「真嶋雄大の面白クラシック講座」は1月から12月までの12回。その初回の今月は、恒例の「お年玉大会」jを実施する。関係各社からご厚意をいただき、賞品として抽選会をするのだが、これを楽しみにしておられる受講者の方も相当多い。

 

何年か前、当初はそれほどたくさんの賞品はなかったが、年を経るにしたがって規模も拡大、現在では大小合わせて、ほとんどの受講者の皆さんに当たる賞品が揃っていて壮観である。受講者の方々も、昨年はあれが当たったとか、あれが欲しかったとしっかりと覚えていらっしゃる(笑)。

 

なので毎年、講座が始まるまでの時間、受講者の方たちは品定めに余念がない(笑)。という訳で、今年も盛大に実施することができた。各協賛各社のみなさん、本当にありがとうございました。心より御礼申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

今年も第16回目となる、「真嶋雄大の面白クラシック講座2017」を開講する。今年のゲストは、4月にピアノの浅野真弓さんとFAIRE弦楽四重奏団によるシューマン「ピアノ五重奏曲」など、6月には日本を代表するピアニスト田部京子さんをお迎えしての講座、8月には大人気ヴァイオリニスト奥村愛さんと、この講座でもお馴染みの冨永愛子さんという「愛・愛コンビ」によるデュオ、そして10月には天上に煌くピアニズム、三舩優子さんをお迎えしての講座となる。

 

ますます充実した感が強いが(自画自賛・笑)、さらにサプライズ・ゲストも既に何回か決まっていて、我ながら楽しみな講座になると思う。

 

このラインナップではあるが、受講料は年間12回で、9000円と超お得。初回は今週土曜日の1月14日。今からでも間に合うので、ご興味ある方はぜひ!!お申込みは055-254-9990(TEL)、055-254-9992(FAX)、または omosiroclassic@gmail.com まで。

 

 

 

 

 

AD

復活、そして明日へ(笑)

テーマ:

まぁ暮れからお正月にかけ、酷い目にあったが、さりとてインフルエンザ特有の、悪寒、関節痛、筋肉痛などはまったくなかったのが幸い。それでも倦怠感はあったので体調は万全ではない。多少不具合があると、仕事にも影響する。やはり健康が一番だ。

 

という訳で、遅ればせながら、毎年恒例のお屠蘇。例のごとく毎年金毘羅宮から贈ってくださる縁起物である。

 

そうでなくとも、今年は大きな仕事が幾つか、既に決まっている。もう目標に向け、粛々と、そして着実にこなしていくしかない。頑張るのみ!!

 

 

AD

インフルエンザ

テーマ:

まさに鬼の霍乱である。インフルエンザどころか、この10数年、風邪などお召しになったことのない私であるが、暮れにどうも調子が悪い。と言っても29日まで締切があり、なんとかこなした翌日、ヤツはやってきた(笑)。

 

どだい体温計などとは縁のない私だが、測ってみると何と39.4度!これはいかんと、友人のお医者様に連絡し、救急扱いで病院に行ってみると、「インフルエンザA!」。ひょっとして生まれてからの初体験ではなかろうか。

 

普段縁がないものだから、こうなるともういけない(笑)。どだい平熱は34度、35度台である。熱の高さだけでもくらくらしてしまうので、処方されたタミフルを飲み、寝ている他はない。いい機会とばかり、読み残してあった本を枕元に置いたが、身体が欲しているのだろう。ほぼ日がな、眠ってしまった。なんでもインフルエンザのウィルスは5日間体内に留まるそうで、体温が急上昇した日を起点とすれば、3日で終わったはず。

 

それでも、2日間は人との接触を避けなければならないと、やっと今日で無罪放免、のはず(笑)。それはそうと、切り火なんて、今の若い方は知らないんだろうなぁ…。。。