写真家yukko*のVIVIDにゅ~す!

写真家でファッションコンサルタントのyukko*です。

わたしは、人は幸せでいるために生きていると思っています。
お洋服や写真を通じて自分を見つけ、あなたの幸せをVIVID(イキイキと鮮やかに)に生きようぜ♪



・ポートレイト撮影 3時間 20,000円


内面の輝きを写します!大好評いただいています♪ 詳細はこちら



・ファッションコンサル 
3時間 30,000円より



あなたの魂が輝く服を選びます! 詳細はこちら→ 


その他yukko*の提供メニュー一覧はこちら→「提供中のメニュー一覧」





テーマ:
気持ちと体、ちょっと復活しました。

やーつらかった。
考えようにも体がつらいし、
体がつらいから考えも下降スパイラル。

でも、下降していく中で、
「ああ、やっぱり自分て、人のことを先に考える「フリ」してるわー」

ってよく見えました。
そう、結局はフリでしかないのですよ。

相手に悪いよねえ、とか言いながら
結局自分のしたいようにしかしたくないんだ、私は!


と思ったらちょっとわらけてきました。

と、ここまでこられたのも
ある方のおかげでして。

以前から書いてる
ヒーリングサロン・クインテットの坂手先生に
かなり助けていただきました。



(左が坂手先生。白衣着てないとなんだか少年のようだな・・・)


集中的に通って連続で何回か施術してもらったら
しゅーっと変わっていった感じ。

クインテット先生の施術は
「刺さない鍼」なんだけれど、
ちょうどスマホの充電をするように、
気を補充してもらえるんですよね。

私の個人的感想を言うと、
心と体がいっぺんに「キチャッタ」とき、
特に効き目があるように思います。

体も病気と言うほどではないのに調子悪いし、
かといって心もなんやかや疲れちゃったから
動いて気分転換もできない・・・

そんな感じのとき、一番効き目があるのが
クインテット先生んとこの施術なんじゃないかなあ。

そうして施術を受けているうちに
だんだん体の底上げがされていって
調子がいつの間にか良くなってくる・・・そんな感じ。

私は本当にこの湿気の時期が
ちょー苦手!なんですけれど、
去年から先生の施術を受けて、
かなり改善されてることを感じてます。

わけもなくウツウツとされてる方とか、すごーくいいですよ!
騙されたと思って行ってみてくださいな。

患者さんで、病院で鬱の薬をたくさん処方されてたのに
薬にほとんど頼らなくてもいいようになった方も
多数いるらしいですよー。

坂手先生は、患者さんが継続的に通えるように、と
施術の代金を5千円ちょっとで据え置いてます。
(初診料は2,000円だったかな)

で、みんな通っているうちに調子が良くなって
どんどん卒業してしまうんですって。
「患者さんが良くなるのは嬉しいんだけどねー」と
先生苦笑してました(笑

でも、私は先生のとこに通い続けております理由が
また別にありまして・・・^^

実はこの施術にはもう一ついいことがあって。

私ね、去年50歳になってから
綺麗になった、って言われることが増えて。

透明感が増しましたね、とか
若くなっていってますね。とか。
すごい言われるようになってます。

そしてなぜか最近若い男子からモテます(笑
素敵ですね、キレイですねって言われます。やったー

クインテット先生によると、
「あだちさんの澄んだ気が、周りに溢れ出して
みんなそれを見てしまうんですよ」
とのことで、

せっせと通った甲斐があったものよのう(ホクホク)。

刺さない鍼、受けて即日その良さをわからない方も
いるかもしれませんけど、
継続してくことによって、確実に「キレイ」は増えていくみたいですぞ。
おすすめしますです。


坂手先生のサロンは箕面にあります。

ヒーリングサロン・クインテット

大阪府箕面市箕面4−2−23
072−721−4440

webページはこちら

休診:月、木、日祝(完全予約制)
(休診日でも予約させてもらえる時がありますので問い合わせてみてください)


さいきん、50歳だって言ったら2回くらいひっくり返られたぜ(笑





AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
同じテーマ 「きょうのyukko*」 の記事
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
何とも表現しきれない時間を過ごしています。

母が亡くなってからというもの
地味にいろんな変化が自分に起こっているのですが

ここしばらく、
自分がよくわからなくなってしまってて。

これまで生きてきて、
生きてくるには随時いろんな小さな決断を重ねて生きているわけですよね。

で。

その決断の「もと」になるものというのがあるわけです。

例えばおかず一つ選ぶのでも、
これが食べたい!と思って選ぶものの

「ちょっと今給料前だからこのお肉は高いなー」
とかいうのあるでしょ。
それも決断をするための一つの要因。

まあ、食べ物は割と気持ちに正直に
選んでる方なので問題はないんですけど。

そのほかの、そうね、他人が絡むものごと。

これに関して、
いかに自分が母親や世間やいろんな自分の外の概念を
採用していたかをすごく感じていて。

あと、小さい頃から、いかに自分が
相手の顔色を瞬時に読んで
それに合わせてきてしまっていたのかを感じています。

なので、
自分が無意識にやろうとしていることが
本当に自分の心の声なのかが
よくわからなくなってしまったの。

以前は、大好きな服が買いたくて
そのために頑張って仕事しよう!と思って
それを軸に行動を決めていたけれど

今は母の残してくれたお金があって
だから、もう働く必要は無くなってしまって。

そうすると、
あれれ。

自分の気持ちって本当はどうだったんだろ?
ってことを随時自分の心に聞いているの。

そこに、相手が存在する場合、
もう長いこと、そうね、きっと、物心ついた頃から
相手の気持ちをもう反射的・自動的に読んでいるから
それがなんなのかわからなくなって。

本当に自分が望んでいるものを
子供のように叫ぶと
それは相手を変えようとすることになってはしまわないのかな?
それで相容れない時はどうなってしまうのかな?
本当は自分は何を望んでいるのかな?
それは相手に求めることなのかな?
自分を見つめるとしたらそれはどこ?
過去の記憶に戻るとしても、亡くなった父や母の心を読んでしまうな・・・
それ子供心に理解しようとしてどうすんねん!
あんたは今自分の気持ちを見るんじゃなかったんかい?!

とか、
なんだか人間の基本みたいなことを
今更ながらやっている感じで

自分はどこにいるのかさっぱりわからなくなって
やってるうちになんだか訳わからなくなって
テーブルに頭を打ったりしてげろげろしてます。

心の声、なかなかにその姿を現さなかったり。
姿を現してもそれをどう扱ったらいいのか途方に暮れて
感じてはげろっとして・・・

ものすごく、いろんな自分のバランスが崩れているなあ・・と
感じています。
崩れているのに、立て直せない。

しかも関西は暑いんだ・・・。
北海道人にはきついこの蒸し暑さなんだ。

という訳で

暑くてきびしい、夏を暮らしておりやす。

リッツの部屋レポは落ちついてからね。




この前ハヤカワユーコちゃんのカードリーディングをお願いして
三枚目に出てきたカード。

破壊と再生の女神なんだそうで。

確かに、今、これまでの自分の「正しさ」が
全く意味をなさないという
価値観の転換を感じているところ。

新しい自分が全く見えない、
まさにこれまでのものがすべて破壊されるような所在なさを感じています。


AD
いいね!した人  |  リブログ(1)

テーマ:
日々、自分がものすごい勢いで変わっていっているのを感じてる。
(なんか最近こればっか言ってるね)

さらに人生の観点を変える出来事がありまして。
それは、リッツカールトン東京に宿泊してみたこと。

もうね、いろんなことが「体感」でわかったよ。

リッツには、最上階にクラブラウンジというのがあって、
そこのフロアに泊まることにしたんだけど
このクラブラウンジが快適すぎて。

雰囲気こんな感じ。



やたらに落ち着いてしまうこの空気。
エレガントだけどゆるっとしてて。
お高くとまった雰囲気ではないのに、確かにラグジュアリー。




ラウンジでは飲み物も食べ物も好きなだけ食べられるの。
カクテルもあるし、ワインも泡、赤、白と4種類くらいずつある。
そして美味しい!



ぼーっとしながらひたすら飲んでぼーっとして。



もちろんアフターヌーンティーも好きなだけ食べてよし。




食べ物や飲み物が美味しいのはもちろんなんだけど、
それよりも特筆すべきはやっぱりその「空間」。

これは体感してみないとわからないものだなあと思ったんだよね。

私は昔通訳をしてたので、偉い人に随行して
結構世界中のいいホテルには泊まってるほうだと思うの。

部屋のクラスはそれほど高くなくても、
ホテルの空気っていうのはそれなりに感じてきている。
いいホテルにはいい気みたいなものが流れてるんだけど、

それは、ある程度のクラス以上のホテルには通常仕様で
流れているものなんだけど、
それが、リッツは完璧でしたね。

で、その理由はきっと、人。

リッツはクレドを定めて社員教育が徹底してる、って
聞いたことがありましたけど、
本当に、心の距離の近いサービスをしてもらって、
ああ、これならサービス料を喜んで払いたくなるわ、って感じだった。

ラウンジに一人で飲んでる人も結構いたんだけど、
一人でもなんていうのかな、孤独感がない。

だけど、近寄られすぎずに、
とってもいい時間が過ごせるんだよね。

心もまあるくなってくる空間。
都会の癒しっていうのはこういう感じなんだな、って
体感できたのでした。

まだ、お部屋レポートもしますねー










AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
今日は札幌から東京でのファッションコンサルを経て、
関西に戻って久しぶりに夫とゆっくり週末~♪

午前中ゆっくり寝て、
起き抜けにフェイスブックで
クインテットの坂手先生がご夫婦でカフェでモーニングした、と
いう記事を見て

うちもうちもー♪と
近所のカフェフラットさんへ。



えへへ♪ゴキゲン♪

夫ぎみもまだぽやんとしてるけど、
よく寝たからか穏やかーな顔してるー



うちの近所のカフェ・フラットさん。
なんかほっこりするんですよねー





フラットさんでは、私はホットサンドのメニューがお気に入り♪

いつもの一番お気に入りは
「肉そぼろ+玉子+辛子高菜」なんだけど、

今日は違うのを頼んでみたー

「明太子+玉子」
「ピーナツバター+ブルーベリージャム+バナナ」。

夫と半分こして食べたけど、お腹いっぱーい。
どっちも美味しかったー。

明太子の方が、がっついてすぐ食べちゃったので写真なし(笑
こっちはピーナツバターの方です^^



本当に小さなことだけど、こんなゆっくりした時間が、
何よりも幸せ♪

ありがとー世界♪


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:



今日はザギンのホテルからお送りしております。ゆっこです。

昨日まで、姉ちゃんとずーっと話をしていて、
さらに知人何人かと話をしていて、

今日、はた!と気づいたことがありました。


実はね。

私、自分で自分のこと、
まあまあ頭がいいって思っていたんですよ。

まあ、学校時代はそれなりに勉強できたし。

そして、初対面の人からはなぜかとてもカシコイと思われるし。

だけどですわ。

驚愕の事実がわかってしまったです。

私は、「忘れる」人です。

写真展やワークショップで、よく
「数年前のあの時、ゆっこさんにこれこれこう言うことを言われて
それを今でも覚えています」

みたいなことをよく言われるんですね。

そいで、相手がものすごくその出来事を大事に思ってくれているのに
私がそれを全然覚えていなくて、
目の前の相手は涙を流さんばかりにその時のことをありがたかったと
言ってくれているのに、
私、全然・・・覚えていないのです。

約束も忘れます。
だから、絶対すぐ手帳に書くようにしてるんです。

書かなかったりしたら、速攻一発で忘れます。
約束の存在も忘れていたりするから始末が悪いです。

で、相手を怒らせたりします。

そんなことを思っていて思い出しました。

Aさんに頼まれて、Bさんに伝えてねって頼まれたことをまるっと忘れて
Aさんに「ゆっこさんは、Bさんへの私の信頼もなくしたってことです!」

と激怒されて去られたこともあったなあ・・・(遠い目)。

いや・・・しかしね。
ごめん、私は


忘れるんだよ


そんな過去がちらほらとあって、
なんでここに来て自覚したかというと、

姉ちゃんに言われたから。

「あんたは、学習しないねえ!
前にそれ、私あんたに何回も言ったよ!」

って。

どうも・・・

結構大事なことと思われることでも、
なんでか私の「覚えておく」センサーにはかからずに、
そのまんま海馬からするーんと落ちて忘れてしまうシステムになってるらしいです(泣

で、姉ちゃんさらに

「まあ、私はきょうだいだから
あんたが本当に忘れてるんだってわかるけど、
結構大事なこととかも、すっ飛んで忘れてるよねー。
みんなあんたのことカシコイと思ってるから、それ、外から見て想像できないんじゃないか?

あんたはさ、空気も読めるしすごいけど、
もう無理して場を読んだり仕切ったり任せられたりしないで
好きなことをただ子供みたいに言い放ってる方がいいんじゃないの!?」

ああ・・・・

確かにそうなのかも・・・


そういえば、どっかに苦情の電話入れるときにも
お客として怒って電話してるのに、内心

『ここらへんでこのクレーム担当の人を励ましてぇー、そしてこの辺りをオチにすっか』
とか考えながら言ってるから、
クレームでめっちゃ怒ってるのにちゃんと感情を出し切れてなかったりするんだよなーーー。

あーーーーーー・・・

なるほど・・・

感情、出してると思ってたけど、
まだ自分で枠を作ってその中でやりくりしようとしてるわけか・・・

がーん。

なんか中途半端にやっちゃってるわけねー・・・。

いろんな人にこれまで、
「ゆっこさんは、子供みたいにただ、無邪気に好きなこと言ってたらいいですよー」

とか

「力を抜けば抜くほどいいです」

とか言われてたけど、

こういうことだったのか!!!

んむむー

やっとわかりましたです・・・


はい。

私、忘れる し

どうでもいいことはかなり 適当だ し(いやもう本当にどうでもいいし)

かなり 気まぐれ だし

責任とったりするの大嫌い でしたよ・・・

おまけに 決まりごとも嫌い だし、何より

自分のペースじゃなきゃ嫌 だよう・・・

そうか・・・・

人がしている気に入らない行動も
私自身を映していたのか・・・ぐう。

わかりましたよう・・・

自覚しましたよう・・・

あー・・・

50歳って・・・
まだまだ惑う オトシゴロ、だったのねん。






いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。