことができる。

ご縁とは受容の言葉であり、「そういうご縁だったんだなあ」は、とどまっている私たちを、前に進めてくれる、前進のための言葉なんだと思うのです。

 

その言葉で、前に進んだ私たちがいます。
そんな前に進んだ私たちが出現したところで、

次のステップとして、
私たちがネガティブな出来事として感じた出来事を深く掘り下げてみることをおススメしたいわけです。


前に進んだ私たちだからこそ、そこに何か大切なものを見つけたり、意味づけたり、新たな理解ができるのだと思うのです。


「そういうご縁だったんだなあ」は、そんな私たちに前進させてくれる受容の言葉なんだと思います。
受容の言葉といえば、英語では「レット・イット・ビー」。
ビートルズの名曲を「そういうご縁だったんだなあ」と歌ってみるのもおススメです。(長すぎて歌えませんね。冗談です。)

 

| 最後にもう一つ

今日は次のステップとして、具体的にネガティブな出来事を振り返るとことをお伝えしましたが、もう一つお伝えしたいことがあります。

それは、たとえたくさんのネガティブな出来事があったとしても、その振り返りは1つだけ取り組んでいただけれ十分なのではないかと思うのです。

残りの過去のネガティブは「以下同文ぐらい」の勢いでいいのではないでしょうか?
一つの過去のネガティブがネガティブでなくなった時、それをすべての過去のネガティブに投影させるのです。
そして、これから起こる未来のネガティブにもそれを投影します。

一つのネガティブがネガティブでなくなった時、すべてのネガティブがネガティブでなくなります。

そして、大切なのは過去よりも、今。そして未来。
ネガティブがあっても、ネガティブでなくなることにできる私たちが登場することで、今、そして未来を、自信をもって生きることができると思うのです。

 

「強いハートを目指すビジネスパーソン」は今、そして未来を生きる!

そのためのキーワードが「ご縁」だと思います。
 

みなさんとのご縁に感謝です。
本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
******************
私が心理カウンセラーとして目指していること、
それは「ハートを強くする」カウンセリングです。
実社会へしっかり繋いでいくことのできるカウンセリングを提供したいと考えています。ご連絡お待ちしております。

山田耕治のプロフィールへ
◆山田のカウンセリングを受けるには
◆カウンセリング場所

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2016-08-21 12:00:00

日曜の夜が憂鬱なあなたに ~身近な喜びにフォーカスする~

テーマ:自分プロデュース

滝尾恵美子

こんにちは。カウンセリングサービスの滝尾恵美子です。
毎週日曜日は「自分プロデュース」というテーマで、 あきやまともみカウンセラー、大みぞなおみカウンセラーと 交代でお届けしています。

 

※9月よりあきやまカウンセラーが休会のため担当者が変更します。二週目をはたのえりカウンセラー、四週目を紙谷まみカウンセラーが担当します。新たな執筆陣共々よろしくお願いします。


虹  虹  虹


女友達とおしゃべりしていた時のこと。
「サザエさんのテーマソングを聴くと、月曜からの仕事を思い出してブルーになる人はけっこう多い」という話になりまして。


そのとき友人がこう言いました。
「私じつは、サザエさんの歌でブルーになったことがこれまで一度もないんだよね。
むしろ、あの歌が聞こえると“あと6時間は飲める~!”って思って嬉しくなるんだよね。ほら、私って酒飲みだから。」と。

 

いいなぁ、なんて楽しそうな日曜の夜!!ドキドキ

彼女は喜びを感じやすいお得なタイプだなぁ、素晴らしいなぁ、と感じました。

心理カウンセラーしていると、こういう人を発見すると感動してしまいます(笑)。

 

彼女が楽しそうなのは「元々そういう性格だから」ではありません。

彼女の心の持ち方には、ある大きな特徴があるのです。
「今ここにある幸せ」にしっかりフォーカスできているんですよね。
明日の仕事の憂鬱にフォーカスする代わりに、今ある喜びにフォーカスできているんです。意識的にか無意識かはわかりませんが・・・。


「フォーカスしたものが拡大する」という心の法則があります。
今ここにある喜びに目が向けるとそこから幸せがどんどん拡大していくのです。
逆もしかりです。
私達が見ている世界は、私達がフォーカスしているもので成り立っているからです。

つまり、「これを見よう」とフォーカスしてないものは全く見えなくなってしまうというわけです。
私達がいかに人生をエンジョイできるかどうかは、何にフォーカスしているかで全く違ってくるようです。


同じ日曜の夜を過ごすにしても、喜びにフォーカスして嬉しい気分で過ごすか、憂鬱にフォーカスするかでは、ずいぶんと違いが生まれますよね。


一日でなく人生全体のレベルであれば、さらに大きな違いになりますよね。
もしすべての日曜の夜を憂鬱な気分で過ごしてしまったら・・・いったいどれだけの膨大な時間が憂鬱になってしまうでしょう。ちょっと怖くなりますね。

 

「でも私は超ネガティブだから変えるのは難しいかも。」と思ってしまった方。

例え生まれつきの性質が多少ネガティブであっても、今あなたが受け取ることのできる喜びの量にはいっさい影響をもたらしません。ご安心くださいね。


もともとネガティブ思考が強いタイプの人は、ポジティブな人の思考回路を意識的に取り入れることで、喜びを感じやすい心を後天的に獲得できるんです。
これは「モデリング」と呼ばれる手法です。


モデリングは以下のように進めるのがお勧めです。
こうなりたいなと思う人がいたら、その人をまずは観察。
その人がどんな信念を持っているか、どんな時にどんな考え方をしているか、どんな振舞いをしているか、徹底的に観察します。それだけでもずいぶん気づきが得られるはずです。
そして次に、その人に「なりきって」過ごしてみます。あの人ならここでどう振舞うだろう?どう考えるだろう?というのがベースです。
こうするだけで、あなたは普段のあなたを十分抜け出すことができるんです。
最初はうまくいかなくても構いません。こうやって一連のモデリングを繰り返していくと、新しい思考回路がだんだんと定着していき、行動も変わっていくのですよ。
なかなかあなどれない人間の潜在意識パワーのなせる業です。


いつも楽しく過ごしている人は「今ここにある幸せ」にフォーカスすることが上手ですから、自分も楽しく過ごしたいな~と思う方は、まずはこの部分をモデリングしてみましょう。


まずは手始めとして。
このブログがUPされた今日は日曜ですから、早速今夜から始めてみますか?(^^)
今夜、あなたが楽しめそうなことは何がありますか?
好きな音楽を用意しておく?
とっておきのお酒を買っておく?
いつもより贅沢な入浴剤を使ってみる?
ちょっと考えてみるだけでもいろいろアイデアが広がりそうですね!
楽しい日曜の夜をお過ごしください!

 

虹  虹  虹

滝尾恵美子のブログはこちら

子供の頃から自信がなく、人の目に怯え、生きにくさを何とかしたいと探し求める中で出会った心理学の世界。私の自己回復プロセスも交えて、生きにくい人生を根本的に変えるヒントをお伝えしています♪


カウンセリングを受けるには?

カウンセリング会場のご案内

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2016-08-20 12:00:00

オリンピックでの言葉

テーマ:イキイキハッピーライフ


narumi



いつもありがとうございます。なるみ たかふみ 、です。
松永浩一 三好成子 嶽きよみ と僕の4人で土曜日の

「イキイキハッピーライフ」をお届けいたします。よろしくお願いいたします。


ちょうど、今の時期はオリンピックをみて寝不足になってはいなでしょうか。
特に、今回のリオオリンピックはここ最近のオリンピックの中でもメダルの数
も多い方だと思います。


その中でも、最近コメントがかわったと感じるじことが


「試合を楽しみました」


「全力を出し切ったので悔いはないです」


などのコメントを聞く機会が昔より多く思います。


昔なら


「応援してもらったのに勝てなくて申し訳ない」


と謝るコメントの方が耳に残っています。


この違いはいったいどういうことなのかなと考えるとシンプルにこんな

考えが出てきました。


「自己表現をしてもいい土壌が出来てきた」


昔の日本はどちらかというと自分の感情を素直に出すことが憚れる

空気感が満載だったのが


今は


「自分を表現する」


ということが社会全体で受け入れらて来ていると思います。


その結果、試合で負けても自分が納得できていれば


「試合を楽しみました」 


とか


「全力で出し切ったので悔いはないです」



というコメントに繋がっているのではないでしょうか。


でもこのコメントが言えるということは、

その選手が自分の限界を超える以上の練習を毎日して、

これ以上はもうできない、やりきったと感じているから言える言葉だと思います。


ましてやオリンピックは4年に一度の祭典。
ここに標準を合わせて、気持ちや身体を維持することが想像を

絶する大変なことは容易にわかると思います。


それにこの「楽しむ」とか「悔いがない」と言えるのは
一番のパフォーマンスで試合に挑めて精神状態も最高だともいえます。


少し、想像してみください!

何かする時に緊張でガチガチになっているときに、

自分の本来のポテンシャルは出てると
思いますか?出てないですよね。


その後に、


「楽しみました!」


って言いづらくないですか?


オリンピックに参加している選手が結果に拘るのは当然だとしても、
終わったあとの言葉や表情を感じるだけでも、色々な学びがあるなと
想いながら寝不足の日々が続きます。


今日も最後まで読んでくださってありがとうございます!


いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>