とっても暇なブログw

ニコニコ動画の「踊ってみた」カテゴリーで活動する素敵な女の娘(こ)達を中心に、その文化?の展開を楽しく見守っていきたいと思います。
元気をもらえる彼女達のパワーは、本当に頼もしいですねw

歌ってみたのみなさんの声って、どうしてあんなに綺麗なのでしょうね。

なんか癒されますね、本当にw


「踊ってみた」って体動かすし、外で撮影したり、オフ会やイベント参加で

健全な楽しみ方ですよねw


最近はパーワのある人が少ないと思ってましたが、ニコ動で、元気な人が

いっぱいいるのを知って、ちょっとうれしかったりしますw


ニコニコ動画の文化の一つであるコメントアートを少しばかりやっています。

最近は、「踊ってみた」カテの職人さんが殆どいなくなってしました。


数少ない職人さんも参加していますので、応援したい踊り娘さんがいる人は

気軽に参加してください。

持てる知識は、全て伝授して行きたいと思いますw


とっても暇でしのお部屋

http://tottemohimadesi.esy.es/
プログラムコードの表示 や Javascript の実行ができるウエブサイトの別室


動画装飾の Gallery

http://tottemohimadesi.esy.es/gallery/index.php/
装飾の画面キャプチャー画像のデータベース(になる予定w)


彼女を素敵に飾っちゃえw  
http://com.nicovideo.jp/community/co436245
twitter: http://twitter.com/#!/tottemohimadesi


飾ってみたものまとめ#1
http://ameblo.jp/odoriko-link/entry-11944038292.html

踊り娘さんの誕生日w
http://ameblo.jp/odoriko-link/entry-10405842983.html

撮影班w
http://ameblo.jp/odoriko-link/entry-10883308020.html

インタビューズ
http://ameblo.jp/odoriko-link/entry-11030395437.html  

Javascript 関係の記事のまとめw
http://ameblo.jp/odoriko-link/entry-12014718748.html
nicoコメ補助ツールなどw

Xperia & iPhone/iPod 関係のまとめw
http://ameblo.jp/odoriko-link/entry-11372413913.html

戦国IXA mixi まとめw
http://ameblo.jp/odoriko-link/entry-11427507311.html

テーマ:

以下の記事に対し、OS X を El Capitan(10.11) にしたものですw

但し、いろいろと複雑になっているようですので、調査してみましたw

 

OS X Extractor で対象外の Mac に Yosemite をインストール #1
http://ameblo.jp/odoriko-link/entry-12135740379.html

OS X Extractor で対象外の Mac に Yosemite をインストール #2
http://ameblo.jp/odoriko-link/entry-12135740542.html

 

こちらの記事を翻訳しますw 自分が必要な部分だけですがw

OS X El Capitan on Unsupported Macs(10.11)
http://forums.macrumors.com/threads/os-x-el-capitan-on-unsupported-macs.1889851/

 

 

: Yosemite の場合と異なる部分

 

A: Preparing The Installation Drive
   インストーラ・ドライブの準備

 

1. Make a BACKUP of your system if you can.
   可能なら現在のシステムをバックアップする。

 

2. I have some attachments below to help shave off a couple of hours.
   数時間の短縮のため、下部に補足説明を記載している。

 

3. Get an OS X El Capitan Installer-App (Recommended from the Mac App Store)
   OS X El Capitanのインストーラアプリを入手する。(推奨 Mac App Store)

 

4. Make sure you have an Intel-Based Mac that supported OS X 10.7 Lion
   OS X 10.7 Lion をサポートする Intel ベースの Mac であること。


B: Start Patching
   パッチの開始

 

1. Install OS X Extractor
   OS X Extractor をインストールする。

 

2. Open System Preferences.
   There is a new HiddenFiles Preference where you can enable hidden files or terminal

command:
   システム・プレファレンスを開く  

   隠しファイルを表示する新たなプレファレンスがある。またはターミナルコマンドを実行

    Code:
        defaults write com.apple.Finder AppleShowAllFiles TRUE;
        killall Finder

 

   You will need to work with some hidden files.
   いくつかの隠しファイルを操作する必要がある。

 

3. Right click on the OS X El Capitan Installer app and click show package contents.
   OS X El Capitan Installer app を右クリックして、パッケージの内容を表示する。

 

4. Browse to the folder /Contents/SharedSupport
   「/Contents/SharedSupport」のフォルダへ移動する。

 

5. Double-click to mount "InstallESD.dmg"
   「InstallESD.dmg」をマウントするためダブルクリックする。

 

6. Open up Disk Utility in Applications/Utilities and drag BaseSystem.dmg to the lower

Disk Utility side pane.
   「Applications/Utilities」にあるディスクユーティリティを開き、「BaseSystem.dmg(隠しファイル)」を「ディスクユーティリティ」のサイドパネルの下方にドラッグす

る。

 

7. Click on BaseSystem.dmg in Disk Utility and select the Restore tab
   ディスクユーティリティの「BaseSystem.dmg」をクリックし、「復元タブ」を選択する。

 

8. Set the BaseSystem.dmg as the source and choose the installation drive (formatted as

HFS+ and GUID) as the destination.
   ソースにその「BaseSystem.dmg」を選び、「インストーラ・ドライブ(HFS+ and GUIDでフォー

マット)」を「復元先」に選択する。

 

9. Use Finder to browse the newly restored installation drive installer.
   新たに復元されたインストーラ・ドライブで移動するため「Finder」を使用する。

 

10. Go to the folder /System/Installation on the installation drive and delete the

"Packages" alias file. It will be replaced with the actual folder.
    インストーラ・ドライブの「/System/Installation」フォルダへ移動し、「Packages」と言う

名称の alias ファイルを削除する。これは後で、実際のフォルダに置き換える。

 

11. Go back to the mounted InstallESD.dmg and drag the "Packages" folder to the

Installation drive into the /System/Installation folder where the alias file used to be.
    マウントされた「InstallESD.dmg」に戻り、「Packages」フォルダを alias ファイルがあった

インストール・ドライブの「/System/Installation」フォルダにドラッグする。

 

12. Copy the files, ”BaseSystem.dmg", "AppleDiagnostics.chunklist",

"AppleDiagnostics.dmg" and “BaseSystem.chunklist," to the root of the Installation

drive.
    「BaseSystem.dmg」、「AppleDiagnostics.chunklist」、「AppleDiagnostics.dmg」、

「BaseSystem.chunklist」ファイルをインストール・ドライブのルートにコピーする。

 

13. (for EFI32 Macs only) Unlock and Replace the boot.efi files located in

/System/Library/CoreServices , /usr/standalone/i386 and RecoveryHD with the copy provided

from here(http://piker-alpha.github.io/macosxbootloader/). To unlock it, use the Terminal

app in Applications/Utilities/ and enter the command:
    (EFI32 Mac のみ)(http://piker-alpha.github.io/macosxbootloader/)で供給されているコ

ピーで、「/System/Library/CoreServices」と「/usr/standalone/i386」フォルダにある boot.efi

ファイル、及びRecoveryHDをアンロックし、差し替える。アンロックには

「Applications/Utilities/」にあるターミナルアプリを使用し、以下のコードを入力する。
    Code:
    sudo chflags nouchg /Volumes/[Installation Drive

    Name]/System/Library/CoreServices/boot.efi

 

14. Now lock the new boot.efi file
   新しい boot.efi ファイルをロックする。

 

15. (for non 64 bit Macs) lock the new boot.efi with this command:
   (64 bit Mac 以外)新たな boot.efi を以下のコードでロックする。
    Code:
    sudo chflags uchg /Volumes/[Installation Drive

Name]/System/Library/CoreServices/boot.efi

 

16. Copy the folder named "Kernels" from '/Applications/OS X Hackers Patch Files/' to the '/System/Library/Kernels/' folder on the installer thumb drive.
   「/Applications/OS X Hackers Patch Files/」にある「Kernels」と言う名称のフォルダをイン

ストーラの「/System/Library/Kernels/」にコピーする。

 

17. replace the original OSInstall.mpkg in the Installation drive

(/System/Installation/Packages/) with the modified one from /Applications/OS X Hackers

Patch Files/
   インストール・ドライブの「/System/Installation/Packages/」にある OSInstall.mpkg を

「/Applications/OS X Hackers Patch Files/」にある改造のものと置き換える。

 

18. Next you will have to add your Mac Model to the installer. You need to replace the

files without corrupting them. Some of the files are signed so be careful not to change

anything else. Make sure your changes mimics the same syntax as other entries. You may

have to copy and paste the quote marks from an existing entry. If your closing quote

after the boardID looks italic, you're WRONG!
   次に、インストーラにターゲットの MacModel を追加する必要がある。ミスなくファイルを置き換える必要がある。いくつかのファイルは署名されているので他のファイルは変更してはならない。変更部分は他の部分と同じ Syntax であること。もとのファイルをコピーして作業すると良いかもしれない。ボードIDがイタリックに見えた後に引用符が閉じた場合は、間違い。

 

19. run the IORegistryExplorer.app from the OS X Hackers Patch Files/Helper Applications

folder make sure in the top left corner IOServices is selected.
   「OS X Hackers Patch Files/Helper Applications」 フォルダの IORegistryExplorer.app を起動し、トップレフトの「IOServices」が選択されていることを確認する。(「Board-id」の値の確認方法)

 

20. under root select your Mac(model) -> on the right at the top copy the board-id value.
    root のすぐ下の対象のMacを選択し、そのの右側で「board-id」の値をコピーする。

 

21. open in your Installation Drive,

/System/Installation/Packages/InstallableMachines.plist with TextEdit and search for the

last entry and replace it with your board-id value
    インストール・ドライブの「/System/Installation/Packages/InstallableMachines.plist」を

テキストエディタで開き、最後のエントリーを探し、自分の「board-id」の値に差し替える。

 

22. open /System/Library/CoreServices/PlatformSupport.plist and do the same.
    「/System/Library/CoreServices/PlatformSupport.plist」を開き、同じことをする。

 

23. Great! The hard part is over. Now it's time for installation. Go to System

Preferences > HiddenFiles and Re-hide the hidden files, Close the Terminal, and Close all

other Applications. Take a breather and move on to the next part of the guide.
    大変な作業は終了し、インストールの時。「System Preferences > HiddenFiles」へ移動し、

隠しファイルを見えなくし、ターミナル.app や他のアプリを終了する。

 


C: Installation
   インストール

 

1. reboot your Mac holding option (alt) key
   「option」キーを押したまま再起動する。

 

2. select the Installation drive (BaseSystem) and press enter
   インストール・ドライブ(BaseSystem)を選択し、「enter」する。

 

3. If the Installation Drive boots you back to the main partition, try blessing the drive

from your terminal app:
   インストールドライブのブートでメイン・パーティション戻ってしまったら、ターミナル.appから以下のコマンドを試してみる。
    Code:
        sudo bless --folder /Volumes/[Installation Drive Name] --file /Volumes/

[Installation Drive Name]/boot --setBoot

 

4. when booted click install/continue until you reach the disk selection menu, select

your main drive (probably Macintosh HD) if you are sure about it, else select another

empty drive (at least 15GB for testing/bigger if it should be a secondary system)
   ブートしたら、ディスク選択メニューになるまで「install/continue」をクリックする。インストール先のドライブ(15GB以上)を選択する。

 


D: If Reboot Fails
   リブート失敗の場合

 

If the Mac does not reboot to the El Capitan desktop, boot to the install-drive again and

perform the following.
Boot back into the El Capitan Install Partition, open the terminal at the top menu bar or

boot into single user mode (Hold Command-S immediately afterturning on) enter:
「El Capitan」が立ちあがらない場合、インストール・ドライブでブートし、以下の操作を行う。
「El Capitan Install Partition」でブートし、トップメニューバーから、またはシングル・ユーザ・モード(電源が立ちあがったら素早く「Command-S」を押す)で、ターミナル.appを起動する。

    Code:
    sudo rm /Volumes/[Main Drive

Name]/System/Library/CoreServices/PlatformSupport.plist

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

インポート版だと2千円強で買えるので、思わず買っちゃいましたw

Youtubeやニコニコ動画にも、分割したものがアップされていたりしますが、やっぱり通しで見れるのは良いですねw やっぱ、凄いですw

 

Live in London [Blu-ray] [Import]
価格:     ¥ 2,220

 

Live at Budokan: Red Night & Black Night Apocalyps [Blu-ray] [Import]

価格:     ¥ 2,060

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
I started to distribute "BABYMETAL Weather Widget" app for iPhone as Ad-Hoc.
(There are 3 types of SU-METAL, YUIMETAL and MOAMETAL version.)

  Sumetal
  Yuimetal
  Moametal


"Ad-Hoc" means limited distribution such as test purpose, and distribution is not from Apple Store. And total distribution number is max. 100 devices.

I don't recommend to use this app, if you cannot control security matters. You need to use this app by your own risk. 

It takes some seconds to display weather forecast, because of free weather information servise "Open Weather Map" which does not response quickly.


<Movie for Explanation>

  App demonstration [Youtube]


  Explanation to use (Japanese) [Youtube]



<Requirements> (Important)

(1) PC with iTunes which is managing your iPhone.
    (iPhone Structure Manage Utility might work, but I didn't check it out.)

(2) You need to check your device UDID and send it to me
    for Apple's management of install devices.
    I need to register your UDID to install list at Apple develop center
    to get required file for installing.
    (Please understand this is a kind of tester registration)


<Register Method>

(1) To confirm UDID for your device.
  - Connect your iPhone to your PC, and start iTunes.
  - Select connected iPhone on iTunes to get information of iPhone.

UDID-01


  - Click on "Serial No.", it will change to "UDID".
  - Write down this UDID on memo.

UDID-02



(2) Sendby email with followings.

email Title :
  Request of test for "Mormetal Weather Widget"

email content :
  UDID of your iPhone

mail address :
  megu1234@gmail.com
  (Please replace with "3009" to "1234" for email address.)


(3) URL to download following 2 files will be informed
  within a week at normal.

    - WeatherWidgetMoametal01.ipa
    - WeatherWidgetMoametalAdHoc.mobileprovision


<Install Method>

(1) Connect your iPhone to PC, and Start iTunes.

(2) Drag & drop 2 files which are downloaded, to "Application"
    on iTunes. Then the application will be registered in
    your iTunes.
Install-01

(3) Drag & drop the application which was registered in your
    iTunes, to install in your iPhone.
Install-02

(4) Confirm the application is correctly installed
    in your iPhone.
Install-03


<Application>

In case of iPhone5/iPhone5S/iPhoneSE
 - It is possible to resister in "Today's Extension".
 - 3 Weather forecast of ever 3 hours interval.
 - It is possible to start the application by "To App" button.
MOA-01

- In the application, there are 5 weather forecast
    of every 3 hours interval
 - The "Links" button will open "Related site page"
MOA-02

 - There are 6 related site links on this page.
 - The  "Weather" button will open "Weather Forecast Page".
MOA-04


Following images are in the case of iPhone4S

MOA-11

MOA-12

MOA-13

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
アプリを作成しましたので、Ad-Hoc 配布を開始します。

Ad-Hoc とは、「限定利用」と言うことで、開発グループでのテストなどで利用するもので、正規のアップルストア経由ではないアプリの配布になりますので、誰でも使えると言うことではありません。

また、Apple の仕様により、Max.100人が、配布できるリミットとなっています。

セキュリティが気になる方には、お勧めしませんので、自己責任でご利用ください。


なお、無料のお天気情報サービス(Open Weather Map)を利用している関係で、お天気の表示に少々時間が掛かるのが、難点ですが、、、、


【概要説明動画】





【必要な要件】(重要)

① アプリのインストールのために、PC に iTunes をインストールしてあり、
  対象の iPhone を管理していること。
  (iPhone 構成管理ユーティリティでも可能かもしれませんが未確認です。)

② アプリをインストールできる端末を Apple が管理するため、UDID を
  調べて、連絡して頂く必要があります。
  アプリをインストールするために必要なファイルを、Apple の Developper
  サイトで私が登録して作成して、アップデートを行います。
  (アプリのテスター端末の登録とお考え下さい。)


【手続き方法】

① UDID を調べる。
・ iPhone を PC に接続し、iTunes を立ち上げる。
・ 接続した iPhone を選択して、iPhone の情報を見れる様にする。
UDID-01

・ シリアル番号の部分を1度クリックすると、UDID に変わる。
・ この UDID をメモに書き写す。
UDID-02


② email にて、以下の内容を連絡する。

メールの件名(タイトル):
  MOAMETALお天気ウィジェットのテスト希望

メールの内容:
  上記で調べた UDID

送り先のメアド:
  megu1234@gmail.com
  (「1234」の部分を「3009」に変更してくださいw)

③ UDID の登録が完了後に、必要な下記の2つのファイルを
  ダウンロードするための URL アドレスを返信します。
  (タイミングによっては、1週間ほどお時間を下さい。)
    - WeatherWidgetMoametal01.ipa
    - WeatherWidgetMoametalAdHoc.mobileprovision


【インストール方法】

① iPhone を PC に接続し、 iTunes を立ち上げる。

② ダウンロードした2つのファイルを ITunes のアプリに
  ドラッグ&ドロップで追加登録する。
Install-01

③ iTunes に登録したアプリをドラッグ&ドロップして
   iPhone にインストールする。
Install-02

④ アプリが正常に iPhone に登録されているかを
  確認する。
Install-03


【アプリ】

iPhone5/iPhone5S/iPhoneSE の場合
 ・ 「Today's Extension」に、登録ができます。
 ・ 3時間毎の予報を3回分表示します。
 ・ 「To App」ボタンで、アプリを起動できます。
MOA-01

 ・ アプリでは3時間毎の予報を5回分表示します。
 ・ 「Links」ボタンで、関連 Site へのリンク画面に変わります。
MOA-02

 ・ BABYMETAL の関連サイトへリンクされています。
 ・ 「Weather」ボタンで、天気予報の画面に戻れます。
MOA-04


iPhone4S の場合

MOA-11

MOA-12

MOA-13

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
やっと、iPhone 版の Widget にも対応した「 リンク集付きのお天気アプリ」が完成しましたw

OpenWeatherMap の API の反応が遅いのが、ちょっとあれですが、無料なので文句は言えないですねw


「今日のお知らせ」での表示内容
3時間ごとの天気予報の3回分を表示します。アプリ本体へのリンクボタンも付けましたw

MOA-01


「お天気アプリ」
3時間ごとの天気予報を5回分表示します。「リンク」へのボタン付き

MOA-02


「関連サイトへのリンク」
天気予報のページへのボタン付き

MOA-04



こちらで紹介するサイトの情報を参考に作成しましたw
(結果編)

OpenWeatherMap の利用

 http://qiita.com/nownabe/items/aeac1ce0977be963a740
 http://qiita.com/kubotaku1119/items/7e5eaa30fee0a25f70d0

ユーザ登録をして、利用するための ID を取得すると無料でお天気情報の API が利用できますw


位置情報の取得

http://qiita.com/ftsan/items/b3a04d30cd91c11aeea1

コード自体はとてもシンプルですw
但し、次に紹介する対策をしないと、上手くいきませんw

import UIKit
import CoreLocation

class ViewController: UIViewController, CLLocationManagerDelegate {

    override func viewDidLoad() {
            super.viewDidLoad()
        longitude = 0.0
        latitude = 0.0
        lonLabel.text = String(longitude)
        latLabel.text = String(latitude)

        lm = CLLocationManager()
        lm.delegate = self
        lm.requestAlwaysAuthorization()
        lm.desiredAccuracy = kCLLocationAccuracyBest
        lm.distanceFilter = 300
    }
    /** 位置情報取得成功時 */
    func locationManager(manager: CLLocationManager!, didUpdateToLocation newLocation: CLLocation!, fromLocation oldLocation: CLLocation!){
        longitude = newLocation.coordinate.logitude
        latitude = newLocation.coordinate.latitude
        self.lonLabel.text = String(longitude)
        self.latLabel.text = String(latitude)
    }
    /** 位置情報取得失敗時 */
    func locationManager(manager: CLLocationManager!, didFailWithError error: NSError!) {
        NSLog("Error")
    }
}


位置情報の取得の注意事項
http://swift-salaryman.com/cllocationmanager.php

 info.plist に以下を追加
 KeyがNSLocationAlwaysUsageDescriptionで値は何でも可


非同期通信
https://teratail.com/questions/30313

コードは難しくありませんが、次に説明するセキュリティ対策の回避処理が必要ですw

let url = NSURL(string: "http://www.apple.com")!
let request = NSMutableURLRequest(URL: url)
let session = NSURLSession.sharedSession()

let task = session.dataTaskWithRequest(request) { data, response, error in
    // 通信終了後に呼ばれる
    if let response = response, data = data {
        // 通信成功
        print(NSString(data: data, encoding: NSUTF8StringEncoding))
    } else {
        // エラーの場合
        print(error)
    }
}
task.resume()



非同期通信が失敗する時の対処方法
(info.plist への追記)

http://qiita.com/tukiyo3/items/b55667d3cd31610837f1

info.plist ファイルをテキストエディタで開いて、下記のコードを直接追加しちゃいますw
同じ「key」がないかは、要注意ですねw

Info.plist
<key>NSAppTransportSecurity</key>
<dict>
    <key>NSExceptionDomains</key>
    <dict>
        <key>api.tiqav.com</key> //[対象とするURL]
        <dict>
            <key>NSTemporaryExceptionAllowsInsecureHTTPLoads</key>
            <true/>
        </dict>
    </dict>
</dict>



SwiftyJSON 使い方
http://dev.classmethod.jp/smartphone/iphone/swiftyjson/
http://qiita.com/yonell/items/c5432207868fa2d5cfc9

JSON の処理(パース)を用意にするために、 Swiftyjson などを利用しますw
今回程度の使い方であれば、非常に簡単にパースできて楽ちんですねw

// Initialization
let json = JSON(data: data!)
// 各セルに情報を突っ込む
for var i = 0; i < self.cellNum; i++ {
    let dt_txt = json["list"][i]["dt_txt"]
    let weatherMain = json["list"][i]["weather"][0]["main"]
    let weatherDescription = json["list"][i]["weather"][0]["description"]
    let info = "\(dt_txt), \(weatherMain), \(weatherDescription)"
    print(info)
    self.cellItems[i] = info
    }



extension の活用
(複数の種類の継承を行う場合)

http://swift.swift-studying.com/entry/2015/07/11/015913

複数の継承が必要なときには、 extension を利用しますw

import UIKit
import CoreLocation
class ViewController: UIViewController {
  //ここに必要なコードを記入
extension ViewController: CLLocationManagerDelegate{
  
//ここに必要なコードを記入
 }



App Extensions #4(Today)
 http://swift-salaryman.com/appextensions4.php

こちらのサイトには、Widget の画面から、アプリを起動する方法の情報があり、これを利用させて頂きました。


Loading マークの表示
http://swift-salaryman.com/uiactivityindicatorview.php

こんなマークが画面の中央で出ますw
この簡易方法を利用して、更新中のマークをお天気情報のダウンロード中に表示する様にしましたw

su01
su02 su03





iPhone4sでは、こんな風な表示になりますw

MOA-11

MOA-12

MOA-13


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。