春の外国人相談

テーマ:

 桃の節句も過ぎ、少し暖かくなってきましたね。

 

 これからの季節、4月をまたいで、毎年何件かは留学生の就職がらみの相談を受けているように思います。そのほとんどは私の仕事としては正式受任とはならなくて、ご相談だけで終わったりするのですが。

 

 思うように就職が決まらないことに伴う、ビザ関連のご相談がほとんどです。

 まじめにコツコツと日本で勉強して、就職活動もきちんと結果を出す人たちが大勢いらっしゃる中で、ろくすっぽ勉強もせずにアルバイトに精を出してしまい、卒業すら危ういという人もいたり。

 

 今年は「これはブラックなビジネスでは!」という疑いを抱いてしまった相談も、既にありました。「ン十万円払ったら、仕事を紹介してビザも取ってあげる」と、ある会社に言われたという留学生からのご相談。「あなたは何のお仕事をするのですか?」と私が聞いても、仕事の内容すら把握していない。そもそもビザが取れる仕事内容なのかどうかもわかりません。

 

どんな仕事をするのか、いくらの給料がもらえるのかもわからず、ビザのためだけに就職するの?と、説教したくなりました。

 

 その子の日本語能力に問題があっただけで、会社からはきちんと説明があったのかもしれませんが。でも、仕事紹介してビザをとってン十万払うって、あり得ないです。限りなくきな臭い。就職が思うように決まらない留学生の焦りを逆手にとっているようにも思えます。

 

 「こういうことをきちんと確認しなさいね」ということを伝えて、最終的には自分で判断してもらうしかないのですが。

 

 うーん…

 

 日本で頑張ってまじめに勉強した方には、どちらにも明るい春が来てほしいものですね。

AD