人は鏡

テーマ:

Hさんのコメントに涙が出た。

授業でもお互いに「腹を割って」話せていないような気がしていた。

でも、私はHさんの悲しみをずうっと理解していた。


自慢じゃないけど、私だって同じ。

Hさんと同じくらい悲しい想いは経験してきている・・・

だからこそ、私の全身全霊をかけてでも「愛するあなた」に魂を預けたい。。


TさんやJさんが貴女に温かいメッセージを残してくれたのは、

Hさんが愛情溢れる素敵な人だから。。


人はお互いに鏡のようなもの。。


信じれば信じてくれる。

愛すれば愛してくれる。

全身全霊で頑張れば、全身全霊で答えてくれる。


自分を鏡に映すと見えてくるものがある。

「自分自身に精錬潔白であるかということ」


そして、人はその「あなた自身」を映す鏡なのだから、、、


みんながHさんに愛を与えているのです!!!

自信をもってCAを目指しましょう!!!

AD

suitableな人材

テーマ:

先週、久し振りにバレエレッスンを受けたら自分でも驚くほど筋肉痛になってしまった。クラシックバレエの講師をしているMさんは、毎日あのような試練に耐えているのだろうか。。想像を絶するほどの忍耐力がついていると思う。元来の無精者の私にとっては本当に尊敬に値する。彼女だったら、”CAとして働いていく”なんて、ホンの序の口のはず。。


自宅には住宅メーカーの方が新築祝いにと贈ってくださった巨大な鏡がある。まさにダンスレッスン用の鏡で、この鏡に写った自分を見ることが最近は怖くなってしまう。鏡の前に立つたびに、年を重ねれば重ねるほど、今よりはもう少し魅力的になっていきたい!と思う今日この頃だ。思うだけで行動が伴わない私は、やはり元来の無精者なのである・・・


そんな私ですらCAになることができた。

何のとりえもない私でも、「これだけは負けない!」と思えるものをみつけることができた。

何が負けないかって、「トイレ掃除」とか、「りんごの皮むき」とか、「人を笑顔にさせること」ぐらいだ。でも、他にとりえがないのだから仕方ない。


OESの皆さんをみていると

「優秀すぎじゃん」

と思ってしまう。


「みんな頑張りすぎ、もっともっと肩の力を抜いて!」

と思ってしまう。


CAは「訓練で覚えなくてはいけないことを吸収する」だけの最低限のキャパ(脳みそ)があれば良い。

それよりも、状況判断能力や忍耐力、人を楽しませるサービス精神の方が大切。


優秀で近寄り難い人間よりも

「自分の力を誇示しないで、相手の素晴らしさを褒め称えられる人」

の方がsuitableである。


機内で働いている姿をイメージしていくこと、そして自分よりも相手を褒め称えられる人、癒せる人が本当にCAとしてsuitableなのだろう。。。

犬の散歩に出かけたら5歳ぐらいの子供に聞かれた。


「これ、犬?」と・・・

「そうよ、犬よ」と答えたら、

「なんで?」と聞いてきた。(なんで?ときたか)


意味不明でかみ合わない会話にとても疲れた・・・明治や大正や昭和時代の子供だったら、もっともっと発展的な会話をしたと思う。平成生まれの子供達の特徴はまさに、語彙力、表現力に欠けている。。ということだろう。(普段から一体どんな会話をしているのだろう??童話の読み聞かせをちゃんとしてもらっているのだろうか?)と心配になってしまった・・・



今日でJALの一次試験が修了した。OES生の皆さんの報告メールを読みながら、久し振りにアッパレ!と思えた内容があった。もちろん結果はわからないのだが、私が面接官だったら「ゼッタイに一次通過させる!」と思える会話のやりとりだった。


「あなたを魚に例えたらなんですか?」

「イルカです」

「まぐろです」

「鯵です」などと様々な回答があった中で、彼女は次のように答えた。


「成長段階のハマチです」と。


「それはどうしてでしょうか?」という、さらに突っ込んだ質問に

「ハマチは出世魚です。かんぱちからハマチになったばかりです。これから社会に出て泳ぐ中で脂ののったブリへと成長していきたいと思います」と答えたそうだ。


こんな質問がくるとは予想もしていないなかで、自分の普段から培ってきた知識や自己分析を通して、最高に機転の利く返答ができていたと思う。このようなキッパリ!とした考えを、観音菩薩のような、全てを包み込む包容力のある笑みとともに述べることができたAさんをエアラインが欲しがらないわけがない。


面接での答えは準備できるものではない。

機転の効く答え方や相手を楽しませる答え方をしていきたい!と思っているのであれば、

普段からたくさんの人生引出しを作っていくことに限る。

翻弄されたかな?

テーマ:

今日は朝からスタッフのKに翻弄されている。


「夜中走り回って友達に知らせたんですけど、どうしても小澤先生にもお知らせしたいことが・・・」

彼はウサギさんのような真っ赤な目をしていた。なんでも「大切な人達に、この重大な話を伝えない訳にはいかない!」という使命感に燃えていたようで、昨夜は一睡もしていないという。そんな疲労困憊な体にさらに鞭をうち、私のところまで来てくれた。


(一体なにがあったのかしら?)


突然のパニックに事の状況が掴めないでいた。


すると彼が勇み足で玄関に入り、口を開いた。

「明日、東京直下型地震が起こります!!!」と。



「Kさん、いつから予言者になったの?それ、どこからのネタ?」と私が聞くと、

「変な人に思われてもしかたないです。でも命がかかっているんで・・・明日は気をつけてください」


とだけ言って、ラーメンを食べ表参道に出かけていった。。


それからは、、半信半疑とはいえ、Kが不気味な予言者に見えてきてしまったので、朝の会議中も「もしもの時の避難場所は?」というテーマに切り替わってしまった・・・


もちろん何事もない平安無事な世の中が一番良いのだが。。。こんな時にウサギさんのように、目を腫らしてでも駆けつけてくれるKの人情に深く感動!!してしまった。


こんなに愛情のある人も、そう滅多にみつかるものではない!と、心打たれた朝の出来事だった。

昨日は・・・

テーマ:

ぎりぎりに届いたESの添削をしてから表参道に向かった。

最近のESは皆さんの表現力も向上していて手直しするところがなくなった。だんだん安心モードになってきた。。


表参道では某雑誌の取材があった。記者の方の魅力に圧倒され話し込んでしまい、時間は大幅に延長・・・19時過ぎ~21時まで他愛のない話で盛り上がっていた。


能楽で有名な某氏と知り合いなので、「今度合コンやりましょう!」などと言われてしまった。私はもちろんお門違いなので、是非内定をもらった学生さん達に参加してもらいたい。将来は超有名人の奥様!という道も開かれるかもしれない。。まあ、芸能人はスッチーとの合コンがお好きらしいので、チャンスはたくさんあると思う。OESの先生でもダウンタウンのM氏と合コンした!というお方もいらっしゃるので(笑)


一昨日の特訓のあと、私の気持ちがemotionalになりすぎていて食事がほとんどできていない。今日はしっかりと料理をして、栄養を摂らないと。そして皆さんと二人三脚で歩いていかないと!と思っている。吉報だけを待ち望んでいる毎日だ。