空き巣に入って現金などを盗んだとして、警視庁捜査3課は窃盗などの疑いで、神奈川県座間市相模が丘、無職、ラファエル・エドゥアルド・ルイス・ディアス容疑者(34)らコロンビア国籍の男女3人を逮捕した。同課によると、いずれも容疑を認めている。

 同課は3人が東京都や神奈川県で去年11月から、空き巣約100件(被害総額約5千万円相当)に関与したとみている。ディアス容疑者が住むアパートの敷地内の地面に、被害品の貴金属類277点をポリ袋に入れて埋めていた。

 逮捕容疑は今年2月12日、相模原市の男性会社員(41)方に侵入し、現金83万円と商品券など287点(被害総額約122万相当)を盗んだとしている。

 3人はメキシコで不正に正規の同国のパスポートを入手し、メキシコ人に成りすまして入国していた。同課はさらにコロンビア人とみられる男1人が関与したとみて行方を追っている。

【関連記事】
被害者が外出先で発見、携帯で撮影 強盗容疑でウズベキスタン人逮捕
空き巣100件繰り返す? 窃盗容疑で中国人ら逮捕 警視庁
昏睡強盗でスナック経営者ら逮捕 手製カードリーダーで暗証番号盗み見る
薬局で化粧品大量連続窃盗、ベトナム人3人逮捕 滋賀
空き巣グループ?中国人8人を逮捕 兵庫・大阪で窃盗容疑

ヤンキー先生、北教組の「ひどい実態」暴露(産経新聞)
商店にミニパト衝突、原因は巡査長の居眠り(読売新聞)
すべての津波注意報解除「予測過大だった」気象庁謝罪 チリ大地震(産経新聞)
自民、離党届け出の松田氏を除名へ 大島氏「私利、私益」(産経新聞)
<職業指導>来春から大学、短大で義務化 文科省が省令改正(毎日新聞)
AD