民衆の踊り、戦友の歌

テーマ:

日曜の夜、渋谷まで、
戦友TAKAKOこと、太田孝子のライブに行く。

 



彼女とは、色々、語り尽くせない歴史がある。
共に、海を越えた 壮絶な愛に 生きてきた。

彼女の夫ペルーサは、
あの 有名な アルゼンチンの名ギターデュオ、ロス-インディオス-タクナウの息子。
ペルーサもまた、父親を彷彿させる超絶ギターで、聴く者を魅了する。
寡黙で職人気質なペルーサと、
極楽ラテン人のTAKAKOとは、面白い組み合わせ。

 





幸せに唄う友の歌声を聴きながら、
彼女と私の、長い道のりが 浮かんでくる。
腐れ縁?の 私たち、
幸せに、年を重ねて行きたいもの。

川中美幸さんの経営する、小さなライブハウスでの、素敵なフアミリーコンサートでした。



そうそう、
ペルーサの奏でる
リベルタンゴ
言わずと知れた、アルゼンチンの作曲家ピアソラの名曲。
この曲を聴いて、浮かんでくる踊りは、やはり
アルゼンチンタンゴ。
ボールルームダンスのタンゴではない。
その国の、大衆の体臭がする、泥臭い躍りこそが、国の文化なんだな、と、改めて納得。

フラメンコしかり、
南米のマリネラしかり、
日本の盆おどりだって、そう。
歩いている時に聞こえてきた、沖縄民謡にも思いを馳せて
民衆の中から生まれてきた音楽のエネルギーを
改めて 愛しく思う時間でした。

 

AD