菅直人首相は4日の会見では、小沢一郎前幹事長との関係を問われても慎重な言い回しに終始した。

【写真特集】市民運動から厚相、「カイワレ」…お遍路も グラフ菅直人氏の歩み

 会見冒頭あいさつでは、小沢氏に言及しなかった。次期幹事長に小沢氏と距離を置く枝野幸男氏らの名前が挙がっていることなどから「小沢氏への報復人事なのか」とも聞かれたが、「(人事は)全くの白紙。報復とか何とかということは考えてない」と述べた。

 さらに「何かどのグループをどうこうするという発想は全くありません」とも話し「少なくともしばらくは静かにしていただいた方が」などと語った前日に比べ抑制した印象が強かった。

 今後の小沢氏との距離はどうなるのか。政治評論家の浅川博忠さんは「新内閣に小沢氏の影が残っていれば、国民は評価しない。選挙結果にも直結し、菅首相も小沢排除は不可欠とみているだろう。小沢氏と距離のある仙谷由人氏の起用など『小沢封じ込め』の観測気球を上げ、小沢グループの出方をうかがっているようだ」と指摘。「選対委員長や国対委員長のポストから小沢氏側近を外せるかが新政権の運営に大きくかかわる」との見方だ。

 また、経済アナリストの森永卓郎さんは「選挙上は小沢さんと距離を取るのはプラスになるが、昨年のマニフェストは小沢さんの思想をもとに作られており、影響力を排除すると、ますます守られなくなるだろう」と政策面について言及。

 そのうえで「小沢さんは参院選後は何とかひっくり返そうと仕掛けてくると思うが、首相や幹事長の権限は大きく、一介の議員が対抗するのは難しい。そもそも民主党の中に異なる意見を持つ人が併存するのが問題で、二つに割ってもう一回選挙をすべきだ」としている。【曽田拓、長野宏美、百武信幸】

【関連ニュース】
【明快にわかる図説】親小沢~非小沢 民主党内人脈図2010年バージョン
【関連記事】菅氏、代表選出あいさつ「この国を立て直すことが第一の仕事」
【関連記事】菅首相:妻伸子さん「ご愁傷様かも」
【関連記事】菅首相:官房長官に仙谷氏、幹事長に枝野氏起用へ

野口さん帰還 有人活動の土台築く 国際協力も加速(産経新聞)
名簿業者から購入、9千人データ振り込めに悪用(読売新聞)
菅新首相が「参院選で先頭に立つ」と決意 党役員会にも可能な限り出席(産経新聞)
被告に2000万円賠償命令 東京・足立の女性殺害(産経新聞)
淫行で引っ越しの「アート」会長を書類送検(産経新聞)
AD