兵庫県明石市の歩道橋事故で、検察審査会の議決を受け、業務上過失致死傷罪で強制起訴された元県警明石署副署長榊和晄被告(63)について、神戸地裁は14日までに、第1回公判前整理手続きを7月29日に行うことを決めた。
 榊被告は神戸第2検察審査会が強制起訴できる「起訴議決」をしたことで、制度導入後初のケースとして、4月20日に地裁が指定した検察官役の弁護士に在宅起訴された。指定弁護士は証拠整理に時間がかかるとして、地裁に初回の公判前整理手続きまで3カ月空けるよう求めていた。 

【関連ニュース】
JR西歴代3社長を強制起訴=検察審議決で弁護士
歩道橋事故、元副署長を強制起訴=検察官役、制度導入後初
元副署長、20日に強制起訴=検察審査会の議決受け
元明石署副署長を聴取=歩道橋事故で指定弁護士
元副署長、4月にも聴取の意向=起訴議決で指定弁護士

<トキ>卵がまたカラスに奪われる 残りの卵がまだ存在か(毎日新聞)
11年に選挙制度改正―参院専門委=次々回から適用(時事通信)
パトカー衝突、車の男性軽傷=別の違反車追跡中-警視庁(時事通信)
不要欄付き子ども手当て申請書、仙台市作り直し(読売新聞)
<日照時間>4月の観測史上最少に 仙台市などで9地点(毎日新聞)
AD