DRIFTER

~漂流者の日々徒然~


テーマ:

随分長くネットから離れてしまった。僕にしては、だが。


で、その間何をしていたかというと・・・


①普通に仕事。だが大雪のせいで非常に捗らず疲労困憊だった。

②これまた大雪のせいで帰宅後も除雪に追われて疲労困憊だった。

③BS2でアンコール放送されていた「宮廷女官チャングムの誓い」にハマっていた。結果寝不足になり疲労困憊だった。毎日のようにウルウルしてたしね。


大雪についてはこれ以上語りたくないというか、グチるのも疲れるのでやめておくがチャングムに関してはいくらでも語りたい気分である。でも今日は語らない。本日、ようやく最終回を迎えて未だ余韻は醒めやらぬが、これからまたPCに向かう時間が取れそうなので「いつか」の為に取っておくのだ。うん。



ところでしばらく放置していたこのブログにトラバがいっぱい付いててビックリだね。どれどれ?


なんだか皆さんご苦労様って感じ。小学校からモテなかった人でもどうにかなるんですか。よかったですね。小倉○子ちゃんお秘密を教えてくれるんですか?別に興味ないからいいです。大変Hなエリ子さんですか。自己申告するのはさぞかし勇気がいったでしょう。これからも頑張ってくださいな。どっか他所で。定員着替え丸見えスポット?字間違えてるよ?



とにかくみんな生きてるんだな。うん。今日の僕は気分がいい。だから許す。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

どのように書けばよいのかよくわからない・・・


ただこのことを書かずにいると、これからもうずっと何も書けない気がするのであえて記す。


前回の記事で、体調不良と悪天候に悩まされていることを嘆いたばかりだが、今回はまさにそれどころじゃない事が起きてしまった。


今週月曜にフルに仕事をして、またしても具合が悪くなった僕は翌火曜日は一日休んで風邪を完治させようと思った。水曜には外せない仕事があるし再び雪も降り出すと分かっていたからだ。今のうちにもう少しマシな状態にならねば、と。


そして休息は終わり、翌日に備えて早めに寝付いた僕の睡眠を妨げる深夜の電話。ナニゴトかと思って出てみれば狼狽した実家の父親の声。


「ばあちゃんを撃ってしまった!どうしよう!?」


自分の血の気が引くのが分かった。


この言葉を聞いて先ず頭に浮かんだのは「酔っ払うか何かして、カッとなって撃ってしまったのか!?」だった。何しろ最近でこそ大人しくなったとはいえ元々がこんな男 だし。


だがもう少し詳しく聞いてみると銃の手入れ中の暴発事故らしい。一階で手入れをしようとして弾丸が残っているのに気付かず発射。運悪く二階で寝ていた祖母に命中してしまったとのこと。そこでひとまず安心。


次は祖母の容態。心配する順番が逆のような気もするがこちらも気が動転しているのだし、やはり「事件」と「事故」では今後の人生への影響が大きく変わってくるしね・・・


不幸中の幸いというか弾丸は祖母の左腕を貫通していた。ただ祖母は86歳という高齢だし、出血も相当の量らしい。


どんどん腹が立ってくる。


祖母は母方で父にとっては義母にあたる。波乱の人生を送った人で、身寄りが他に無いため長年僕の両親及び父方の祖父母(両名とも既に他界)と同居しており、ただでさえ肩身の狭い思いをして苦労してきたのだ。その上僕の大嫌いなハンティングのせいで銃で撃たれてしまったなんて酷過ぎる。


猛吹雪の中、実家に到着した時点では祖母は父に付き添われて救急車に乗った後だった。近所に住む叔父も連絡を受けて駆けつけて来ており、現場を見た彼から事情を聞くと祖母は上腕の骨が粉々に砕けて辛うじてぶら下がるように繋がっている状態だったそうだ。


その後やって来た警察(何と10人体制)の現場検証と事情聴取などでその夜は一睡もせず。当然仕事はキャンセルだが運良く(なのか?)取引先は「猛吹雪だから仕方ないよね。延期してくれて構わないよ」と理由を言う前からいい風に勘違いしてくれて助かった。翌日には新聞に載るだろうからきっとバレちゃうけどね。


だが、翌日どころか夕方のテレビニュースで実家の映像がガンガンに流れた。そりゃたしかにオオゴトではあるけれど家庭内の事故なんだからほっといてくれよ(当然翌朝の新聞にも記事が載った)。


祖母の救急車は病院を明け方までたらい回しにされた。どこの病院も「ウチではとても処置できない」と断られたそうだ。その後、血管再生のエキスパートがいる病院で8時にようやく手術開始。砕けた骨も金属のボルトとプレートで何とか繋げ、血も通うことが確認されて一応の生命及び切断の危機は回避された。ただし手術開始が大幅に遅れたことと大量の輸血による拒否反応の可能性も鑑みてまだまだ予断は許さないという状況ではあった。それと上腕の筋肉は殆ど座滅しており年齢的なこともあって元通りに回復することは到底望めそうになかった。


一日経って祖母はICUから一般病棟に移った。つまり峠は越えたということだ。もう割りと普通に喋ってる。なんてタフな婆さんなんだ!

僕の子供たちはこの祖母のことを以前から何故か「閻魔ばあちゃん」と呼び、「閻魔ばあちゃんは不死身なんだよ!」とよく言っていた。その理由がようやく解った気がする。すげえよばあちゃん。


親父は狩猟免許を剥奪され猟銃も没収。生き甲斐がかなり減ったわけだが、しでかしたコトの大きさを考えたらやむを得ないだろう。僕にとっては車庫に吊るされた動物の死骸をもう見なくて済むのはありがたい。



雪は変わらず降り続いている。このままだと世界中が雪に埋もれてしまいそうな恐怖感に囚われる。明日のこともどうなるのか判らないまま今日を過ごす。それが雪国の冬。


春はまだずっと遠い先。毎年想うことだが無事春を迎えられるのだろうか?


AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

近況報告。


風邪で体調が優れず、かといって仕事は休めず、昨日からの大雪で家の周りは1メートルを越す雪に覆われ悪戦苦闘。


この風邪はもう1週間続いている。いつまで経っても咳が治まらず、既に胸骨の辺りが咳のし過ぎでおかしくなっている感じ。

時に自分を、昔懐かしい時代小説に出てくる「肺病病みの美剣士」になぞらえて悦に入り慰めてみるものの、バカバカしくなってすぐに現実に逆戻り。ゴホゴホ。。


明日も大雪。絶対休めない日。プチ命懸け。こんな日記でごめんなさい。




AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

「ミスチルの桜井氏が急死」というトラバについ反応してクリックしたらアダルトブログに直行してしまった。


別にアダルトブログのことをどうこう言うつもりはないけれど、人の死をネタに(しかも偽情報)して客寄せするやり口は許せないな。人間性を疑ってしまうよ。ネットにはそういうのを麻痺させてしまう何かがあるのかなぁ?


僕のネチケットのモットーは「嘘をつかない(他人を傷つけない冗談は除く)。他人を誹謗中傷しない」だけなんだけど、それさえ守っていればネットに限らず随分世の中が平和になると思わない?

とはいえ、かくいう僕自身も知らず知らず人を傷つけてしまっていることはあるとは思うが。


以前にも「誰でも冗談だと気付くだろう」と思って、あるネット仲間のことをからかう書き込みをしたところ、それを本当だと思い込んだ人がいてね。慌てて訂正したけれど「自分の常識」が必ずしも他者のそれと一致しないと改めて気付かされたよ。


まあ、とにかくだ。エロTBを貼ってもいいからインチキだけはやめようね?

削除はするけど、すごく楽しそうな記事だったら遊びにいかせてもらうから(違


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

仕事が忙しすぎてグッタリ。先週まではヒマ過ぎてゲンナリしていたというのに。


なのにちっとも儲からず、会社の遣り繰りに頭を悩まし「いっそ死んでしまって楽に・・」などという僕らしくもないネガティブな感情に囚われた週の前半だった。具体的な自殺方法(出来るだけ周囲に迷惑をかけない遣り方)までシュミレートしちゃったもんなぁ。。。


ところがフトしたことから素晴らしい物語のアイデアを思いつき、「脳内執筆活動」に専心することで気持ちが上手く切り替わって「魂の死」状態から脱出に成功。

別に作家でもないのだから精神的逃避が別の逃避に置き代えられただけという気もするが、「自殺願望」よりは遥かに建設的でよかろうと自分を納得させて現在に至る。


このように精神的なダウナーから脱却したにも関わらず、今度は過労が祟ってか或いは急に冷え込んだからか風邪で肉体がダウナー。まぁ、本厄なわけだし生きてるだけでも儲けモノくらいに思っておかないとな・・と思うのもやはり思考がダウナー。


風邪で熱が出たときは暖かくして汗をかくといいんだがなぁ・・汗をかくといえばそれもダウナー。


違う。それはサウナ。


・・・こりゃ最低なオチだうなー



  朝日に向かって走るのだうなー





いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。