1 | 2 次ページ >> ▼ /

人脈って大事なんだな~と思ったこと

2017-06-30 15:41:42 テーマ:経験・体験・私心

あんまり対外的な付き合いをしない人です。

 

 


社長は人脈作りが仕事!

 

 


と、言われますが、その点において僕は完全に失格で

 

 


店舗を回っては従業員とばかり会っています(笑)

 

 


今日も昼は二本松店のミーティングで9年来の付き合いのパートさんたちと、夜は高幡不動で高校生の頃から居るアルバイトと一緒に仕事をして、楽しい時間を過ごせました🎵

 

 


しかし、今日は「もう少し外にも目を向けなきゃいかんな~ (^^ゞと思うエピソードがあったのです。

 

 


うちは、あまり銀行さんとお付き合いがありません。

 

 


メインバンクは創業当時からお付き合いのある地元の信金さんのみで、あとは政府系のみ。

 

 


基本的に借り入れをせず自己資金だけで事業を拡大する方針なので、何行もお付き合いする必要が無いからです。

 

 


とは言うものの、色んな地域に事業所や従業員が増えてきて、さすがにメインバンクが信金のみと言うのも不便になり、そろそろ銀行さんともお付き合いしようか。と、考え始めました。

 


 

と、思ってた矢先、最近立て続けにメガバンクさんや都市銀さんが、支店長を同行して我が社を訪問して来てくれたのです。

 

 


「渡りに船🚢」じゃないですが、ご挨拶をさせて頂いてお話をさせて頂きました。

 

 


しかし、先述のよう弊社は借り入れを起こさないのが基本なので、そこからのお付き合いが難しい。

 


 

今までも銀行さんが営業に来てくれた事はあったのですが、結局借り入れを起こさないので付き合いが途切れてしまうのです。

 


 

銀行はお金を貸して利息を頂く商売ですからね。

 

 


ところが今日、メガバンクさんから

 

 


「お話ししたい事があります。」

 

 


と、連絡があったのでお会いすると

 

 


「お客様の地主さんが広告物件(看板)を貸したがっているので小川さんのところでどうですか?」

 

 


と言うお話を持って来て下さったのです。

 

 


資料を見せて頂いたのですが、盤面がとても大きく超好立地!

 

 


さらに、広告代理店を通さないので賃料も割安なのです。

 


 

よく知っている場所なので二つ返事でOKし、話を進めて頂くことにしました。

 

 


銀行さんからこんな案件を頂くのは意外でしたが

 

 


銀行も今の超低金利では、単に融資をするだけでは儲からない。

 

 


だから、お客様の間に立って双方の利益になることをし、中長期的なお付き合いをしているんだそうです。

 


 

なるほど。メガバンクと言えど様々な取り組みをして努力しているんですね。

 

 


今回の物件は市場に出てこないので、こうした人脈がなければお話を頂けなかったでしょう。

 


 

そして、そこに広告を掲出する事は、我が社の発展に一役も二役も買うのは間違いない。

 

 


それを考えると、僕は会社の為、従業員の為に、もっと対外的なお付き合いをしなければいけないんだな。と、思ったのです。

 


 

もちろん、従業員との信頼関係は大事です。会社の根幹だと思っています。だから、何よりも時間を割いてるつもりです。

 

 


でも、今日の事を踏まえ、外部の方々との信頼関係を構築する事も同じくらい大事だな。と、感じたのです。

 


 

例えば今回の様な看板広告でも

 

 


より場所が良く、より目立ち、しかも安い方が良い。

 

 


でも、それは相場が決まっている市場からは調達しにくい物です。

 

 


場所が良くて目立つ看板は高いですから。

 

 


しかし、外部との信頼関係を構築すれば、こうして市場に出ない好条件な案件が入って来る事もあるのです。

 


 

それを目の当たりにした今日は、今までの考えを変えるきっかけになりました。

 

 


明日から毎晩銀座で接待に勤しみますロゼワイン

 

 


ではではウインク

 

 

 

 

 
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

麻央さんの死で思い出す

2017-06-23 23:39:11 テーマ:家族

 

4年前に近所の回転ずしに行った時の写真です。

 

 

 

この時は両親共に亡くすなんて、夢にも思いませんでした。

 

 

 

当時、両親は仲が悪くて別々に住んでたのですが、僕がこうして時々2人を連れ出して橋渡し役をしてたのですo(^^o)(o^^)o

 

 

 

仲が悪いと言うか、親父の片思いかな。

 

 

 

親父は夫婦で旅行したり一緒の趣味をやったりみたいな老後を描いてたらしいのですが

 

 

 

お袋はこれまで家族のために尽くしたのだから、一人気ままに生きたい感じで度重なる親父のアプローチをスルー( ´⊿`)y-~~

 

 

 

それで冷え込んでいる感じだったのです。

 

 

 

子育てが終わった熟年夫婦によくあるパターンですね(笑)

 

 

 

親父はとにかくお袋が好きな人でした。

 

 

 

お袋は高校を卒業して秋田から上京してきたのですが、そのアパートに親父も住んでいたのが出会い。

 

 

 

親父が一目惚れし猛アタックを開始したそうです。

 

 

 

お袋には結婚を約束した人がいたらしいのですが、それでも構わず猛アタック!

 

 

 

ついに婚約者を押しのけ、結婚することになったのです。

 

 

亭主関白ではありましたが、お袋には優しい人でした。

 

 

 

躾が厳しかったので色々な事で叱られましたが、一番は高校の頃いきがって僕がお袋を「ババァ!」呼ばわりした事。

 

 

 

それを聞いた親父はスゲー怒った。許せなかったんでしょうね。

 

 

 

そんな親父だから晩年お袋が素っ気ない事は一番応えたでしょう。

 

 

 

先述のよう、僕は何度も間に入って仲裁を試みたのですが、お袋が頑固で(笑)

 

 

 

息子としてはどうかと思いますが

 

 

 

「ほかの人を探した方が良いよ」

 

 

 

と、親父にアドバイスした事もあります(笑)

 

 

 

この直後に2人とも癌であることが分かるのですが、それをきっかけに2人は再び共に歩み始めます。

 

 

 

僕がどんなに頑張っても元に戻らなかった2人ですが、皮肉にも病気が仲を取り持ったのです。

 

 

 

病気が発覚しなければ、最悪離婚していたでしょう。

 

 

 

もし、そうだとしたら長生きしたとしても親父もお袋も幸せだったでしょうか。

 

 

 

少なくとも親父は例え100まで生きたとしても、傍にお袋が居なかったら幸せではなかったでしょうね。

 

 

 

そう考えると病気で亡くなったのは不幸でしたが、2人は幸せだったと思うのです。

 

 

 

親父72歳。お袋69歳の長いとは言えない人生でしたが、お互い最愛の人と最期を迎える事ができ、幸せな人生だったと思っています。

 

 

 

 

亡くなってから日が浅いので、そう割り切れてる訳ではないですがね。

 

 

 

 

生前よく言ってましたが、天国の親が一番望んでるのは家族の絆。

 

 

 

 

親が居なくなったからと言って兄弟がバラバラにならないよう、僕が親代わりになって弟や妹家族との絆を紡いでいきたいと思います。

 

 

 

 

かつて両親の橋渡し役をした時のように

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

あーまた土曜にー

2017-06-17 09:10:34 テーマ:永山店
現在発売中の限定らーめん第一弾「小川の濃厚鶏そば」です↓

 
 
おかげさまで好評を頂いておりますm(_ _ )m
 
 
 
いよいよ明日18日の日曜まで!
 
 
 
皆さん是非小川各店へお越しください\(^_^)/
 
 
 
さてさて、昨日無事新店の契約を終えました印鑑
 
 
 
今度の店舗は東京都多摩市!初めての地域です。
 
 
 
貝取(かいとり)と言う所で、京王・小田急の永山が最寄り駅となります。
 
 
 
今度の店舗もロードサイド。駅から遠い10坪強の小箱です。
 
 
 
都内にも関わらず、森に囲まれた何にもな~い、うちらしい立地森
 
 
 
当然家賃も安い!
 
 
 
家賃+駐車場(4台分)+近隣の駐車場(3台分)代含めてなんと16万!
 
 
 
今回の出店に当たっては、今後の出店スタイルをどうするか迷いました。
 
 
 
それは、今まで通り10~20坪・2等立地で家賃の安いところで展開していくか?
 
 
 
それとも、大手チェーンの様に駅近や商業施設内、またロードサイドでも大型店を出店していくか?です。
 
 
 
確かに立地の良い場所や大型店は売上が大きいので魅力があります。
 
 
 
うちで言えば本店が一番の大型店(30坪・駐車場22台)になりますが、月商1200万前後と全店平均の倍以上。
 
 
 
当然店舗営業利益も大きく、この規模の店舗がたくさん作れれば財務はかなり楽です。
 
 
 
しかし、大型店や1等立地は初期投資が掛かるため借り入れを起こす必要も出てきますし
 
 
 
家賃などの固定費が高く、損益分岐点が高くなるので、期待した売上が取れなければ失敗する確率が大きい。
 
 
 
挑戦したい気持ちもありましたが、気が付いたら今回の小さな物件を申し込んでました(笑)
 
 
 
僕が経営するうえで一番大事にしているのが、絶対に会社を潰さない事。
 
 
 
そもそも僕はこう見えて堅実なので、大博打を打てないのです。
 
 
 
確かに小型店や2等立地は、スタートの売上は小さいです。
 
 
 
しかし、大型店や1等立地と違い、損益分岐点が低いので黒字にし易い。
 
 
 
現に今年2月に出した妻田店は、まだ300万にも届かないですがギリ黒字です。
 
 
 
赤字では会社の体力を消耗してしまいますが、ギリギリでも黒字なら全体に迷惑を掛けません。
 
 
 
そこを耐えて長期的に良い店を作って行けば良いのです。
 
 
 
創業店である橋本店は、たった10坪で月商700万超えですし、高幡不動も12坪で同等の売上。
 
 
 
2等立地や小型店でも時間を掛けて良いお店を作れば、1等立地や大型店に負けない売り上げを作れるのです。
 
 
 
 
と、言うわけで、これからも小川は辺鄙な場所に小さな店をポツンと作るスタイルだと思います。
 
 
 
皆さんぜひグーグルマップで探して来てくださいね(笑)
 
 
 
ではよい週末をパー
 
 
 
 
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。