1 | 2 次ページ >> ▼ /

さて、豚骨スープは何色でしょうか?

2008-03-28 02:50:05 テーマ:経験・体験・私心

              パー真っ白!





じゃないんですね。うちの場合。





皆さんがイメージする豚骨スープ(作っている過程)は真っ白だと思います。





TVで見ても雑誌で見ても豚骨ラーメンのお店のスープはたいてい真っ白です。








では、うちのスープは何色か?と、言うと「クリーム色」なのです。しかもかなり濃いクリーム色で肌色に近い。








上の写真より実際は濃い色をしています。








豚骨スープは、本来混ざることのない豚骨から出る油と水が強制的に融合させられることによって白くなります。







確かにうちでもスープをスタートさせてからしばらく煮ると真っ白になってきます。








では何故うちのスープがクリーム色になるかと言うと、濃厚豚骨だからなのです。








スープが白い段階を超えると、骨の髄などがスープの中に溶け出し徐々に色が濃くなってきます。





粘度も増していってサラッサラの状態からシチューやカレーのようなトロトロした状態になってきます。








そしてスタートから何と13時間煮るとクリーム色の濃厚豚骨スープができるんですね。





これが小川のスープです。











豚骨スープは白い!はい!正解クラッカー クリーム色これまたはい!正解クラッカーなのです

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

アルバイトにどこまで任せるか?

2008-03-20 15:25:47 テーマ:経験・体験・私心

今でこそアルバイトの子達に色々な仕事を任せてますが、その心境に至るまでには様々な葛藤がありました。






創業間もない頃の事です。






仕事中に厨房で仕事のことや将来のビジョンを熱く語ってた時に、一緒に入ってた当時大学生の女の子が言った言葉は今でも忘れません。










「店長にとってお店は全てかもしれないけど、私にとっては違うんですよねシラー








サラーっと言われたのですが、これはショックでしたガーン




何しろ「働いてる子達はみんな僕と同じ気持ちアップ」位に思ってたのですから。。。。








その事があってからアルバイトの子への接し方に悩む日々が続きました。






どこまで望んでいいのか?





どこまで任せるべきなのか?





やはりアルバイトだからここまでと線を引くべきなのか?





そもそも社員の仕事・アルバイトの仕事とは何なのか?








などなど長い間「アルバイトの子にどこまで任せるか?」悩みました。






相当悩みました。






何年も何年も悩んだ挙句に出た結論は








             「やっぱりアルバイトの子にも大いに期待しようビックリマーク








と言う今のスタンスでした。








社員だからアルバイトだからと言う壁をなくし、数字も全部公開し、将来のビジョンも話し、責任ある仕事にも抜擢することにしました。






時給制か、月給制かの違いくらいで、待遇面もほぼ同等にしました。






その代わり、仕事面でも社員とアルバイトを区別することなく”アルバイトだからしょうがない”と言う扱いもやめました。










この時決めた決意は何年も悩んだ末の結論なので、最初の頃とは違う強い気持ちでした。









アルバイトに対する考え方が違う人には辞められてもしょうがないと、腹をくくることができたのです。






もちろん全てのアルバイトの子にこの思いが伝わるわけではありません。




時には温度差を感じたり、こちらの気持ちが空回りし傷つく時もあります。






しかし、大いに力を発揮し活躍してくれる子がたくさんいる。




だから期待をかけることを止めようとしないのです。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

若い子の採用・活用(オーファスの場合)最終回

2008-03-09 12:45:23 テーマ:経験・体験・私心

さて、5回に渡り弊社が行っている「若い子の採用・活用」についてお話してきました。


これ以外にも細かいことは色々ありますが、大まかにはこんなところです。


皆さんいかがでしたか?



”若い子の”と言うタイトルを付けましたが、もちろんどの年齢のスタッフにも対応できることだと思います。




実はこれらの取り組み、今までに2回ほど取材を受けて労務関係の機関紙に載せていただいてますビックリマーク


 


うちもこれらの取り組みを一朝一夕にできたわけではありません。



13年かけ、試行錯誤しながら作り上げた結果です。





求人の段階では会社の内部が見えません。


応募者が判断するのは店頭に貼ってある求人POPやネットの求人サイトの情報だけです。


だから人を集めるには時給やそこに書ける待遇面などを充実させる必要があります。



スタッフの定着を一番左右する「職場の雰囲気」をが良くするのも大事なことです。


その空気を作るのは社長です。


僕はたいした事をしてませんが、自ら言ったことに責任を持ち、スタッフを信じ、みんなを公平に見ることだけは気を付けてます。



そして、長くいてくれる人のために、一つ上の仕事を作って任せ「仕事のやりがい」を持たせることも大切です。




    ”いい職場”に人は集まってきます。   そして”いい職場”ではみんながんばって働きます。



しかし、その”いい職場”を作るには上記のように総合的に魅力ある職場にしなければならない。



だから難しい。



でも、みんなが生き生き働く姿を見るのが好きだから、これからもみんなが長~くいてくれる会社を目指したいと思います。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。