偽のパチンコ攻略情報を提供し客から会員登録料をだましとったとして、茨城県警は18日、東京都墨田区江東橋4、無職、古屋聡容疑者(40)ら5人を詐欺の疑いで逮捕した。いずれも容疑を否認しているが、県警は、5人がパチスロ攻略情報も含め全国約500人から約5000万円をだましとった可能性もあるとみて関連を調べている。

 逮捕容疑は、5人は09年1~3月、偽のパチンコ攻略法を提供するとして、山口県の会社員男性(当時35歳)から108万円、水戸市の会社員男性(同36歳)から7800円など計3人から約300万円をだまし取ったとしている。

 県警によると、このグループは08年10月ごろから架空会社「Liberty」を名乗り、パチンコ・パチスロ情報誌に攻略法の無料提供をうたった広告を掲載。会員のランクに合わせ登録料3000~400万円を客に振り込ませたという。【原田啓之】

【関連ニュース】
元議員秘書詐欺:神容疑者、経歴も詐称
詐欺:山内議員の元秘書を逮捕 架空投資話の疑い
エビ養殖詐欺:元部長に無罪判決 東京地裁
振り込め詐欺:1月の件数、被害総額とも最少に
国庫負担金:4400万円国に返還へ 三重・鈴鹿

<職場の受動喫煙>「状況みて議論」長妻厚労相(毎日新聞)
直接支払い、先送り検討=出産一時金で-長妻厚労相(時事通信)
「忍びない」同僚妻のスピード違反もみ消し(読売新聞)
バンクーバー五輪 視聴率、開会式は25.4%…関東地区(毎日新聞)
「尋問技術を磨いていれば…」谷垣総裁が反省(読売新聞)
AD