尾張エクセルの「日々精進ブログ」

木曽の清流に映え、心触れ合う躍動都市;愛知県一宮市に活動拠点を置く、尾張エクセルです。安倍自民党政権を応援しつつ、経済・社会・軍事防衛まで、地域や国内、海外の気になる出来事や話題を、独断と偏見溢れる一味違った目線でブログ提供します。

NEW !
テーマ:

かつての不況時;『学校は出たけれど…』ではないが、長生きはしたけれど…。

そんな時代が到来しつつあるような昨今である。60歳以上の高齢者は、個人

金融資産(1741兆円)の6割強を保有しているが、富裕層と極貧層とに 二分

されている。最近は、「老妻が老夫を殺す(その逆もある)…」といった痛ましい

ニュースが多い。主因は「老老介護」による精神的、かつ体力的な疲れだろう。




今の日本は平均寿命が男性;80.50歳、女性が86.83歳と世界有数の長寿

国(世界一)である。ちなみに、明治の初めの平均寿命は40歳ちょっとだった。

まさに、織田信長ではないが『人生50年』の時代であった。だが 長生きは新た

な問題を浮上させる。

平均寿命が40~50歳では、『姉(ねえ)やは15で嫁に行き』と唄われたように

急がなければ間に合わない。何が…?。嫁と姑の関係はせいぜい15~20年

であり、現在のような「嫁と姑の確執が発生することはなかった」と思われる。


去る1965(昭和40)年に『国民皆保険制度』がスタートした当初、65歳以上

の高齢者は僅か500万人であり、平均寿命は67歳だった。公的年金は支給

が始まると、数年以内に殆んどの人が亡くなる、それを前提にしていた。だが、

現状はみんな「長生き(=死なない)」ではないか。


65歳以上の高齢者は3000万人を突破、社会保障給付費は年間15兆円で

国民医療費は、40兆円を超えているのだ。長生きが財政を圧迫するのか?

いや、小生はそう決めつけたくはないが、問題なのは「健康寿命が平均寿命

よりも10年近く短いこと」である。これは対策が是非とも必要だろう。 

AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:
人の「仕事の質」を見抜ことは、それほど難しくはなかろう…と小生は思う。

例えば、会議用の準備資料の出来ひとつでも、その人の「仕事の質」が大方

見えてくるものである。必要なものが、頻繁に抜けているようであれば、他の

仕事においても、「ケアレスミスを連発している」はずである。

或いは、複数の資料が「雑」にホチキスで束ねられているならば、普段からも

資料全般の整理が雑であることは容易に想像できるだろう。

普段の仕事において、「抜けや漏れ」をきちんとチェックをする習慣ができて

いれば、かなりのレベルで防ぐことができるはずだ。常日頃からチェックする

習慣がないから、「抜けや漏れが頻発」することになるのである。


「資料を見る側のことを考えて資料が作られている」なら、「書類の綴じ方」も

相手がその資料を「どのように見る」だろうか、更にはその後に、「どのように

ファイリングする」だろうかということまで考えて、そのように工夫・対応がなさ

れるはずである。

そういう仕事をする(即ち、習慣がついている)人は、間違いなく 他者からも

厚い信頼を得ているはずである。そういう人のところには、仕事も集まりやす

くなり、仕事が集まるということは、要するに“仕事ができる”ということだ。


日常のちょっとしたことではあろうが、こうしたことが出来ている人と、出来て

いない人の差は非常に大きなものである。

こうしたことが出来ている人物は必ず仕事ができる」と断言することは、多少

乱暴ではあろうが、「こうしたことができていない人が、仕事ができる可能性は

殆んどどない」ということは断言できよう。

もし、それでも成果を上げているとすれば、それは「その仕事は誰がやっても

成果の上がるものであるか、仕事のできる人がやれば、もっと成果の上がる

仕事である可能性が高い」といえるのではなかろうか。いずれにせよこうした

人材を放置することは「大きな機会損失がある」と認識する必要がある。


それでは、どうすれば、こうした「機会損失を防ぐ」ことができるのだろうか。

これには「躾」しかないのである。

それ故に指摘する側にも、どうしても「心理的な抵抗が出やすい」といえよう。

資料に「抜けや漏れ」がある場合に、それを指摘することは、多くの管理者が

行うだろうが、資料のホチキスの留め方まで指摘することは、なかなか難しい

ものである。

「細かいことを言う人だ…」と思われたくないと感じると、指摘することにも躊躇

することであろう。

しかし、本当に相手の成長を願うならば、「徹底的に躾ける」という信念の下で

「姑の嫁イビリ」のごとく指摘してやらなければいけないのかも…。

 

多くの場合は「躾のできていない人がする仕事」は、機会損失のみならず、

見えないところで信用を失っていることが多といえる。その人の成長も然る

ことながら、会社全体の信頼にも関わることであるために、強い信念を持って

当るべきであろう。…と月末の月曜日の朝に、不出来な資料を見て呟く小生

なのである。

AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日;5月27日の午後遅く、オバマ大統領が訪問した広島市平和公園には

「原爆死没者慰霊碑」に刻まれた有名な碑文がある。



「安らかに眠って下さい 過ちは繰返しませぬから」・・・主語がはっきりせず、

まるで日本人が「原爆を落とされるような悪いことはもうしません…」と言って

いるかのようにも読める。この碑文を巡ってかつて 大論議になった。主語が

曖昧だからである。「誓うのは原爆を投下した米国ではなく、日本なのか」と。

実際、戦後の「極東軍事裁判~東京裁判」で被告全員無罪を主張したインド

のパール判事が広島を訪れた際にこの碑文を知って、「過ちは 誰の行為を

指しているのか。原爆を落とした者は日本人でないことは明瞭なのである」と

憤ったエピソードはよく知られている。

広島市のホームページによると、碑文の趣旨は「原爆の犠牲者に対して反核

の平和を誓うのは、全世界の人々でなくてはならないというもの」だそうだが、

果たしてそう読み取れるだろうか。

結局、主語は「全ての人々、つまり全人類」で、過ちは戦争を指すという趣旨

に落ち着いた。ただ、その後も米国はベトナム戦争やイラク戦争を戦うなど、

世界から戦火は絶えていない。



オバマ米大統領の広島訪問が昨日実現した。現職大統領では初だが、日本

政府は謝罪を求めなかったという。「戦争を早く終結させて より多くの人命を

救うために原爆投下は必要だった」とする正当化論は米国ではまだ根強い。

そんな米国の世論に配慮したようだ。

この正当化論の下敷きは、倫理学で言う「二重結果説」なのだろう。「一つの

行為が二重の結果を生み出すとき、意図しなかった結果については、責任を

問われない」とするものであり、テロ壊滅のためのミサイル攻撃に伴う民間人

被害の釈明にも使われるものだ。



意図や動機は後でいくらでも繕える。おまけに「ドイツではなくて、なぜ日本が

原爆の標的にされたのか」を巡っても諸説あるようだ。しかし、唯一の被爆国

でありながら投下国の核抑止力に頼る矛盾が今も続く。

核廃絶運動の先頭に立った「ノーベル賞学者;湯川秀樹」さんは、「核保有国

の既得権益によりかかった平和構想は説得性を持ち得ない」と指摘していた。

「核なき世界へ」;オバマ大統領には レガシー(遺産)となる訪問で、「過ち」と

「誓い」の主語を担う決意を示してほしいものである。

AD
いいね!(6)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「G7主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)」のワーキングディナーが5月26日

午後8時から、「志摩観光ホテルのザ・クラシック」で行われ、伊勢エビや松阪

牛など地元;三重県の食材を豊富に使ったフランス料理のフル・コースが振る

舞われた。

採用されれば人気に火が付くことが必至とされる乾杯の酒には 三重県伊賀

市の大田酒造の日本酒「半蔵 純米大吟醸」が選ばれた。




料理は志摩観光ホテルの樋口宏江総料理長が担当。パティシエは同ホテル

の赤崎哲朗料飲部製菓長が務めた。


料理は「海の幸 トマトの魅力をさまざまな形で」と命名された前菜に始まり、

「伊勢エビクリームスープ」に続き、メーンは魚介料理の「アワビのポワレ」と

「伊勢エビソテー」が1つになったプレートと、肉料理の「伊勢茶の香りをまと

わせた松阪牛フィレ肉」と続いた。

5月26日「ワー キングディナー」のメニューである。
海の幸 トマの魅力をさまざな形で
伊勢海老 クリームスプ カプチーノ仕立て
鮑のポワレ あおさ香る鮑のソース
伊勢海老ソテー ポルト酒ソース 米澤 モチ 麦のリゾットともに
伊勢茶の香りをまとわせた松阪牛フィレ肉
宮川育ちのワサビを添えて
ミルクチョコレートと柑橘のマリアジュ

コー ヒ、紅茶 またはエスプレッソ



荘厳な空気が漂う伊勢神宮や、リアス式海岸の景観美など、魅力あふれる

三重県の伊勢志摩地域。志摩市;賢島の志摩観光ホテルを主会場にして、

5月26日から2日間の日程で 「G7主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)」が

開かれた。

数多い議題の行方とともに、小生が気になっていたのが会食のメニューだ。

お目見えしたのは、松阪牛、アワビをはじめ 三重県が誇る高級食材などを

使った料理の数々。さぞや首脳たちを魅了したことだろう。

「食事は形を変えた政治だ」と 「歴代首相のおもてなし(西川恵著)」は記す。

「外交手段としての重要さ」を、よく理解していたのは小渕恵三元首相だった

そうである。

2000年の「沖縄サミット」の夕食会は、高い評価を得た。小渕氏が「かつて

ない夕食会に…」と奔走した結晶だという。料理や食器、照明、サービスなど

各分野の第一人者と知恵を絞って取り組んだが、開幕を待たず病に倒れて

他界した。賛辞を耳にすることはなかった。


国や人を結び付ける力を持つ食は、「有能な外交官」でもあるという。地域に

多くの素材を持つありがたさをかみしめる。

いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

小生も正会員である公益財団法人「国基研:国家基本問題研究所」の「今週

の直言」に、国基研理事長で小生が敬愛してやまない櫻井よしこ氏が、去る

5月16日付けで、以下の論文を掲載されたので、今回のブログで紹介する。




「こんなに身勝手な日本人がいるのか」

種々の世論調査で、60%前後の人々が、「憲法9条は変えない方がよい」と

答える中で、週刊誌「AERA(5月16日号)」が11都府県の700人に行った

対面調査結果のことである。

「自衛のためなら戦争を認めるのか」、「自衛のためでも認めないのか」との

問いに対して、全体では「認める」が53.6%だったが、女性はどの世代も、

「自衛であっても戦争は認めない」と回答した。


●無知と利己主義の極み

「他国や武装組織の日本攻撃にはどうすべきか?」の問いには、「日本には

攻めてこないと思う」、「外交の力で攻撃されないようにすればよい」、「日本

は戦争しないで米軍に戦ってもらえばいい」などの答えが並ぶ。

女性たちの45%はまた、「戦力としての自衛隊」は認めずに、災害救助隊と

しての働きに期待する。そこで「災害救助だけでよいのなら、自衛隊の戦力

放棄や武装解除を求めるか」と問うと、多くが「求めない」、「今のままでよい」

と回答した。国際情勢に関する無知と、利己主義の塊と言わざるを得ない。

「外敵は日本に攻めてこない」と考える女性たちは、「中国は、日本を念頭に

軍事的脅威を高めている」との米国防総省の分析や、「南支那海における中

国の蛮行」をなぜ見ない。「米軍に戦ってもらえばいい…」という女性たちは、

「アメリカ人の税金で日本を守るのは、もう真っ平だと主張するトランプ氏(共

和党大統領候補になることが事実上確定)」と、トランプ氏を支える幾千万人

のアメリカ人に同じことを要求できるのか。

「自衛戦争を認めないのは、子供を生み育てる母親としての価値観だ」という

女性たちは、アメリカ人の母の思いも想像すべきだ。「自国や自国民を、自ら

守る意思もない日本のような国のために、自分の愛する子供が戦争に行くの

をアメリカの母親たちが受け入れる」とでも思うか。絶対に「ノー」だ。


●憲法改正が急務

50年以上前、吉田茂元首相は、「災害救助は自衛隊の存在理由の本筋では

ない」と警告している。如何なる国においても軍隊は国防を主任務とする存在

である。「災害救助活動を自衛隊の存在意義だ」と見る人々は、「自衛隊の武

装解除を主張すべき」だが、そうは言わない。その理由は、「有事には自衛隊

が戦えばいい」と考えているからであろう。ならば、「戦力としての自衛隊の存

在と交戦権をきちんと認め、憲法を改正すべき」なのだ。それをせずに 「有事

の際には戦え!」というのは、主権者として卑怯の極みではないか。

「自らは何もせず、諸国民の公正と信義に縋すがる」という憲法前文の精神に

染まったこんな日本人のために、一体、誰が命を賭けて戦うというのだろうか。

「戦後憲法に根ざす異常な安全保障観の打破」こそが急務である。それが出

来なければ、日本は確実に滅ぶと危惧する。

いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「恒産なきものは恒心なし」。この孟子の言葉は「きまった職業や収入のない

ものは、とかくゆるがない道義心はなくなりがちなものだ」という意味である。

「恒産」とは、一定の職業や財産のこと。「恒心」とは、正しさを失わない心。
『孟子・梁恵王上』に「恒産無くして恒心有る者は ただ土のみ能くするを為す。

民の若きは即ち恒産無ければ 因りて恒心無し。(一定の生業が無くても安定

した道義心を持つことができるのは 学問修養のできた士だけである。一般の

人は 生活が安定しなければ、安定した道義心を持つことができない)」とある

のに基づく。


「生活が安定していないと心はふらつくかもしれない」が、必ずということでは

ない。芥川龍之介も、「侏儒の言葉」でこう皮肉っている。「恒産のないものに

恒心のなかったのは二千年ばかり昔のことである。今日では恒産のあるもの

はむしろ恒心のないものらしい」と・・・。

芥川龍之介がそう思うに至ったという大正末期の具体的な背景は、小生には

よく分からないが 今日にも当てはまりそうではないか。「カネを巡る政治家の

不祥事」は途切れる事がないし、「高額所得者や資産家による所得隠し」など

も後を絶たない。「恒心に程遠い」ことは恐らく確かだろう。



膨大な「パナマ文書」が明らかにした「タックスヘイブン(租税回避地)」を利用

した「課税逃れ」も同じことであろう。たとえ違法ではなくても、本来納められる

べき巨額の税収が失われている。「持てる者をさらに富ませる不公平さ」に、

各国で怒りが沸騰するのは当然だと思うし、小生も一人の納税者として腹立

たしく感じるのである。



昨日;5月26日から開幕した「G7主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)」でも、

「課税逃れ対策」が主要議題の一つになっているという。 それぞれに思惑が

ありそうだが、各国が一致協力しないと 国境を越えた逃げ得を許さない有効

な仕組みづくりは難しいであろう。

日本を含めて、世界中で経済的な格差が さらに広がっている。「恒産、恒心

の両方が欠かせない時代である」と思う。

いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

放送50周年を迎えた日本TV系の人気演芸番組「笑点」が去る5月22日に

通常放送を拡大して生放送され、5代目大喜利司会者の落語家「桂歌丸」

さんが番組を卒業して、後任に大喜利の回答者だった「春風亭昇太」さんが

就任することが発表された。

歌丸さんは1966年の番組開始時レギュラー陣で唯一残っていた出演者で

2006年に司会に就任。一時期をのぞいて 半世紀にわたってレギュラーを

務めた。

放送終了後の記者会見で歌丸さんは、「最後だと思うと胸にじんとくるものが

あるので、『いつもの笑点だ』と言い聞かせていた」と語った。生放送の直後

には感極まり涙を流したと言い、「だらしがない」と苦笑いした。今後は 落語

に専念するという。



「もうすぐお迎え…」。三遊亭円楽さんがこう毒づけば桂歌丸さんがやり返す。

「腹黒」。練達の落語家同士の芸である。日曜夕の大喜利は「キャラクターに

なり切った丁々発止の掛け合いが楽しみ」という方も多かろう。


日本TVの「笑点」。去る5月15日で放送50年を迎えた。第1回から出演して

きた歌丸さんは「若い方々にお譲りし、番組を60年、70年と続けてほしい」。

5月22日の生放送を最後に卒業し、「終身名誉司会」に就いた。実は仲良し

の三遊亭円楽さんは「大きなネタがなくなる」と涙をこぼした。

実は、歌丸さんとの毒舌合戦には、先輩格がいた。故三遊亭小円遊である。

ある日のお題は「新聞を読んで一言」。すぐに手を挙げた歌丸さんが、「おい、

小円遊が殺されたよ」。するとすかさず「小円遊殺しの歌丸が、緊急逮捕され

た!」と応酬した。4年前、歌丸さんが取材に答えている。

「ボクちゃん」ときざなキャラが売り物だった小円遊さん。36年前に村山市の

爆笑大会に出演中に体調を崩し中座して、東根市の病院で急死したという。

まだ43歳の若さであった。無念のリタイアを含め、多くの才能が番組を支え

てきた。半世紀の蓄積を糧に新たな歴史を開いて、新司会の昇太さんだ。

いいね!(5)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

米軍の駐留経費を削減しなければ、在日米軍を撤退させる」。これは、米国

次期大統領選で共和党候補になろうとしている「ドナルド・トランプ氏」の発言

である。「泡沫候補…」とみなされていた時期であれば、「たわごと」とばかり、

一笑に付していればよかったが、そうはいかなくなってきたようである。




アメリカが攻撃されても、日本は何もしなくていいが、日本が攻撃されれば、

アメリカは全力で防衛をしなければならない。極めて一方的な合意だ」。この

片務的な「日米安全保障条約」は、日米両政府をはじめ、同盟関係の維持に

尽力してきた人たちは、もちろん「理詰め」で批判をすることできるし、実際に

批判もしてきた。

「トランプ氏」は以前にも、「日本の核保有を容認する発言」も行なった。米国

が冷戦終結後、たえず腐心をしてきた「核不拡散」という流れに逆行しても、

一向にお構いなしである。

ただ、そんな発言を繰り返しても、庶民層に支持を広げているのは事実だ。

トランプ氏のもの言いは、「米国民の本音」と受け止めたほうがいいのかも。

アメリカ・ファースト(米国最優先」の人なのである。「世界の警察官!?、まっぴらご免だ」と・・・。「理」よりも「情」がまかり通るのだろう。


そんなトランプ氏の出鱈目に映る発言を「笑っていられない」とも言われる。

憲法9条をめぐる日本国内の議論だって、世界の常識からすれば、トラン

プ発言とあまり変わらずに受け止められているかもしれない」・・・。


「憲法9条をそのまま守るには、その精神を世界に広げ、賛同を得るための

具体的な行動が必要であろう。・・・ただ冷笑するだけでは、世界は何も変わ

ない」のである

いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

明日;5月26日から始まる「G7主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)」を前に

「財政出動と消費増税延期論」が高まっていた。

だが、世界経済には回復の兆しが見える。原油価格は大底を付けて、中国

経済も持ち直しつつある。残る不透明要因は、米国の金融政策の出口戦略

だが、こちらの不安も収まりつつある。


リスクは2つあった。

「第1はマネーの縮小」だ。一昨年秋の「米連邦準備理事会(FRB)」の資産

買い取り停止で世界の通貨供給量が減少して 国際商品価格が下落、世界

貿易が縮小した。

日銀はこれに即座に対応して追加緩和に踏み切ったのだ。「欧州中央銀行

(ECB)」も量的緩和を始めて、世界の通貨供給量は 昨年秋から増加に転

じている。


「第2は米金利上昇の影響」だ。昨年12月には利上げを開始したが 今後の

利上げを織り込む形でドルが高騰した結果、米景気が減速して世界景気に

陰りが広がった。

その後、FRBは追加利上げに慎重な姿勢に転じ、ドル高の修正が始まった。

世界の通貨供給量の回復とドル高の修正とともに世界貿易が回復に転じて、

新興国を中心に多くの国で生産が増え始めた。世界景気の失速懸念は収ま

りつつある。


国内景気はどうか。黒田東彦・日銀総裁が打ち出した金融の異次元緩和で

通貨供給量が増加して、円の異常高が修正されて、消費者物価がプラスに

転じた。日経平均株価は一時2万円台に乗せ、大成功を収めた。


その景色は変わった。海外への資金流出が拡大して、世界の通貨供給を支

えた一方で、国内の通貨供給の伸びが鈍化した。景気の中だるみで株価が

下落して、悲観論が広がった。

しかし、金融政策はグローバルな視点で評価すべきだ。世界の通貨供給量

の回復で国際商品価格が底入れし、世界貿易が回復して日本の輸出も 持

ち直しつつある。金融政策限界論は近視眼的ではないか。


「円高デフレ説」も疑問だ。円安にて、輸出業者は巨額の利益を享受したが、

それを上回る損失が家計を圧迫して、消費を低迷させた。行き過ぎた円安が

是正されれば、家計が改善し、消費が回復に向かうはずだ。

景気は今年後半に浮上する可能性が高い。目先の不安に惑わされて、消費

増税の延期や過剰な財政出動に走る必要があるのか…。日本国民の見識

が問われている。

いいね!(2)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

第一生命保険が先日に発表した「第29回サラリーマン川柳コンクール」の

全国投票結果が発表されたので紹介しておこう。



第1位:退職金 もらった瞬間 妻ドローン  (元自衛官)

第2位:じいちゃんが 建てても孫は ばあちゃんち  (川享)
第3位:キミだけは オレのものだよ マイナンバー  (マイナ)
第4位:娘来て 「誰もいないの?」 オレいるよ  (チャッピー)
第5位:福沢を 崩した途端 去る野口  (サイの京子)
第6位:カーナビよ 見放さないで 周辺で  (トラ吉ジイジ)
第7位:決めるのは いつも現場に いない人  (七色トウガラシ)
第8位:妻が見る 「きょうの料理」 明日もでず  (グルメ老)
第9位:ラインより 心に響く 置手紙  (豆電球)
第10位:愛犬も 家族の番付 知っている  (ワンワンマン)

おなじみの「サラリーマン川柳」も、高齢化社会を映しているようで、ことしの

ベスト10には退職や老後を詠む秀作が目に付いた。

「娘来て『誰もいないの?』オレいるよ」。「オレ!」と息巻いたところで、軽~く

あしらわれるのがオチであり、「粗大ごみ扱い」のような冷たい視線を覚悟する

ことに。いわゆる「ツブシの利かないサラリーマンの明日の姿」なのだろう・・・。

出掛かった笑いが、途中でしぼむ。

作者はどんな人だろう。現役バリバリならば、もう先を読んで白けているようで、

友達付き合いは遠慮したくなる。退職後の近詠(きんえい)だとしたら、寂しくも

ある。面白うて、やがて悲しき「サラ川(せん)」


似たようなせりふを、近ごろまたも耳にする。立派な政治家や良識ある議員は

いないのか。自称・政界のご意見番たちの小言が声高に聞こえ 「オレがいる」

と胸を張る声はあまり届かない。政治家もサラリーマン化したのか。

ならば、政治家川柳も一興であろうか。

ことしの1位である「退職金もらった瞬間 妻ドローン」が参考になる。カネを手

にした途端、いろんなドロンを決め込んだ怪しい人の顔が、浮かんでは消え、

また浮かぶ。

いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。