超党派の国会議員でつくる日韓議員連盟の会長が、自民党の森喜朗元首相から民主党の渡部恒三元衆院副議長に近く交代することが16日、分かった。外交関係議連の代表格である同議連の歴代会長は、竹下登元首相ら自民党の実力者が務めてきた。しかし、政権交代を機に民主党の小沢一郎幹事長が、同議連を含む超党派議連の会長ポストを譲るよう求めていた。 

【関連ニュース】
税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
社会保障改革に立ちはだかる「既得権益層」
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ

閣僚の政局発言 官房長官が批判(産経新聞)
<天皇、皇后両陛下>武蔵野陵に参拝(毎日新聞)
<火山噴火>噴煙拡大、鮮明に 日本の衛星が観測(毎日新聞)
宮崎県の官製談合、前知事側の控訴棄却(読売新聞)
血友病患者、30年ぶり全国集会=薬害エイズ乗り越え-東京(時事通信)
AD