新入塾生 水鳴紗希

テーマ:
演劇声優塾に、新たに入塾しました♪

水鳴紗希(みずなりさき)で中学2年生の女の子で、
既に入塾している鳥居千聖(とりいちさと)の小学校中学校を共にしています♪

過去初じゃないですかね?紹介による入塾って(笑)

だんだん低年齢化する状況に、杉咲ジェネレーションギャップを感じるばかりです(汗)


この新しい風は、時に他人に大きな影響を与えます。

風が吹くことによって、その中の空気が入れ替わり、そして人に変化を与えます。

今回の紗希も、確実にその風をおこし、そして自分と自分以外の者に、変化を与えてくれたのです!!


いや~この紗希という存在に、感謝感謝するばかりです♪


そんなんですから、昨日の基礎クラスでは、演劇声優塾の基本となるものを中心におこなわれました♪


午前中は稽古前アップとしておこなっている全内容の総確認です!

新人が来た際には、いつもそこに正規en塾生が担当として付き、
様々なen塾の稽古前アップについて指導をしてもらっています。

が、伝言ゲームのように、いつしか伝わる内容が変わっているものなんです(汗)

なので、そのポイント説明をしました♪


あっ。
もちろん邪魔コンビの奏音(かなと)と香里奈の襲撃に合いながらです♪

ちなみに奏音は、おたふく風邪の治りかけで、
ちょっとほっぺたが腫れておりましたが(笑)


そんなカオス状態の午前が過ぎ、午後の第一講座は「朗読・雨にも負けず」
宮沢賢治がなぜこれを書くに至ったのか?
最後の文にある
「そういうものに 私はなりたい」
のそういうものとはなんなのか?
国語の授業のような講義のあとに、
プロの朗読視聴を織り混ぜながら、
みんなにも朗読していただきました。

演者は、自身の声や身体、感情等、すべてを使ってそれを伝える伝道師。
よって、それが観る人や聞く人に伝わらなければ意味がないのです。

そんな基本中の基本をやりました♪


そして休憩をはさみ、終了間近でおこなった第二講座は、「即興・伝達方法」です。

伝えるための手段や方法論としてのアイコンタクト。

そしてそれを正確にオファーして、
正確に受け取ろうとする態勢作りのアクセプト。

ちゃんと伝えようとして
ちゃんと受け取ろうとする

俺だけ私だけ
ではなくて
one for all
all for one

それがなし得たとき、どんなセリフのキャッチボールでも、
どんな感情のキャッチボールでも、
それに新たな命を吹き込み、また大きくしていくことが出来ます♪



演劇声優塾では芝居はやりません(笑)

常にこんなダルくて、重要なことばかりしているんです♪


そんな演劇声優塾へようこそ♪


これからも水鳴紗希をよろしくお願いいたします♪



ってなかんじで、今日はこのへんで!
AD





先週の話です。
先日ではなく、先週の日曜日の話です(汗)


演劇声優塾に新入塾生が加わりました♪

稽古場から自転車で30分という誰よりも近い場所からの参加となる、
高校2年生の女の子 宮村麻見(みやむらあさみ)です!


高校生参加者としては、牧村柊亜の1つ下ということになります。

なので、稽古当日も柊亜には先輩面をして指導していただきました(笑)


さてさて、そんな新人を向かい入れようって日にも、
en塾では掟やぶりな行事が行われます。

演劇声優塾 最古株参加者 大石ゆめのバースデーサプライズです(笑)


今回はサプライズの中に、ドッキリ要素も含めてみました(笑)

実はゆめから、亮二へのサプライズ企画の提案があったのですが、
それを逆手に取って、ドッキリを仕掛けたのです。

en塾生 星影亮二も8月誕生月で、en塾生になって初の誕生月を迎えるので、
私とゆめ“だけ”で企画が進められていました。

“だけ”でです(笑)

ホンモノの企画は、そのはめるはずで、その当日は実は欠席だった亮二を含めたゆめ以外で、着実に進められていたんです♪

実物ではない亮二の影武者も含めてね(笑)


そんなこんなで、当日ゆめには亮二と一緒に、駅待ち合わせで来るように伝えてあったのですが、
影武者亮二から集合時間3分前に急遽来れないという連絡が全員にまわります!

はめるはずの亮二がドタキャンで休み…。
さぞかし期待いっぱいだったゆめは、落ち込みながら駅から稽古場までの道のりを歩いたことでしょう。
独りで(笑)

稽古場室内に到着したゆめの前に飛び込ませたのは、
真っ暗な室内に新聞マスクをかぶった怪しい集団と、音のないHappy Birthdayの文字だけ映像(笑)

室内中心に備え付けられた椅子に、ゆめは拘束されます。

室内は新聞紙が敷き詰められ、またゆめ自身も新聞紙にくるまれていきます…。

その椅子の周りを、新聞マスクマンたちが、Happy Birthdayのハミングを低いトーンでうなっています。

そのメロディーが最高潮に達したとき、
お誕生日おめでとうという掛け声とクラッカーが鳴り響きます!

パイ投げの生クリームで、顔が真っ白に、べとべとになりながら(笑)


大成功♪


なにが起こったのかわからなかったのか、一瞬呆然としていました(笑)


大丈夫です!

第2部のドッキリのときに、ちゃんとおいしく食べられる生クリームを食べてもらいましたから♪




ってか、稽古初参加に麻見にこんなことに付き合ってもらっちゃいました(笑)

麻見ごめんね~
でもありがとねっ♪

演劇声優塾ってこんなとこなんです(笑)



ってなかんじで、今日はこのへんで!
AD

お兄ちゃんとお姉ちゃん

テーマ:
奏音(かなと)はさらにお兄さんになり、香里奈はお姉さんになりました(笑)

本人たちはまったく自覚がないんですが…(汗)

まぁ奏音はすでにお兄ちゃんなので、
おっ!そっか(笑)
って感じです。

問題は香里奈…(汗)

最近さらに、今まで以上に、これまで以上に
母さんから離れられなくなっています…(汗)

政権交代の波を、早くもその身に感じているのでしょうか…(笑)


奏音は3年間君主の座にいれたけど、香里奈は2年間だったからねぇ~…。

今のうちに!
っていうのがあるのかもしれません(笑)


でも残念ながら、いつかそれも終わりを迎えます(汗)

というか、来年1月末から2月初旬には、確実に政権は交代します(笑)



まぁそれまでは…ね♪



ってなかんじで、今日はこのへんで!
AD

楽しかった夏休み

テーマ:










1週間の子どもたちの夏休みが終わりました。

最終日の昨日は、長男奏音(かなと)5歳の誕生日♪


5年前の昨日…
生まれてきてくれて
ありがとう♪


夏休み初日は、私の実家でいとこのお兄ちゃんお姉ちゃんたちにいっぱい遊んでもらいました(笑)
初めてのスイカ割りには大興奮!!

2日目は、近くの交通公園で自転車とゴーカート暴走して、初めてのじゃぶじゃぶ池で大はしゃぎ♪

3日目は、お誕生日プレゼントの物色ついでにゲームセンターで、初めてお金を湯水のように使ったよね(汗)

4日目は、奏音と香里奈が初めて映画館で映画を観ました(笑)
まぁ兄ちゃん優先で「ジュウオウジャー」と「仮面ライダーゴースト」だったけどね(汗)

5日目は、トイザらスまで行って、初めて自分で自分の誕生日プレゼントを選びました♪

6日目は、初めてのおうちプールでどこもかしこも水びたしに(笑)

そして奏音お誕生日当日の7日目は、とーさんと香里奈はご出勤だったから、
久しぶりの母さん独り占めのデート(笑)
初めての戦隊ショーで天井知らずのテンションだったよね♪


遠出はしない今回の夏休みは、1日1つ、必ず初めてをしました(笑)

短かったけど楽しい夏休みだったんじゃないかな♪♪


ってなかんじで、今日はこのへんで!

お盆休み前の休日

テーマ:




先週の土曜日は、香里奈が通う保育園の夕涼み会♪

金曜日に一人でばあちゃんとこにお泊まりをした奏音(かなと)と昼前に合流して、
お昼寝後に甚平を来て行ってきました♪


二人ともかわいかったです(笑)
親バカですが…(汗)


そこでうちわ作りをして、奏音が初めて自分の名前を書きました♪

初めての字のわりには、けっこう上手に書けてますよね?(笑)



そして昨日は、二人の断髪式(笑)

いつもお願いしている理容室で、いつものイケメン理容師さんに、
サクサクっとカットしてもらいました♪

そして奏音人生初となる理容室でのカット後のシャンプー(笑)

妹の、すでにカットが終了していた香里奈に、
「にーちゃんがんばれ!にーちゃんがんばれ♪」
と応援されてました(笑)

ちょっと緊張してましたが、なんなく完了~♪

理容師さんにも「イケメンになったなぁ~」と言われ、どや顔の奏音(笑)



お盆休み前に、さっぱりした兄妹でした♪



ってなかんじで、今日はこのへんで!

Best Friends

テーマ:



とっても仲のいい兄妹♪
まるで友だちみたいです(笑)


兄ちゃんのことを大好きすぎて、好きの押し売りをする妹 香里奈。

香里奈の愛を受け流すことなく、ちゃんと受け止めすぎて、自我を我慢する兄 奏音(かなと)。


ワガママな妹に対して、あまり怒ることをしない奏音は、
気分によっては「ダメっ!」って怒ることはあっても、基本叩いたりの手を出すことはしない。
むしろ、これは珍しい部類。

普段は自分のおもちゃを取られても
「これは香里奈のものなの?」
「今奏音が遊んでいたんだよ?」
「かーしーてって言わないと貸してもらえないんだよ?」
と香里奈に語りかける。

怒るというよりも叱る。
叱るというよりも諭す。
諭すというよりも促す。

そんな声かけをしていきます。

が、そんなものでは微動だにしない香里奈に、
奏音の中でヒートアップしていき、
最終的に泣き出すんですが…。
奏音が(笑)


日常的なことなんですけど、それも超えて、
この2人が信頼しあっているというか、愛し合っていることが伝わってきます♪


兄妹というよりも、そんな関係性すらも超えたなにかを、2人に感じさせられることがあります。

大きくなるにつれて、きっといろいろなことがあるんでしょうが、
そのなにか見えないものを失わずに、大きくなってほしいと願うばかりです♪


素敵な兄妹だ♪


ってなかんじで、今日はこのへんで!

ランチ居酒屋で演劇談義

テーマ:

今日は11時に池袋芸術劇場前で待ち合わせをして、
昼からお酒をつまみに演劇談義をしてきました~♪


役者 本郷小次郎

高校時代の同期です。


最近関わった公演(私は直接ではありませんが笑)で再開、
久しぶりに飲もうぜってことで本日にいたったわけです♪


いや~2人だけで飲むなんて何十年ぶりなんでしょう。
お酒を酌み交わすなんて、ここでは言えない年齢ぶりくらいです(笑)


再開に乾杯♪
おっさんに乾杯♪
尽きない話に乾杯♪

お互いに年を重ねましたが、止まらない時間の中で、
気がつけば昼から5時間も飲んでました(笑)



いやぁ~。
梅雨明けのこの暑さに負けないくらいの、
熱い話の花を咲かせてきましたよ♪


あっ。
写真は宴の後です(笑)

どうも写真のタイミングを知らない私…(汗)



ってなかんじで、今日はこのへんで!

ノーマルでいること

テーマ:
しばらくお休みをいただいていた演劇声優塾の稽古を再開。

3週間ぶりの応用クラスが昨日ありました♪



今回のテーマはノーマルアクセプト。

普通に受ける。
構えて受けるのではなくて、普通に受ける。

どうしても、普段の会話の中でも構えてしまいます。

なにか発しなければならない。
なにかを言わなければならない。
面白いことを言わなくちゃいけない。


言うことにとらわれてしまい、受けることがおろそかになってしまう。

言うこと
聞くこと

この両方が成立をしないと、実は会話としては成り立たない。


最近自分も含めて、ちゃんと聞くことが出来ていないんじゃないか?
受ける姿勢が出来ていないんじゃないか?
受けられていないんじゃないか?

台本のセリフも、言うためのセリフを覚えるので精一杯になるために、
受けることなんて、どこかへすっ飛ばしてしまっている…。


だったら、受けてみよう!
受ける姿勢を身につけてみよう!


防御することと受けることは違う。

防いでしまったら受け入れることなんて出来ないからね♪

自分のことはいったんさて置いて、
相手を信じ、出されたものをそのまま受けとればいい。

そして素直に受け取ったら、迷わずにそれを「えいっ♪」って返す勇気も必要♪

相手がどうとか、自分はどうとか。
そんな理性的に考えていたら、良い人にはなれるかもしれないけど、
素敵な人にはなれないって思ってる(笑)

まぁもちろん本能のまま生きていたら、単なるわがままになってしまうけど(汗)


言うことも聞くことも。
出すことも受けることも。
オファーもアクセプトも。
理性も本能も。

半々がちょうどいい♪


そのために作らない。
なにもかも。

あいまいで
真っ白で
なんにもなくて

そんな普通が素敵っ♪


まぁこれがなかなか難しいんだけどねぇ~~(汗)



ってなかんじで、今日はこのへんで!

貴重な体験を重ねていく

テーマ:
先週末、彼らは貴重な体験をしたことでしょう。


演劇声優塾の塾生 須高昇矢、水樹枝里、牧村柊亜、稲垣 慶、大石ゆめが
協力していたsweet factory 第3回演劇公演 『継承~the succession~』が閉幕しました。


昇矢と枝里は、舞台袖のサポートスタッフとして入り、
柊亜と慶は受付として入りました。
ゆめは主に稽古場での公演前作業スタッフとバラシ要員として入りました。


なにかと不安いっぱいだった杉咲は、気持ちが落ち着くことはありませんでしたが、
その不安をよそに、彼らは期待以上にやりきってくれたようです♪


個人的には、それぞれにダメ出しはいっぱいあるのですが、
それはこれからちょこちょこと小出しに指摘していこうと思っています(笑)


あっ!!!
きっとうちの子たちは、これを見ていると思うので、
この場を借りちゃいまして公開宿題を出します(笑)

近日中の提出期限は設けませんが、後から出てくることもあるので、
まめに追加をしていってくださいね!

~~~~~~~~~~

<宿題>
今回関わった公演において
「感じたこと」
「思ったこと」
「やりきったこと」
「やりきれなかったこと」
等々…
自分自身のことから周りのことまで
ありとあらゆることを、100項目以上になるように、箇条書きでメモを残してください。

唐突に提出を求めますので、コツコツやっておいてください。

~~~~~~~~~~


思うだけではなくて、アウトプットが必要なんです♪

ただの体験にしてしまうのではなく、貴重な体験にまで高めていく方法の1つ。

これが演劇声優塾です(笑)


あ~~ぁ。
それにしても、
心のなかでは羨ましく思っていた私…(汗)

舞台空間には様々な人がいました。

以前、共に舞台興行をしたときから大きく役者として前進していた大岩くん。

サポートスタッフの頭領として指揮をしてくれた、高校時代からの同期 本郷。

ひっさびさだった坂本さん。

10年近く会わなかった間に、きれいさに磨きがかかったみやこ。

急なお願いを快諾してくれた音響家の上原。

同じ観客として観に行ったのに、前の席に座っていた私に、後ろからものすごい勢いで手を振っていた大友恵理さん。

あまりに久々すぎて、記憶の中に埋もれてしまっていた…●●さん(またしても…な、名前が…(汗))


この空間がやっぱり俺のホームなんだなぁ~~~♪
って思っちゃいました(笑)


貴重な体験をさせてくれたsweet factoryの全関係者の皆様。
演出の町田さん、チーフプロデューサーの野村様、プロデューサーの浅沼様、制作の瀬戸山さん、
そしてこの機会を巡り合わせてくれた馬場。

本当に本当にありがとうございました!



ってなかんじで、今日はこのへんで!

親バカ その2 急成長の愛娘

テーマ:






2年前より今日
1年前より今日
1週間前より今日
昨日より今日

メキメキと成長を感じる香里奈です(笑)


兄ちゃん大好きは変わりませんが、最近では兄ちゃんのお世話までするようになりました(汗)

奏音(かなと)の保育園に行ってからの毎朝の準備のうち、
足拭き用のタオルの準備
園庭靴の準備
連絡ノートの準備
…etc

っていうか、ほとんどの準備は香里奈がしています。
そして私がやろうとすると、
「あたしがやるの!」と言わんばかりに怒り始めます(汗)

最近では兄ちゃんの着替えも手伝おうとします。
まだ自分のもままならないときがあるのに(笑)


もちろん兄ちゃんのお世話だけではなく、
食卓の準備や、洗濯物を畳むのもお手伝いしてくれます。

まぁ畳み方は、香里奈流ではありますが、
2歳にしては几帳面なのか、割りとしっかり畳んでくれます♪

最近まで赤ちゃんだった香里奈が、徐々にお姉さんになってきていることを、ここ数週間で感じています♪


かいながっ!
かいなのっ!

なんでも自分でやりたがり
なんでも兄ちゃんの真似をしたがり

そんなお陰か、もうすでに2歳になったばかりですが、食事は箸で食べてます。
目の前には一応スプーンとフォークは置いてあるのですが、使うのは箸です(汗)

まだオムツですが、すでにトイレでの成功例もあります。

奏音もいろいろなデビューが遅くはなかったのですが、
香里奈は奏音と比べると一足も二足も早いです。

これは男の子と女の子の違いか?
それとも香里奈が早いのか?
はたまた親の手抜きの結果か?



私としては、今という時間をもっと大切にしていきたいのに、
香里奈は意に反して、チャキチャキ先に進んでいっちゃいます(汗)


きっと彼女のことなので、この先も待ってはくれずに、
スタスタ歩んでいくんでしょうね…(汗)

はぅん…。



ってなかんじで、今日はこのへんで!