$見せ×魅せ×店のミセヂカラ

こんにちは。オフィスアールエスです。



見せ×魅せ×店のミセヂカラで名古屋の小売店さん応援中。
お店のイメージUP&入店率UP&売り上げUPをご提案しています。

HP: http://office-rs.net/
メール:info@office-rs.net
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-01-17

お店の防災

テーマ:店舗での応用編

今日は阪神淡路大震災から22年。

もう、震災を知らない人も多くなりましたね。

それでも、教訓だけは風化させないでいたいですね。

 

防災からみて。
建物は、建築基準法も消防法も格段に整備されて
ほとんど心配ないと思います。

 

気を付けていただきたいのは、
非常口をふさいでいないか、
通路をふさぎそうなものはないか、
商品や在庫品の置き方、管理の仕方のほうです。

いろいろなお店を訪問したり、買い物に行ったりすると
ときどき、避難階段にあたる場所に
段ボールが置かれているのを見かけます。


どんどん商品を寄せて積み上げて、
出入り口が狭まっているところもあります。
感知器をはじめとした機器を点検整備しているかも
気になります。

 

もしも地震がおきたら。。。

 

あなたのお店でも、
「避難路の確保」という目線からも、
レイアウトや陳列を点検してみてくださいね。

 

ーーーーーーーーーー

伝わる売れる「見せ方」あります(^^)

http://office-rs.net/

店×見せ×魅せのミセヂカラ®

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-01-07

小さなお店にも企業理念

テーマ:店舗での応用編

●小さなお店にも企業理念

 

お仕事始めに伺ったお店は、創業80年超、
昔ながらの街角にある、お店屋さん。
元は家族経営から、
4代目の今は、パートさん数名も抱えています。

 

そこでヒアリングのときに気になったのが「品揃え」

店には明確な強みがあって、
遠方からも来店するファンのお客さまもいるのだけど、
そこから外れた商品がちょこちょこ混じっているために、
見た目で特徴が表現出来ていない。もったいない!!

  私 :「なぜ、この品があるのでしょうか?」
  店主:「お客様に頼まれて仕入れたからです」

 

お店屋さんって、皆さん根が親切なので。。。
それに、長年のうちに
いろんな問屋さんともお付き合いしていて、
対応できるルートを持っているので。。。
つい、引き受けてしまう気持ちもよーくわかります。


でもその親切心が、お店の在庫を増やし、
いつかまた売れるかもって、置き続けることで
見た目も損ねていくんですよね、もったいないです(涙

 

企業理念って、大きな会社のものって思いがちですが、
小さなお店にだって必要です。

 

新しく商品を仕入れるときにも、
企業理念があれば、そこに照らして、
店に合った商品か合わない商品かの線引きが明確になります。
すると、店頭に並ぶ商品も確立されます。

(つまり、問題なのは
 置いてたら売れるかもしれないって思う気持ちのほうで、
 お客さまの要望を聞く聞かないではないんですよ。。。)

 

「うちの店って〇〇な店だよね~」
スタッフさん含め、意識を共有し言葉にして持っていること。
これが、
店構え、雰囲気、品揃えにも、接客にも、現れてきます。


それが伝わるから、
お客さまも、お店のファンになるのだと思います。

 

あなたのお店には、企業理念がありますか?

 

ーーーーーーーーーー

伝わる売れる「見せ方」あります(^^)

http://office-rs.net/

店×見せ×魅せのミセヂカラ®

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2016-11-18

小さいお店だから出来るイノベーションって

テーマ:店舗での応用編

こんにちは、

ミセヂカラUPの、オフィスアールエス佐藤玲子です。

昨夜、ボジョレーの会に参加してきました。

 

そこで考えた、イノベーションの話です。

お店の販促を仕事にしていると、
毎度、「売れない」話になる。
成熟した市場になって久しく、
今は、欲しいモノが無い状態とも言われている。

 

それでも、
欲しいとは気付いていない潜在意識に働きかけることで、
「あら、いいじゃない」「そうそう便利だよね」と
購買に繋げることが出来る。

私が仕事にしている「見せ方」も、
直接、潜在意識に働きかけるひとつの方法です。


でも、
お客さまはどんどん進化していますから、
単純な表現は「売り込み」と読み取られて敬遠されがちです。

 

もっと複雑に、間接的に
売り込み臭の無い表現が受け入れられやすいのだとは聞くけど、
それってどうしたらいいんだ、難しいやん。

昨日、参加したボジョレー会では
場所と食事を提供するカフェ・ピルエットさんで、
主役ボジョレーヌーボーを
自然派ワインショップのラ・ムーノさんが提供し、
セレクトショップのJeleさんが、
ファッションショーで楽しませてくれました。

3つの異なるお店が一緒にイベントをすると、
美味しい食事をいただきながら、
ワイン好きが服を買って、
セレクトショップのお客さんが、ワインも買う。
で、
新しく知ったカフェに、次は友達と来ようと思う。。。

誰も売り込んでいないけど、

楽しく過ごすうちに、喜んで買っている。

 

これって、イノベーション=新結合でいうところの、
「既存のものを組み合わせて、新しい市場をつくる」ですよね。

 

他店と組んでイベントをしたり、商品開発したり、
ゆるいコミュニティでお客さまを共有するのは、
小さなお店が取り組みやすくて、お客さまも楽しい販促だと思います。

 

そして、これって小さいお店だからこそ出来ることですよね!

イノベーションは、難しい遠くの話じゃなくて、
身近で実現しやすいかもしれないなぁ。

美味しいワインをいただきながら、学んできたお話でした( ´艸`)

 

あなたのお店の「見せ方」や、販促について、ご相談承ります。

●HPは、 http://office-rs.net/  (お問い合わせ欄あります)

●メールは、 info@office-rs.net   (@を小文字にしてください)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>