DRIFTER

~漂流者の日々徒然~


テーマ:



僕は幼稚園の頃からピッチャーをやるのが大好きだった。



それは主に野球漫画の影響だったのだが(主人公は殆どが投手)、当時の漫画は今思えばあまりにも無茶苦茶であった。

たかが野球の試合のために練習の段階で野球生命を賭けたりするのは日常茶飯事!
特訓といえば非科学的で、生身の人間には不可能なものばかり!

もちろん試合中に死者が出るのも珍しくなくて(アストロ球団参照)、それらは最早実際の「野球」とは程遠いものとなっていた。


しかしながら小学生当時の僕はそんな一連の「バカ野球漫画」に夢中だった。


無論、現実に同じことが出来るとは思っていなかったが練習の参考にはなるだろうと考えていたのだ。(もしかしてバカ?)


そして小学生時代から毎日100球の投げ込みを自らに課し、いつしか「町内の速球王」になっていた僕だったが中学に入っても野球部に入ることはなかった。
実はその数年前から極度に片目の視力が落ち始めて遠近感が無くなっていたからだ。

つまり遊びでソフトボールとかをやっていてもフライが全く捕れないのだ。

だから仲間達からはヘタクソの烙印を押されてしまい野球部に入る意欲も失っていたというわけだ。

しかも僕がやりたいのは野球ではなくピッチャーだけだったので動機もかなりいい加減だったと言えるだろう。


そんなわけで成り行きでテニス部に入った僕だが投手への夢は捨てきれずにいた。


テニス部のキャプテンになってからも毎日の投げ込みは欠かさなかったものだ(ますますバカ?)。


しかも漫画の特訓にヒントを得た僕は、学校から盗んできた砲丸投げの鉄球を使って投球練習していたのだ!


そんなある日、野球部の友人から声をかけられた。


オマエならリリーフ投手になれるから野球部に入らないかと・・・


リリーフといえば聞こえはいいが中学野球のリリーフって補欠じゃん!?
それに僕は当時すでに「七色の変化球」(これも漫画の影響で)をマスターしていたのだが、中学野球は変化球禁止になっていた(今はどうか知らない)。


なんだか野球部に入ってもつまらなそうだ・・・

第一、キャプテンなのに部を変わるわけにもいかないし、「野球部への転向は断りテニスに専念しよう」と心に誓った僕だったのだが・・



何と視力の悪化が両目に及びボールが全く見えなくなりテニスでも補欠に!?

しかも鉄球での投げ込みが災いして肩も故障・・・(凄く悲しかった)


で、高校進学と共にスポーツは諦めて映画研究部に入ったというワケ。

そしてテニス部のキャプテンだった頃のエピソードで覚えてるのがコレ。


ある朝礼の時、壇上の校長先生から発表があった。

「これから、とても優秀な成績を収めた運動部を表彰いたします。」

ちょうど夏の県大会予選が終わったところなので、頑張ったクラブを激励も兼ねて表彰するらしい。


今までに無かった企画だなぁ、などとのんびり考えていたのだが・・・

「代表して賞状を受け取るのは地区大会準優勝のテニス部です!代表の方は前に出てきてください」


へ???


聞いてないって!そんなの!!!


たしかにテニス部は地区準優勝までに与えられる県大会出場権を5期連続でゲットしているので表彰されてもオカシクはないだろうけど・・・


仕方なくノソノソと立ち上がった僕は、背中を丸めながら全校生徒の前を横切って壇上に上がった。


あとで女子の後輩が「あの時の先輩はとても小さい男に見えた・・・」と言っていた。


校長先生は僕の目の前でおごそかに表彰状を読み上げ出した。
僕はそんな校長を見つめながら心の中で呟いた。



『校長先生、ご存知でしょうか?ウチの地区にはテニス部のある学校は二つしかないわけで・・・だから準優勝ってことはビリと同じなわけで(泣)』



そんなので表彰されてもなぁ・・・そりゃ背中も丸くなるって。



AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
大学時代の事。

K(僕)と映画研究部の仲間MとS(3人で3バカトリオと言われていた)、そしてT(3浪の同級生、ある意味兄貴分)はSの部屋で酒盛りをしていた。
オトコ4人で飲んでれば自然と話題はシモの方へと移っていく(?)。

S「K、お前は外人みたいな鼻してっからあっちもデカイんだろ??」

僕「アハハハハハ(泣)」←ショボイ

M「日本人の7割は仮性包茎らしいがホントかなあ?」

S「あはは。。。(汗)」←謎。。

そんな中、T君はいつになく口数が少なかった。

夜も更け酒も無くなってきたところで、そろそろ寝ようかということになった。

皆それぞれの寝床を用意し、電気も消して眠りに落ちようかというその時、Tがボソッとつぶや
いた・・


「俺は・・・・真性だ・・・・・」


S「・・・・」
M「・・・・」
僕「へ、へぇ・・・」


それきり誰も何も言わなかった。
でも、皆心の中では泣いていた。


朝はなかなかやってこなかった・・・・・
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

カブトムシ で書いた、旧い知人(友達の友達)の小池さん(仮名)の貧乏エピソードの続き。


小池さんは相変わらず貧乏だった。それは彼が真剣に働く気が無かったからかもしれないけれど、僕にはどうにもそれ以外の要素が絡んでいるようにしか思えなかった。

つまり貧乏神に憑りつかれているみたいな。。

いつ見ても顔色が悪くて精気が感じられないというか、とにかく運も全て逃げていくタイプにしか思えないのだ。そういうヒトっているよね?


で、日々の暮らしに困った小池さんは、何か手っ取り早く収入を得る方法を探して知り合いに片っ端から声をかけて回った。すると一人の知人が「実はワリのいいバイトがあるんだ」と教えてくれた。


「ある場所に行って後から来る男の話し相手をすればご飯を食べさせてくれて小遣いも貰えるバイトなんだが・・」



普通のヒトはそんなバイトは恐ろしくて断ると思うのだが、妙に世の中とズレている小池さんは「何て楽そうな仕事なんだ!」と感激してホイホイ引き受けたそうだ。しかもあろうことか友人達にその「今度行くバイト」の自慢までする始末。言葉を失う友人達。


そして当日、待ち合わせの喫茶店に現れたのは上品な身なりの「中年紳士」だった。紳士は小池さんに食事をご馳走してくれ、そのあとバーでお酒も飲ませてくれたそうだ。


「そ、それからどうした???」

後日、バイトの結果を僕の友人が尋ねたわけだが返ってきた答えは次の通り。


「うん・・それからホテルに行って・・別れるときバイト代を2万もらえた・・・」


「そ、そうか・・・よかったな・・・」


僕の友人はそれ以上の詳しいことは聞きたくなかったそうだ。


小池さんはそれからしばらくの間「尻が痛い・・・」と呟いていた。。。




カブトムシ食べるのとどっちがマシだったのかなぁ・・・

どっちも想像するのすらイヤだなぁ・・・



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
それは僕が大学4年の頃だった。


ある日、僕は行きつけのレンタルビデオ屋に来ていた。
借りたい映画が見つかったのでレジに持っていくとそこに見覚えのある男がいた。
(たしか映画研究部の1回生だったな・・・名前は知らないけど)

当時の映画研究部の部員数は軽く百人を超えており、4回生ともなるとイチイチ1回生の顔や名前を覚えていられない。
でも相手はさすがに僕を知っていて挨拶してきた。
その時僕が持っていたビデオは知る人ぞ知る超カルトムービー「エルトポ」。
エスピーオー
エル・トポ

それを見た後輩は「エルトポっすか・・さすが先輩ですね!」と感心したようだ。

何とか先輩の威厳は保てたようだったが「これからこの店に入りにくくなったな・・」と思った。
だって何を借りるのか一々チェックされそうだしね。


そんな時、近所に新しいレンタルビデオ屋がオープンした。
試しに早速行ってみると、ある意味(?)とても素晴らしいラインナップ!
とりあえず良さそうなのを一本借りてみることにした。

カウンターに行って入会手続きを済ませ、お金を払ってお釣りをもらったのだが何かおかしい?
何となくお釣りが多いような気がしたのだ。
でも面倒だったのでそのまま外に出た。その時の僕は早くビデオが観たくて気が急いていたのかもしれない。

後日、そのビデオを返しに行き代わりのビデオを借りた。
だがその時もお釣りがやけに多い??
店員を見ると何故か僕に微笑んでいる・・・


気持ち悪くなった僕はソソクサと店を出ることにした。
何だか口をきいたらヤバイような気がしたからだ。
ところが店の外に出るとさっきの店員が追いかけてきた!?

(うぉ?お釣りはやっぱ間違いでそれに気付いたのかな?)
店員は僕の前に直立不動で立ってこう叫んだ。

「Kセンパイですね!?自分は1回生の〇〇と申します!センパイの映画は全部観させていただき
ました!尊敬してます!!!」と・・・


「そ、そうなのか・・・ありがとう。。。じゃ、お釣りはワザと?」


「はい!収めておいてください!そして今後ともヨロシクお願いします!」


「わ、わかった・・・こちらこそよろしく・・・ところで頼みがあるんだけど」


「何でしょうか?」


「コレ内緒にしといてくれる?エロビデオ借りたの(汗)」
       


「了解しました!(軍人風)」


彼は深々とお辞儀をして店に戻っていった。


去り行く彼の背中を見ながら僕は呟いた。もうココにも来れないな・・・と。
そしてまた新しい(ビデオ屋探しの)旅が始まるのだと。



とにかく先輩の面目丸つぶれ(泣

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
もう夏も終わりだが少年時代の夏の思い出といえば昆虫採集。
そして昆虫といえばカブトムシということになるだろう。ムシキングとやらも流行っているしね。

昔、とても貧乏な知人がいた。

今日は彼とカブトムシの思い出・・・


小池(仮名)はとても貧しかった。

どのくらい貧しかったかというと日々の食べ物にも不自由するくらいだった。

ある夏の日、彼は貧乏仲間と名案を思いついた。

山でカブトムシを捕まえてきて、祇園祭で売りさばいて一儲けしようというのだ。


早速彼らは山に行き大量のカブトムシの捕獲に成功した。


まさに執念のなせる業である。


アパートに戻った彼らは夜になり祭りが始まるまでの間、密やかに夢を語り合った。


「今夜はパーティーだな」

「ああ、久々にビールが飲めるな」

「焼き鳥だって食べれるかもな・・・」

「あぁ、今日は俺たちのサマードリームナイトだぜ!」


などと聞いてて涙を誘うような会話を交わしながら二人は夜が来るのをひたすら待った。

そしていよいよ祇園祭が始まった。


二人はカブトムシの籠とゴザを抱えて意気揚揚と京都の市街地に繰り出した。

雑踏の中、ゴザを広げカブトムシを売る準備が整った矢先、二人を悪夢が襲った。


地回りのヤクザに取り囲まれたのである・・・


「お前ら、誰の許しを得てここで商売しとんじゃい!おぅ、ツラ貸せや!」


二人は必死に謝って何とか事無きを得たが、カブトムシで一攫千金の夢は儚く砕けちった。


アパートに帰って無事を喜んだのもつかの間、彼らは自分たちがあまりに空腹なのに気がつい
た。

しかし食べるものは何も無い。


小池はふとこう洩らした・・・



「カブトムシって・・食べれるのかな?」



最早彼らを止められるものは何もなかった。


二匹の飢えた野獣は無け無しの金で天ぷら粉を買い、カブトムシの天ぷらを作って食べた。
つまり天ぷらパーティーである。


カブトムシの天ぷらは次々に彼らの胃袋に納まっていった。

後に聞いた話では案外うまかったそうである・・・


そんなサマードリーム嫌過ぎ!

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。