おしゃれサロンおりんご

札幌で大雑把な手作りフリーペーパーを作っているオフィスおりんごのブログです。


テーマ:





わたくしオフィスおりんごが作っている
りんごに薄幸そうな顔がついたキャラクター
「おりんごりんご」


おしゃれサロンおりんご
↑おりんごりんごさん(36歳男性・独身)


おでこに「果」の文字が入り、ほうれい線が苦労人生を物語る
この愛らしい(と私が思っている)キャラクターを
あるステキなお方が「リアルおりんごりんご」

にしてくださいました。


しかもつがい!


おしゃれサロンおりんご ←ご夫婦

察するに左がオス、ちょっと優しい目をした右がメスでありましょう。


キャラクター自体は独身(しかも童貞)の設定ですが
かわいいパートナーを得られ、本人もご満悦の様子です。

まだ青い時期にカッティングシートで顔部分を覆い
収穫の時期に剥がすとこのようになるのだそうです。


あまりの愛らしさに、匂いをかいだり、愛撫をしたり

話しかけたりと、甘い同棲生活(つがいだけど)を送って参りましたが

なにせ相手は果実です。

腐る前に食べてしまわねばなりません。




一人で剥いて食べるのも切なくて寂しいので

イベント等でお世話になっている
古本とビールのお店 アダノンキさん
相談してみました。


おしゃれサロンおりんご

↑おりんご夫婦を握り締め

アダノンキさんへいそいそと。




するとアダノンキさんが


「焼きりんごはどうでしょう」


と。


え!焼くの!?

せいぜい剥き方どうこうの話になると思ってた。


おしゃれサロンおりんご ←お一人様ご案内。


「焼きましょう!」


私がいともあっさりと提案にのったため
リアルおりんご(妻の方)が
その場で焼かれる事となりました。


不安げに妻の抜け殻を見つめる夫。
こんな形で二人を引き裂く私をゆるして。







おしゃれサロンおりんご


焼かれる前にシャワーを浴びて、タオルにくるまれる妻。
それを見守る夫。

なんだか背徳な香り・・・。



おしゃれサロンおりんご


焼かれんばかりの姿になったリアルおりんご(妻)。

脳天に穴をあけ、砂糖、バター、シナモンパウダー、

仕上げにラム酒をちょろっと。

なお、脳天に果物ナイフが刺さっている様子は
あまりに猟奇的なので掲載を差し控えさせていただきます。






いよいよオーブンレンジに投入!
おしゃれサロンおりんご さよならあなた!





おしゃれサロンおりんご

じー。

オーブンの中からじっとこちらを見つめるリアルおりんご(妻)。

なんだか寂しげです。
顔ひとつあるだけで、こんなにも感じる罪悪感。








おしゃれサロンおりんご
だんだん顔に汗がにじんできました。
頭がブクブクと沸いています。
比喩でない「頭が沸いている」を目の当たりにする日が来るとは。





おしゃれサロンおりんご
妻の帰りをじっとまつ夫。

妻の脱いだ上着を着ています。

ぬくもりを感じているのでしょうか。








おしゃれサロンおりんご
すっかりだっくだくになってはいますが
意外にも肌は瑞々しさを保っているように思われます。

もうちょっとよく火が通ったほうが美味しそう。

20分焼いたのち、さらに5分ほど追加。
店内に立ち込めるいい匂い。






おしゃれサロンおりんご

取り出してみると、外気に触れたせいか、
みるみるシワシワになってゆきます。

変わり果てたリアルおりんご(妻)

しつこいけど店内大変良い匂いであります。








そして衝撃の再会。


おしゃれサロンおりんご


「お、おまえなのか?」


「見ないで・・・私を見ないで!」


とか言って風。



おしゃれサロンおりんご

「私、もう昔の私じゃないのよ!」


「どんな姿だってお前はお前さ」


「あなた・・・」


とか言って風。






おしゃれサロンおりんご

こうして並べてみると、使用前・使用後感満載。

色つやとも申し分のないリアルおりんご夫に比べ

焼きリアルおりんごの方は
「生まれたて」もしくは「地縛霊」といった風貌。




おしゃれサロンおりんご
頭上からのサービスショット。






さて、写真撮影も楽しんだので
この後はスタッフが美味しく頂くというわけです。
おしゃれサロンおりんご

アダノンキさんと二人で仲良く半分個して食べるので

容赦なくりんご入刀。
サクーン。

お写真を撮られるお客様は遠慮なく前の方へどうぞ。



おしゃれサロンおりんご
んぎぎぎぎ!


遠くで目を背ける夫。
初対面の人間にナイフで切り込まれる妻の
そんなふしだらな姿は見たくないのでしょう。







おしゃれサロンおりんご

割れた。







おしゃれサロンおりんご
ブサ






おしゃれサロンおりんご
モグモグ。
食べられる妻をただ見つめる事しかできない夫。

「くそう!俺に金さえあれば、お前をこんな目にあわせずにすんだのに」


とか言って風。






おしゃれサロンおりんご

ああーさよならー。


焼きりんごが出来上がってから

いい匂いの中我慢をして写真撮影したため

私はおなかがペコペコだったのであった。


したがって妻は容赦なくたいらげられていくのであった。

甘くて美味しいのであった。
品種は「つがる」であった。






おしゃれサロンおりんご


焼いて食べられた妻を思い

今日は一人晩酌。


一人になってしまったおりんご(夫)。

かわいそうだけれども安心したまえ

君も近日中に美味しく頂いてあげます。


食後の世界で妻とまた再会できるでしょうよ。

妻はもう消化したけど。





おしゃれサロンおりんご


ちなみにアダノンキさんでは

おりんご手作りストラップを販売中。(宣伝)



なお、今回は特別に焼きリンゴを作って頂きましたが

通常、お店に鮮魚などを持ち込まれても

お刺身などにはなりませんのでご注意を。





AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

オフィスおりんごさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。