1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-08-20 11:46:12

【心の病】病院に行った原因は何ですか?

テーマ:心の病
長い年月、薬を飲み続けているのに一向に良くならず、それどころか、体調がどんどん悪くなって、外出もままならなくなってしまった……
そんなことでお悩みではありませんか?

それ、もしかしたら『病気』ではなくて、薬のせいではありませんか?

こんにちは。
断薬カウンセリングを行っています、心理カウンセラーの工藤ふみ江です。

当カウンセリングルームには、日々、
「薬をやめたいんだ」
という方からご相談をいただいています。

初めてのご相談のとき、私は必ず聞くんですね。

「具合が悪くなった原因は何ですか?」
って。

この質問に対して
「原因はありません」
とか
「わかりません」
と答えた人は、一人もいないんですね。

必ず、何かしらの心当たりをお話くださいます。

あれ? ちょっと待って。
全員が原因の心当たりがある???

風邪を引いたとき、
明らかな原因ってわかっているでしょうか?

歯が痛くなったとき、
明らかにあの時から虫歯になったとわかっている人っているでしょうか?

いないですよね?

なのに、心の病だけは
「心当たりある?」
と聞くと、皆さんが
「あの頃は……」
って、話し始めるんです。

おかしいでしょ?

こんなの病気ですか?

そう、心の病は『病気』ではないんです。

「とっても疲れちゃったから休んでね」
という、心と身体からのシグナルなんですよ。

そのシグナルを無視して、他人(医師、家族、周囲の人)の言う
「あなたは病気だ」
という言葉を信じてしまうから、そこから何年も苦しむことになってしまうのです。

本当に疲れてしまったら、病的症状も出ますって。

それを、感じてないフリをして、自分の素直な心と身体の叫びも無視して、安易に病気にしてしまうから、長い年月、治らない病を抱えなければならなくなってしまうのです。

ここに気づければ、断薬のゴールはうんと近づきます。

そして、二度と精神科に近づかない自分を手に入れることができるのです、


ただ本当は、クライアントさんがお話くださるのは『きっかけ』であって『原因』ではないんですね。

飽くまでも、病院に行くほどの病的症状が出てしまった時にあった出来事は『きっかけ』でしかないんです。

本当の原因は、もっともっと奥底にあるのです。

カウンセリングでは、本当の原因がどこにあるのかを一緒に見直し、その上で、今後、二度と病院に戻らない自分を手に入れていただくことに重点を置いています。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-08-17 14:51:23

心の病の影には必ず家庭問題がある

テーマ:家庭問題
こんにちは。
断薬のご相談をお受けしています。心理カウンセラー、工藤ふみ江です。
 
私は10年近く、ずっと離婚問題と親子問題専門のカウンセラーとして活動して来ました。
 
その私が、今では完全に断薬相談に移行することができた原因のひとつに
 
心の病の影には必ず家庭問題がある
 
ということがよく分かったことにあります。
 
私が心の病を扱うようになってからは、こればかり言っていますが
 
心の病になる人は、なる必要があってなっている
 
んですね。
 
ギリギリまで黙って頑張り、もう病人になることでしか自分の苦しさを表現できない……
 
そんな状態に陥ってしまうのも、過去の家庭環境がかなり大きく影響しているのです。
 
うちの断薬カウンセリングは、もちろん薬をやめることが第一の目的ですが、裏にある
 
二度と精神科に戻らない
 
という目標を、私は薬をやめること以上に大切に思っています。
 
そうするためには、過去、どこに問題があって、自分に多大な影響を与えていたのかに気づかなければいけないんですね。
 
なので、私のカウンセリングでは、断薬相談と言いながら、結局のところ、家庭問題……特に親子関係がどうであったかを見直すカウンセリングになっており、そこにほとんどの時間を費やすことになっています。
 
そこを大切にしなければいけないということに気づいたからこそ、私は今、断薬を主に扱っていても何も違和感がないんですね。
 
ただ、唯一違うことは……
 
今までお受けしていた親子問題は
『これから解決していかなければいけない問題』
だったけれど、断薬に関して考える親子問題というのは、
『過去に過ぎ去った問題』
をどう処理するかというお話なので、考える方向性や受け止め方はちょっと違うんですよね。
 
そこのころの考え方をアドバイスするのが私の仕事。
 
気づいていただくのは本人でなければいけませんからね照れ
 
そういう諸々に気づいてから、何の迷いもなくなりました。
 
家庭問題は私の専門分野。
 
これからもそこを大切にしながら、精神薬をやめること、もう心の病に惑わされることがなくなることを、クライアントさんと一緒に考えて行きたいと思っています。
 

 

 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ 

 

 

カウンセリングを申込む前に工藤ふみ江ってどんな人?
と思った方は10分ほど私と無料でお話しませう^^
相性確認お試しダイヤルやってます^^

 

 

 


  

 

  

 
地震に関する無料電話カウンセリング実施中
 
詳しくはこちらのページをご覧ください

 

   

 

家庭内トラブル(夫婦・親子問題)・心の悩みのご相談をお受けしています。
全国どこでも出張いたします♪
■office910

埼玉県 離婚 夫婦 親子問題 カウンセリング 調停 心理カウンセリング 精神薬 断薬
■民間カウンセラーネットワーク
民間資格のカウンセラーの仲間を作る
皆で勉強して底上げをして地位を確立する

を狙いとしたネットワークができました!
詳しくはコチラ!⇒

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-08-13 16:26:14

カウンセリングって何だろう?

テーマ:メッセージ
こんにちは。
心理(断薬)カウンセラーの工藤ふみ江です。
 
私のカウンセリング業も過渡期を迎え、それに伴い、ブログのテーマも変更。
そんなこんなでバタバタしてしまい、久しぶりの更新です苦笑
 
なので、今一度原点に戻り、私のカウンセリングってものの考えを記してみようと思います。
 
カウンセリングって高いですよね。
例え、病院に併設されていたとしても、カウンセリングの部分は健康保険は適用されないし。
 
なのでね。
時には「ボッタクリ」だとか「詐欺」だとか言われることもあります。
 
物販じゃない目に見えない商売って難しいですよね。
その人の受け取り方次第で、値段以上にも以下にもなりますから。
 
昔は、無料で一生懸命答えても、詐欺よばわりされて心が折れそうになったこともありましたからねがびょーん
正直、そういうときはツラいです……(苦笑)
 
今は強くなりましたから、そんなことで心は折れなくなりましたけどね。
それでもやっぱり『切ない』って気持ちはあるかな。
 
今でも、たまーにですけど、批判されるときがありますからねぇ。
でも、批判の文字を見てわかるんですよ。
 
こちらが精一杯提示したものの数%しか持ち帰ってもらえていないのですね。
100のうちの、1か2しか持ち帰ってもらっていません。
 
他のことは全部忘れられちゃっている。
特に、「自分と向き合う」という大切さをすっかり忘れられちゃって、自分の都合のいいところだけを覚えていて、それもうまく行かないと判断すると批判になる。
 
行政相談に行けば無料でやってくれる。
友だちに相談すれば無料で解決する。
なのに、同じようなことでカウンセリングは高い金を取る。
 
なんてことも簡単に言われます(苦笑)
 
実は、全然同じじゃないんですよ。。。顔に縦線
 
どんな違いがあって、何が大切かということは、クライアントさんにもよーく話しています。
 
そのことをきちんと理解して持ち帰ってくださったクライアントさんは、それをちゃんと納得し、そのような感想をくださいます。
 
先日も下記のようなを感想をいただきました。
 

工藤さんとてもパワーがあって芯があって驚きました。

考え続けるのは好きなので、考え続けることに向き合います。
まだ見えないこともたくさんあります。でもとにかくやってみます。

 
私は「どうしてその問題が起きたのかをきちんと考えなさいよ」という宿題を必ずクライアントさんに出すので、向き合う力のある方は、きちんと正面から向き合ってくれます。
 
この作業は、別に、問題が起きた原因に気づいて自分を責めろという意味ではなく、同じような問題が起きたときに、今度は上手に対処できるように、根本的なものを見つめてくださいという意味で、そういうお話をします。
 
断薬のご相談を受けたときも、離婚問題が起きたときも、親子問題が起きたときも、この作業は変わりません。
 
知り合いに相談する、行政に相談する……
確かに親身になって話を聞いてくれるかもしれません。
 
でも……その問題をどう対処したらということは一生懸命考えてくれるかもしれませんが、どうして起こったかを考えることはありません。
 
それは『対処療法』でしかないということなんですね。
対処療法は、その時は解決したように見えても、根本的な解決はできません。
 
ということは、同じことが繰り返されるということなのですね。
それでは意味がないんです。
 
私は、相談に来てくれた人の話を聞いているとき、必ず
「この人の問題はどこから来ているのだろう?」
ということを一番大切に、一語一句聞き漏らさないようにしながら、頭をフル回転させて言葉を拾います。
 
本当に解決するためには、ここが一番大切だと私は思っています。
 
相談された問題は、対処療法ではなく、根本的解決がちゃんとできるように導かなきゃいけない。
 
カウンセリングって、そういうものです。
……と、私は思っています。
 
 
私は何年もお金と時間を割いて学び、今でもずっとカウンセリングのことを考えてきました。
 
私の売りものは、その時間であり知識であり考え方であるので、確かに、それが金銭的に見合うかどうか……わかりづらいですよね。
 
けれど、私はこのカウンセリングに自信を持っています。
 
その自信を持たせてくれたのは、紛れも無く、多くのクライアントさんたちです。
 
私は多くのクライアントさんたちのお陰で、刺激をいただき、教えていただき、成長させていただきました。
 
だからこそ、私は自分のカウンセリングに自信が持てるようになったし、『相談』という目に見えないものに、真剣に取り組み、向き合い、誇りを持って対価をいただいています。
 
これからもそれは変わりません。
 
だって、私は多くのクライアントさんたちのお陰で、今こうしていられるのだから^^
 
ほんの数人の持ち帰れなかった人の意見に戸惑わされることなく、今後も胸を張って、私のカウンセリング道を歩みたいと思っています。
 
 
 
……(註)
 
カウンセリングに対する考え方は、技法によっても、カウンセラーによっても違います。
 
『過去は見るな。未来だけ見ろ』というカウンセラーもいます。
 
私はその考え方には賛成ではありませんが、そこは自分に合うカウンセラーを見つけてくださいね^^
 
 
゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ 

 

 

カウンセリングを申込む前に工藤ふみ江ってどんな人?
と思った方は10分ほど私と無料でお話しませう^^
相性確認お試しダイヤルやってます^^

 

 

 


  

 

  

 
地震に関する無料電話カウンセリング実施中
 
詳しくはこちらのページをご覧ください

 

   

 

家庭内トラブル(夫婦・親子問題)・心の悩みのご相談をお受けしています。
全国どこでも出張いたします♪
■office910

埼玉県 離婚 夫婦 親子問題 カウンセリング 調停 心理カウンセリング 精神薬 断薬
■民間カウンセラーネットワーク
民間資格のカウンセラーの仲間を作る
皆で勉強して底上げをして地位を確立する

を狙いとしたネットワークができました!
詳しくはコチラ!⇒

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-07-27 12:03:00

カウンセリングを目標に!

テーマ:お客様の感想
こんにちは。
家庭問題・心理カウンセラー、工藤ふみ江です。
 
やーっと少し具合が楽になって来ました。
周囲も風邪ひきさんが多いですね。
皆さまもお気をつけくださいね……と思っている今日この頃。
皆さま、いかがお過ごしですか?
 

最近、本当に家庭問題より『心の病』や『断薬』のクライアントさんが増えました。

 

因みに、私は家庭問題でも、心の病でも断薬ても……

根底には同じものがあると思っているので、どんなご相談でもお受けしていますよ^^

 

で、断薬に関するブログもこちらのHPで書いているのですが……

 

そちらをお読みになったかたから、嬉しいメールが届きました。

 

ふみ江さんのカウンセリング、受けてみたいです!

今は恥ずかしながら日々暮らしていくだけでギリギリで、1円の貯金もなく、費用が捻出できませんが、「ふみ江さんのカウンセリング」を目標にして、少しずつ貯金していけるように頑張ります。
(その頃には逆にカウンセリングの必要がなくなっていると嬉しいですね^^)

 

いや~、なんと嬉しいメールでしょう!。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。+゚

 

もちろんね。

カウンセリングのお申し込みをいただくのは、とっても嬉しいですよ。

 

クライアントさん、皆さんに、ありがとー!って思っています。+.。ヽ(*>∀<*)ノ。.+。

 

でも、このかたはまだ私と話したことも、会ったこともないのに、カウンセリングを受けるのを目標にして下さるなんて……

 

いやー、ものすごーく嬉しいです!

 

いつかお目にかかれること、本当に楽しみにしていますね!

 

そうそう……

 

私、いつもクライアントさんと

「問題が解決したら、祝杯あげようね♪」

って約束しているんです。

 

例えそれが

心の病の問題のかたでも

離婚相談のかたでも

夫婦関係修復のかたでも

断薬のかたでも……

 

カウンセリングを卒業されるときは祝杯なんですо(ж>▽<)y ☆

 

少し遠いからと普段は電話カウンセリングのかたでも、ちょっと頑張れば会える距離のかたとは約束をします。

 

今も、継続でカウンセリングを受けてくださっているかたで、そろそろ祝杯を上げられそうなかたが何名か……。

 

ほんっとうに楽しみです!

 

 こういうのが、私の心からの幸せの種なんですね。

 

私の幸せはクライアントさんが作ってくださっているのです。

 

だからこそ、私もクライアントさんのために、少しでも早く問題が解決できるよう、真剣にクライアントさんの問題に向き合いますよ!

 

これからも頑張りますね!

 

本当にありがとう!

 

私って幸せだな~ヽ(*´∀`)ノ 

 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ 

 

 

カウンセリングを申込む前に工藤ふみ江ってどんな人?
と思った方は10分ほど私と無料でお話しませう^^
相性確認お試しダイヤルやってます^^

 

 

 


  

 

  

 
地震に関する無料電話カウンセリング実施中
 
詳しくはこちらのページをご覧ください

 

   

 

家庭内トラブル(夫婦・親子問題)・心の悩みのご相談をお受けしています。
全国どこでも出張いたします♪
■office910

埼玉県 離婚 夫婦 親子問題 カウンセリング 調停 心理カウンセリング 精神薬 断薬
■民間カウンセラーネットワーク
民間資格のカウンセラーの仲間を作る
皆で勉強して底上げをして地位を確立する

を狙いとしたネットワークができました!
詳しくはコチラ!⇒

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-07-27 07:03:00

母親が子どもと離れると全て『子どもを捨てた母親』なのか?

テーマ:離婚問題解決サポート
こんにちは。
家庭問題・心理カウンセラー、工藤ふみ江です。
 

具合が悪くなると、ご飯を作る気力もなくなり……

その割に、ちゃんとしたいものが食べたくなると厄介ですよね~。

夫が早く帰宅すれば作ってもらうのですが、最近は夫も遅く(-_-;)

充実した食のためにも、体調を崩したくありませんよね……と思う今日この頃。

皆さま、いかがお過ごしですか?

 

 

さて、最近、たまたまなのだと思いますが……

 

離婚した結果、お子さんと面会できずに苦しんでいるお父さんの投稿を拝見する機会が多くなっています。

 

でも、親が離婚して別居となったら、基本的に子どもはどちらかの親としか暮らせないので、どちらかの親とは離れることになる……となると、お父さんと離れるばかりではないというのは当然のことですよね。

 

事実私も、もう20年以上前の話になりますが、離婚した結果、最初は娘を連れて出たものの、色々な事情があって娘を相手方に託した人間です。

 

今回は、雨宮塔子さんの記事を目にして、とても気になったので書かせていただきますね。

 

『NEWS23』に抜擢された雨宮塔子に「離婚した元夫に子供押しつけ」と理不尽バッシング! なぜ母親だけが責任を問われるのか

 

雨宮塔子が「子ども捨てた」バッシングに反論! 日本の異常な母性神話とフランスの自立した親子関係の差が

 

 

正直ね……

 

私、この手の話、すっごく疑問に思うんですね。

 

どうして父親が離れても

『子どもを捨てた父親』

とは言われないのに、母親が離れるとすぐに

『子どもを捨てた母親』

というレッテルを付けたがるんでしょうね?

 

私の場合はね。

 

そりゃ、色んな事情がありました。

 

どんなに他人に話をしても、理解してもらえないでろう事情がありました。

 

けれど、どんな事情があれ、私が子どもの手を離すと決めたことだし、子どもも雨宮さんより小さかったですからね。

 

だから私は
自分自身に

『子どもを捨てた母親』
というレッテルを貼っていた
し、

 

世界中でただ一人……

娘には何を言われても返す言葉がないと思っていましたが、

他の誰かに、何か文句言われる必要はない

って、ずっと思っていたんですね。

 

前々回の記事で、「自分にレッテルを貼るのはやめようね」と書きましたが、今回のコレは全く違う話なので、混同しないでくださいね。コレは自分の行動に責任を持つために貼ったものですから^^;)

 

古い読者さんの中には記憶にあるかたもいらっしゃるかもしれませんが、昔、えらい勢いで叩かれたこともありましたけれどね^^;

 

その時は、まだ自責の念が強かったので、責められたことに対して

「あんたに文句言われる筋合いないわ!ムカムカ

と言える強さがなかったのですが、今だったらハッキリ言えますよ。

 

本当は数年前……

 

このことを本にしようと思って、原稿も書いていたんです。

『子どもを捨てた母親と呼ばれて』……的な(笑)

 

ただ、大きく身体を壊して、出版までの体力がなくなってしまい、一生懸命書いた原稿はそのままお蔵入りになってしまいましたが……^^;

 

あ、因みに、家はもう娘と再会して、色々バトルもしましたが、今は分かり合えていい関係を保っていますよ~^^

 

 

今回もそうですが、なんで母親が子どもと離れるとバッシングの的になるんでしょうね。

 

雨宮さんも、お子さんの意見などを聞き、悩みに悩んでの結果により、今回の道を選んだようです。

 

元ご主人も雨宮さんの気持ちがちゃんと理解できたから、引き受けたのでしょうね。

 

元ご主人の新しい奥さんが「私は子守り女じゃない!」って文句を言っているようですが、子どものいる人と結婚したのなら、そちらの方が『全てのものを受け入れる』という覚悟が足りないと思いますね~^^;

 

で、記事の本文中に

 

子どもを捨てた母親というのは事実無根だった

 

と書いてあるのですが……。

 

その表記も、なんじゃそりゃ?って感じですね。

 

事実無根もへったくれもないんですよ。

 

元々他人が勝手に言ったレッテルなのだから、それをまた何を偉そうに他人が事実無根だったとか言ってるの?って話です。

 

えらっそーに。。。ふざけんじゃないよってね。

 

家庭の中で何があったかなんて、他人にはわからないんですよ。

 

直接相談を受けている私だって、全てを把握するには時間が掛かるんだから、直接本人の話を聞いたことがない人が、何がわかるの?って話です。

 

それをあーだこーだ言うなんて、間違っています。

 

雨宮さんを『子どもを捨てた母親』だと言える権利があるのは、雨宮さんの子どもだけなんですよ。

 

あぁ……この話、すっかり忘れていたけれど……

 

やっぱり本を出したいかもなぁ。

 

出せたらいいなぁ。。。

 

 

 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ 

 

 

カウンセリングを申込む前に工藤ふみ江ってどんな人?
と思った方は10分ほど私と無料でお話しませう^^
相性確認お試しダイヤルやってます^^

 

 

 


  

 

  

 
地震に関する無料電話カウンセリング実施中
 
詳しくはこちらのページをご覧ください

 

   

 

家庭内トラブル(夫婦・親子問題)・心の悩みのご相談をお受けしています。
全国どこでも出張いたします♪
■office910

埼玉県 離婚 夫婦 親子問題 カウンセリング 調停 心理カウンセリング 精神薬 断薬
■民間カウンセラーネットワーク
民間資格のカウンセラーの仲間を作る
皆で勉強して底上げをして地位を確立する

を狙いとしたネットワークができました!
詳しくはコチラ!⇒

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。