1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-04-28 13:08:17

お母さんからのご相談が急増中です

テーマ:親子問題
こんにちは。
家庭問題・心理カウンセラー、工藤ふみ江です。
 
子どもさんのことを心配して相談してくるお母さんが急増中しています。
先程も電話がありました。
 
私は、「本当の問題はご本人でなければ解決できません」とお話して理解していただいた上で、親御さんのご相談も伺っています。
 
それは、親御さんにも学んでいただいて考えていただいた方がいいことはたくさんあるし、親御さんが何かに気づき変わってくだされば、親子関係が少しずつ変わっていくこともあり得るからです。
 
簡単に言えば、親御さん側の問題を解決するためにカウンセリングをお受けしています。
 

 
 
今は『毒親』という言葉を知る人も増え、子どものことを相談に行くと「貴方が毒親だからだ」と簡単に言われてしまうようになってしまいましたね。
 
でも……子どものことを心配して何が悪いのでしょう?
子どもが不登校になって、世間体が気になってしまうのがそんなにいけないことでしょうか?
 

 

 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ 

   

カウンセリングを申込む前に工藤ふみ江ってどんな人?
と思った方は10分ほど私と無料でお話しませう^^
相性確認お試しダイヤルやってます^^

 

 

 


  

 

    

家庭内トラブル(夫婦・親子問題)・精神薬の断薬のご相談をお受けしています。
全国どこでも出張いたします♪
■office910

埼玉県 離婚 夫婦 親子問題 カウンセリング 調停 心理カウンセリング 精神薬 断薬
■民間カウンセラーネットワーク
民間資格のカウンセラーの仲間を作る
皆で勉強して底上げをして地位を確立する

を狙いとしたネットワークができました!
詳しくはコチラ!⇒

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-04-04 22:20:56

親子問題はお父さんからの影響も考えてみてください

テーマ:親子問題
こんにちは。
家庭問題・心理カウンセラー、工藤ふみ江です。
 

親子関係の問題というと、すぐに母親の影響だと考えがちですよね。

 

もちろん母親は一番子どもといる時間が長いので、影響は決して少なくないでしょう。

 

けれど、工藤調べによると、実は、お父さんの方が子どもに大きな影響を及ぼしているケースがとっても多いと感じています。

 

「子どもの頃、お母さんとかお父さんとの関係はどうだった?」

と聞くと、意外に

「お母さんはいいんだけど、お父さんが……」

という答えが返ってくるのです。

 

男親ってどうしても言葉が強く威圧的だったりするので、子どもから見たらとても怖く感じます。

 

どちらかと言えば、感情的に怒鳴ってしまうのも男親です。

 

夫婦喧嘩の様子を見ても、父親が母親を泣かせている……なんてシーンもあるてしょう。

 

 

そういうのの何が子どもに大きな影響を与えているかって、大人(親)が予測しても、もったく思いつかないことだったりします。

 

だから、子ども本人にきちんと聞かなければいけないのです。

 

大人側の勝手な予測で、決めつけてしまってはいけないのです。

 

こういうことって、私は本では学べませんでした。

現場を多く踏んで、初めて知ることができたことでした。

 

多角的に見ることが大切だということを、私はクライアントさんから教えていただきました。

 

家庭の問題……特に、血縁関係の問題は本当に根深いです。

 

だからこそ、解決できることは解決できるとき解決して行かなければならないんです。

 

家庭って、家族って……。

やっぱり、一番安心して居られる場所でなければならないはずなのだから。

 

 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ 

   

カウンセリングを申込む前に工藤ふみ江ってどんな人?
と思った方は10分ほど私と無料でお話しませう^^
相性確認お試しダイヤルやってます^^

 

 

 


  

 

    

家庭内トラブル(夫婦・親子問題)・精神薬の断薬のご相談をお受けしています。
全国どこでも出張いたします♪
■office910

埼玉県 離婚 夫婦 親子問題 カウンセリング 調停 心理カウンセリング 精神薬 断薬
■民間カウンセラーネットワーク
民間資格のカウンセラーの仲間を作る
皆で勉強して底上げをして地位を確立する

を狙いとしたネットワークができました!
詳しくはコチラ!⇒

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-03-30 13:45:35

【相談例】うつ病だから離婚したいと言われました

テーマ:相談事例
こんにちは。
家庭問題・心理カウンセラー、工藤ふみ江です。
 

最近はめっきり断薬相談が有名になってしまいましたが、元々離婚・夫婦問題、親子問題を扱っているカウンセラーの工藤です^^

 

今回は、何回か同じパターンのご相談を受けたお話。

 

『私がうつ病だから、離婚したいって言われたんです』

 

このご相談、実は数年前と今では全然お話する内容が変わっています。

 

以前の私なら「うつ病をもっと理解してもらいましょうね」みたいなことを言っていました。

 

でも今は違います。

 

どうしてうつの状態になったのか。

それを解決できないか。

家族のために元気になろうと考えられないか。

 

などをお話します。

 

「イヤなら元気になれよ」って言っちゃいたくなる人もいるかと思いますが、そう一言で片付けてしまっても、何も解決できません。

 

うつ症状になる人は、なる理由があってなっているので、まずはそこを解決しなければいけませんからね。

 

 

実は離婚の訴えを提起することができるという法律(民法770条)の中に

◎配偶者が強度の精神病にかかり,回復の見込みがないこと

という項目があります。

 

法律でちゃんと記載されています。

 

そのため、この文言利用して離婚を迫られることがあるようですが、よく読んでみてください。

『強度の』

『回復の見込みがない』

って書いてありますよね。

 

じゃ、『強度の精神病』って何?

って調べてみると、

統合失調症と書かれているものあったり、

早期性痴呆

麻痺性痴呆

そううつ病

偏執病

初老期精神病

と並べてられていたサイトもありましたが、例えばこの中の『そううつ病』になったからと言って、そうやすやすと裁判で離婚決定されるものではありません。

 

治療があまりにも長期に渡ったり、相手のことが誰だかわからなくなったり、そんなことを全て訴えた側が裁判で証明できて初めて認定されるものです。

また、離婚後に誰が面倒を見るのか、誰が費用を出すのかなどの方策もきちんと提示できなければなりません。

(これ以外の精神病と言われるものでも、『その他、婚姻を継続しがたい理由』という項目に当てはまる状況のの場合は、この限りではありません。)

 

って、まぁ、難しい話をしてしまいましたが、裁判を利用して離婚するというのは、その前に必ず調停をしなければなりませんし、弁護士に相談して勝てる証拠も集めなければなりません。

 

そんなに簡単なことではないのね。

 

なのに、相手側の簡単な脅し文句に翻弄されてしまって、本質的な問題に目を向けようとしないのは愚か過ぎます。

 

また、この法律……

離婚を迫る側だけが上手に利用しようとするのではなく、中には

「私は過去に精神薬を飲み、現在は断薬したものの、ひどい後遺症に悩まされていて動けず、障害年金をもらっているので、私はこの法律のお陰で結婚できないのです」

と公明正大に訴えている人もいますが……

 

自分が結婚できない理由をこの法律のせいにしないでください。

 

って、私は思います。

 

この法律を知らない人が「そうか、そんな風に利用できるのか」とか「そんな法律があるなら、私も結婚できない」「私も離婚を突き付けられるかも」と思い込んでしまったり……

 

そんな誤解を生みかねません。

 

前述の通り、法律にこんな文言があったからって、そんなにやすやす利用できるものではなく、ましてや、うつ症状、パニック症状、摂食障害などが起きたからと簡単に離婚できるものではないのです。

 

必要以上に自分を悲観的に思い、追い込んでしまうより、目の前にある問題を解決して行くことを考えましょう。

 

必ずそこに出口があります。

 

離婚するとかしないとか……

実はそんなことは、いつでもできることなので、慌てて考えることはないのです。

 

離婚はただの結果。

 

離婚してもしなくても、あなたの人生はこれからずっと続きます。

 

家族と生きて行くのか、一人で生きて行くのか……

この先、どんな結論が出るかはわかりませんが、どちらにしても、あなたが本当の健康を取り戻し、元気に社会に触れて生きて行けるようになって、誰も損はしません。

 

まずは、自分が『うつ症状がひどい』と家にこもっていないので、どうしたら外に出られるのか、どうしたら社会復帰できるのか、それを考えて行きましょう。

 

自分が元気を取り戻し、社会復帰して自立した暮らしができるようになったら、いつの間にか家族も元気を取り戻しているかもしれないし、残念ながら離婚を選択せざるを得ない状況になったとしても、自信を持って新しい人生の一歩を踏み出すことができるでしょう。

 

あなた自信が自立できてしまったら、もしかして、あなたの方がパートナーを必要としなくなってしまうかもしれませんよ^^

 

肝心なのは、あなたが本当の幸せを手にすることです。

「自分はうつ病で動けないから」……と、離婚という言葉にビクビクしながら、それでも動けないと家に篭っている生活が、本当に幸せですか?

 

あなたの本当の幸せを応援します。

 

 

 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ 

   

カウンセリングを申込む前に工藤ふみ江ってどんな人?
と思った方は10分ほど私と無料でお話しませう^^
相性確認お試しダイヤルやってます^^

 

 

 


  

 

    

家庭内トラブル(夫婦・親子問題)・精神薬の断薬のご相談をお受けしています。
全国どこでも出張いたします♪
■office910

埼玉県 離婚 夫婦 親子問題 カウンセリング 調停 心理カウンセリング 精神薬 断薬
■民間カウンセラーネットワーク
民間資格のカウンセラーの仲間を作る
皆で勉強して底上げをして地位を確立する

を狙いとしたネットワークができました!
詳しくはコチラ!⇒

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-03-29 13:41:05

QX測定&カウンセリングが受けられるイベントを開催します。

テーマ:お知らせ
こんにちは。
家庭問題・心理カウンセラー、工藤ふみ江です。
 

2月に大好評を得た企画の第2段のお知らせです。
(って、こちらのブログに2月企画は上げませんでしたね~あせる

 

前回は男性向けに開催したこの企画。
今回は女性向けイベントを企画させていただきました。

 

・お子様連れもOKです。
(託児はありません。遊ぶ道具もありませんので、2時間、飽きない工夫をお願い致します。)
・お子様の測定も可能です。
(1枠につきどなたか一名の測定になります。お二人の測定をご希望のかたは、2枠の予約をお願い致します。)

 

★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。

 

前回、受けてくださったかたの感想です。

★QXの診断では、自分の自覚があるところ以外に気がつかなかった不調の原因を教えてもらえて参考になった。
何よりも食生活の大切さを実感し、改善しないといないと感じたので気をつけていこうと思う。
カウンセリングでは、今まで相談したくても話せる人がいなかったので、自分の話を聞いてもらえてとても良かった。
先生の話は、納得できることも多く、また自分が直感的にこうならないといけないと思っていいたことをズバリ言ってもらえたので、自分の直感を信じた方がいいのかなと思えた。

★QXとカウンセリングを受けて、とても良かったです。
QXでは現状、原因がわかり、そしてカウンセリングをウケることによって、その対処法、改善策を一緒に考えることにより、納得して先に進むいいきっかけとなりました。
QXでたまたま「トラウマセラピーが必要」と出たので、直後にカウンセリングを受けられたのは、とてもラッキーだったと思いました。

★自分のトラウマがそんなところにあったとは思いもしませんでした。今後は自分の問題点の克服法を考えて行こうと思います。

★QXとカウンセリングを約1時間ずつ受けられて、この値段なんて本当に安いですね!

★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。

 

身体の不調や心のトラウマまでわかってしまう最新鋭の波動測定器『QX』で測定し、専門的カウンセリングでスッキリ解決への道を探っていくイベントです。
「なんとなく生き辛い」「なんとなく具合が悪い」の原因がスッキリ解決する『心と身体の健康相談会』開催します。
 

カウンセラーの工藤は、家庭問題専門のカウンセラーとして10年近く活動して来ましたので、今回は特にお子さんをはじめ、ご家族との関係性を見直したいかたのご相談をお受けできればと思っています。

 

* QXとは↓
http://www.homoeopathy.co.jp/product/qx_bill_nelson.html
 

QXではご自身の波動で、身体の気づかない不調や心の状態、過去のトラウマや面白いところでは中国占星術・前世などを見ることもできます。
QX測定はホメオパスの高城晴美が担当し、的確なアドバイスを。
計測後には、そのデータに基づいたもの、もしくはこの測定でも出てこないご本人の問題について、工藤が担当してカウンセリングをさせていただきます。
 

このイベントに参加された後は気持ちが楽になり、新しい明日が待っていること間違いなし!です( ´∀`)

 

★価格は通常メニューと同じで、安いイベント価格になっておりませんが、一日に測定と専門カウンセリングが同時で受けられる&プレゼントが付くのは、このイベントのみとなっていますので、断然お得ですよ!★

 

【このイベントは女性対象です】

 

★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。

 

「お子さんの体調が不安」などの方は、お子さんに代わり遠隔での測定体験をしていただけます。(パートナーも可)
 

注意注意点)

※お子さん・パートナーを計測する場合は、計測する旨の承諾を必ず取ってきてください。
※お子さんやパートナー等、ご本人以外の測定をされた場合は、ご本人の測定はできません。(どなたか一名のみの測定となります)
カウンセリング内容も、主にその方との関係性の見直しがテーマとなります。

 

★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。

 

日時:4月17日(月) ★予約制
所要時間:お一人様2時間
 

ホメオパス 高城晴美によるQX診断:50分 
カウンセラー 工藤ふみえによるカウンセリング:50分

 

下記より好きなお時間をご予約くたさい。
① 9:30~11:30
② 10:30~12:30
③ 12:30~14:30
④ 13:30~15:30
⑤ 14:30~16:30 

金額:12000円(QX診断・カウンセリング含)
 

場所:MIRAI'S Deck コミュニティールーム カラフル
アクセス:つくばエクスプレス 三郷中央駅より徒歩6分
http://colofulrm.wixsite.com/colorful/access
 

* 参加者全員に2つのプレゼント
「がんばってる貴方に家庭のお風呂で温泉を味わって頂けるブラックソルト」&「本格的カウンセリングが必要!と思ったときに使える10%OFFの割引」

 

◆ご希望ののかたは下記フォームからご予約ください。
https://ws.formzu.net/dist/S65665998/


~講師紹介~


★高城晴美★
*日本ホメオパシーセンター茨城守谷 センター長として2009年よりホメオパシー相談会を行い、各地でホメオパシー講座などを中心に講師をつとめている。
2016年にはホメオパシーコングレスでアトピーなどの症例5ケースをポスター発表した。
NPO薬害研究センターに週に2度勤務し、
ホメオパシー相談会、波動測定器メタトロン体験、断薬や減薬をする人のサポートをしている。
*日本ホメオパシー医学協会)NO.0456認定ホメオパス
*HMA(英国医学協会)NO.1481認定ホメオパス
*ZENメソッド習得認定NO.000131
*自然整体学 天医法療法士
*シータヒーリングプラクティショナー

 

★工藤ふみ江★
2009年より離婚・夫婦問題修復のカウンセラーとして活動開始。
現在まで、離婚・夫婦・親子相談は2000組を超える。
その活動は、週刊誌やテレビなどのメディアにも広がる。
長年、不眠症で苦しみ精神安定剤や睡眠薬を服用した結果、薬の副作用で大きく体調を崩した後、苦しい断薬を経験。
薬害を世に伝えたいという思いから、電子書籍『薬に殺されてたまるか!~「薬害」という地獄からの生還~』を出版。
現在は、二度と精神科に戻らない人を増やすため、断薬カウンセリング活動を行っている。
*掲載週刊誌『週間ポスト』『週間SPA!』
*出演テレビ番組:テレビ朝日系『スーパーJチャンネル』フジテレビ系『ノンストップ!』TBS系『ゴゴスマ』等
*離婚カウンセラー
*ネットいじめ対応アドバイザー
*メンタル心理カウンセラー
*パパママカウンセラートレーナー
*心理療法士(ゲシュタルトセラピー)

 

◆このイベントページの『参加するボタン』のみでは正式参加にはなりません。ご希望ののかたは下記フォームからご予約ください。
https://ws.formzu.net/dist/S65665998/

 

◆お問い合せ先
090-8680-3208(工藤)

 

 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ 

   

カウンセリングを申込む前に工藤ふみ江ってどんな人?
と思った方は10分ほど私と無料でお話しませう^^
相性確認お試しダイヤルやってます^^

 

 

 


  

 

    

家庭内トラブル(夫婦・親子問題)・精神薬の断薬のご相談をお受けしています。
全国どこでも出張いたします♪
■office910

埼玉県 離婚 夫婦 親子問題 カウンセリング 調停 心理カウンセリング 精神薬 断薬
■民間カウンセラーネットワーク
民間資格のカウンセラーの仲間を作る
皆で勉強して底上げをして地位を確立する

を狙いとしたネットワークができました!
詳しくはコチラ!⇒

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-03-22 10:58:48

私が娘に対して意識して来たこと

テーマ:子育て論
こんにちは。
家庭問題・心理カウンセラー、工藤ふみ江です。
 

私は、ものすごーく考えて子育てをして来ました。

その理由のひとつは、娘がとても育てづらい子どもだったから。

そしてもうひとつは、私と同じような子どもを増やしたくなかったから。

 

今から6年前に書いた子育てに関する過去記事が出てきたので、少しリライトしてシェアしますね。

 

この時から、基本姿勢は何も変わっていません。

けれど、大学生になりハタチを過ぎてから改めて見直してみると、面白い変化も……(;・∀・)

 

それは記事の後半に書きますね。

 

 

----------------------------------------

 

今日、早速、理科と数学のテストがありました。

って、始業式の次の日にテストなんて早っ!

 

小テストなので、すぐに採点・返却されたらしいのですが、見事、両方とも100点を取ってきたらしいです^^

どちらかが100点の子はもちろん居ますが、両方100点の子はほとんど居なかったらしく、テンション上げ上げ↑↑(古い?(^_^;))で帰って来ました。

 

 

ところで……、私には娘が小さな時から、いくつかきちんと決め事を作って、子育てをして来たことがあります。

今回その一部を知り合いの塾の先生に話したら、

「ほんまですか~(爆)」

と、大笑いされ、今更ながらに、私の子育てはちょっと人と違っていたらしく……^^;

 

いや、他の人と考え方が変わっている部分があるのは自覚してたんですよ。

娘が幼稚園の頃から、先生方に話すと、なんとなーく苦笑いされていましたからね(笑)

 

 

私は娘が幼稚園の時から、私から体育を「休みなさい」とか「やりなさい」と言ったことが、まずありません。

私の記憶を辿れば……多分、一度も言ったことは無いと思います。

 

もちろん風邪気味で学校に行くこともありますよ。

その時も私は「休め」とは言いません。

娘は「今日、体育やってもいい? 休んだ方がいい?」と、きちんと聞くんですけれどね。

 

その時、私は必ず

 

「母(我が家では、私は娘との会話の時「母」と使っています(苦笑))は貴女じゃないから、貴女が走って苦しいかどうか分からないの。だから、できると思うならやりなさい。苦しいと思ったら休みなさい。連絡帳にもそう書いておくから」

 

と話し、本当にその通り、

「本人ができるようでしたら、やらせて下さい。苦しそうだったら、休ませて下さい」

と連絡帳に書いて出します。

 

そういう時は9割方、「元気に走り回っていました」と書かれて帰って来ます。

 

もちろんね。

本当に「そりゃ無理だろ~」と思う時は、体育というか、学校自体を「休んだら?」と言いますよ。

 

でも、本当に微妙な時……

 

自分でも経験があるのですが、朝はちょっと苦しくても学校に行ったら元気になっちゃったな……なんてこともあったし、それでも走ってみたら苦しかった……なんてこともあったので、その辺は本当に本人にしか分からないと思うんですよ。

 

できるのに「休め」と言うのも、苦しいのに「やれ」と言うのも、どちらも押し付けになっちゃうと思うんですよね。

 

だから、私は「貴女が決めなさい」という姿勢なんです。

 

この話をしたら「ゆるいわ~(笑)」と知り合いの先生に笑われてしまいました(^_^;)。

でも、自我が強いうちの娘には、これくらいがちょうど良かったみたいです。

 

----------------------------------------

 

娘が高校生になり、大学生になり……

 

娘は放っておくと、かなり無理してしまうタイプなのだということに気づきました。

 

基本的には「自分で決めなさい」という姿勢は変わりませんでしたが、高校生になってからの方が「休みなさい」と言うようになりました。

 

でないと本当に無理してしまって……。

 

中学生までは、「自分が頑張れるのなら頑張りなさい」として来ましたが、高校生を過ぎてから、

「休むということが自己管理に繋がることもあるのだ」

というのを教えるようになりました。

 

「休むときはちゃんと休みなさいよ!」

というのは今でも言っています^^;

じゃないと、バカだから、本当に無理し過ぎちゃうのよ……

 

大学生になっても娘は「体調悪いから休んでもいい?」って聞いて来ます(笑)

 

その度に「ねぇ、母、休んじゃダメって言ったことある?」と言います(笑)

 

そうすると、「いや、言われたことはないんだけどさ。なんか癖でね」と笑いながら部屋に戻るんですよね。

 

学校休む、バイト休むというとき、毎回この会話をしています(←学習機能が働かない娘(苦笑))

 

こんな風に、娘の成長に合わせて、娘への接し方も変えて行ったような気がします。

 

 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ 

   

カウンセリングを申込む前に工藤ふみ江ってどんな人?
と思った方は10分ほど私と無料でお話しませう^^
相性確認お試しダイヤルやってます^^

 

 

 


  

 

    

家庭内トラブル(夫婦・親子問題)・精神薬の断薬のご相談をお受けしています。
全国どこでも出張いたします♪
■office910

埼玉県 離婚 夫婦 親子問題 カウンセリング 調停 心理カウンセリング 精神薬 断薬
■民間カウンセラーネットワーク
民間資格のカウンセラーの仲間を作る
皆で勉強して底上げをして地位を確立する

を狙いとしたネットワークができました!
詳しくはコチラ!⇒

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。