樹海のリュケイオン

関西のフリーナレーター・樹リューリのブログです。



テーマ:
{52DC3FF3-1853-4414-A4D9-091F3175C7D0}

病院帰りでグッタリ。

家の中ではちょっと不機嫌なだけで、ご主人様が触ってもギャーギャーわめくくせに、病院やと緊張して全然鳴かないんでやんの。とんだ内弁慶ですわ。

腎結石でしばらく服薬の日々。
うまいこと飲んでくれるかしら。
いや、うまいこと飲ませられるのか俺?

{C92F8ED8-6763-4A0F-A59D-B647B6F23635}


しらーん。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「日常」 の記事

テーマ:
IMG_2240.jpg

前提として。

欲望はきりがないということを我々は知っている。
恋愛。
快感。
名誉。
金銭。
食欲のみは肉体という物理的制限がブレーキを効かせられるとしても、その他の「欲望」というヤツは、くれるなら、取れるなら、もらえるなら、際限なく望んでしまうのが人間の本質であるということは、認識はしていなくても理解できる程度の普遍的な概念である、のだ。

「刻刻」の堀尾省太の最新作。

前作でも堅固といえるほどしっかりした世界設定で、読者を異世界へと容易にいざない、そして放しませんでしたが、今作もすごい。
なんだかより緻密で徹底した感があります。背景、仕草、反応なんかがとても丁寧に描かれている。P58~62のリアルさよw

そして、そのガッチリ作られた世界のほんのわずかなヒビに、この作者ならではの「異物」が侵入してくる展開。そのせいで、つまり「日常・普通」がリアルに描きだされているだけに、「異物」の得体の知れなさ、不気味さがより増しているのです。ここがたまらんクセになる。

すべからく物語というのは、何かが変容する様を描くわけですが、こちらの予想より速く広く強く、どんどんと浸食されていくこの不気味さ。このハラハラ感を味わえる作品はそうそう出会えるもんじゃないですよ。

「一体どうなるの?」

欲望が際限ないということをこっちは知ってるもんですから、「そんなんしたらこうなるやん?え?いいの?」とか、やきもきハラハラ落ち着かねえw
まとめ読みもいいんですが、リアルタイムで追いかけるこの焦燥感を味わうのもマンガ読みの楽しみの一つ。「福の神」という「異物」が何を起こすのか、目が離せません。
オススメ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

IMG_2233.jpg

高速バス内の通路。
天井は頭一個分低くてとてもまっすぐ立ち上がれませんでしたが、流れる車窓の外を眺めつつの昼バス旅は、たまになら面白いものでした。足伸ばす工夫がいるのう。


師の遺影に花を供えてきました。

神妙に胸のうちで語りかける作業は、己のためにも必要なのでしょう。

「式」というものはそのためにあるのかも。



なんだか流れる時の速さにおののくばかり。自分に残された時間はあとどのくらいあるのだろうと少しセンチになりつつ喪服を脱いだら、6月の蒸し暑さのせいでそこそこ汗だくなってたわい。

帰りは電車。新幹線はえーw


IMG_2234.jpg

足柄。

はしゃいで肉巻きおにぎりバクついたせいで、この景色のあと少し気持ち悪くなりますw
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
{7BDE2315-432F-4567-95C6-F5FCDDDECF1A}

長距離高速バスで東京に向かってます。

2時間ほど乗った結果わかったことは、こと旅に関して体でかいやつは不利ってこと。

席はともかく通路は狭い天井は低い。

DVD観るつもりでプレーヤー持ってきたのにイヤホン忘れた旅路。
あと7時間ほどですw

考えてみると、二階建てバス乗ったん初めてかも。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
{3D15397C-64CC-45A4-AEA0-DD51FD220886}

なにわ藝術祭の表彰式アンド記念公演というやつを観せていただきました。

落語や舞踊だけでなく様々な舞台芸術を生で観られる贅沢なお時間。

声楽のカウンターテノールで新人奨励賞をとりはった峯本大地さんがインタビューで、「小さいときからミのシャープが好きで…」とか言うてはって、芸術の世界で上に行く人は常と違うなと驚愕w
「好きな音階」なんて考えたことないわ。

人体の迫力と凄さを体感できた。
人間はすげー。
毎日がんばろうと思ったのです。
マジメやでw
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
IMG_2216.jpg

あるモデルにつきまとうストーカー。当人たち、そして周辺の人々の「語り」で物語が進むのですが、少しずつ「何が起こったのか」が判明していく雰囲気が不気味で秀逸。

エグいよ怖いよと思って読み進めていくと、予想と全然違う場所に連れていかれるエンディング。

いやあ、読むのをやめられないミステリーでした。
文章、ブロック、全体。それぞれに味わいの違う面白さが仕込んであるという。小説ならではですなあ。堪能しました。
井上夢人著。名作です。

ビートルズに詳しい人ならトリックに気づくのかも…?
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
IMG_2214.jpg

久しぶりにスマホを機種変更。SEにしました。

あんまり(まったく)詳しいことはわからんのですが、触った感覚的に以前の5Sより反応がソフトで繊細な感じ。さらっ、ふわっと動きます。
サイトにつながるのも速くなったし、カメラもキレイ(らしい)。まあ6使ってる人には今さらってことなんでしょうけど。

機種変更する前にデータをバックアップ。iTunesにつないでやったんですが、なぜiTunes上で確認ができないのか…?すげー不安で(笑)大事な写真(注:猫)はいちいち手動で保存。連絡先も店頭で店員さん指導の下再保存して盤石の体制を整えましたとも。
で、結果、新機種をiTunesにつないだらほぼ完璧に戻ったというwいらん手間かけたわい。

本体の大きさは5Sと同じなので使い勝手は変わりません。反応が速くなった分快適。

そして綿密な打ち合わせ(注:ただうなずきつづけただけ)の下、月々の支払いも以前より安くできてとりあえずは万々歳の変更です。


ただ…申し込んでから本体届くまで2ヶ月かかったw

店舗によっては余ってるとのうわさもあるSE。こんなに時間かかったのはD町やからか?
地域差による力学的要素もあるのでしょーか。あるかもしれん。
電話で本体届いた連絡をする店員さんの声が、人生の大きな壁に直面でもしたかのように、ものすごいはかなげで申し訳なさそうだったのが印象的です。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
IMG_2212.jpg

ドラクエは遊戯ではなく生活なのです私にとって。

言わずと知れた日本産RPGの王、ドラゴンクエスト。
今年で発売開始から30年、シリーズはナンバリングだけで10作出てます。とーぜん全部やってます。

鳥山明がデザインしたキャラクターとモンスターのイラスト集です。ファンは大興奮。
一体一体のモンスターがあの頃のプレイ状況を思い起こさせてくれる魔法の書ですな。
なんつっても未公開デザインがかなり多い。没デザインもあれば、まったくの未使用イラストも。
ドラクエ好きなら隅から隅まで堪能できる本であります。

あー、PS4で初期作復刻してくれんかなあ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
IMG_2204.jpg
IMG_2205.jpg

フットロック&ビアーズで行われたFreeportal、半日かけて様々なミュージシャンが登場するお祭りイベントで、なぜか一人だけ映像使って解説MCをやってきました。

まあいわゆるアオリの役目なわけで。エレクトーンプレイヤーの田中暁さんの演奏前にぶっこんだのですが、うまいことやれたかどうか。「エレクトーンの音聴いてみたい」という風になったか、会場のお客さんに聞いてみたかったですが、もうのきなみへべれけ(死語)だったので、ついつい勢いに巻き込まれてしまいました。
田中さんの写真、撮ったはええが後ろ向きなのよねw

どのミュージシャンもカッコよかったのですが、特に気になったのが、松濱正樹さん。

さびれた男のしぶいブルースなのですが、絹糸のような繊細な声!このマッチングはどえらい体験でした。CD買いそびれた。

IMG_2207.jpg

疲労困憊ながら楽しかったです。次回はもっと門戸を開いてお客さん呼ばねば。閉じたらアカンね、「港」っつってるくらいですもの。

IMG_2209.jpg

刺繍のお店もあったでござる。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。