インフルエンザの流行によって増加した死者数を推計する「超過死亡」が、新型が流行した今シーズンは約200人にとどまり、昭和62年の調査開始以来3番目に低い水準だったことが26日、国立感染症研究所の調べで分かった。例年は1万人程度で推移しており、弱毒性といわれた今回の新型インフルの毒性が、季節性インフルよりも低かったことが裏付けられた。

超過死亡は、インフルが流行しなかったと仮定した場合の死者数と、流行時の実際の死者数を比較することでインフルによる死者を推計する手法。インフル感染者は毎年1千万人近くに上り、すべての死亡例を調べることが困難なため、毎年この手法で死者数を推計している。

今シーズンの超過死亡は約200人。例年の超過死亡は1万人程度で、インフルが大流行した平成10~11年のシーズンでは3万5千人を超えていた。

<温室ガス>削減目標達成しても2割増 独研究チーム試算(毎日新聞)
遺族ら現場で献花、冥福祈る=長崎市長射殺3年(時事通信)
共同通信次長を逮捕=酔って駅員に傷害容疑-警視庁(時事通信)
<普天間移設>徳之島で反対集会 1万5000人が参加(毎日新聞)
自閉症治療にホルモン有効=長期投与で初確認-金沢大など(時事通信)
AD