日常の帰還

テーマ:

昨年11月に大きな変化を遂げたあと、我が家には我慢と忍耐が続いていましたが、 
3ヶ月ぶりに日常が帰ってきました♪

もちろん新しい主幸(つかさ)という家族も加わってになるので、さらに賑やかな日常になりそうですが(笑)

我慢をしてきた奏音(かなと)と香里奈はテンション高めです♪

そして我慢してきた裏返しなのか、
母さん母さん!
ママ、ママがいい~!
率が高めです(汗)

この3ヶ月でかなり自立をしていた兄と姉でしたが、
一気に甘えん坊に戻りました…。

そして香里奈の
パパ、パパがいい~。
パパだーすき♪
が、ものの見事に消滅しました(涙)

どうやら、私の天下も大政奉還により終わったようです…(汗)


賑やかな空間の中で、よく寝てくれている主幸(つかさ)の物に、興味津々な兄と姉です。

小さいときには、二人も使っていたんだよ!
とツッコミを入れたくなりますが、
久しぶりにその姿を見せたバウンサーに乗りたくて乗りたくて仕方がありません。

乗りたがるので乗せてみたら、定員オーバーでバウンサーは悲鳴をあげていました(笑)

でも優しい兄ちゃんと香里奈姉ちゃんは、主幸(つかさ)のことがかわいくて仕方がありません。

あんまりかわいすぎて、どっちが主幸(つかさ)のお世話をするかで喧嘩をしてしまうくらい(汗)

今は奏音がゆらゆらさせてあげる番!
にーちゃん、かわって!!

そんな横でキョトンとしている主幸(笑)

喧嘩なんですけど、あんまりにかわいい喧嘩なので、
その素敵な光景を見いってしまいました(笑)


きっとこれからいろんなことが起きるでしょう。
きっとこれからもっと賑やかになるでしょう。

きっときっとの新しい日常が帰ってきました♪


ってなかんじで、今日はこのへんで!
AD

あとちょっと

テーマ:

先日の日曜日。
ほぼ2ヶ月ぶりの演劇声優塾の稽古がありました。

主幸(つかさ)の誕生間近ということと、奏音(かなと)と香里奈のお世話があったため、
これまでは稽古自体に私が行くことが出来なかったのですが、
短時間ではありましたが、久しぶりにみんなの顔を見ることが出来ました♪

いろいろあって、
いろいろ悩んで、
いろいろ考えて、
そして今後はちょっと流れを変えていこうと思っています。

どんな風に変わっていくのかは、演劇声優塾の稽古場日誌からでも感じ取っていただきたいと思います♪

今月中はまだ完全なリスタートをきることが出来ないのですが、
来月からは元の稽古状態に戻したいと思います。

あとちょっとです。

さてさて、そんな久しぶりの稽古がおこなわれているとき、
奏音と香里奈は母さんの実家で、母さんと最後の週末を過ごしていました。

離れた生活をするようになってから、早3ヶ月。

いよいよ今週末に、家族5人生活をスタートさせます!

これまでの間、クリスマスやお正月もいっぱいいっぱい我慢をさせちゃいましたが、
その寂しさから解放をさせてあげられます。

本当によく頑張ってくれたと思います!

今日の朝、奏音は母さんとの電話の中で、
ぼそっと一言をつぶやきました。

「かなと、母さんにいっぱい甘えたい」

なんという素直な一言…。

それだけいっぱい我慢をさせちゃったんだね。

ここまで耐えてくれてありがとう…。

そして新しい家族の主幸(つかさ)を、とても寛大に受け入れてありがとう。


あとちょっと
あとちょっと

もうゴールでスタートは目前です!

ありがとう
そしてまたよろしくね☆


ってなかんじで、今日はこのへんで!
AD

初対面♪♪

テーマ:

先週末、ガラス越しではなく、ようやく兄姉弟の初対面となりました♪

まだ実家にいる母さんと主幸(つかさ)に会いに、奏音(かなと)と香里奈はルンルンで向かいます♪

あーー、待ちきれない!
と兄ちゃんの奏音。
ちゅかしゃは、かりちゃんのおとーの(おとうと)
と姉ちゃんの香里奈。

玄関前で待ってくれていた母さんには、二人とも満面の笑みで、
母さん母さん
と抱きついていました♪

母さんに連れられて家の中に入ると、そこにはすやすや寝ている主幸(つかさ)の姿が。

かわいい♪目が離れない!かわいすぎる!

とテンション高く、ニコニコの奏音は、主幸の顔から10㎝の近さで、危なっかしく眺めていました♪


片や香里奈は、さっそくお姉さんを発揮!!

母さんが作ってくれたお手製のおんぶ紐を体に巻き付けて、
赤ちゃんを抱っこしてあげるの!
と!

いやいやいや。
まだ首も座っていない、生後2週間の赤ちゃんは無理もムリです!

ごめんね…香里奈。
まだ香里奈には抱っこさせてあげられないんだよ…。
主幸(つかさ)が、お姉ちゃん抱っこしてって言えるようになるまで、待っててもらってもいいかなぁ~?

理解をしてくれたのか泣きはしませんでしたが、
も・の・す・ご・く納得をしていないような顔つきでしぶしぶあきらめてくれました(汗)


まだ床上げまでは、しばらく離ればなれににはなりますが、
新しい家族の加わりに、楽しく騒がしい予感を思わせてくれる対面でした(笑)



ってなかんじで、今日はこのへんで!
AD

人の心を理解する

テーマ:
あっ!
一昨日、嫁さんと主幸(つかさ)は無事に退院となりました~♪

まだしばらくは実家暮らしなので、相変わらずの生活は変わりませんが…。

皆さんにはご心配をおかけし、また素敵なお言葉を多くいただきまして、本当にありがとうございました♪


さてさて今週末に、ようやくガラス越しではなく、自分の弟と対面を果たす奏音(かなと)と香里奈ですが、
昨日ちょっと素敵なことがありましたので、ここでご報告を♪


これまた相変わらずの兄ちゃん大好き香里奈は、
兄ちゃん大好きすぎて、抱きついた勢いで、思わず首もとをキュッとつねってしまいました(汗)

痛かったらしく、泣き出す奏音。
それを見て、そんなつもりじゃなかったのに…と、茫然とする香里奈。

わざとじゃなかったんだよね?
でも兄ちゃん痛かったんだって。
わかっているけど、兄ちゃんにごめんねは言おうか。

が言えない。
まさかの出来事で既に思考能力は停止状態でした。

しばらく茫然とした後、ようやく理解が出来て、泣き出す香里奈。

それを見ていた奏音は…
「奏音も赤ちゃんのときは謝りたくても謝れなかったから大丈夫だよ。」
「謝らなくてもいいよ。心が謝っているのが分かったから。」
と!

なーーんて素敵なことを言えちゃうんでしょー!

香里奈に
兄ちゃんもういいって。でも素敵な兄ちゃんにありがとうだけは言おうよ♪

すると、香里奈もそれに素直に応えて小さな声でありがとうって♪

心の壁が壊れたのか、その後また香里奈はギャン泣きでした(笑)

でも香里奈のその涙は、私には素敵な涙に見えました♪


素敵な奏音と、それを兄に持つ香里奈。


優(やさ)しいっていうのは優(すぐ)れているとも読むんだよ♪


親バカかもしれませんが、その言葉通りに育ってくれているようです♪



ってなかんじで、今日はこのへんで!

昨日1月26日17時28分に
3405gで生まれてきてくれましたぁ~♪

陣痛時間43分のスピード出産息子の主幸(つかさ)です!


37週の臨月を先週の1月19日に迎えて、早産期ではなくなったので、
嫁さんは一度退院して実家にいました。

昨日、病院の外来日で検診したところ、赤ちゃんはすでに3300グラムあり、
子宮口も開いていて、三人目ということもあり、もし外で産み落としてしまうと危ないということで、
誘発剤で陣痛をつけることになりました。

11時からスタートさせて、タイムリミットとなっていた16時15分まで点滴をうっていましたが、陣痛は来ない…。


どうする?
今日は一度帰って様子をみるか、それとも念のため病院に一晩泊まって、もう1回促進をうってみるか?

なーんて話を嫁さんと助産婦さんとしていたら…。

あれ?
おしるしか?

となったら、早い早い!
陣痛らしきものが押し寄せ、そうこうしている間に

もしものことがあるので、分娩室に行っておきましょう。
お父さんは荷物をまとめておいてください。

と助産婦さん。

ってことで、そんなにない荷物をまとめていたところ!

お父さん急いで~!!

って看護師さんの声!!

えーーーっ!!


あーーーっという間に、その顔を見せてくれました(笑)


出てきた瞬間に、部屋の壁が壊れんばかりに、
元気いっぱいに泣いてくれた息子♪


本当に本当に
生まれてきてくれてありがとう。

よろしくね♪



取り急ぎ、皆様にもご報告まで♪



ってなかんじで、今日はこのへんで!

親子3人生活

テーマ:
まったくもって、更新が滞ってしまいまして、申し訳ないです!!!!

只今、親子3人生活でバタバタ中の状態なもので、状況をお察しいただけると幸いです。


実は、嫁さんが絶対安静をお医者様から通達され、嫁さんの実家に強制送還しました。
その11月13日(日)以降から、まず奏音(かなと)との2人生活をスタートさせました。

が、その週の18日(金)には、入院による絶対安静を宣告され、
一緒に実家に行っていた香里奈も戻ってきて、
20日(日)から親子3人の生活をスタートさせたわけです。

奏音香里奈は、平日は朝から夜遅くまで、それぞれの保育園に行き、
土日は嫁さんの実家に連れていっています。



今日で1ヶ月…。
長かったようで、あっという間だった1ヶ月…。

この間の予定は全キャンセルをして、
演劇声優塾の稽古も、ほぼ全キャンセルをメンバーにお願いしました(汗)

みんなごめん…。


でも嫁さんの一時退院予定までも、あと1ヶ月。
折り返し地点。

誰もがみんな我慢をして
誰もがみんながんばって
誰もがみんな協力し合ったよね♪


今年はクリスマスもお正月も、きっとコンパクトでシンプルなものになるだろうけど、
その分を来年に持っていっちゃって、大豪勢なことを考えようね♪

でもそのときは、もう4人じゃないんだけどね♪



そんなこんなで、なかなか予定を組めない皆様、
演劇声優塾のみんな、
ご迷惑をおかけしている皆様、
そしてこの記事を見ていてくれている皆様、
しばらくの間、暖かい目で見守ってやってください。


お願いします。



ってなかんじで、今日はこのへんで!

邪魔と悲鳴の稽古場

テーマ:




新たなメンバーが仲間入りしました!

中学二年の高松美幸(たかまつみゆき)と看護大学に通う霜内椛羽(しもうちいろは)です!!

昨日の基礎クラスでは、この二人を迎えての稽古でした♪


天気にも恵まれ、心地よい暖かさの中、
テンションが上がりまくりの息子奏音(かなと)は、手に負えないくらいの爆発ぶりだったんです(汗)

ちょっと本人的にもいろいろあり、それがスタートした日でもあったので、
その小さな心の中にあるストレスを発散させるかの如く、
いつも以上に、それこそいつも以上に、稽古をしているみんなの邪魔をしていました(汗)

それも昨日は、いつものように午前中だけではなく、一日中…。

妹の香里奈もいない環境ですから、邪魔の邪魔をする者もいないので、
稽古場が我が物になっていました…(汗)


みんな…ごめんね…。


それでも稽古はやります(笑)

午前中はいつものように軽くキツイアップから♪

さすがに初経験の椛羽にはキツかったらしく、1つ1つが終わった後には、
魂が抜けたように真っ白になっていました(笑)

まぁひじ立てのときに、奏音に背中に乗られちゃ無理はないか(汗)


稽古場内によく分からない笑いと悲鳴が響いていましたとさ♪

お昼ご飯のマクドナルドのハッピーセットでテンションが上がる奏音以外は、
疲れと眠さとで、なにやらグダぁ~っとする中、そんなことお構い無しに稽古は続きます(笑)

午後は台本読みの基礎稽古。

生と死
出会いと別れ
そして、本当の愛

まだ経験の浅い彼女たちには、ちょっと難しいテーマに挑戦してもらいました。

ストーリー自体はフィクションです。
現実ではありません。
嘘です。
フェイクです。

でもそれを嘘として語ってしまっては、そこには何も残らないんです!

これまでの人生経験が短くても、自身が経験してきたもの、
見聞きして感じてきたものを引き出しとして、真実を語るんです!

その出てくる言葉には、上手いも不馴れもいらないです。

真実を語れる自らの心。
自分自身すら隠さず、それを表す気持ち。

それが表現に変わっていきます…。


そんなことを伝え終わってタイムアウト!

いつものようにギリギリなので、お昼寝をせずに、眠さマックスの奏音のケツを叩き、いそいそと稽古場を後にしました。


帰り道、毎年恒例のクリスマスイルミネーションを見て、
みんなでダラダラと帰りました♪


それにしても、さすがの美幸。

自身にも妹がいるので、その手慣れた扱いに、あっという間に奏音を手のひらの上で転がしていました(笑)

スゴすぎる…。


さてさて、そんなこんなで仲間入りした新メンバー、
高松美幸と霜内椛羽を、
どうぞこれからもよろしくお願い致します♪♪



ってなかんじで、今日はこのへんで!

吉凶は表裏一体

テーマ:
考え方、捉え方1つで吉凶はいとも簡単にひっくり返るんです。


道端で1円を拾いました。

なんだ…。
1円じゃ意味ないや…。

やったー♪
1円を拾っちゃった♪
今日は良いことありそうだ♪

※よい子のみんなは、ちゃんと交番に届けましょうね(笑)


ほらっ。
こんなことでも吉凶が変わってくるでしょ?


地獄の絵と極楽の絵というものがあります。

地獄、極楽ともに大きな食卓にはご馳走がたくさんあり、それを人が囲んでいるのですが、
1メートル位の長い箸を持たされていて、地獄の人たちは自分の口にご馳走をはこべず苦しんでいます。

一方極楽の人は同じ状況で長い箸でむかいにいる他者に食べさせていて、
みんな微笑ましく食事をしています。


ちょっとしたことです。
本当にちょっとしたことなんです。

こんな些細なことで、人生の幸・不幸が変わってきます♪


私が占いで見つけ出す占的は、この吉凶対冲を相談者にお渡ししています。



幸も不幸も
吉も凶も
すべては太極の中にある表裏一体の事象で、
いとも簡単にひっくり返っちゃうんですよ♪



ってなかんじで、今日はこのへんで!

非確定性表現者へ

テーマ:
表現することにおいて重要なのは、
常に流動的に出てくる発想を否定することなく、
そしてその流れに身を任せること。


理論物理学上の量子力学。
常にその現象は流動的で、確率的に事象が発生する。

ある瞬間瞬間の見方によって、その形が変わってくるもの。

決まった形なんてない。

事象を微分化してとらえるなら確定的な方程式が成り立つけど、
太極を見れば、常にそれすらも変化している。

アルバート・アインシュタインは
「神はサイコロをふらない」
って言っていたけど、
現実はサイコロ遊びをしているかのように、出る目はその都度違う。


なんだか、ちょっぴり分かりにくい話をしていますが、まぁ何を言いたいかというと、
「これ」と決まった確定的なものは存在しないので、
もっとその瞬間的な発想を信じて、そしてそれを疑う固定観念なんかぶっ飛ばして、
その出てきた発想を使って、いっぱいいっぱい遊べばいい。

これ
こうしなくちゃいけない
ああじゃなきゃダメ

そーんなものないないない!

確定的なものなんてないの!


季節も移り変わっていく。
同じ場所から見る紅葉も同じようには見えるけど、
実際はまったく同じ景色なんてありえない!


確定的なものなんてない。
当たり前なんてものはない。

それを素直に受け入れる心と身体。
それに素早く順応して、流れるように、そして止めることなく出す動かす。

そうやって自分で作り上げる壁を取り除くこと。

そんな流動的で
そんな確率的で
そんな身勝手な考えで
そんな場当たり的な行動で
そんなそんな頭を使わず身体が脳みそみたいな人生。

そーんなクレイジーな人が、偉人へと移り変わっていくのだから…。



ってなかんじで、今日はこのへんで!

49日目のありがとう

テーマ:
9月の、まだ暑かった日に突如入った一報。

すぐさま病院に向かい、家族が集まったけど、
とりあえず容態が安定したことで、私1人が夜間の付き添いで残り、
その場は一度解散となった。

そしてそれからわずか数時間後、一番末っ子の俺に看取られて、親父はあの世への船出をした…。


最後の最後に、ただひたすら俺は、親父の耳元で同じ言葉をくり返していた。

大丈夫だから。
みんな大丈夫だから。
おふくろは俺たち姉兄でなんとでもするから。
だから、もうゆっくりしていいよ。
心配しなくて大丈夫だから。

聞こえているか、聞いているか分からなかったけど、
ただただそれをくり返していた。

そして、
静かに息を引き取った…。


あの日から、景色も肌感覚も一変した一昨日の土曜日。
四十九日の法要を終えた。


奏音(かなと)はさすがにお兄ちゃんだったな♪
「今日じーじが天国に行く日でしょ?」
と分かっているようだけど、
香里奈に至っては、いとこのお兄ちゃんお姉ちゃんが遊んでくれるお出かけ気分。

まっさすがに2歳じゃ無理もないか(汗)

まぁでも、二人とも何度も母さんに怒られてはいましたが、
ああいった場でよく頑張ってくれました。
ありがとう♪



うん。

まぁまぁいろいろあったけど、総じて親父にはありがとうかな(笑)

一番大きなありがとうは、俺をここに誕生させてくれたことだよね、やっぱり。


うん。
そう。
俺に命をくれたこと。

そして俺ら4姉兄に命を与え、
そこからまた8人の孫へと命を繋いだ。



大丈夫だから。
みんな大丈夫だから。
おふくろは俺たち姉兄でなんとでもするから。
だから、もうゆっくりしていいよ。
心配しなくて大丈夫だからね。

本当にありがとうな、親父。




ってなかんじで、今日はこのへんで!