2016-11-18

小さいお店だから出来るイノベーションって

テーマ:店舗での応用編

こんにちは、

ミセヂカラUPの、オフィスアールエス佐藤玲子です。

昨夜、ボジョレーの会に参加してきました。

 

そこで考えた、イノベーションの話です。

お店の販促を仕事にしていると、
毎度、「売れない」話になる。
成熟した市場になって久しく、
今は、欲しいモノが無い状態とも言われている。

 

それでも、
欲しいとは気付いていない潜在意識に働きかけることで、
「あら、いいじゃない」「そうそう便利だよね」と
購買に繋げることが出来る。

私が仕事にしている「見せ方」も、
直接、潜在意識に働きかけるひとつの方法です。


でも、
お客さまはどんどん進化していますから、
単純な表現は「売り込み」と読み取られて敬遠されがちです。

 

もっと複雑に、間接的に
売り込み臭の無い表現が受け入れられやすいのだとは聞くけど、
それってどうしたらいいんだ、難しいやん。

昨日、参加したボジョレー会では
場所と食事を提供するカフェ・ピルエットさんで、
主役ボジョレーヌーボーを
自然派ワインショップのラ・ムーノさんが提供し、
セレクトショップのJeleさんが、
ファッションショーで楽しませてくれました。

3つの異なるお店が一緒にイベントをすると、
美味しい食事をいただきながら、
ワイン好きが服を買って、
セレクトショップのお客さんが、ワインも買う。
で、
新しく知ったカフェに、次は友達と来ようと思う。。。

誰も売り込んでいないけど、

楽しく過ごすうちに、喜んで買っている。

 

これって、イノベーション=新結合でいうところの、
「既存のものを組み合わせて、新しい市場をつくる」ですよね。

 

他店と組んでイベントをしたり、商品開発したり、
ゆるいコミュニティでお客さまを共有するのは、
小さなお店が取り組みやすくて、お客さまも楽しい販促だと思います。

 

そして、これって小さいお店だからこそ出来ることですよね!

イノベーションは、難しい遠くの話じゃなくて、
身近で実現しやすいかもしれないなぁ。

美味しいワインをいただきながら、学んできたお話でした( ´艸`)

 

あなたのお店の「見せ方」や、販促について、ご相談承ります。

●HPは、 http://office-rs.net/  (お問い合わせ欄あります)

●メールは、 info@office-rs.net   (@を小文字にしてください)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

名古屋「小売店の応援団」オフィスアールエスさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿