15日午前2時35分ごろ、茨城県神栖市大野原の空き地で、爆発音がして車が燃えているのを近くに住む男性(25)が発見、119番通報した。火は約20分後に消し止められたが、乗用車と軽ワゴン車(計20万円相当)が全半焼した。

 茨城県警鹿嶋署の調べによると、2台は同市大野原中央の男性会社員(32)が所有していたが、火元とみられる乗用車は昨年車検が切れ、使用していなかったという。乗用車は施錠されており、後部座席が激しく燃えていた。

 現場の空き地は住民が駐車場代わりに使っていた。同署が詳しい出火原因を調べている。

【関連記事】
駐車中のトラック炎上、車内の運転手死亡
河川敷の軽乗用車炎上 焼け跡から遺体発見 高崎
農道で車炎上、中に1遺体 愛知、トランクにポリタンクも
炎上の車に2遺体、自殺か 岐阜のダム展望台
軽乗用車が校門衝突、炎上 群馬の中学校、千葉での盗難車

自民編成予算にメス 5月に各省版仕分け 刷新会議(産経新聞)
<社民・国民新党>野党協議の前に説明を 民主党に要請へ(毎日新聞)
ニチアス、佐藤常務に代表権…代表取締役を2人体制に(レスポンス)
自宅から大麻、コカイン押収 JAYWALK・中村容疑者(産経新聞)
<日本郵政>郵便局内の仕切り、撤去を開始(毎日新聞)
AD