おどるおばはんのブログ

懲りない踊る中年女、安田理英の日記


テーマ:


スマホが知らない間に撮っている写真がたまっていく。



元ちゃんが遊びに来ている。
私の言うことではきいてくれん家人の
どうしようもなくなった長髪を
バリバリ切ってくれたので
勢いにのって頭を丸めてやった。








破戒僧たち。
AD
いいね!(6)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:



これなんだ。
携帯に保存されてたんだけど
自分で撮った覚えも
誰かのメールについてた覚えもない。
何が写ってるのかわからん。
でもなんだかきれいだ。

こないだやった作品『有』で
旅公演を企てている。

まだ、何も決まってないけど。
あそこ行けないかなあ
みたいなのをあたってるとこ。

計画性のある活動は苦手
いきあたりばったり。
でも衝動がわいた時は強いから
いってしまえ。

チーム有珍道中、はじめます。
AD
いいね!(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
男子の独舞を見た。
カンパニー独立記念ソロ的な。

そのカンパニーの男性舞踏手は
小柄でシャープな体つきの人が多いけど
彼は大柄、筋肉質でガタイがいい。なにかスポーツやってたのかも。
目立って無骨な彼の身体、踊り、キャラはとても好きで。

遅めにやって来たら空席があまりなくて、
逆に最前列のど真ん中などという特等席に座ることになってしまった。

彼が一人で踊るのを見るのは、初めて。
なんて丁寧に踊るんだろう。
なんて大切に踊るんだろう。

うん。とってもとっても良いおどりだった。
それ以上ぐだぐだ述べることはない。

この先も楽しみ。




間近な目の前の席で、今回は白塗りをしてない剥き出しの身体で
腰やひじのあざにあああーほらもうってやきもきしたり
足親指の裏、くるぶし、とかの
自分と同じとこにあるブトーダコに業をちょっぴり感じたり。
AD
いいね!(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
ささらほうさら公演『有』、無事終了いたしました。ありがとうございます。




舞踏が、好きだ。
好きだった、と思う。
こういう踊り、かっこいいと思った。
こんなかっこいい踊りをやりたいと思った。
そうしてほんと長いことやってきて
それでも気持ちは変わらなくて
舞踏を部分的に使おうとする他の舞台芸術の作品と関わったりすると
怒りで荒れまくってしまったりもした。

なんだけど。
だんだんわからなくなってしまった。
どうやら舞踏にも色々あって
くらいは前から気づいてはいたし
自分が舞踏と思ってるのと全然ちがうタイプの舞踏をする人がたくさんいることも。
それはそれで、各自の道を精進していけばよいのだと思ってた。

の、はずが、ある時期からどんどん苦しくなってきた。
これは舞踏である
とか
これは舞踏ではない
とかいう話題を
やけに目や耳にすることが増えて。
踊る人達全体の傾向なのかたまたま私が一気に見聞きしたのかわからないけど。

気にしないで、私は、私のやってることは、舞踏だ。
って堂々としてればいいだけなんだけど
うまくそれが、できない。
自分がなにかを踊ってみよう、と思う。
そこに、「それは舞踏なの?」
ってはさまってくる。

↑人にいわれるんじゃなく、自分でそうなってしまうのよ。
だって舞踏好きなんだもん、舞踏踊りたいって思ってんだもん

とんでもないストレスになってきた。どんどん。


自分は舞踏が踊りたいのか?
それとも自分の中に生まれたテーマやらなんやらを踊りにしたいのか?

考えて、それはやっぱり、後者だよ。
それが、舞踏だぜ、って言われたらその方が私の精神は安定するだろうけど
舞踏じゃなくたってよくない?
自分が踊りで見せたい伝えたいこと、確実にやるのが先じゃね?

そこまで、今、考えがいたってる感じで。



そんなこともあって
ネットの自己紹介はちょっと前から「踊り手」と表記
経歴には学んだこととかでこのワードははずせないけど。
今回のささらほうさら公演の告知では
舞踏、というワードは一切入れませんでした。

誰も気にしてなかったぽいですが(笑)。
まあ、単に、自分の気持ちの整理です。
すがすがしい気持ちで、舞台やりたかった。

踊りたいことを素直に踊りたかった。


今後も、自らの企画でこのワードを使うことはないと思います。

だからといって、踊りが急変することもないと思います。

ただの気弱な踊り手です(笑)。
いいね!(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
ひさびさこっちのブログ更新。

挑戦、ってなんだろう。
挑戦してるなあ、って人の目にもわからないと、挑戦じゃないかなあ。
なにかをやるたびに、全く違ったことをする、みたいなことができない。
けど、毎回、
これが今の自分の挑戦だ
と思ってることがある。
わかるようなはでなことでなくてもいい。

おさまりかえってるだの
つくりものだの
言われて
悔しい思いをしたりしたこともある。
でも、
私、挑戦してるよ。


劇場で、待ってるよ。


クラッカークラッカークラッカークラッカークラッカークラッカークラッカークラッカークラッカークラッカークラッカー


ささらほうさら公演『有(ゆう)』

踊 安田理英 加藤知子

会場 プロト・シアター
   新宿区高田馬場3-38-3

日時 4月19日(火)20日(水)
   開場1900 開演1930

料金 前売¥2000 当日¥2300

問 sasarahousara.odori@gmail.com

いいね!(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日は、私は稽古休み。加藤自主練。
というわけで、家で音の作業などして。

休むの不安よ。
だってまだ出来上がっていつでもどうぞってわけじゃないもの。

しかし、傷めたヒザの治りがいまいちで
いや、べつに踊れますよ全然。
ただ、根をつめるとさすがにやばい感じで。

なので、稽古の時も、失敗して繰り返すほどしんどくなるので、
一発できめんぞ!コノヤロー!
と集中力勝負。

使いすぎて動けんようなったら元も子もないしな。

でも、へぼいまんまでいるわけにもいかん。

集中力!集中力!集中力!

ある意味、ぴんぴんしてる時よりがんばれるのかもしれないよ。




☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡

ささらほうさら公演『有(ゆう)』

踊:安田理英 加藤知子
2016年4月19日(火)20日(水) 開演19:30
@プロト・シアター (高田馬場)
前売¥2000 当日¥2300
問:sasarahousara.odori@gmail.com
いいね!(5)  |  リブログ(0)

テーマ:
ずいぶんと昔のことを思い出す。

師匠のとこにいたとき。

合宿ワークショップをやる。
最後に発表会をやる。
合宿生たくさんと、自分達も出る。

そんなことやるのは初めての合宿生の
稽古やらメイクやら待機やらの面倒をみて。
自分達のは後回し。
それでも本番はくる。

大丈夫かよ大丈夫かよ自分。
頭はぱんぱん。
いらいらマックス。

その時。うしろから。

師匠、にこにこして、
「合宿生心配で自分のことなんか考えてらんないよなー」

し、師匠…


私はたいへん心が狭い。
あの頃も今も大差ないだろう。

なんか最近、
あの時の師匠をちょいちょい思い出す。

本番まで一ヶ月きった。

ぜーんぜんできてこない自分のシーン。
焦る。
でも。
目を向けるとこはそこだけじゃない。

当然自分のもしっかりやらなきゃならないけど。


頭のぎちぎちを、ほどきたい。



🎇🎇🎇🎇🎇🎇🎇🎇🎇
ささらほうさら公演『有(ゆう)』
踊 安田理英 加藤知子

2016年4月19日(火)20日(水)
19時30分開演
@プロト・シアター(高田馬場)
前売¥2000 当日¥2300
問い合わせ sasarahousara.odori@gmail.com

いいね!(5)  |  リブログ(0)

テーマ:
ほぼ毎日、公演の稽古。

バイト先の人に
昼間働いて夜ずっと稽古?たいへんだねー
と言われた。

そうか、たいへんなのか。
たいへんなんだ、
って思っちゃっていいわよねえ
などと簡単に思ってしまう私。

いやもちろん
たいへんだからってやらねばどうにもならんのだが
たまにゃあ体をいたわってやってもいいよな、なんて。



かとうはがんばりやである。
っつーか、こんつめや?
なにかやりだすとハマってしまう派?
やめどこわからなくなる派?

なので、けっこう黙って無理してしまう風にみえる。

私が休憩とっててもなんとなく自主練してたり
風邪で熱があったのに
なにも言わずに稽古してたり。

ヘタレな奴はそれはそれで頭にくるけど
あんまり無理しちゃう奴も心配。

こわれちゃうよ。

と、思うので
私は
「やすもーよー」
「はいきゅうけー」

を連発するように心がけとる。

ヘタレですから。


なんせ健康でなければ結局なんもならないもんね。


いいね!(5)  |  リブログ(0)

テーマ:
公演の準備が始まって、その宣伝作業も始まっている。
ブログやSNS にも情報を載せた。

日時とか場所とか、そういう必要情報はもちろんだけど
なんか、伝えたいこととか宣伝につながる文章とか書いた方がいいのだろうか、などと思ったり。

て、どんなの?
作品のテーマとか?
公演することの社会的意義だとか?

そういうのが書けるなら、そりゃ書いた方がよかろうな。
しかし、うまいことが書けない。
あ、こういうこと書きたい、
と思ったことは、
自分の個人的な事情でしかなく
お客様に知らせても仕方がない。
むしろ、逆効果。

そして、書くのをやめる。

でもなあ…
気持ちとして、自分にとってはとても大切なこと。



今回の舞台には、というか
今回の舞台に至るまでには
この5年間のことがはずせない。
というと、震災がらみみたいだけど、そうじゃない。
たまたま時期は重なったけど。

一人になった5年前。
踊り手は、身近にいる信頼できる踊り手にお願いして、ささらほうさらをやり直し始めた。
舞台をやる甲斐性はなかった。
毎年呼んでくれたイベントがささらほうさらの舞台。
でも、イベントは仕事だから、色々ある。
やりたいことが必ずしも出来ない中で
それでも踊りたい気持ちを萎れさせないために
自分の作品である、という気持ちを強く持って挑戦していくときめた。

そんな稽古のある日、
ずっと音楽をやってきてくれているバッキーが
一人のモヒカン男を連れてきた。
今回の楽隊は彼らとやる、と。
熊坂義人、スパン子との出会い。

なにをどうしたか、彼らは面白がってくれた。
一緒にツアーなどするようになる。

ささらほうさら海山川を飛び回るの巻スタート。

そこで出会ったたくさんの人々。

木崎湖のユッキィ。
今回のタイトル、

は、彼女のお店の20周年の祝いの舞を
ささらほうさらが踊った時にうかんだ。
彼女の言葉から。
もう、2年も前だ。




書ききれないたくさんの人。
その人から受け取った力。

私の行動がほんの少し違って
誰かの行動がほんの少し違って
何かがかけ違っていたら
すべてなんにもなかったかもしれない。

5年前のあの時の私がいなかったら。
5年前に一緒に動き出してくれた人々がいなかったら。


今度の公演はなかったかもしれないし
全然違うものになってたかもしれない。

過去を振り返る、反芻するというのでなく
たしかに自分の中に積もってしまったものがあるから。

その積もってしまったものをかかえて
この先を進んでいくから。



大切な、今回の公演を踊るのに
絶対はずせない、
わたくしごと。




🎇🎇🎇🎇🎇🎇🎇🎇🎇🎇🎇🎇🎇🎇🎇
ささらほうさら公演『有(ゆう』
踊:安田理英 加藤知子

2016年4月19日(火)20日(水) 19:30開演
@プロト・シアター(高田馬場)
問 sasarahousara.odori@gmail.com







いいね!(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
久しぶりに稽古以外オフ。
おいしいコーヒーが飲みたい。
近所の喫茶店にモーニング食いにいく。

喫茶店。
喫茶店はいい。
カフェだと?だめだめ。
喫茶店の時間は、もっとうんとくつろげる。
そして全くきどってない。



さて、その近所のナイス喫茶店、店名を

「来夢来人」

という。

でたあー。



でも、どっちかというと、喫茶店よりスナックに多そうな名前よね。

名前をみたら
おされな若者はこの店を選ばない、かもしれない。

だがなあ、
ここのコーヒー、とってもおいしいんだよう。
種類もめちゃくちゃ豊富。
店内は広々として、いつまででもゆっくりできる。

普段は仕事でほかの町に出てるから
ここには、休みの時にごくたまにしか来れないけど
来るととってもしあわせ。

コーヒー、おかわりしちゃったよ。

ふと、ユッキィのコーヒーを思い出す。
ユッキィのコーヒーも
木崎湖に行った時しか飲めないけど
行ったら欠かせない。


あーコーヒーが好きだー。

そしてそれを楽しむゆったりした時間がもっと持てたらなあ。

そうだこんど打ち合わせ来夢来人にしたらいいのでは






ひらめき電球ひらめき電球ひらめき電球ひらめき電球ひらめき電球ひらめき電球ひらめき電球ひらめき電球ひらめき電球ひらめき電球ひらめき電球ひらめき電球ひらめき電球ひらめき電球ひらめき電球ひらめき電球ひらめき電球

ささらほうさら公演
『有(ゆう)』

踊:安田理英 加藤知子
@プロト・シアター(高田馬場)
2016年4月19日(火)20日(水) 19:30開演
前売¥2000   当日¥2300
問い合わせ:sasarahousara.odori@gmail.com


いいね!(8)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。