1 | 2 次ページ >> ▼ /
2012-02-29 10:51:25

犬のアロマQ&A 犬の皮膚にアロマ精油が直接触れても大丈夫?

テーマ:犬の皮膚トラブルと向き合う
●ランキングに参加しています^^
ワンクリックで10ポイントが加算され、ランキングが上がります。
クリックで応援お願いします。
ワンポチ↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 食事・栄養へ

人気ブログランキングへ


●mixiで「犬の石けんと手作り食」というコミュをやってます。
 気になる方は、まずは参加を♪⇒参加する



○○さん、こんばんは。
Office Guriの諸橋直子です。


昨日から、「犬の皮膚を健康にするアロマテラピー活用方法」について
寄せられた疑問をテーマに
それに対する回答をお届けしています。



見逃した!と言う方は
こちらからバックナンバーをご確認ください。

↓    ↓

■Q&A 犬の皮膚を健康にするアロマテラピー活用方法:
 犬の皮膚にアロマ精油が直接触れても大丈夫?
http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&196m2






さて、昨日の疑問を要約すると…




・アロマ精油の原液を直接皮膚に塗ってはいけないときいた

・一方で、リンスなどでアロマ精油を活用するときは
 水などで薄めたものを直接犬の体にかけるとメルマガに書いてあった

・でも、それだとやっぱり犬の体に直接精油が触れるのでは?
 それって大丈夫???



ということになります。




この疑問を考える上で、昨日のメールでは
ちょっとしたヒントをお出ししました。



■ヒント:

○○さん、カルピスを原液で
ぐいぐい飲めますか?


無理そうですか?(笑)



じゃあ、薄めたカルピスだったらどうですか?



ヒントは以上です。









…。






実はこのたとえ、私は実際にアロマのセミナーで
何十回、何百回とお話ししています(笑)





私はカルピスが好きですが、原液では飲めません。
甘過ぎてむせてしまうと思います。




一方で、カルピスは水で割ることで
美味しく飲めるようになります。



甘さも濃さも、水で割ることで
飲むのにちょうどよい加減になるからですね。




何故か?





カルピス原液はものすごく濃縮されたものだからです。
だから、そのままの濃さでは
美味しく飲むのは難しい。






濃縮されているという点では、アロマ精油も一緒です。




「カモミール・ジャーマン」精油の場合、1kgの精油を得るために
原料となる生のカモミールジャーマンが500kg必要とされるケースもあります。


単純に考えて500分の1に濃縮されているって考えてみてください。


(本当はもっと複雑ですが、話を分かりやすくするために
 敢えて単純でシンプルないい方に変えています)


その原液のまま、体に塗ったりしたら
大変なことになりそうだな…と言うのは想像がつくと思います。







ちなみに私は、犬用アロマテラピー石鹸を作成する仕事もしていますので
精油を扱うことは日常茶飯事です。




そして、時々
精油のボトルのキャップにちょっと精油が付いていて
気がつかないで直接手で触ってしまった…ということもよくあります。




そんなとき、


「きゃああああ!手に着いちゃったああああ!どうしよう!!(泣)」




と、慌てることは…実はありません(笑)





というのは、少々肌に着いたくらいでは
私の場合、特にどうということは無いからです。




精油が直接肌について、「あれ、何か痒いぞ…」という体験をしたのは
「オレンジ・スイート」と言う精油くらいです。



一般的に「オレンジ・スイート」は刺激が強い精油ではなく
むしろ穏やかに作用する精油の代表として
取り上げらることが多い精油ですが
私の場合は、この精油は入浴時に浴槽に少量垂らす、という
かなり薄めた状態でもやっぱり痒くなります。



これは面白い…と(!)
同じ柑橘系で色々実験してみましたが



グレープフルーツ→○
ベルガモット→○
レモン→○


という結果でした。


このことから分かるのは、
私が個人的に「オレンジ・スイート」が合わない、ということです。



「ラベンダー」
「カモミール・ローマン」
「ティーツリー」
「パルマローザ」
「ユーカリ・グロブルス」
「ペパーミント」
「レモン・ユーカリ」
「レモングラス」
「ローズオットー」





…まあ挙げればきりがないくらい、
日常で精油を原液で直接触っちゃったよ!っていう機会は
私は多いですが
ざっと挙げただけでもこのくらいの精油は直接触ってしまっています。





でも、特に何も起こりません。


痒くなるのは「オレンジ・スイート」のみです。




ちなみに「オレンジ・スイート」に関しては
注意深く、製品ロットの違う精油でも実験してみましたが
やっぱり合いませんでした。



何が言いたいか?



こればっかりは体質によるということです。




そして、皮膚が健康な状態であれば
多少精油が手に着いたところで
いきなりどうこうするっていうのはほとんどありません。


(アレルギー等の場合は別です)





過去にアロマテラピーのセミナーも数多く開催しましたが
参加者さんが「手に精油がかかってしまいました」と
おっしゃるケースも多数ありました。


そういう場合は、「すぐに手を洗ってくださいねー」とお伝えして
精油を洗い流していただきました。


それでトラブルが起こったケースは
私が講師を務めたセミナー内では少なくともありません。






一方で、肌がちょっと弱っている状態のところに
精油の原液が触れたら、染みたり、赤くなったり、
何かしらの反応が起こるケースもあるでしょう。




そうした皮膚の状況も、体質も、コンディションも
人それぞれです。



なので、基本ルールとして



「精油の原液を直接肌に塗らないでください」



ということが言われるのです。




そして私もこのルールを守ることを強く推奨します。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^






○○さんや○○さんにわんちゃんの肌がどういう状態か、
どういう体質なのか、は
私にはわかりません。




なので、トラブルを防ぐために、



「精油の原液を直接肌に塗らない」



というルールはお守りください。







一方で、精油成分の持つ様々な効果を体感するためには
その成分を何らかの形で取り入れる必要があります。



ではどうしたらいいか?



体が精油成分を快適に受け容れられる濃度まで
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
希釈するのです。
^^^^^^^^^^^^^





希釈っていうのは、要は薄めるっていうことです。




・水で薄める
・オイルで薄める
・その他の素材で薄める





「原液は塗らないでください」




って私はこのメール内でも
何度も言ってます。



「原液」っていうところがポイントなんですね!




「諸橋さん、原液で塗ってはいけないっていうのは分かりました。
 じゃあ、犬の場合
 どのくらいまで薄めて使ったらいいんですか?

 私はそこが知りたいんです!!」







○○さん、今そう思いませんでした?(笑)





実は、犬の場合、どの程度まで希釈して精油を使ったらいいか?という
ガイドラインがあります。



精油何滴に対して、水何ccとか
その結果希釈濃度は何%とか、ものすごく具体的な数字です。


「パーセントとか難しくてわかんないわよ!(怒)」


って言う方のために
このメルマガでは、もしお伝えするとしたら
水をどのくらい、精油の瓶から精油を何滴くらい落とせば
このくらいの量になりますっていう
具体例でお話しします。





いかがでしょうか?
○○さんはその数字、知りたいですか?




知りたい場合は、
^^^^^^^^^^^^^^
明日の午前10時までにこのURLをクリックしておいてください。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

↓    ↓
(メルマガ読者様のみご利用いただける機能です)



知りたいっていう意思表示をしてくださる方が多い場合は
明日、このメルマガ上で具体的な数字をお伝えします。



少ない場合は、あまりこの情報は需要がないんだなーということで
数字は公開しません。



折角貴重な時間を割いてお読みいただいているわけですし
私自身も自分の時間を割いてメルマガをお届けしている以上、
できるだけ読んで下さる方の
お役にたつ情報を配信していきたいと考えています。



なので「その情報が知りたい!」と言う場合は
クリックで意思表示をお願いしますね。





折角ご縁があってこうしてメルマガをお届けしているわけですから
一方通行のメールマガジンにはしたくありません。



○○さんが疑問に思っていることは
他の多くの方が疑問に思っている可能性もあります。
小さなことでも結構ですので
メールしてくださいね。


(その際は必ずメールフォームよりお願いします)



本日も最後までお読みいただきありがとうございます。



ドッグホームケアセラピスト
諸橋直子




(終)


●本日の記事がお役に立った場合は、ワンクリックで応援をお願いします!
ワンクリックで10ポイントが加算され、ランキングが上がります。
ワンポチ↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 食事・栄養へ

人気ブログランキングへ



ぐり通信、ご購読はこちら

犬の手作り食やマッサージなど、犬の健康をサポートするための情報をメールマガジンで配信しています。
自宅でできる愛犬のマッサージやアロマテラピー、食事について知りたい方はご購読ください。無料デス*

■無料購読ご登録はこちらから⇒クリックして購読する!
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2012-02-28 09:09:43

Q&A 犬の皮膚を健康にするアロマテラピー活用方法

テーマ:犬の皮膚トラブルと向き合う
●ランキングに参加しています^^
ワンクリックで10ポイントが加算され、ランキングが上がります。
クリックで応援お願いします。
ワンポチ↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 食事・栄養へ

人気ブログランキングへ


●mixiで「犬の石けんと手作り食」というコミュをやってます。
 気になる方は、まずは参加を♪⇒参加する




○○さん、こんにちは。
Office Guriの諸橋直子です。


本日は、「犬の皮膚を健康にするアロマテラピー活用方法」について
素朴な疑問をお寄せいただいたので
それに対する回答をシェアさせていただこうと思い
メールさせていただきました。



では、アロマに関するご質問メールを紹介します。


↓    ↓


--------------------------------------------------------


諸橋さん、こんにちは。

いつもメルマガを楽しみにしています。

先日の「カモミールジャーマン」の精油を利用したリンス、
なるほど!と思いました。


さっそくやってみようと思いましたが、
ここで素朴な疑問が…。



前々回くらいのメルマガで、
精油を直接わんこの体に塗るのはNGとのことでしたが、
今回ご紹介のあったリンスだと、
精油が直接わんこの体に触れてしまうのでは…。
その当たりはどのように考えればよいのでしょうか?



よろしければアドバイスをいただきたいです。


よろしくお願いいたします。



BYふくのままさん

--------------------------------------------------------


ふくのままさん、ありがとうございます。

メールマガジン上での回答で失礼いたします。





以下、社団法人日本アロマ環境協会(以下、AEAJ)の
ガイドラインに沿ってお話しします。


■AEAJ
http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&195m3


あ、AEAJというのは「アロマテラピー検定」などの
資格試験を主宰している団体です。



アロマテラピーを安全で快適に一般ユーザーさんが活用できるように
基礎知識などを学んでもらえるよう活動している団体です。


ちなみに私はこの団体の認定試験を受けて
「アロマテラピーインストラクター」の
資格を保有しています。



この団体は人間向けのアロマについての知識を普及する団体なので
基本的にサイト上の解説は人間向けだと思ってください。



動物に活用する際の注意点は
このメルマガでも過去に何度かお話ししていますし
これからも必要に応じて注意点を申し上げることがありますので
是非その部分は○○さんにも
しっかりとご留意頂きたいと思います。










さて、以前このメルマガでは「犬の皮膚トラブル」に
ハーブによるケアを活用する方法を取り上げました。
↓    ↓
http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&195m4



その中でも、特に「カモミール・ジャーマン」が
お勧めである理由もお伝えしました。



「カモミール・ジャーマン」の中には
代表的な有効成分である「カマズレン」が含まれます。




「カマズレン」には
抗アレルギー作用、抗ヒスタミン作用、抗炎症作用、鎮掻痒作用、皮膚組織再生作用といった
非常に嬉しい作用があるため、
特に痒みの悩みを抱えるタイプの犬には
非常にお勧めです。





しかし、残念なことに
「カマズレン」は揮発性といって、
蒸発しやすい成分であることもお話ししました。




これはシンナーなどが蓋をあけたままにしておくと
どんどん蒸発してしまうのと同じです。




そのため、ドライハーブから抽出したハーブティーを
リンスに使った場合、「カマズレン」の効果は
ほぼ期待できないと考えられます。




そこで、生のハーブから
この「カマズレン」をたっぷり含んだ状態で抽出された
「精油」を活用する方法をご紹介しました。




ただし、精油は非常に濃縮されたものなので
原液を犬の皮膚に直接塗ったりしないでくださいね、というのが
ポイントです。




このメルマガでは、リンス時に
ぬるま湯などに精油を1~2滴垂らして
よく混ぜてから犬の全身をリンスしてあげましょう、とお伝えしました。



そしてこの部分が、



>前々回くらいのメルマガで、精油を直接わんこの体に塗るのはNGとのことでしたが、
>今回ご紹介のあったリンスだと、精油が直接わんこの体に触れてしまうのでは…。
>その当たりはどのように考えればよいのでしょうか?



という、ふくままさんの疑問につながっていると
私は考えます。




さて、それではこの場合、どのように考えればいいのでしょうか?






ポイントは



・原液





・希釈液



の違いです。




さらに詳しい解説は、長くなったので次号に譲りますが
ヒントを出しておきますね。


↓     ↓

○○さん、カルピスを原液で
ぐいぐい飲めますか?


無理そうですか?(笑)



じゃあ、薄めたカルピスだったらどうですか?



ヒントは以上です。





明日の18時頃、さらに詳しい解説をメールしますので
どうぞお楽しみに!


本日も最後までお読みいただきありがとうございます^^



ドッグホームケアセラピスト
諸橋直子




(終)


◇追伸1:

私の知人に岡さんって言う人がいます。
トイプードルのわんちゃんが愛犬で、何とハープが弾けるのですが
実はスゴ腕英会話講師が本業です(笑)


その岡さんが
英語話せたらいいなーって思いつつ、
なかなか話せるようになれない人に向けて
ポイントを7つに絞ったアドバイスを無料で公開しています。

↓     ↓

http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&195m5


ちょっとしたコツをつかんで開眼する人っていますよね(笑)


○○さんがもし、英語を話せるようになるための
具体的なアドバイスが知りたい!と言う場合は
今すぐ無料で請求されることをお勧めします。

↓     ↓

http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&195m6




◇追伸2:


息子、インフルが治ったと思ったら
今度は鼻風邪ひきましたー。
↓     ↓
http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&195m7

いい加減にしてーと思いつつ
こうやってちょっとづつ強くなってるんだって
思うことにします(泣)






◇追伸3:


ナッティーとフルーツだったら
圧倒的にフルーツの勝ちでしょう!(個人見解)
http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&195m8



ここのフルーツバーチョコレートは本当にやばいです。
今までノーマークだったのに
何故か最近、急にここのチョコに開眼してしまいました…。





折角インフルエンザで痩せたのに
めきめき体重が戻りつつあります(泣)
ああ…(号泣)


●本日の記事がお役に立った場合は、ワンクリックで応援をお願いします!
ワンクリックで10ポイントが加算され、ランキングが上がります。
ワンポチ↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 食事・栄養へ

人気ブログランキングへ



ぐり通信、ご購読はこちら

犬の手作り食やマッサージなど、犬の健康をサポートするための情報をメールマガジンで配信しています。
自宅でできる愛犬のマッサージやアロマテラピー、食事について知りたい方はご購読ください。無料デス*

■無料購読ご登録はこちらから⇒クリックして購読する!
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2012-02-27 16:52:17

皮膚の痒みの悩みを抱えるわんちゃんへ…。

テーマ:犬の皮膚トラブルと向き合う
●ランキングに参加しています^^
ワンクリックで10ポイントが加算され、ランキングが上がります。
クリックで応援お願いします。
ワンポチ↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 食事・栄養へ

人気ブログランキングへ


●mixiで「犬の石けんと手作り食」というコミュをやってます。
 気になる方は、まずは参加を♪⇒参加する



○○さん、こんにちは。
Office Guriの諸橋直子です。


さて、今日はハーブを犬の健康サポートに活用する方法のまとめです。


生のハーブに含まれている犬の体に良い有効成分は蒸発しやすいので
ドライハーブ等を使った場合は
そうした成分の恩恵を受けられない、と言うお話をさせていただきました。




一方で、通年を通して入手すやすいのはドライハーブの方です。




そこで、ドライハーブでは失われてしまう有効成分を集めて濃縮した
「アロマ精油」を併用してはいかがですか?というお話を
前回のメールではさせていただきました。




例えば、「カモミール・ジャーマン」。



「カモミール・ジャーマン」のドライハーブから作ったハーブティーには
穏やかな抗菌効果があります。





そのため、皮膚の弱い犬のシャンプー後のリンスとして
良質のハーブティーから抽出したハーブティーを
たっぷり全身にかけてあげるだけで
犬の皮膚を清潔に保つのに役立ちます。








一方で…。




「カモミール・ジャーマン」の代表的な有効成分である「カマズレン」。




「カマズレン」には
抗アレルギー作用、抗ヒスタミン作用、抗炎症作用、鎮掻痒作用、皮膚組織再生作用といった
非常に嬉しい作用があるため、
特に痒みの悩みを抱えるタイプの犬には
非常にお勧めです。



ただし…これは時間の経過とともに蒸発する「揮発性」と言う性質をもつ物質なので
残念なから「ドライハーブ」のみを使ったリンスでは
この恩恵を受けることはできません。





ではどうしたらいいのか?




「カモミール・ジャーマン」の
アロマ精油をここで活用すれば良いのです!




リンス用ハーブティーを犬の全身にかける前に
1~2滴の「カモミール・ジャーマン」精油を垂らし
よく混ぜます。



そうやって作ったリンス液を、
犬の全身にまんべんなくかけてあげるだけです^^



こうすることで、「カモミール・ジャーマン」の有効成分を
あますことなく犬の毛と肌に届けることができますし







何よりただのリンスが

『うちの子のためのスペシャルケア』

に大変身です^^




どんなことでもそうですが



「意識して何かする」


のと



「何となくなにかする」



のとでは、おのずと結果が違ってきます。








たかがリンス、されどリンス。





ぜひハーブとアロマ精油を活用したこのスペシャルケアを
お試しくださいね



カモミールジャーマン精油は
通販でも購入可能です♪
http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&190m1







本日も最後までお読みいただきありがとうございます^^



ドッグホームケアセラピスト
諸橋直子




(終)


◇追伸1:

この動画、再生回数がどんどん伸びています。
http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&190m2

この回のテーマは「生卵の白身」ですが
本当に犬のNG食品については
都市伝説的なものがたくさんありますね~。


この動画セミナーシリーズ、今後もどんどん作成予定ですので
お楽しみに!




◇追伸2:


「アロマの虫よけ、今年は販売されますか?
 待ってます!」


と言うメッセージをいただくようになりました^^



北海道はまだ寒いですが
暖かいエリアではダニなどの活動も
早いので油断できませんね~。



こちらは近日、先行販売のお知らせをさせていただくので
今しばらくお待ちください~。




◇追伸3:



オネエすぎるお坊さん…。
http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&190m3


お坊さんだけどオネエ。
普通に恋愛して、お酒飲んで、好きなもの食べて…。

そんなお坊さんだからこそ
嘘の無い人生相談で辛口、バッサリでも
説得力あるんですねー。




そんなオネエすぎるお坊さんをお招きした講演会を
私の大切な友人であり、心理カウンセラーである
このはなさくやさんが率いる『ドリーム・チーム・プロジェクト』さんが主催します。



3月4日、ご都合つく方は是非!



【水無昭善先生講演会】

「生きてるだけで丸儲け
~極楽浄土には『生きてる今』いっちゃえばいいのよ~

Produced by ドリーム・チーム・プロジェクト

↓↓↓

http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&190m4

●本日の記事がお役に立った場合は、ワンクリックで応援をお願いします!
ワンクリックで10ポイントが加算され、ランキングが上がります。
ワンポチ↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 食事・栄養へ

人気ブログランキングへ



ぐり通信、ご購読はこちら

犬の手作り食やマッサージなど、犬の健康をサポートするための情報をメールマガジンで配信しています。
自宅でできる愛犬のマッサージやアロマテラピー、食事について知りたい方はご購読ください。無料デス*

■無料購読ご登録はこちらから⇒クリックして購読する!
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD




ブログパーツ

<

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。