サケ・マス論

テーマ:
サケ・マス論とは、日本の考古学者、山内清男が1920年代に提唱した理論である。 山内は、東日本とくに北日本の縄文文化を「サケ・マス文化」と規定し、関東地方の縄文文化が、カリフォルニアのインディアンと同じようにドングリなど堅果類を食糧の中心においていたことに注目し、植生が違いドングリに多くを期待できない北日本の縄文文化が、カリフォルニア・インディアンの北に居住する北西海岸インディアンの生活に類似した文化をもつと考えたのである。そこで山内は、北日本の縄文文化は、北西海岸インディアンと同じくサケ類を食糧の中心においていたのでないかと考えたのであった。また、東日本の縄文時代の遺跡数が、西日本のそれと比べてはるかに多いのは、東西日本の食料資源の優劣によるものと説明した。 このことについて、国立民族学博物館教授の小山修三によれば、縄文時代中期の人口密度は東日本が1平方キロメートルあたり約3人であったが、西日本、とくに近畿地方ではわずか0.09人にすぎなかったとしている。  このような「サケ・マス論」は、縄文文化の東と西の差異を説明するために説明されてきたが、実際には縄文時代の貝塚からサケ類の骨が出土することは極めてまれであった。山内自身はその原因について、サケ類の骨を粉末にして保存した可能性を指摘している。また、ほかの研究者からは次のような説もあげられている。(1) サケの骨は軟骨なので残りにくい。(2) 再生を願って骨などを海に戻した。(3) 保存食料として加工したため、変質して弱くなった。(4) 保存食料として1回あたりの消費量が少ないため、検出される機会が少なくなった。(5) 頭から尾まですべて食べられた。(6) 貝塚とは離れた場所で保存処理がされるので川筋に沿ったキャンプ地に骨が残される。 当然のことながら、これらの説には多数の反論が寄せられた。しかし、川を満たすほどの魚群の遡上が見過ごされるはずはなく、おそらくサケは当時の人々にとって越冬食糧として重要な意味をもっていたであろうことは十分に考えられる。さらに、近年の調査によって、サケ類の骨が北海道千歳市美々貝塚、北海道上磯郡知内町湯の里?遺跡、青森県八戸市赤御堂貝塚、岩手県西磐井郡花泉町貝鳥貝塚などで次々と発見され、縄文時代の人々がサケ類を利用してきたことが明らかとなりつつあることからも、縄文時代の東日本では食糧の多く

<男子高校生>後ろから背中刺される 徳島・JR阿波池田駅(毎日新聞)
訃報 藤田まことさん76歳=俳優「てなもんや」「必殺」(毎日新聞)
芥川賞は該当作なし(産経新聞)
3人死亡、運転の容疑者「報道でひき逃げ知った」(読売新聞)
殺人未遂 元警官、自宅前で撃たれ重傷 福岡(毎日新聞)
AD