写真家yukko*のVIVIDにゅ~す!

写真家でファッションコンサルタントのyukko*です。

わたしは、人は幸せでいるために生きていると思っています。
お洋服や写真を通じて自分を見つけ、あなたの幸せをVIVID(イキイキと鮮やかに)に生きようぜ♪



・ポートレイト撮影 3時間 20,000円


内面の輝きを写します!大好評いただいています♪ 詳細はこちら



・ファッションコンサル 
3時間 30,000円より



あなたの魂が輝く服を選びます! 詳細はこちら→ 


その他yukko*の提供メニュー一覧はこちら→「提供中のメニュー一覧」





テーマ:
またまた参ってました。@札幌。
 
結構ヘビーな冬うつ状態のココロに加えて、
インフルにやられ、
ずーっとベッドでゴロゴロ。
 
ココロもカラダも調子よくないと、
相乗効果で絶不調。
下る下る、どん底・・・とは言わないものの
結構なところまで下がりました。
 
さらに、札幌の家、無駄に広いから
 
寒い。
寂しい。
こーどーくー。
 
てな感じでした。
片付けも進んでないしさ。
 
で、
寂しいから、姉ちゃんに
もっと夜遅くまでいてよー、泊まっていってようー、
とか言っても
「明日朝早いしねー」とか
「ちょっと今回は泊まりはねー」
 
とか言って断られ、
寂しさ悲しさマックスになってて。
 
で、常々うちのねーちゃんは、
「あんたが一番大事だよー」
と言ってくれてるんですけど、
(うちきょうだい仲いいんです)
 
なんかそこで思っちゃったわけですよ。
 
「一番大事とか言ってるけど、
家族の方を大事にしてて、
結局私を大事にしてくれてないじゃん!」って。
 
で、このパターンね。
そろそろ気づいてはいるわけですよ。
それが自分の長年パターン化してるやつだって。
 
そう、私は相手が自分の思ったようにしてくれないと
それを
 
「思った通りにしてくれない=大事にしてくれていない」
 
と思ってしまう癖があるの。
 
不毛だなあ、これ、なんとかしたいなあ、と思って
頭ではわかっていても
どうもこの癖はなかなか治らなかったのです。
 
だって、「感じちゃう」ことだからね。
いくら頭で仕組みを理解したとしても
感じないようにすることなんてできないし。
 
で、今回、なんか体も元気ないし、
「姉ちゃんいないし、さびしい・・・」って
しゅんとしてたのね。
 
で、姉ちゃんが
「なんか機嫌悪いの?」って聞いてきた。
 
でも、自分でどうもうまく説明できないわけ。
でも、すごい怒ってるわけ。
 
姉ちゃんが帰らなきゃいけないのは頭ではわかるし
だけど、さびしいのはさびしい。
寂しい上に怒りの感情が湧いてくる。
 
姉ちゃんに
「今回は泊まったりは状況的に難しいんだよ。
早く帰るからといってもゆっこのことどうでもいいってわけじゃないんだからね」
とかって言われても
 
そんなんは、わかってるし!
 
って思って、
 
何をどう怒ってて面白くないのかが
うまく言えなくって。
 
で、
そこで夫・登場。
 
電話して、
こういう感じでね、こうなの、ああなの!
って説明したら、
 
さすが夫。
 
「ゆっこはもっとお姉ちゃんに寄り添って欲しかったんだね。
帰ってしまうのは仕方ないとしても
心で寄り添って欲しかったんだね」
 
と。
 
そう!そうなんだよーーおう(泣
 
あのさ、それ、姉ちゃんにうまいこと言ってくれないかな。
 
仕事中だった夫、
えーっ、じゃあ少しだけね、と言いながら姉ちゃんに説明してくれた。
 
なんだかあれこれしゃべってて、
夫が姉ちゃんに何を言ったかわからないけど、
 
姉ちゃんが、夫との電話を切って少しした後、
 
「ごめんね、
ゆっこのこと、すごく大事に思ってるよ。
なのに、ずっといてあげられなくてごめんね。
 
あんたは私の大事な妹だから。
すごく大事に思っているから。
 
あんたは私の自慢の妹だし、
あんたが妹でホントに良かったって思ってるよ。
 
本当は、ゆっこが喜ぶことをたくさんしてあげたい。
だけど、それが今回いろんな事情でできなくてごめん。
 
本当は泊まりたいし、一緒にいたいんだよ、
でもできなくてごめん。
だけど、ゆっこをすごく大事に思っていることは変わらないからね
 
ゆっこのこと大好きだよ」
 
どうやら夫は、
「ちゃんと言葉で言う」作戦を提示したよう。
 
だけどそれ、
姉ちゃんが一生懸命考えて
ちょっとセリフちっくにいってくれてるって
わかったけど、
 
なんかね、それがスススッと
ハートに染み込んできて・・・
 
わたし、号泣。
 
うわーん、うわーん、ぎゃおーん、って
声出して涙とハナ出してめっちゃ泣いた。
ホント、ザ・子供レベルよもう。
 
泣きながら、
ああ、自分の中にはまだこんなに
埋まっていない穴があったんだ・・・って
感じたのです。
 
夫はいつもそれをくれているけど、
でもやっぱり、わたしはこの
「掛け値なしに愛されている実感」を
本当は、おかあさんから欲しかったんだなー。と
泣きながら思いました。
 
おかあさんからもらえなかったから、
近しい人、例えば仲のいい友達とか、
そういう人に求めてしまう。まだ足りない!って。
それをずっとやってきたんだよね。
 
このブログに何回か書いたと思うんだけど、
わたしは、小さい頃、幼稚園くらいかな。に
部屋の隅で母の気を引こうとして拗ねていたことがあって。
 
でも、母はこっちを決して振り向いてはくれなくて。
すごく悲しかった、って記憶が
自分の中にずっと鮮明に残ってたのね。
 
この記憶をたどって、
感情もいろいろ出してみたりしたし
セラピストの人と話をしたこともあるし
心理学の方法で記憶の中の画像を置き換えてみたりもしたんだけど
やっぱりずっと、この記憶が残っていてね。
 
その記憶が残っているから、
「どうせ自分は愛されない」
 
っていうストーリーに置き換わって
現実を作っていたのだと思うの。
 
ずいぶん大事に持ち続けたのねこれ(笑
 
でもね、
今回、こうして姉ちゃんから
たーくさん愛を注ぎ込んでもらったことで、
 
その記憶の中の自分がね、
ちょっと変わったみたいなんだよね。
 
その記憶はまだ自分の中にあるんだけれど、
なんていうのかな、
 
その記憶の画像の中で、
 
「あ、おかあさんが来てくれなくても
自分で立っておかあさんのところに行けばいいんだ」
 
って思ってる自分がいるのね。
 
前は、頭でわかっていても
そんな風には思えなかったのに。
 
やっぱり、肉親の愛ってすごい。
 
姉ちゃん、ありがとう。
 
わたしも、姉ちゃんが姉ちゃんでよかったよ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
ひとつ前の記事で、悪魔だった話を書きましたが(笑
 
今日はそのあと、天使になった話を。
 
・・・・・・・・・・・・
 
私は西宮に住んでいて、阪急電車の神戸線を利用してるんだけど、
先日、電車に乗ろうとして
 
きょうはゆっくり座って行こうかな、と
いつもは乗らない普通電車のホームに行きました。
 
で、電車に乗ってやれやれと思ってて
電車が発車してからのアナウンス・・・
 
「ありがとうございますーこの電車はー雲雀丘花屋敷行きですー」
 
あれれ、間違えて宝塚線に乗っちゃったよ。
(全然違う方向ね)
 
はー、せっかく座れたのにすぐ次のターミナル駅の
十三駅で乗り換えなきゃ、と思って仕方なく電車を降りて
神戸線のホームに向かう・・・途中で、
 
ふと、ほんとにふと、
あ。十三で一杯呑んで帰ろ!
 
と駅を降りました。
そんなの思ったの初めてなんだけど。
 
じゃあどっか立ち飲み屋さんを探すかー、と
駅近くの小さい筋をぶらぶら物色。
 
あんまり暗すぎるとこもあれだし、
おしゃれすぎるのもなんかあれだし(←「あれ」ばっか笑
 
なんか常連さんぽい人が2人くらいで話し込んでるとこも入りづらい。ふーむ。
 
そしたら、ほどなく
「立ち飲み焼肉」の看板と
七輪が並んでる明るい店内が見えて、
お客さんは誰も入ってないとこがあって
 
あ、と思って反射的に入って
ミノとサガリを焼きつつ呑んでたら、
(美味しい肉だった・・・やっぱり食べ物屋に鼻が効く自分)
次に2人連れのお客さんが入ってきて。
 
いろいろ話してたら、話の流れで
そのうちの1人の若い男の子が
以前キャバクラでボーイをやってた、っていう話をしてくれたのね。
 
で、ずっと女の部屋に住んでて、
女が去ると家なくなるからどうしようかなとか思うんすよ、
とかいう話をしては
 
俺なんてクズっすから、
いつ死んだっていいんです。
とかいう。
 
でも、その人の目がとてもまっすぐだったから、
それを伝えて、
 
あのねえ、
何にもできなくっても、
何にも持ってなくってもね、
あなた、ちゃんと素晴らしいからねー!
 
って言ったら
その子の顔がみるみる変わっていったのね。
 
で、そろそろ帰る時間だったから
帰ろうとしたらとその彼が駅まで送ります、という。
 
で、駅までのみじかい道のりを歩きながら
 
「俺、最近ずっとそういうこと考えてたんです。」
 
と言って涙をポロリ。
 
ありゃ。
 
いろいろプレッシャーだったんだかね。
 
それで
その場で彼をぎゅーっとハグして
頭をなでなでしてあげたら
 
「あかんわ、あかん・・・」
 
って言いながら泣いてました、その彼。
 
(内心、ハグしながら
私も落ち込んでんだから私が慰められたいくらいだよ
・・・トホホーっ・・と思ったのは内緒)
 
そのあとバイバイ、って言って
電車乗って帰ってきましたけど。
 
こういう巡り合わせってあるんだよね。
 
人は、誰かが誰かの天使役になる時もあるし
悪魔役になることもある。
 
でもそれって、どっちも大きなとこで見ると
 
愛、なんだよね。
 
 
 
 
昨日から北海道なんだけど、
その前にちょこっと寄った東京行きの飛行機から。
 
空が綺麗だな、と思って撮ったら富士山が入ってた!!!
 
すべて、必然だよね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
私の一月は、けっこうにつらかった。
 
こんな記事を見つけて、ああ、いい記事だなあって思ったので
ここに貼り付けときます。
 
誰かの役に立つといいな。
 
 
 
 
 
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
自分が「オレって天使か!」と思う時はよくある。
ほんとよくある。
 
わたし性格いいもんな。
 
でも、今日は悪魔も出現。
 
さっき、うちのマンションのエレベーターの一階で
上るボタンを押したら、
 
モニターで地下の階にエレベーターがいて
そこで地下のゴミ保管室にゴミ出そうと
エレベーターを降りたおばさんが見えた。
 
で、
早く上に上がりたかったし
 
いつもほとんど一階にいるエレベーターがいなくて
イラッとしたし
 
しかもそのおばさんはちょっと苦手なおばさんで
エレベーターで一緒になりたくなかった。
 
で、
おばさんがゴミ保管庫に入ってる間に
エレベーターのドアは閉まって
一階まで来たんだけど、
 
その間、わたしは
 
「エレベーター、おばさんを待たずに
早く一階まで上がってこい!」
 
って思ってた。
 
あーくーまーだーぜー
 
でもいいの。
 
そんな自分もいるのさ。
 
天使が出る日もあるけど
悪魔が出る日もある。
 
何より私の中にイジワル悪魔はいる。
 
黒いやつ、いっぱいいる。
 
それをもってしても
自分が最高だと思っている今日このごろ。
 
 
 
 
 
 
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
ここ最近、気分が沈んで大変でした。
1月の後半は毎年気分が沈むので引きこもりがちですが
 
今年は特にひどくて
鬱寸前か?というくらい。
 
追い打ちをかけるように
人間関係もいろいろあって、
かなりひどい状態でした。つらかった。
 
(体からのアプローチで随分早く立て直すことができました。先生ありがとう。)
ごく近しい人と話をしたりして気持ちの整理をつけて過ごしつつ
 
大寒を乗り切ったからなんとかなるかな、という
希望的観測をしながら、
家でなるべくのんびりしています。
 
クイーンエリザベス号の続きは、またおいおい書いていきますが
今日はちょっと別の話題。
 
私は家の近所の歯医者さんに通っていますが
ちょっとそこで印象的な出来事があったので書いといてみます。
 
その近所の歯医者、ここ5年くらい通っているのですが、
先生がとてもいい方で信頼できる歯医者さんなので
これからもぼちぼちお世話になろう、と思っているとこなのですね。
 
だけど、そこの受付のお姉さんが
どうにも苦手だったんです。
 
というのも、私は遅刻常習者なんですが、
治療の予約の時間に5分遅れると
このハラさんという受付のお姉さんが
ものすごい「機嫌悪い空気」を出すんですね。
 
まあ、予約の患者さんのやりくりを
彼女がしているからなのだろうけれど
 
遅れたのを謝っても、
順番が後になってもいいし、待っても構わないのでと言っても、
彼女の機嫌悪い空気は変わらないんです。
思った通りにならないからでしょうね。
 
その気持ちも想像はできる。
きっと彼女には、遅刻する人の気持ちが全くわからないだろうし
自分は時間に正確にしてるだろうから
許せないんだろうなーってのも想像がつく。
 
きちんと患者さんのスケジュールも管理したいんだろうしな。
そりゃあ、遅れてくる人いたら腹も立つよね。
 
だけどさ、
みんながあんたの思い通りには動かんのだよ・・・
 
と、心の中でいつもつぶやいてはみるものの
まあ、本人にそうは言えず(笑
 
で、その「機嫌悪い空気」、
もうなんか、耐えられないくらいヒステリックでですね。
こう、超音波ちっくに機嫌の悪さがビンビン伝わって来る・・・
(あれは一度見てもらいたい・・・)
 
気にしなきゃいい、という向きもありましょうが
なんともそれが、私には常々苦痛だったんです。
 
それなら時間通りに行けば、となるところですが
 
私ね、ダメなんですよ。
もう長年、この遅刻癖と付き合ってますけど
どうにもできないんです。
信じられない人には信じられんでしょうけど、
本当にそうなんです。
 
遅刻しないようにしよう、としても
なんだか変にそれがプレッシャーになって
また遅刻しちゃう、という暗黒ループに入り。
 
どうしたもんか、もう歯医者を変えようか、とまで
思っていたんです。
でも先生好きだしなあ・・・
 
で、いつも行く美容院の担当の橋本さんに
ふとその話をしたんです。
そのハラさんがどんな感じかも話して。
 
そしたら、橋本さんが
「あだちさん、それは怒っていいんじゃないですか!
だって、歯医者さんだってサービス業みたいなもんでしょ?!
あだちさん、遅れたことも謝ってるってのに、
それ、そんな機嫌悪い空気出してくるそっちの方が悪いですよ!」
 
と言ってくれたわけです。
 
そんで、橋本さんが、先日入ったレストランで
感じ悪いサービスを受けた時に
その店の感じ悪いにいちゃんにブチ切れて
相手が立ち直れないくらい叱り飛ばした、という
話を聞いたんです。
 
その話を聞いているうちに、
だんだん心が強くなってきて(笑、
そうだ、そうだよね!こっちはお客なんだし!
 
と思って、
 
じゃあ次に行った時に、
ちょっと!怒らないでよ!と
彼女に強い口調で直接注意してみようか、とか
いろいろ考えてみたんです。
機嫌悪さマックスの彼女の顔を思い浮かべつつ
セリフとかシミュレーションしてね。
 
冷静に相手を諭すような筋のとおった
ストーリー立てもできたし。
よしよし、ホクホク、なんて思ってたの。
 
だけど、日にちが経ったら
なんだかそれもどうでもよくなってきちゃって(笑
 
歯医者さんにかかる用事も
この前で終わってるし、まあいいか、と放置していたら
 
きましたよ、きましたよ、突然の歯痛が・・・。
もう、顔が腫れてほっぺの大きさが違うのがわかるくらいひっどいの。
これが我慢できるレベルのものではない・・・
 
ちょっと心が重いわけです。
ほら、タイミング的にも元気なかったし。
 
もういっそのこと、違う歯医者にしようか、と
別の歯医者の門をたたくも(二軒も・・・)
そこも予約がいっぱいで、
結局いつもの歯医者の予約を取りました。
 
そしたら、急に入れた予約だったので、
またそのハラさんに電話で
 
「16時までには入っていただくことになりますがいいですか?!」
 
と強い調子で念押しをされて、
またげそっとなってたわけです。
大丈夫かオレ、16時に行けるかいな。
 
で、今日行く前に、
やっぱり、
 
こちとら客だ!と上から目線で言うのも、
 
はたまた
こっちが正しいでしょ、アナタなんなの、という
諭しの論理で行くのも
 
どっちもなんだかしっくりこない感じがして
 
ふーむ、じゃあ、そのお姉さんに
面と向かって、怒られるの嫌なの、って言ってみようか、
 
って思ったの。
(子供か(笑)
 
でも、思ってみたら、
うん、なんかそれがいいや、
それが一番自分らしいなって。
 
で、なんとなく覚悟を決めて行ってみたら
(なんとか16時1分に着きましたわよ)
受付にはハラさんではない違うお姉さんが。
 
なんか肩透かしを食らった感じ。へろ。
 
で、無事に治療を受けたのですが、
そしたら今日は歯医者が全体的に空いてて、
その時には他の患者さんがいないような気配。
 
なので、思い切って先生に
 
「あのう、先生・・・
今、他の患者さんいないですよね・・・?
ちょっとお話、いいですか?
受付のハラさんのことなんですけど・・・」
 
というと、先生目を丸くして
 
「なんですか?はい、どうぞどうぞ!」と。
 
そこで思い切って、
 
「あのう、私、決められた時間に
どうしても5分10分遅刻してしまうことが多くて。
でも、それで遅れてきた時に、ハラさんが
すごく怒っている空気を感じてしまうんです。
 
ちゃんと時間を守れるきちんとした方には
なんで遅刻するのか、きっと信じられない話でしょうし
受付のやりくりもあるでしょうから大変なのもわかるのですが
 
でも私には遅刻をしないということが
とても難しいことなんです・・・」
 
と、そこでふと、口から
 
「昔勤めていた時にも遅刻をしないようにするのが
とても難しくて、鬱になってしまったことがあって・・・」
 
という言葉が出てきました。
 
そうしたら、先生が
 
「ああ、そうなんですか、
それなら言ってもらえれば大丈夫ですよ!
 
病気なのなら仕方がないですよね!
こちらも受付の方に言っておきますから。」
 
と言ったのです。
 
あれあれ、なんか私、
自分を病気にしちゃったわ。
昨日ADHDの記事読んでたからかな・・・
 
・・・で、でも、なんか丸く収まったよね。
 
で、帰ってきていろいろ考えてて。
 
あー、なんかこれ、
結局一番いい解決方法にたどりついたかも。
 
私がしたかったのは
 
「いつもの歯医者に、時々遅刻をしながら通い続けたい。
でも、遅刻した時、怒られないで普通にしててもらいたい」
 
という希望であって、
 
そこに至るまでに
一番マイルドな方法が良かったわけで。
 
ハラさんの性格を直したいわけでもないし
人生訓を垂れたかったわけでもないし
先生にハラさんを怒って欲しいわけでもないし
喧嘩をふっかけて怒りたいわけでもなかった。
(怒るのって、本当エネルギー消費するんだもん・・・)
 
そのために別に歯医者の人たちに
あだちさんはそういう精神的な病気って思われても
それで怒られないんなら全然平気。
 
あー一番いい解決になって良かった。
 
と、思ったの。
 
きっとね、昔なら違う考えだったと思う。
 
誰かの考えが間違ってることをわからせなきゃ、とか
自分の気持ちを分かってもらわなくちゃ、とか。
そんなこと思ってた。
 
でも、
 
それはもう、いいんだよね。
 
だって、自分が自分のことわかってたら、それでいい。
自分が自分の味方なんだから、
別に他人はどうでもいい。
 
だから、自分が心地いい結果を得られたら
他人に自分がどう思われても構わない。
 
だって、私は他の誰でもない、わたしを幸せにしたいだけだから。
 
今回のこのことで、
自分の今いる感覚がすごーくよくわかりました。
 
結構、ここ、ここちいいね。
 
そして、自分、大人になったね。
よくやってるよ。
 
 
 
写真は旅行の最後の方で行ったストーンヘンジ。
ひっさしぶりに行って、観光客の多さにびっくりしただよ。
そして、柵の外からしか見られないようになってるのにも。
 
昔はじかに石にさわれたのにねー。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。