DRIFTER

~漂流者の日々徒然~


テーマ:

最近PCの調子がすこぶる悪い。


きっかけはインターネットエクスプローラー7(長ーよ・・以下IE7に略)の導入。コレ以後動作が不安定になったんだよなぁ・・・

IE6に戻すことも考えたがIE7気に入ってるんだよね。ていうかファイヤーフォックスと同様にタブブラウザーというものは一度使うと病みつきになるんだよね。

で、不調に目を瞑ってシステムの復元などしつつ何とかごまかしながら使っているのだがとうとうデバイスの認識もあやふやになってきちゃった。ボリュームコントーロールとかも出来なくなってさ。この記事はヘッドフォンで音楽聴きながら書いてるんだけど音がでかすぎて鼓膜が張り裂けんばかりだよ。


こうなるとOSのクリーンインストールした方がいいのかな?このPCは色々なものを入れ過ぎてるから一度身奇麗にして出直すべきなのかもね。でも、そうなるとバックアップが大変だな。そりゃもう多分大騒ぎさ。システム用以外に3基のハードディスクがあるんだけどどれもほぼ満杯だしさ。


で、OSといえば近々マイクロソフトの新OS「ウインドウズVISTA」が発売されるじゃない。PC市場のこれに賭ける期待というのはかなりのもんらしーね?でもこのVISTAの内容を見る限りじゃ僕は必要性を全然感じないんだけどなぁ・・・

だって一番の売りが「強固なセキュリティ」だぜ?そんなのセキュリティソフト導入で事足りてるし動作の安定度でもXPで充分。現在動作が不安定なPCを使ってる僕が言えたセリフじゃないかもしれないが、ウィンドウズMe時代に地獄を経験した僕にとってXPはある意味「世紀末救世主伝説」的なOSなんだ。ケンシロウかよ。


その他は見た目のギミック的なアクセサリー(ガジェット)くらいでしょ?それらはヤフーやグーグルで既に用意されているものばかりだし、なんか購買意欲そそらないな。PC市場には悪いけれど。でもやっぱり新しいPCは欲しい。別にVISTAってわけじゃなくてCPUがCoreDuoのマシンが欲しい。出来れば大画面横長モニターも欲しい。


ところでVISTAってどういう意味なんだろう?100円ライターのメーカーにたしかそんな名前があったな。いや?それはVESTAだったかな。他にもトヨタVISTAって車があったね。


ここでgoo辞書をひいてみる。


VISTA:(木立・町並などを通した狭い)見通し, 眺望; (見通しのきく)通り, 町並; 予想, 展望; 回想.


ふーん。何となくこじんまりした名前の意味だったな。何かイメージ通りかもしれない。


ちなみにgoo辞書のページ にサウンドボタンがあったので何となくクリックしてみた。


するとヘッドフォンから大音量で「ヴィスタ!」という声が流れてきた。

あやうく鼓膜が破れるところだったよ。マジびっくり。


きっと必要性ゼロとかこじんまりとか言ったバチがあたったのだろう。恐るべしウインドウズVISTA。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

スキンを変えてみた。


スキンといってもアレじゃなく、ましてやノーマルサイズじゃキツキツだったのでビッグサイズに変えてみたなどという大ボラを吹くでもなくこのブログの背景デザイン。そんなこといちいち言わない方がいいと分かっているけれどつい言ってしまうのは僕が枕詞を大切にする古いオトコだから。ではなくツカミが無いと不安になるタイプだから。


これ以前に使ってたブラックデザインのスキンはかっこよくてとても気に入っていたのだが如何せん目が疲れているときには読むのが辛いのだ。文字も余計に小さくチカチカして見える気がしてね。それは僕のトシのせいもあるかもしれないけれど。


で、タイトルの「理由」は勿論スキンを変えた理由にかかっているのだが、それ以前にどうしてそんなに目が疲れたのかについて語る。


それは連日の「バリュ子復活計画」における作業疲れに他ならない。前回書いたとおりバリュ子のCDドライブを交換(Teac製のDVDドライブにした)し、WindowsOSのクリーンインストールを試みたのだ。これに恐ろしく時間がかかってしまい、その間遅々として進まぬ画面のインジケーターを見つめ続けた結果の眼精疲労というわけなのだ。バカだね。インストールバカだね。


しかしそのおかげでバリュ子は復活した。それも「元Meっ子」のXPという世間様にちょっと隠したくなる過去(例えるなら元○×っ子クラブ出身の女優みたいな?)を持つPCではなく、新規にWindowsXP Professionalをインストールされたエリートマシンとして(どうエリートなのかはよくわからんがまぁ何となく。。)生まれ変わったのだっ!かっこいいっ!そして今君は美しいっ!


と、このように購入すると割高なWindowsXP professionalをインストールしたことでちょっと浮かれているのだが、実際には友人が買ったバッタもののXPのCDを借りてインストールしただけなんす。やっとこさ起動したので早速アップデートしてたらゲイツの部下から「あなたのOSは正規版じゃありませんね?」的メッセージが送られてきちゃったんです。


やはりバリュ子は世間様に顔向けできない日陰の子みたいです。これから二人で人目を忍んで(アップデートさせずに)そっと生きていきます。どうか探さないで下さい。


ましてやわざわざwindowsの脆弱性を突く様な真似は決してしないで下さい。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

かつての愛機「バリュ子」が逝ってしまった事実を消化し切れずにいる。


そこで「未だ僕にはやるべき事が残されているのではないか?」と思い直すことにした。昨日の日記に「誰を恨んでもバリュ子は還らない」などと書いたが本来の僕は誰よりも諦めの悪いオトコだったはず!そうだ!恨め!憎め!アップデートという名の下にバリュ子に毒薬を盛ったアイツらをっ!


そんなわけで朝から早速マイクロソフトサポートセンターに電話。アップデートで起動しなくなった旨を伝えると心当たりがある様子。結局は新たに起動ディスクを作らなくてはならないらしい。だが起動ディスクはフロッピー6枚分ときたもんだ。今更誰が滅多に使わないフロッピーを6枚も持っているというのだ?仕方なく近くのホームセンターへフロッピーを買いに走る。誰も近づかないようなうらぶれた事務用品コーナーの片隅で埃を被ったフロッピーを発見。10枚パックで535円也。


帰宅後早速起動ディスク作成。やっぱりPCが2台あると便利だなぁ。ていうか2台無かったらこんな時お手上げじゃん?Webのサポートページだって見られないわけだしさ?


再びフロッピーにて起動にチャレンジ。起動に成功してセットアップ画面が立ち上がった頃にマイクロソフトから電話がかかってくることになっているのだ。やはり後ろめたい部分があるせいか、かなり低姿勢とも受け取れる対応。

その後はマイクロソフトガールの指示通りにコマンドを打ち込んでいく。ディスクの検索と修復が始まり固唾を呑んで見守る僕。マイクロソフトガールの役目はここで一旦終わり。


「ではチェックが100%になったらフロッピーを取り外して、祈るような気持ちで再起動してみてください。」と言って電話を切ったMSガール。そうか。やはり大事なのは祈りなのか?デジタル最先端企業なのに最後は神頼みなんだな・・・


途中でエラーが見つかったものの何とか修復が100%に到達したので祈りを込めて再起動。立ち上がれバリュ子!


あ・・・今度はOSを読み込むそぶりもみせやしない・・・さっきより悪化してるし・・・


こうなるともうOSのクリーンインストールしか手は無いのだが、最大の問題はバリュ子の内蔵CDドライブが壊れたままだということ。外付けドライブからでは起動できないのだ。しかもバリュ子は元はMeっ子でXPに後からアップしたいわく付きのPC。つまりインストールは最初はMeからということになってしまう。やはり内蔵ドライブの交換か・・


しかしこんな古い東芝製のドライブを持つバリュ子に合う市販ドライブがあるのだろうか?念のためにNECに問い合わせたところ引取りドライブ交換には5万円かかるとのこと。


「ご・・ごまん!???」


それならあと5万も出せば新しいノートPCが買えてしまう。こうなったらイチかバチかの賭けに出るしかない。明日安い内蔵ドライブ(2千円程度)を買ってきて試しに付けてみよう。それでダメだったらもう本当に諦めるしかない。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日届いた無線ルーターを早速接続してみた。


常時使っているほうのメインマシンは有線LANなので手早く接続完了。思ったより通信速度も落ちずに済んだ感じ。これでセキュリティアップにも繋がるならイイこと尽くめだね。


そしていよいよサブマシン(2001年購入のNECバリュースター)に無線カードを挿す時が来た。


このバリュースター(名前が長い上にダサい)は今でこそ1階の和室のオブジェと化しているが、現在のメインマシンを手に入れる前まで僕と共に様々な苦難を乗り越えてきたいわば盟友のような間柄なのである。盟友なのに名前がダサいとかいってスマン。


思えばバリュ子には散々泣かされてきたなぁ。

最初のOSはWindows Meだったのだが一日5回以上はフリーズしてたし、XPにアップグレードしてからフリーズはしなくなったもののスグにCDドライブが壊れちゃって外付けのドライブを買うハメになったし、壊れた方のドライブのフタは閉めてもシメてもガーガー勝手に開くし(外しちゃうと起動しなくなる)、ハードディスクは40GBしか無いしLAN端子は無いし(後から付けた)購入価格は25万円以上もしたし、当時まだ出始めのテレビパソコンでもあったが一度もテレビ観なかった(テレビキャプチャーボードを外してUSB2・0のボードを付けた)し・・・


でもなんだかんだ言ってコイツが好きだったんだよね。僕にネットの楽しさを教えてくれたし、本体はすごく丈夫だった(ヒステリーを起こした奥さんに机の上から投げ落とされてボコボコに蹴られても壊れなかった)し。それにやっぱ手のかかる子ほど可愛いってのもあるしね。


だから現在の規格に於いて余りにも非力を痛感するようになったので仕方なくメインマシンの座をアメリカンPCに譲ったバリュ子を簡単に手放す気にはなれず、いつしか復活させる機会を窺っていた僕だったのさ。そしてついにその時がやってきたわけ。


「さあ・・(カードを)挿れるよ・・バリュ子・・・」


接続成功!アンテナマークもビンビンに勃ってる。僕達は今再び固い絆で結ばれたのだ。何だか目頭が熱くなってきた。いやマジで。


「長い間ほったらかしにしてごめんね。今すぐキレイにしてあげるからね」

つまりまあWindowsのアップデートのことである。もう一年位はやってなかったし。


そしてアップデート完了。お約束の再起動。


「あれ?起動しない?おい?バリュ子!?バリュ子~~!!!!」



叫びも緊急メンテナンスも非常用起動ディスクも空しくバリュ子は逝ってしまった。人間に例えるなら完全な医療ミス(アップデートのせい)ではないか?とも思うが誰かを恨んでもバリュ子が還ってくるわけではない。





あるコラムに書かれてあった言葉が今の僕の唯一の救いになっている。



「パソコンという機械はある意味、『奇蹟』で動いている。だから壊れたり動かなくなったりする方が当たり前なのだ」


そうだよね。元々持病を抱えていたバリュ子にしてはよくここまでもったと褒めてあげるべきなのかもしれないね。でも君が居なくなって心に穴が開いちゃったみたいなんだ。本当に悲しいんだ。「永遠」なんてものはどこにも無いって解ってからもう随分経つけれど、壊れるのが当たり前の機械の君のはずなんだけれど。



今までありがとう。そして、さよなら友よ。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ドライブといっても車で走る方ではなくPCのドライブストレージの話。


ドライブストレージにもハードディスクとCDドライブがあるけれど今回のテーマはCDの方。

実は僕の愛機(アメリカ製のe-machines)のCDドライブ(DVDマルチ)が壊れちゃってね。トレイが2回に1回の割合で開閉しなくなったのだよ。

しかしこのCDドライブというやつはそんなに壊れるものなのかな?というのも前に使ってたNECも買って一年ちょいでCDドライブの蓋が開きっぱなしになるトラブル(閉めてもシメてもまた開く)に見舞われてね。しかもうまい具合に保障期間が過ぎてから壊れるように出来てるんだよ。それで結局、交換は面倒だから新しく外付けのドライブを買ったりしたのさ。


でも今回は幸いにもギリギリ保障期間内だったのでメーカーのサポート係にメールで問い合わせたところ早速新品の交換用ドライブを送ってくれるとのこと。対応早いなぁ。

で、翌日にはもう到着。何とか上手く交換出来たので外した故障品のほうを返送する手続きにかかった。送料は勿論着払い(伝票も同梱されていた)。


そんなこんなで本来は故障知らずなことが一番なのだが、対応のよさに感心したのでe-machinesを持ち上げたくなったわけ。

皆さん?e-machines はイイですよ!性能は良くて値段は安い、とってもお買い得なPCざぁます♪


ただし苦言もヒトツ。


サポート係の返信メールがところどころ文字化けしていて解読するのに時間がかかった。しかもお詫びと感謝の言葉部分に文字化け集中(素直に謝る気が無いんかい!?)。

そこんとこ要改善ね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。