DRIFTER

~漂流者の日々徒然~


テーマ:

先週末から多忙を極めていたので、書きたいことは色々あれど中々更新もままならず。


なのでとりあえず一週間の出来事をダイジェストでさらさらと流れる水の如く書く。決して手抜きではない。


日曜日。ゆっくり休もうと思っていたが出席を見合わせていた町内会の納涼祭りにムリヤリ呼び出される。新参者ということでアイサツ代わりにカラオケまで強要され、仕方なく少年隊の「仮面舞踏会」を熱唱。ハイトーンボイスで聴衆のハートをガッチリ掴む。朝の11時から夕方5時まで散々飲み食いして疲労困憊。


月曜日。ひたすら仕事。ブルゴーニュ商事の受付嬢(大塚愛そっくり)とは最近会話が無い。嫌われたか?


火曜日。ひたすら仕事。受付嬢とは今日も会話ナシ。ていうか話しかけないこっちが悪いのか?そうなのか?


水曜日。ひたすら仕事。台風被害はナシ。受付嬢との会話に成功。だから何なのだ。

帰宅後、レンタルDVDの「シュレック2」を観る。予想以上に面白かった。長靴を履いた猫最高。


木曜日。仕事を半日で終え「トロイ」を観る。思ったよりマトモな映画で面白かった。ブラピ出演作では一番好きかもしれない。


本日金曜日。ロト6は今回も外れた。朝の5時から夜9時まで仕事して目が霞んでよく見えない。土砂降りの雨にやられて全身ぐしょ濡れ。でも明日はお休み。うれしい。とてもうれしい。


とまぁこんな感じの一週間だったのさ。


え?わざわざ書くほどのコトでも無いって?それを言ったらこのブログの存在意義そのものが危ういじゃないかっ。見るのではない。感じるのだ。byブルース・リー



AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

僕の初めての愛車というか自分の自由になる車は初代ホンダシビックだった。

これは今から約20年前(免許取たて)、親父がドコかから3万円で買ってきた代物でその時すでに10年落ちぐらいのボロさだった。

色はスカイブルーメタリックだったが屋根なんかはとうに色褪せていたし、もちろんエアコンもステレオも無かった。

おまけに床に穴が開いていて、走っていると地面がすごいスピードで流れていくのが見えるというまるでゴーカートみたいな車だった。

でも当時の僕はバイク以外の乗り物には全く興味が無かったので車なんて動けば何でもよかったのだ。

どういうワケかこの頃の僕(というかこの車に乗っていると)は必ず運転中に眠くなってしまい何度も居眠り運転したのを覚えている・・・

今にして思えばよく事故らなかったもんだ・・・


結局このシビックは僕が大学に戻っている間に親父が誰かにあげてしまってソレッキリになった。

この当時はダサい車だなあと思っていたがこうして今写真で見るとレトロなクーペって感じでカッコイイと思わない?



実際のところ「名車」だしね♪



                  



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
オレの名はK。

実は隠された特技がボウリングだったことを久々に思い出した男なのさ。

いや、マジ忘れててね・・トシだね?



オレが小学生の頃、日本は空前のボウリングブームだった。

オレの両親もそのブームに乗ってマイボールからマイシューズ果てはペアのマイユニフォーム(!)まで揃える始末だった。

しかも凝り性なウチの親は腕前をメキメキ上げて数々の大会で優勝。家にはでかいトロフィーがゴロゴロ転がっていたもんだ。


だがさすがに夜な夜なオレを一人家に残してボウリングに出かけるのはマズイと思ったのか、両親は今度はオレまでボウリングに連れて行くようになった。

勿論ただ見ているだけではつまらないのでオレもボウリングをすることに。


親父のコーチは厳しかった。


先ずは何事も基本からということでオレは手首にギプスのような固定ベルトをはめられた。そうすると手首を捻ったり出来ないので真っ直ぐのコントロールが身に付くというわけだ。ボールをカーブさせたりするのは真っ直ぐのコントロールと正しいフォームをマスターしてから、というのが親父の理念だった。

ここまでは正しいと思う。うんうん。。


だが親父のお下がりの「背中に富士山のどでかい刺繍入りユニフォーム」まで着させられるのはちょっと勘弁して欲しかった。


オレは来る日も来る日も真っ直ぐのボールを投げ続けた。時折手首のベルトを取ってしまいたくなる衝動に駆られたがオレはグっと我慢した。オレの夢はいつか大会に出てパーフェクトを達成することになっていたからだ。その為には基本の真っ直ぐをマスターしないと!


ところがオレがひたすら真っ直ぐを練習している間にボウリングブームは過ぎ去り、同時に両親のボウリング熱も冷めてオレを連れてボウリングに出かけることは無くなってしまったのだ・・・おいおい?カーブはどうなった???


そんなワケでオレは真っ直ぐにしかボールを投げられないオトナになった。


全く回転の無い直球でピンを倒すにはボールの重さが必要である。オレは15~16ポンドという重いボールを使ってひたすらヘッドピンのみを狙うパワーボウラーになるしかなかった。


だが完璧な基本?をマスターしたオレに敵はいなかった。直球のみでも集中さえ切らさなければいいのだ。オレのボウリングスタイルはストライクかスプリットかという極端なものだったがそれでもアベレージは200を超えていた。ハイスコアは240だったかな。

そう・・オレは物心ついて以来ボウリングで勝負して他人に負けたことが一度も無いのだ。それはオレのヒトツの誇りなのさ。。ふっ



そんなオレが昨日ほぼ10年振りにボウリングをすることになった。


家族みんなで和気藹々というワケだがオレの幼い頃から培ったボウラー魂に火が点くのに時間はかからなかった。。たとえ女子供(妻と我が子)でも容赦はしないぜっ!


だが久しぶりのボウリングはそんなに甘くは無かった。。


1ゲーム目・・なんと92点。。


生まれて初めての敗北でしたよ、はい。しかも奥さんに負けちゃいましたよ。


誇りがひとつ減っちゃいましたね。。


人生ってこんなもんですか?

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

今週はあまりの忙しさにギブアップ寸前の僕・・・

仕事しててもイライラが募るばかりだ。

「こ、このままではイカン!」

何か気分転換を図らねばと考えた僕は普段はしないようなことをしてみることにした。

それはソフトクリームの買い食い(笑)

道すがらに土地の名産品を扱う売店があり、そこでソフトクリームも売っているのだ。

今まで買ってみようと思ったことは一度も無かったがココはひとつチャレンジだGO♪



ソフトは「抹茶」「夕張メロン」「バニラ」の3種類か・・・



僕は店のおばちゃんに「夕張メロン下さい」と言ってから「もしマズかったらどうしよう?」と思い直し「やっぱりバニラにして下さい・・・」と訂正した。



「いつもと違うことにチャレンジ」と言っておきながら結局は保守的なバニラを選んでしまった僕。。



大それたコトは出来そうもねーな?コイツは・・・


いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

オレの名はK。

かつては名うてのパチンコマニアだった男だ。

だが1年前に起きた「ある事件」のためにパチンコからすっかり足を洗っていた。

「ある事件」とはまぁアッサリ言ってしまえばあまりに負けてばっかりになったので「もうパチンコなんか二度としてやるもんか!お前の母ちゃんデベソだ(謎)!うえええええええん(泣)」と捨て台詞を残して辞めたというだけだがね・・フッ

そんなオレだが何故か最近パチンコが気になるようになってきた。
パチンコ屋の前を通る度に「チンジャラチンジャラ」という懐かしい響きが聞こえてくるような気がしていたのだ。

「も、もう一度オレにあの『バトルフィールド』に還ってこいというサインなのか?」

オレはカムバックを決意したボクサーのような気分だった。

そしてオレはかつての相棒〔リー〕に連絡を取った。
リーとオレは過去に県内各地のパチンコ屋に遠征して数々の死闘を繰り広げてきた同志なのだ。

オレの呼びかけにヤツは快く応えてくれた。

そして再び「悪魔のコンビ」が結成されたのだ!

「見てろよ・・オレが復帰したからには再びこの世界のトップに立ってやるぜ!」

いつトップだったかは定かではないがとにかく綿密な打ち合わせ(何時に行く?とかどこの店に行く?とか)を済ませてレッツラゴー

狙いを定めておいた店は開店3周年記念祭の開催中。

「フフフ・・開店記念祭をオレ達の手で地獄に変えてやるぜ!『こ、これ以上出したら店が潰れます・・ウゥ』てな具合にな!」

でも店は満員で座れなかった・・・

仕方なく適当に見つけた店に移動。

ガラガラ・・・
客が座っているのは最近の新台だけだった。

一番新しい台が空いたので適当に打ってみる。
隣も空いたのでリーを呼んで打たせた。
ちなみに悪魔のコンビのルールは「先に大当たりを出した方がジュースをオゴリ、昼食の時間になった時点でトータルで勝っている方が昼飯代をオゴル」ことになっている。

結果、ジュースも昼飯もリーにおごってもらった。

そういえばオレがリーに勧める台は何故かいつも当たるのを忘れていた・・・

でも自分が座る台はダメなんだよなあ(泣)

昼食後、もうちょっと人気がある店に移動。

オレが選んだのは「マジンガーZ」という台だ。

リーチがかかると必殺技で数字を止める仕組みの台だ。コイツは燃えるぜ!

行け!マジンガー!光子力ビーム!ブレストファイヤー!ロケットパーーーーンチ!

・・・・

マジンガー役にたたねえ・・・・・イッコも当たらねえじゃん

マジンガーに見切りをつけたオレは「必殺仕事人」という台に移動。

リーチがかかると、ちゃらら~ちゃちゃちゃちゃちゃらら~だだだーん♪
というBGMと共に仕事人が登場する仕組みだ。

・・・・

仕事人でてこねえ・・・仕事しろよ



そして夕暮れになりオレは再び「もうパチンコなんか絶対しねえからな!みんな滅びてしまえっ(謎)!」という捨て台詞を吐いてジ・エンド。。。


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。