先日行われたアジア系エアラインのOJTプログラムには

53名の方達が応募され、書類審査により20名の方達が面接に呼ばれたようです。


今回の参加人数は8名と決まっておりましたので、

約6倍の倍率をくぐりぬけ、最終的に事前研修に呼ばれた方達は


9月から始まるOJTトレーニングに参加することで頭が一杯になっていることと思います。


この面接にパスされた方達向けの

オリエンテーションを近い内に実施いたします。


このプログラムが終了すると、

一社だけでなく


他のアジア系、中東系のエアラインへの推薦も可能です。


一人でも多くのOES生が

英語をマスターし、


国際的な会社のキャビンアテンダントとして

フライトされることを願ってやみません。


にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ

音譜就職活動人気ブログランキングへ



AD

シンガポール航空の募集が

再度出たようですが、


この会社の人気は衰えることをしりません。


たくさんのCA志望者が


SQのCAになりたい!と思っているはずです。


私が考えるシンガポール航空のイメージは、

皆さんが考えていらっしゃるように


単に


あのコスチュームが似合う

容姿端麗な女性


というだけではなく、


もっと奥深いものを求めている気がしてなりません。



OESからSQに内定した方達の特徴は


単に外見的に美しいだけではなく、



芯が強く

独立心がある。


人に感謝をする気持ちを知っていらっしゃる方で、

コミュニケーション能力のある方


そんな内面適性を備えていらっしゃる方が多かったと記憶しています。



SQというと


どうしてもあのコスチュームだけに惑わされがちですが、



ソフト面でもハード面でも

一流を維持しているカンパニーであるからこそ、



外見だけにとらわれない


中身も重視している感が否めません。


にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ

音譜就職活動人気ブログランキングへ



キャビンアテンダントという職業を考えるとき、


「世界中にいけるから」とか

「かっこいいから」などと


外見的な華やかさだけしか目に入らない方も多いと思います。


実際に現役でフライトしていらっしゃる方の中にも、


キャビンアテンダントという仕事を、ブランド志向で考えているような方も

潜在的に多いような気がします。



特に乗客としての視点からみると、


職業意識のある方と

CAブランド志向の方の差が歴然としてしまいます。




「作り笑顔の裏にある


上から目線の態度、慇懃無礼な物の言い方に

辟易する」



こんなことをおっしゃっていたお客様もいらっしゃいました。




最近の面接では



結局、



この「職業意識」があるか否かを


特に重要視しているような気がします。



ですから、


「覚えてきたような自己PRや志望動機」が一番嫌われるわけです。



面接前に原点に戻って考えなくてはいけないことは



キャビンアテンダントになりたいのか?


それとも


キャビンアテンダントとして働きたいのか?



という点です。



このことに照準をあてて


明日も考えてみましょう。


にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ

音譜就職活動人気ブログランキングへ



先日海外に出張に出かけた際に、


CAとGHさんの

仕事における厳しさに直面しました。


その便は

成田出発が大幅にディレイしていて、

数人のお客様が搭乗ゲートで怒鳴っていたのです。


かなりのけんまくで、

傍観者だった私も


「あんた!ちょっと勝手なことばかりいうのはヤメナサイ!!」と

怒鳴り返してやりたかったです。


その身勝手な連中を

私が何気に睨んでやったら、

しばし落ち着きを取り戻し、静かになりました。



しかし、


GHの方が発した一言が


また、火に油を注いでしまいました。



「お客様、優先搭乗でございますので、もうしばらくお待ちくださいませ」



慇懃無礼な物の言い方と、


「優先搭乗ですから・・・」という言葉に反応し、



お客様の怒りは爆発しました。



「てめえ、なに言ってやがる。優先搭乗とは何事だ!そんなの俺には関係ねぇんだよ」



エアライン側の営業手法や

差別化をはからなくてはいけないサービス手法を


CAを長年やっていた私もよ~く理解できますが、



お客様が怒っていらっしゃるのは

理屈ではなく、感情なのですから、


ここは一言、

「お客様、お待たせしてたいへん申し訳ございません。まもなくご案内できますので、もうしばらくお待ちください」

と言って欲しかったです。


お客様の気持ちを汲んであげるホスピタリティや真心がもっとあったら

こんな状況にはならなかっただろうと感じました。


サービスの第一線で働く人達の厳しさは


「身勝手な人をどこまで満足してあげられるか」ということだと思います。


尋常な人であれば問題ないのですが、

様々な人達を相手に


全員を満足させてあげるのは本当に難しいことです。




しかし、それを限界までできる人こそが

サービス業に相応しい人であり、


「なりたい病」の人ではなく


「CAやGHとしてお客様を喜ばせてあげたい、CAやGHという職業で社会に貢献したい」と


心の底から思える人だけに


キャビンアテンダントやグランドホステスになってもらいたいと

改めて感じました。


にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ

音譜就職活動人気ブログランキングへ



「人生色々」という演歌が流行りましたが、

(リアルタイムでご存知のない方ゴメンナサイ。。。)


最近、本当に

その言葉を身近に感じます。


たくさんの苦労を背負って

今なお、挫けずに生きている人が


最近は私の周りに多くなりました。


人生勉強とは

こういうことを言うのですね。

苦労は買ってでもする方が勝ちです!!





OESから某エアラインに内定して、

現在国際的に活躍しているYさんは



本当にユニークなプロフィールの方でした。


日本でも有数な某国立大学卒で、

海外留学をし英語が流暢、しかも長身の美人で、


外資系IT企業やら、保険会社やら、金融関係やらで

多くの企業から引く手あまただったはずです。


しかし、そんな学歴とは裏腹に

彼女は銀座でホステスをしていらっしゃいました。



初めてYさんとお会いした時のことを

私は今でも忘れません。


「先生、私のプライベートにどん引きすると思っていましたが、全く動じない先生は一体なんなのでしょうか?」


たしか・・・


こんな文面のメールが届いたと思います。



「はい、たくさんの人生勉強をして、たくさん苦労している人が私は大好きです。だからどん引きなんてとんでもない。私はもっともっとその100倍苦労していると思いますよ


そんな風に返信した記憶があります。



私は


普通の人よりも


少しでも苦労している人

辛い経験を乗り越えてきた人が


大好きなのです。



そして、


そういう人こそが


実は


CAにピッタリだと思っています。



Yさんからのメール、


普通よりも多くの経験を積み

多くの苦労を背負っているからこそ、


こんな文面でした。



号泣しました。





ちょっと紹介させて頂きます。



「7/20の日記で、先生がプライベートで心を痛めてらっしゃるのを知り、
それでもCA志願生を鼓舞してらっしゃるのを拝見して、
たまらずメールいたしました。
あの朝子先生がブログに書かれるということは、よほどのことだと感じまして。。。

先生、もーーー!
一人で抱えすぎるのもいい加減にしてください!!
離れている私ですらそう思うのですもの、身近のスタッフの方からすれば
もっと辛いですよ。。。

ムリをなさるのは誰にも止められないことと心得ておりますが、
○○航空の魅力についてなど、私が代わって説明できるものなら
きちんと頼ってくださいね。
先生、ちゃんと生徒にも頼ってください!
ホントに!

私は先生が元気じゃないとイヤですから。
でもって、一人で色んなコト抱えている先生をみると、
私も自己嫌悪でいっぱいになっちゃうから、
私をラクに割安で(笑)酔っ払わせるためにも、早いとこ頼ってくださいね。」


Yさん、


あたなは本当に
女神のような方です。

ありがとねドキドキ

にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ

音譜就職活動人気ブログランキングへ