1 | 2 次ページ >> ▼ /

僕のことを名前で呼んでくれる人

2007-11-28 10:21:30 テーマ:友達

前回「サボろう!」って、言ったばかりなのに昨日は朝5時から夜10時まで働いてしまいました。。。。

さすがに疲れました。。。

なかなか言ったとおりには行かないもんです。

今日は友達と呑みに行きます。

数日前から楽しみにしていて、ひき始めていた風邪も気合で治しました(^_^)v

そいつは中学からの友達なのですが、もう何年の付き合いだ?

           22年

長い付き合いだなぁ。人生の半分以上ですもんね。

そんなに多くはないけど古くからの友達が何人かいます。

やっぱりそういう奴らと呑むのはとても楽しいです。

僕は今名前で呼ばれることがほとんどありません。

「社長」「会長」などと役職で呼ばれるからです。

そんな中で僕のことを「小川!」って呼んでくれる人。

その時僕は社長でも会長でもない素の”小川厚志”になれる。

馬鹿やったり、ドツキあったり、時にはみっともない所を見せたりね。

いつもいつも正しいことを言って、手本になって、みんなの先頭を走ってばかりでは疲れてしまいます。

だから僕のことを名前で呼んでくれる人は僕にとってとても大事なのです。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

労働しているときに経営はしていない。

2007-11-24 10:38:22 テーマ:経験・体験・私心

先日書いた手記に尊敬する社長として、ワイキューブの安田社長を挙げました。

著書も全て読んでるし講演を聴いたこともあります。

氏の話の中で印象深いのが「成功する社長ほどサボっている」と、言うことです。

                            サボる!?

など考えたこともない僕には最初理解不能で、何言ってるんだ!位にしか思っていませんでした。

しかし最近になってようやくその意味がわかってきたのです。

氏いわく 「経営とは人とお金を動かすこと」 であり、その戦略を練ることである。

何かをしながら戦略を練ることはできない。思考することはできない。

スタバでコーヒー飲みながら考える人もいるだろうし、ドライブしながら考える人もいる。

自宅でのんびりしながら考える人もいれば、夜の街に繰り出して何かを得ようとする人もいるでしょう。

そのスタンスは人それぞれながら、どれもはた目には

                       「サボってる」        様に見えるという事なんです。

なるほど。。誰よりも多く働く事が社長の条件みたいに考えてた僕にはまさに「目からウロコ」でした。

その観点から見ると、例えば僕の場合なら厨房でスープを作っているときに”経営”はしていないでしょう。

ホールで接客をするのも”経営”ではないでしょう。

                   つまり”労働”しているときに”経営”はできないのです。

現場に出ることによって新しい発見がある。気付くことがある。改善点が見つかる。従業員の士気があがる。

そういう意味で僕は現場に入ることは必要と考えています。

でも四六時中現場に立っていてはダメだと気付いたのです。

会社を大きくすると決めてから、あらゆる物事を複合的に考えなければならなくなり、以前とは比較にならないくらい”考える”事が多くなりました。

僕の場合は普段は歩きながら、お風呂に入りながら、ドライブしながら、他店を見ながら、ネットで情報を検索しながらボーっと方向性や全体像を考え

ある時期に集中して一人になって音楽も流さず目を閉じてジーッと思考します。

今度はそれを紙に落書きのようにドンドン書いていきます。

それを繰り返しながら徐々に整理していくのです。

確かにこれは労働をしながらはできない。

生真面目な僕には少々難題ですが「サボる事」を覚える必要があるようです。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

だって人間だもの

2007-11-18 11:00:30 テーマ:経験・体験・私心

最近各店の主だったスタッフと呑みに行ってます。

ここ数年は全体の飲み会を除いて呑みに誘ってませんでした。

深夜まで営業してるせいもあって、みんなの都合をつけるのが難しいのもあるのですが

実は僕があまり乗り気でなかったのです

この間沖縄旅行の日記にも書いたように、僕が行くと向こうも気を遣うだろうし、結果僕も気を遣う。

だから行かない方がいいやと、思っていたのです。

でもそれはちょっと違うかもしれません。

ここ最近で色んなスタッフと外であって正直楽しかったんです(僕はね)

現場の生の声が聞けたり

誰と誰が仲良いとか悪いとか

お店に対してこんな風に思ってくれてたんだ。。。とか。

みんなが何を考えてるのか少しわかりました。

多分仕事場での交流だけではこれらのことは聞けなかったでしょうね。

そんなのコミュニケーション手段として当たり前じゃない?

と、言う人もいるかもしれない。

そんなことは僕もわかっています。

でも常に正しい選択ばかりできるわけではないんですよ。

だって人間だもの。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。