使えば納得!8秒でわかる デール流コミュニケーション 術

コミュニケーション・説得術の達人が、デールカネーギーの原則活用法をつづります


テーマ:
空気が読めない人

例えば

今どうなっているのか
今相手は何を思っているのか
なかなか読めず相手から引かれてしまうけれど
引かれているのにすら気づかない。

そんな人はいませんか。
また同時に自分も空気は読めていないかもしれないと思う人もいるかもしれません。

空気を読むということは

状況を把握するということ
相手の立場にたって考えるということです。

例えば先日こんな話をききました。

友人主催の芸術鑑賞のイベントがありお友達を連れていったところ
これまた知人が同じ会場にいたらしく、連れて行った友人は大きな声でその人に声を掛けてそのまま話こんでしまった。

そこは静かな場所だっただけに周りに白い目で見られて場所いるけれど、本人はいっこうに気づかずそのまま大声で話こんでしまい、恥ずかしいやら、主催の友人に申し訳ないやらで困ったという話でした。

これは空気読めない以前にマナーの問題かもしれません。

空気を読めない友人に対して二度と一緒にいかない!
と怒っていた友人でした。

空気を読む、読めないというのは相手のことを考える気持ちの表れとも言えるかもしれません。

ですからみなさん、自分だけではなく相手や周りに目を向けて見ましょう。それはマナーにもつながります。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。