オトナの片想いセラピー

無料説明会

【カウンセリングのご案内】


初回無料電話カウンセリング /電話カウンセリング4回セット(\12,960~)


面談カウンセリング(1h/\10,800~、東京・大阪・名古屋・福岡他)



お問い合わせ・ご予約は、カウンセリング予約センター: 


06-6190-5131まで



センターの営業時間:12:00~20:30(月曜日定休日)



1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-02-21 12:00:00

仮の自分、本当の自分

テーマ:うまくいくコミュニケーション

 

みなさんこんにちは。 カウンセリングサービスの樋掛豪です。

火曜日の「うまくいくコミュニケーション」は三枝みきカウンセラー小倉健太郎カウンセラー吉村ひろえカウンセラーの4人で担当しています。

 

 

***

 

 

人はそれぞれ、場面に合わせて色々な自分を使い分けたりする事がありますね。
家族に対しての自分、友人に対しての自分、仕事場での自分、一人でいるときの自分、などなど。
これらの全てに対して、全く同じように接しているという人はほとんどいないと思います。

 

それらは立場の違いや、距離感の違いなどから変化する場合もありますし、自分が「こう思われたい」という気持ちから使い分けている事もあったりするようです。

世の中には色々な人がいますから、接する人の数だけ使い分ける自分の数が増えていくのは、ある程度自然な事なのかも知れませんね。
 

しかし、気を使いすぎてしまったり、「本当の自分」がうまく出せなくなってしまうと、面倒くささや生きにくさを感じてしまう事もあるようです。

今回は、「本当の自分」とは何なのか?という事について、ちょっと哲学的かも知れませんが、考えてみたいと思います。

 


***

 


まず、さっきも触れました通り、世の中には色々な人がいますね。
明るい人、元気な人もいれば、静かな人、大人しい人もいますし、働くのが好きな人もいれば、遊ぶのが大好きな人もいます。
体の大きな人もいれば小さな人もいますし、お金をもっている人、貧しい人、もっと言えば男性と女性の違いもありますし、人種や国籍の違いもあります。

 

それらは単に、「色々な種類がある」というだけで、その時点では特に「優劣」みたいなものはありません。
動物で言えば、犬もいれば猫もいる、大きな犬もいれば小さな犬もいる、というようなもので、別に「犬より猫の方が偉い」とか、「大きな犬の方が、小さな犬より偉い」という事ではありませんね。
「大きい、小さい」とか「強い、弱い」などはあったとしても、それは別に「良い、悪い」という事ではないわけです。

 


しかし、人間はこれらの「違い」に対して、「良い悪い」の判断をしてしまう事が多いようです。
「背が低いより、背が高い方がいいんじゃないか」とか、「暗い人よりも、明るい人にならなければいけないんじゃないか」とか、「貧乏なのはマイナスだから、お金持ちにならないといけないんじゃないか」という風に、色々な判断をしてしまうようです。

 

確かに、世の中には様々な風潮があり、一般的に好まれる要素には傾向がありますから、「背が高い方がいい」とか、「明るい方がいい」というのは、「傾向」としてはあるのかもしれません。
しかし、それらは絶対的なものではありませんから、「背が高い人は威圧感を感じるから、小さい人の方が好き」とか、「明るい人よりも、静かに話せるような大人しい人の方が好き」という人も勿論いるわけですね。
一般的な好みの傾向は、必ずしも「良し悪し」にはならないわけです。

 


ですが残念な事に、人はこの好みの傾向を、ついつい「絶対的なモノ」と判断してしまい、「暗い自分はダメなんだ」とか、「お金がない自分は価値がないんだ」と判断をしてしまう事が多いようです。

そして、自分の「ダメだと思った部分」を、変えようとしたり、隠そうとしたりする行為が始まってしまいます。


こうして作られていった、「多分、こういう人が好かれるだろう」と思って作りあげた人物像を「仮の自分」として、使い分けていく事が出てくるようです。

この「作られた自分の姿」は、「多分、こういう人が好かれるだろう」という想像で作られているので、そこには自分の主観が多く入っている事になります。
実際に求められている姿とは、違っている事も多いわけですね。
 

 

そして、「自分でダメだと思っている部分」が多ければ多いほど、「本当の自分」とは大分かけ離れた姿になってきてしまいます。

「明るくて、スタイルが良くて、お金持ちで、家族にやさしくて、オシャレな趣味があって・・・」という風に、どんどん条件が増えていってしまう事もあったりするわけですね。
それが本当に好きでやっているのであれば問題ないのですが、「そうでなければ好かれない」と思ってしまっていると、だんだんと苦しさや、息苦しさを感じてしまう事になります。

 

「本当の自分」とは、「自分が無理をせずに、自然体でいられる状態」と言ってもいいかもしれませんね。

 


***

 


とは言え、全ての場所で「本当の自分」でいた方がいい、という事ではありません。「仮の自分」も、ちゃんと必要性はあるのです。

たとえば私自身は、結構「面倒くさがり」な所があるのですが、「面倒なので仕事はしたくありません」とか、「面倒なので今回のブログは書きません」とやっていたら、仕事が成立しなくなってしまいますね。

 

重要なポイントは、「本当の自分」を受け入れつつ、「仮の自分」を使っていく、という所にあります。

 


「暗い私も、別にダメではないんだけど、でも仕事中は明るく元気に頑張ろう」とか、「お金が無い私を受け入れてくれる人もいるだろうけど、でももうちょっと頑張って稼いでみよう」とか、「本当の自分を否定していない時」には、「仮の自分」を作る事も、それほど苦痛にはならなくなってきます。


もっと慣れてくると、「仮の自分」の中に、何割か「本当の自分」を混ぜていくことも可能になってきます。
「重要な会議の時は、全力でプレゼンをするけど、それ以外の時は力を抜いていてもいいや」とか、「基本的にはお金持ちと思われたいけど、仲のいい友達には気を使わなくていいや」という風に、「仮の自分」がだんだんと「本当の自分」に近づいてくる事もあります。
そうなってくると、仮の自分でいる時にも、それほどの労力を使わずに済むようになってくるわけですね。

 

仮の自分と本当の自分が、全く同じになる訳ではありませんが、「仮の自分の中にも、本当の自分を出せる」と感じてくると、「演じている時の私も、別に嫌いじゃないかも」と思えてきて、「全部本当の自分と言っていいかもしれない」と思えるようになってきます。

 

 

 

みなさんは、いくつの顔、どんな種類の顔を持っているでしょうか?
それらは、「本当の自分」と、どんな所が違っているでしょうか。どんな部分を、「頑張って作っている」でしょうか。
そして、どのぐらいの強さで演じているでしょうか。「3割増し」ぐらいで頑張っているでしょうか。「100%、別人格」のようになっているでしょうか。

 

もし、「ちょっと無理をしているかなぁ」と感じる部分があれば、1割ぐらいだけ、力を抜いてみるのもいいかも知れません。
大体の場合、「こんな人が好かれるだろう」という想像は、極端になっている事が多いですから、実際はもう少し力を抜いても問題ない事がほとんどです。
そして、「あれ、本当の自分も、結構受け入れられるかも」とか、「1割だけじゃなくて、2~3割力を抜いても大丈夫かも」と気が付く事も、少なくありません。

 

みなさんが少しでも「本当の自分」を受け入れ、「仮の自分」も無理せず上手に使いこなしていけるようになってもらえると嬉しく思います。
「本当の自分」とも「仮の自分」とも、仲良くお付き合いしていけると良いですね。

 

 

2月28日は三枝みきカウンセラーが担当いたします。
お楽しみに。


樋掛豪のプロフィールへ

カウンセリングを受けるには?

会場案内

 

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2017-02-20 12:00:00

「これまで」よりも「これから」~心理学とファイナンスの類似性1

テーマ:仕事の心理学

こんにちは。カウンセリングサービスの山田耕治(やまだこうじ)です。
いつも読んでいただき、ありがとうございます。

 月曜日は、「仕事の心理学」をテーマに、山根しんいちカウンセラーと隔週ごとにお届けしています。
 山田担当の仕事の心理学は、「強いハートを目指すビジネスパーソンのために(昨年からSHBPと呼ぶことにしました。)」をテーマに、4年目に突入です。
 「SHBP4」として、小手先のテクニックを超えて、自らの心の根っこから強くなり、仕事やプライベートにおける成功への貢献をめざします。


前回の振り返り

自らが掲げたビジョンにつながる日々の選択を意識しようという提案をさせていただきました。選択ですから、そうでない自分がいてもまったくもってOKです。もう一つ、それは手放しとセットですよと投げかけをさせていただきました。

 

そうでないとどうなるか?またセットでないとどうなるのか?

いずれにしても投影の行き過ぎに影響を受けてしまうというのが私の意見です。

その影響をできるだけ除くためにも実践あるのみです。

 

本日のテーマ

さて、1月、2月とずっとビジョンに関わることが大きなテーマです。

こんな風に拘るのは私がビジネスの中で学んでいることとも深く関わっているように思います。

時々思うのですが、心理学はいろんな世界と関わっているんだなと思うのです。

 

仕事の心理学ですので、私自身が、仕事の現場で関わる中で感じることも書いてみようと思います。

 

私はこれまでお仕事の中で、ファイナンスというものに長く関わってきました。

ファイナンスに関わりながら、学んできた心理学との類似性を感じています。
その一つが「これまで」よりは「これから」という価値観です。

 

「これまで」よりは「これから」

ファイナンスとは何か?について少しお伝えします。

一言で言えば、何かの価値を決める、値決めに関することだと言えます。

 

何かの価値を決める時にいろいろな決め方があると思います。

 

例えば、お家を買うとします。

 

この家の価値を決めようと思うと、どんな決め方があるでしょうか?

 

材料費や建築の人件費等コストを積み上げで考える。

また近くの似たようなお家の値段と比較して決めることもできます。

 

ファイナンスの考え方で表現すると以下のようになると思います。
 

この家を買うことで、どんな将来や未来があるだろうかという見方です。
 

この家を買うことで、今後どんな利益が考えられるか?
 

お金で見ると確かにわかりやすいですよね。

この家を買うことで、将来、自分でお家を借りる必要がない。

この家を買うことで、未来にこの家を誰かに貸して、家賃を受け取ることができる。

 

お金だけで換算する見方だけではなく、こんな見方もできると思います。
 

この家を買うことで、これからどんな自分がいるでしょうか?

 

この家を買うことで、パートナーと安心して暮らすことができるとか、

ファミリーで楽しく過ごすことができるというのも、未来を見越したものだと思います。

そこにはたくさんの安心がある。たくさんの幸せがある。たくさんの喜びがある。
そんな将来や未来をみることもできますよね。

 

だから、そんな高い値段になるともいえるのではないでしょうか。

ファイナンスという考え方は「これまで」よりも「これから」が大事なのです。
 

今思うと、私はファイナンスというものに触れながら、いろんなものの「これから」目を向けることのトレーニングをしてきたんだなと思います。

それは私のカウンセリングの中でもとても強く活かされているように思うのです。

 

「これまで」という過去

昔、ファイナンスという考え方が浸透してなかった時代は「これまで」という過去の蓄積に対する評価が高かったと思います。

過去からの流れ、延長線が価値だったと思います。
 

でも、もうそれは古い考え方、古い価値の決定なのかもしれないと思うのです。
今は、評価の重きが過去よりも未来におかれてきていると思います。

流れは「これまで」ではなく、過去の延長ではなく、ただ「これから」にあるのだと思います。
 

暴論かもしれませんが、
はっきり言って、過去なんてどうでもいい、価値はこれからの私たちだよ、と

ファイナンスという考え方はこれからの私たちを応援をしてくれる新しい価値観であるように思うのです。

 

過去と切り離した、これからの自分を見ようとする態度を持つことが大切だと私は強く思います。

 

「これから」のあなた、「これから」の私たちを想う

過去よりも将来であり、過去よりも未来なのだと思います。

大事なのはこれからのあなたであり、私たちなのだと思います。

 

ゆっくりとこれからの自分を思い描いてみましょう。

今年の最後、2017年12月末の自分はどんな自分でいたいでしょうか?

 

そこに向かってあなたは、そして私たちは歩んでいくのです。

その私たちのために一つ一つ選択をしていくことができるのです。

 

「これまで」よりも「これから」。
心理学とファイナンスから学んだこの言葉を声に出して、

そして、心にも焼き付けて、進んでいきたいと思います。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

では、次回をお楽しみに。次回は「心理学とファイナンスの類似性2」とします。

******************

私が心理カウンセラーとして目指していること、それは「ハートを強くする」カウンセリングです。実社会へしっかり繋いでいくことのできるカウンセリングを提供したいと考えています。ご連絡お待ちしております。
 

※お知らせ
山田はWワーク実践中にて、カウンセリングは土日祝日のみとなっております。


山田耕治のプロフィールへ
山田のカウンセリングを受けるには
カウンセリング場所

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-02-19 12:00:00

気を遣って疲れてしまう人、そうでない人の違いって?

テーマ:自分プロデュース


日曜は「自分プロデュース」のテーマで、 大みぞなおみはたのえり、私・滝尾恵美子、紙谷まみの4名が交代でお届けしています。

 

虹  虹  虹

 
「人が好きなはずなのに、人といると疲れてしまう」
という方は結構多いものです。


あなたはどうですか?
誰かに会った後、ぐったり疲れてしまってはいませんか?
人に会うことが億劫に感じることはありませんか?
もしYESだとしたら、
あなたは人一倍気を遣いやすいタイプなのかもしれませんね。


知らず知らずのうちに気を遣ってしまうタイプの方は、
誰といても緊張状態が抜けず、疲れてしまいやすいんですよね。


私自身もそういうタイプでしたし、今もそういう所があります。
私の場合は、単に気を遣うだけでなく
かつて対人恐怖・緊張もかなり強かったので、
人前でまったく自然体でいることができず
常に強いストレス状態でした。
その頃は毎日がとにかくしんどかったです。


それでも、人って変われるものですね(^^)
今の私は、それほどしんどさを感じなくなれたんです。
先ほど書いたように、今も気を遣ってしまう所はあるのですが
それでもストレス量は、以前が10だとすると
今は2~3あたりにまで減っていますよ!


というわけで今日は、
気を遣ってしまう方が自然体で楽になるための方法について、
お話しますね。





気を遣う人とそうでない人の差って、何だと思いますか?


もともとの性格だと思いますか?
そうですね、それも一因としてあるかもしれませんね。


でも性格よりもっと大きな違いが存在します。
それは何かというと、
「意識がどちらの方向へ向いているか」の違いです。


気を遣う人と遣わない人とでは、
この意識の向きが明らかに違います。


★気を遣ってしまう人⇒意識が外ばかりに向いている
★自然体でいられる人⇒意識が内・外の両方にバランス良く向いている

こんな違いがあるのです。


気を遣ってしまう人の多くは、意識が外側にいつも向きまくりです。
全神経を集中して、その場の空気を読もうとします。
視覚を総動員して、周囲を観察しまくるという特徴もあります。
例えば、誰かに会っている間は相手の顔色を見っぱなしのことが多いです。
目を離したら、相手が気を悪くした瞬間を見逃してしまうかもしれないから
怖くて目を離せないんですね。


自分を襲う外敵の気配に耳をそばだてるウサギのように、
周囲を観察・警戒している状態なんですね。


この状態はしんどい上に、あまり報われることもないので、
あなたの大切なエネルギーを無駄遣いすることになってしまいます。


一方、気を遣いすぎない人は、
人といても、「相手の顔や空気」ばかりに注目してはいないんです。
よく観察するとわかりますが、こういう人は誰かと会っている時、
人の顔を見っぱなしということはあまりありません。
数秒おきに一度相手ので目を見る程度で、
じーっと相手の様子ばかりをうかがうように見てるわけではないのです。


相手にばかり注目していない代わり、
自分の今の気持ちに自然に意識を向けているのです。
なので、気を遣いすぎない人の心の中は
相手のこと半分、自分のこと半分くらいの割合であることが多いようです。
誰かといるときも半分は自分に意識を向けていられるので、
「疲れてきたら無理しない」という選択をすることも容易にできるのです。


一方、気を遣ってしまうあなたは、
相手の顔色や、周囲の雰囲気に注目しすぎているから
ついつい怖くなって気を遣ってしまう傾向があると思うのですね。
ですので、過剰に外に向きすぎている意識を
これからは、あなたの内側に振り分けてあげる必要があるでしょう。





意識の方向を変えるための第一歩としては、
以下に取り組んでみることをおすすめします。


(1)日常の中で、相手に意識を向けすぎている自分にできるだけ気づく。
(2)もっと自分に意識を向けようと心がける。


ちなみに、「自分に意識を向ける」というのがどういう状態かというと、
誰かといる時にも、頭の中を相手のことだけで一杯にせず
今自分がどんな気持ちを感じているか(快・不快・その他)にも
ちゃんと心を寄せている状態を指します。


文字で書くと簡単そうですが、これ、
すぐにできて当たり前とは思わないでくださいね・・・!!
できて当たり前だと思うと、挫折しやすいです(涙)。


なぜって、気を遣う人は、
ありのままの自分を拒絶された経験のある方が多いですから。
そんな自分を守るため身に付けた方法が「気を遣うこと」なので、
もうこういうのはやめたい、と思いつつも
これまでのやり方を捨てることへの恐怖がすごくあるはずなんです。


ですので、必要に応じてカウンセリングも用いながら、
「心の体質改善」として取り組んでいかれることをおすすめします。
私も実際、カウンセリングやセラピーの力も借りながら
一歩ずつ恐怖を取り除いていって、壁を超えて行ったんですよ。


おかげで今は、どんな環境であろうと周りに誰がいようと
自分に意識を向けられる、揺るがない自分になれました。
(もちろん、自分に意識向けるのをつい忘れて、一瞬グラつくこともありますけどね;;)
そんな自分になれた今、私史上最高にラクな人生を過ごしています!
 
 
対人関係で怖れや不安を感じやすい人は、
自分自身とのつながりが圧倒的に足りないのです。
いつも外にばかり目をむけて、自分を置き去りにしているのです。
だからこそ、本当に自分とつながれた時、ようやく心からの深い安心を得られるのです。
私は、これを読んでいるあなたにもその安心感を感じてほしい気持ちで一杯です。


一人では難しい時には、いつでもサポートを求めて下さい。
あなたの未来がもっともっと楽で自由なものになりますように♪


◇この記事の筆者、心理カウンセラー滝尾について◇

 

私・滝尾はかつてこんなタイプでした。

共感して頂ける方とのご縁がありますように。

 

★他人の目が気になる
★他人に干渉されやすい
★嫌われるのが怖い
★自信が持てない
★反論があっても言い返せない
★一人反省会するのがクセ
★失敗への怖れが強い
★ノーを言うのが苦手
★傷つきやすく、引きずりやすい
★まじめに頑張るわりに報われない
★人といると疲れる
★心を許した人に執着しがち
★恋愛で不安になりがち
★心理学を勉強しても変われない

 

滝尾恵美子のブログ
カウンセリングを受けるには?
カウンセリング会場のご案内

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2017-02-18 12:00:00

人生を楽しむ”コツ”@松永流

テーマ:イキイキハッピーライフ
matsunaga

こんにちは。松永浩一です。
毎週土曜日『イキイキハッピーライフ』は、 獄 きよみ岡田郁美三好 成子、松永浩一 の4人交代でお届けしてまいります。
どうぞ、よろしくお願いします。

──────────────

人生を楽しむ”コツ”@松永流
 Written by 松永浩一

──────────────


あなたは、『こうなりたい』という目標はありますか?

即答できた人は、この記事を読まなくても大丈夫です。



即答できなかった人は、
読み進んでくださいね。

かくいう私も、
即答できなかったので、
続きを書かせていただきます。



『こうなりたい』と願うためには、

まず、『こうなる』という目標が必要です。



人生は、
あなたが望んだとおりの事象が起きています。

巷では、”引き寄せの法則”や、
”この世界は深層心理が映し出されたもの”、
という考え方があるようですが。

ここでは、
もっと現実的なお話をさせていただきますね。



たとえば、あなたが、
『ニューヨークに行きたい』と願ったとします。

そして、あなたは旅費を貯めて、
飛行機に乗って、ニューヨークに行きます。


ここでは、まず、はじめに、
『ニューヨークに行く』という目標が必要です。

そして、
その目標を達成するために、
必要なもの(旅費)を準備し、
必要な手段(飛行機)を使って、
目標(ニューヨーク)を達成したのです。



小難しい説明になってしまいましたが。

簡単に言うと、次の3ステップですね。



第1ステップ

『こうなる』という目標を見つける。


第2ステップ

『こうなる』ために必要なことを実行する。


第3ステップ

『こうなる』ために必要な手段を使う。



そして、目標達成!!!



これで、終わり・・・
ではありません。

心理学のブログなので、
もう一歩踏み込んで
続きを書かせていただきますね。



第3ステップまでやり遂げて、
目標を達成できたときに
やっていただきたいことがあります。



第4ステップ

『こうなった』ときに、自分を褒めて喜ぶ。



多くの人は、
一つの目標を達成したら、
また、次の目標を見つけて、
必要なことを準備して・・・

ということを延々と繰り返しています。

これでは、やってもやっても報われませんよね。



そこで、
一つの目標を達成したら、
充分にその達成感を味わってほしいのです。



さらに、
もう一つやってほしいことがあります。

それは、
達成できなかったときのことです。



第4ステップ(別バージョン)

『こうならなかった』ときに、
実行した自分を褒めて労う。



達成できなくてもOKです。

やろうとした自分を褒めてあげてくださいね。



で、
ここまで読まれると、
大きな目標を掲げなくちゃ、
って思っていませんか?

海外旅行に行く、とか、
資格試験に合格する、とか、
結婚する、とか、
・・・

大きな目標を持つことは、
それはそれで、
素晴らしいことではあります。

ですが、
ここでのポイントは、
ほんの小さな目標でOKです。



たとえば、 『玄関を掃除する』という目標なんか、
素敵だと思います。

あるいは、
『書棚を綺麗に整理する』という目標も、
素晴らしいと思います。



なんだか、掃除関連の目標ばかりに
なってしまいましたが・・・。

それは、
私が大の掃除嫌いだからです。



だって、
好きなことや得意なことなら、
すぐに、何も気にせずに、
やっているでしょ!?



達成できたときは、
自分を褒めて喜ぶ。

達成できなかったときは、
自分を褒めて労う。



この大嫌いな掃除を、
いかに楽しんでやることができるかが、
人生を楽しむ”コツ”@松永流です。



何かのヒントになれば、嬉しいです。



最後まで、お読みくださって、
ありがとうございます。


松永浩一

◆松永浩一のカウンセリングを受けるには>>>>>
こちらをクリッククリックしてくださいね
 個別の面談カウンセリング・電話カウンセリングを承っております。
 弊社カウンセリング予約センターにお電話ください。
06-6190-5131(受付:12:00~20:30・月曜休)
◆面談会場案内は→こちら
◆松永浩一のブログ&プロフィール


カウンセリングを受けるには?

会場案内

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-02-17 12:00:00

自分をコントロールしていませんか?⑤

テーマ:恋と仕事のライフプロデュース




みなさん、こんにちは。
大塚亘です。

金曜日は、吉田ちかカウンセラー、佐藤まゆみカウンセラーと、私、大塚亘の
3名で担当させていただいております。


今回も、前回に引き続き、潜在意識、無意識レベルの自分自身への
コントロールについてお伝えしたいと思います。


このシリーズの第1回目に、私大塚は、次のような言葉が大嫌いだと
書きました。

「常識」、「普通」、「一般的」、「正しい」

第1回目では、心の裏にある「自己否定」を隠すために、相手に「正しさ」を
主張してしまうことがあるということをお伝えしました。第1回目の話しは
相手があるケースですが、今回お伝えしたいのは、

自分自身で作った「正しさ」の思い込みが、自分をコントロールし、
苦しめることがある


ということをお伝えしたいと思います。


例えば、「働く」って、正しいことでしょうか。良いことでしょうか?
良いことだと思われた方もいらっしゃるかもしれませんし、それが
間違っているとは私は思いません。実際、私大塚も、平日は毎日働いて
いますし、それによって生活が成り立っています。

しかし、物事にはなんでも例外というものがあります。例えば、毎日20時間、
しかも365日休みなく働いたとしたらどうなるでしょうか。私だったら、
365日どころか、3日連続で20時間働いたら、多分倒れてしまうと思います。

では、毎日20時間、休みなく365日働くことは間違っているのでしょうか。

実は、私は、直接の知り合いではありませんが、ある言論人で、まさに、
毎日20時間かつ休みなく365日働いている人を知っています。その方の
睡眠時間は、平均で毎日2時間程度冷や汗だそうです。

世の中では、過労死や過労自殺がしばしば問題になりますし、私大塚は
そんなに働きたくありませんので、私にとっては、毎日20時間かつ
休みなく365日働くことは、正しいことではありません。

しかし、その言論人は、自分のやりたいことがたくさんあり、自発的に、
誰にも強制されずに、自らの意思でそのような働き方をされています。
もしそうだとしたら、毎日20時間かつ休みなく365日働くことは、
間違いとは言えませんよね。


逆に、このような専業主婦の方がいたとしましょう。この主婦は、
「働くことは正しいことである」という絶対的な思い込みを持っていたと
します。そして、実際の状況は、幼い子供2人を育てて、家事に追われて、
パートにすら行けなかったとします。

ご主人はしっかりと働いていてくれていて、特に経済的に問題はありません。
しかし、奥様は、パートすらできていない自分を、「私は仕事をしていないので、
ダメな人間だ」と、自己否定し、責めていたとしましょう。

ご主人は優しい人で、仕事だけでなく、たまに家事を手伝ってくれたとします。
もちろん、子供も可愛がってくれます。そして、奥様に「子育てや家事をいつも
頑張ってくれてありがとう。パートなんて行かなくたっていいじゃないか」と
言ってくれていたとしますスマイル

しかし、奥様には、「働くことは良いこと、働かないことは悪いこと」という
信仰心に近い思い込みがあります。
そうすると、自動的に自分はダメだと
思ってしまいますよね。

奥様は、働いていない自分を責め続け、とうとう、ご主人の優しい言葉すら
受け取れなくなり、ご主人に逆切れのような怒りをぶつけ始めてしまいました怒

そして、ついに、なんと、離婚する羽目になってしまいましたショック

上記はもちろん私の創作話ですが、こんなケースがあったとしたら、全く
働かないことも正しい場合があると思いませんか?

つまり、働くことが良いかどうか、正しいかどうかは、一概には言えないのです。


もう一つ事例を出したいと思います。これは、15年ほど前に、私の知り合いの
女性に実際に起こった実話電球です。

その女性は、あるとき結婚をしました。結婚後、その女性は家事をしっかりと
行いました。定期的に掃除をし、毎日洗濯やアイロンがけを溜めることなく
こなしてきました。そして、朝昼晩と、毎日必ず料理をしていました。


ご主人はとても優しい方で、しっかりと働いてくれて、収入も良いほうでした。
ご主人は酒もタバコもやらず、もちろん浮気やギャンブルなど全くせず、しかも、
土日は夫婦で買い物に行ったり、旅行にも行っていました。

第三者からみれば、どこにも問題は見当たらない状況です。しかし、ある日突然、
奥様は実家に帰ってしまいました。
そして、連絡をしても一切受け付けて
くれません。

ご主人は、いったい何が何だか分かりませんでした。それはそうですよね、自分は
なにも悪いことはしていないし、奥様も毎日笑顔を見せてくれていたので、問題に
気づかなかったのです。

結局、実家に帰った後はご主人の元に戻ることは二度となく、それどころか、
弁護士を通しての伝言のみで、その後ご主人と一言も話すことはありませんでした。
1年ほど別居して、結局離婚してしまいましたガクリ


これは、この女性が思い込んでいた「正しさ」が引き起こした悲劇です。
さて、この女性が思い込んでいた「正しさ」、みなさんお分かりでしょうか。

この女性は、

「家事をすることは正しいこと」という思い込み

を持っていたのです。


本当は、サボりたいし休みたいし手を抜きたい、でも、家事をすることが絶対的に
正しいのなら、サボることは悪であり、手を抜くことも悪になってしまいます。
ですから、全く休むことができませんでしたふっ

世の中には、毎日掃除、洗濯、料理を完璧にこなし、それが「正しい」ではなく、
「楽しい」、「達成感がある」というようなポジティブな気持ちを感じることが
できるので、毎日毎日続けていても、なんにも苦にならない、という主婦もいる
でしょう。そうであれば、毎日家事をすることは、その人にとっては「正しい」と
いえるでしょう。

しかし、私の知り合いだった女性は、毎日家事をすることが苦痛で苦痛で
たまらなかったのです。そうであれば、手を抜いたりサボることで、休みながら
家事をすればよかったのに、「正しさ」に固執してしまったため、ついに心が
折れてしまったのです。

ご主人に正直に「家事がしんどい」と言うことができたら、優しいご主人でしたから、
やらなくてもいいじゃない、と言ってくれるとか、ご主人が手伝ってくれるとか、
料理をしないで外食を増やすとか、いくらでも方法はあったはずなのです。

どうですか?「正しさ」による自分自身へのコントロールは、正しいどころか、
自らを不幸にしてしまうこともあるのです。



人間には個性があり、それぞれの個性に合った恋愛や結婚生活、仕事をして
いけばいいだけなのです。

正しい恋愛の方法、正しい結婚生活、正しい働き方、
そんなものはこの世には存在しません。


答えは、みなさんの中にしかなく、しかも、その答えは、みなさんお一人お一人に
しか通用しないものなのです。

ですから、インターネットなどで、恋愛や結婚生活、仕事でも何でもそうですが、

「この方法が正しいです!」「このやり方なら上手くいきます!」

と断言しているものは、全て上手くいかない可能性が高いです。たまたまその人の
個性に合っていたのなら問題は起きないかもしれませんが、万人に通用する正しい
方法など、この世には存在しないのです。


みなさんが今問題がないのならなにも考える必要はありませんが、もし少しでも
しんどい、辛い、苦しい、面白くない、というネガティブなお気持ちをお持ち
でしたら、

自分がなにか「正しさの思い込み」をしていないか、考えてみてくださいガーン

全ての常識(これもほとんど全部思い込みです)を取り払って、全く違う観点から
見ることができたら、楽になり、自分らしく生きることができるかもしれませんよ。


読んでいただき、ありがとうございましたニコちゃん


大塚亘



    花    花    花    花


2月24日は吉田ちかカウンセラー
3月3日は佐藤まゆみカウンセラー
がお届けします。どうそお楽しみにキラキラ☆


クローバーカウンセラー大塚亘のプロフィールへ

クローバー大塚亘のカウンセリングを受けるには

クローバー会場案内
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>